新世紀エヴァンゲリオン

シンジ「ハナタレナックス・・・?」  19:13

アスカ「あんた誰よ?」  19:13

マリ「わんこ君に私が今から質問します」  19:13

シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」  17:12

アスカ「賭けをしましょう」  19:13

ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ〜いwwwww」  17:04

碇シンジ「鉄血のエヴァンゲリオン」  17:07

シンジ「おはよう!カヲル君!」カヲル「……」  19:18

シンジ「ミサトさんっ!ミサトさんっ…!」ミサト「ただいま」  18:06

レイ「碇くんと一つになりたい」リツコ「え?!」  18:02

シンジ「ハナタレナックス・・・?」

1:2014/01/22(水) 22:42:10.17 ID:wAk9cTje0

エヴァンゲリオン×ハナタレナックスのSS

どっちもニワカ程度の知識しかないが、お付き合いください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390398130



続きを読む

アスカ「あんた誰よ?」

1:2013/01/21(月) 22:59:35.12 ID:pKHaalVD0

アスカ「全く、どっか目のつかない所に居てくれない?」

『ご、ごめん』

アスカ「はぁ〜」


こいつが現れるようになったのは、あの時から。そう、あれは・・・




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358776774



続きを読む

マリ「わんこ君に私が今から質問します」

2:2013/01/14(月) 20:40:41.88 ID:GbS7qLa40

マリ「君に今から私が質問します」


シンジ「・・・」


マリ「私が満足する答えを頼むよ、わんこ君!」


シンジ「・・・」


マリ「逆に物足りない答えならイタズラしちゃうかにゃー」ニャハ


シンジ「・・・」


マリ「ここまでなんか質問ある?」


シンジ「・・・うん」


シンジ「なんで真希波が僕の部屋で僕が寝ているベッドで僕の体にのしかかっているのか聞いても良い?」




シンジ「今日はミサトさんの家で僕を含むEVAパイロット四人とミサトさんで年越しパーティーをして」


シンジ「ミサトさんが途中から悪酔いしてアスカや綾波にお酒のましちゃって」


シンジ「真希波もそこに加わり、最早収集もつかない状況になってどんちゃん騒ぎ」


シンジ「みんなようやく寝た後に何とか片付けを終わらせて部屋で寝てた・・・はずなのに」


マリ「んーわんこくぅーん♪」スリスリ


シンジ「(真希波・・まだ酔ってるんだろなぁ)


マリ「・・・さぁーて、わんこ君分も補充したし質問いくかにゃー」テカテカ




シンジ「と、とりあえず質問はいいけど上から降りてよ(胸が・・タップンタップンしてる)」


マリ「じゃあ、ひとつめのしっつもーん」


シンジ「聞いちゃいない・・」


マリ「真希波・マリ・イラトリアス、綾波レイ、式波アスカ・・・わんこ君が一番好きな匂いはだれの匂い?」

シンジ「いっ!?なんだよ!その質問!そんなの」


マリ「えい♪」ムニュ





続きを読む

シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」

1:2013/01/19(土) 23:40:28.49 ID:QB+v8YMo0

シンジ「アスカは大尉?とか言ってたんですけど、僕にも階級とかあるんですか?………最近アスカが何かあるたびに私は大尉だ大尉だうるさいんですよ……」

ミサト「いきなり何いうのかと思ったら…まぁでもそうね、戦う相手こそ使徒だけれど、準軍事組織として階級はしっかりしないとちょ~っちマズイかも。この間も模擬戦で三人とも別行動とって結果は惨敗。今までは結果オーライだったけどこれからもっと強い使徒が現れるかもしれないし……」


バタンッ(部屋からアスカ


アスカ「なに二人して真面目くさった顔して話してるのよ?また私が臭いだとか言ってないでしょうね?」

シンジ「違うよ!階級の話だよ!(ゲルマン臭はとっくに諦めたよトホホ」

アスカ「カイキュウ?」

ミサト「ランクの話よ!でも改めて考えると凄いわねアスカ…14才ではや大尉。国連共通ランクだとOF-2かしら!末恐ろしいわ………」

アスカ「当たり前じゃない!天才完全無欠の超美少女、式波アスカラングレー様よ!本当なら元帥まで登りつめてもいいくらいの実績を私は積んできたんだから!」ヘヘン

シンジ「す、すごいや!(天才?僕にとっては天災だよ、しかも実績って倒したのはあの弱そうな奴一体だけじゃ………」

アスカ「で何よ、ミサトは一佐…え~とユーロだと……」

ミサト「大佐ね、大した事ないわよ!ちょっち運が良いだけだったから…」

アスカ「そうそう大佐ね!でも十分すごいわよ!で、大佐のミサト、超美少女で完璧な式波大尉!役立たずで親の七光りだけでエヴァに乗ってるバカシンジ!これで何か文句でもあるわけ?」

シンジ「いや、ただ僕も………その、カイキュウ?みたいなのないのかなぁってきいてみただけだから……」

アスカ「バッカじゃないの?いい、軍人っていうのはそんなに簡単になれるわけじゃないの!私だって訓練や試験様々な事で実績を出して大尉まできたんだから……まぁバカシンジはカイキュウの前に軍人でさえなれないわね!」

シンジ「へ、ヘェ〜そうなんだ。ごめんなんか軽々しくこんな話して……」

アスカ「フンッわかればいいのよ!じゃあ寝るから!」バタン

ミサト「シンジくん、気にしないでちょうだい、あなたは十分に階級を得る事をしてきたんだから…その話は私が副司令にしておくから、もう遅いし今日は寝なさい」

シンジ「あ、いぇ…あの…いいです。興味本位できいただけなんで……」

ミサト「いいの、いいの気にしないで。私も興味でてきたし…じゃあ、おやすみなさい」

シンジ「おやすみなさい……」

…・シンジの部屋・…

シンジ「よく考えたらすごいや、ミサトさんはあのアスカがすごいと言うくらいの階級みたいだし、アスカもエヴァの整備員がいつも敬ってたし………なんかきくんじゃなかった………そうだ、明日ケンスケに聞こう………」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358606428



続きを読む

アスカ「賭けをしましょう」

1:2013/01/09(水) 23:06:45 ID:YIm6mXJQ

アスカ「シンジ、起きてる?」

シンジ「…なんだよ、アスカ。こんな時間に…」

アスカ「なんか寝付けないのよ、まだ12時にもなってないわ、アンタも小学生みたいに寝てんじゃないわよ」

シンジ「明日も学校だよ…?」

アスカ「そうねぇ…何がいいかしら」

シンジ (聞いちゃいねー)

アスカ「賭けをしましょう」


続きを読む

ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ〜いwwwww」

1:2015/01/31(土) 01:15:54.30 ID:vUHk3L3AO


レイ「も〜碇司令ったら人使い荒過ぎだよねー☆ エヴァだけにいつもエヴァってる、なんちゃってwwww
   でもまあ、使徒来ちゃってるし仕方ないっかー! レイちゃん、行っきまーs…ぐふっっ!!」ガクッ

シンジ「!?」

シンジ「えっ、ちょ……え? 君、大丈夫…!?」タタタタッ

レイ「ぐ、ぐふ……大丈…」プルプルプル…

シンジ「どう見ても大丈夫じゃないよ!! というかそんな瀕死状態なのになんでそんな無駄にテンションが高いんだよ!?」

レイ「じ、人生ノリで生きてる……から……」ガクガクガクガク

シンジ「ああもう起き上がろうとしなくていいからおとなしく寝てなよ!! 分かったよ、やるよ! 僕が乗るから!」

レイ「おっ、あなたもやっとノッてきたわねー! 乗るだけに!」

シンジ「お願いだから黙っててよ!!」

レイ「へえ、この私に向かってなかなかの豪気じゃない! 初号機だけnミサト「発進!」

レイ「………………」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422634554



続きを読む

碇シンジ「鉄血のエヴァンゲリオン」

1:2017/04/19(水) 22:24:22.37 ID:kf8e+aUQO

初書き込み。しばらくお待ちください。
あと、生暖かい目で見守ってください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492608262



続きを読む

シンジ「おはよう!カヲル君!」カヲル「……」

1:2012/12/05(水) 19:57:42.59 ID:sC6VHabv0

朝 学校

シンジ「おはよう!カヲル君!」

カヲル「……」

シンジ(あれ、聞こえてなかったのかな…もう一度言ってみよう)

シンジ「おはよう!カヲル君!」


続きを読む

シンジ「ミサトさんっ!ミサトさんっ…!」ミサト「ただいま」

1:2015/02/12(木) 19:07:58.86 ID:gde2oXyAO


シンジ「ん…ふ…」シコシコ…

シンジ「ん……んんっ!」シコシコシコ…

シンジ「はあ、はあ……ん、ん…っ」ビクビクッ

シンジ「っあ、出る…! ミサトさん…! ミサトさんミサトさんミサトさん、ミサトさんっ…!」シコシコシコシコ

ミサト「なあに?」

シンジ「ミサっ…!?」ビクッ

ミサト「ただいま」

シンジ「……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423735678



続きを読む

レイ「碇くんと一つになりたい」リツコ「え?!」

1:2016/06/07(火) 02:15:48.09 ID:S1ZkYm4k0

ーーーー
ーー

リツコ「レイ、今日はもう上がっていいわよ」


レイ「はい」


リツコ「次回は明後日よ。それまで薬は処方通りに」コーヒーツカミ


レイ「はい」


レイ「………」


レイ「………」


リツコ「………? レイ、どうかしたの?」


レイ「………赤木博士。聞きたいことがあります」


リツコ「なに?めずらしいわね。いいわよ。言って御覧なさい」ズズッ


レイ「碇くんと一つになるにはどうすればいいんですか?」


リツコ「ブーーー?! ゴホッ! ゴホッ! え?! レ、レイあなた。今なんて?!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465233347


続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader