とある魔術の禁書目録

佐天「あたしの未元物質に常識は通用しないっ!」ビシッ 初春「うわぁ…」  18:06

インデックス「とうまは頭怪我してるんだよ!!!」  18:06

上条「よう、操祈じゃねーか」  18:06

麦野「シャケと」フレンダ「サバ缶なわけよ」  00:34

上条「インデックスにオナニーを見られた……」  11:10

バードウェイ「責任とってもらおうか」  21:13

佐天「光操作?」  21:13

とある女王の超電磁砲  00:12

浜面「JCスタッフいい加減にしろ…」  18:07

佐天「御坂さん、本当にサンタさん信じてるんだ……」  17:15

佐天「あたしの未元物質に常識は通用しないっ!」ビシッ 初春「うわぁ…」

1:2016/04/20(水) 19:19:19.15 ID:VO2El7Kh0

佐天さんが未元物質を使います
一部能力をちょっと都合が良い風に解釈してる箇所があるかもしれません
バレーボールカブトムシ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461147559



続きを読む

インデックス「とうまは頭怪我してるんだよ!!!」

2:2016/08/01(月) 18:53:52.43 ID:my1L5GHlo


………第七学区・舞夏の巡回ルート………


インデックス「……」ムス

舞夏「お? そこにいるのは……」クルクル

インデックス「あ、まいか……」 

舞夏「なんだかご機嫌斜めみたいだけど、どうしたー?」

インデックス「昨日とうまと喧嘩した」

インデックス「だから出てきた」

舞夏「え、昨日から外に追い出されてたってことなのか??」

インデックス「違うよ、追い出されてないもん」

インデックス「朝になってから勝手に出てきたんだよ」

舞夏「たいしたことなさそうで安心したぞー」



続きを読む

上条「よう、操祈じゃねーか」

1:2013/09/08(日) 08:59:31.45 ID:fu9BNga10

深夜の方から移動してきました。
上条さんとみさきちが幼なじみだったら
という妄想のifストーリーです。
駄文注意です。
深夜のほうでちょっとやってたから
書き溜めはなかなかあります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378598371



続きを読む

麦野「シャケと」フレンダ「サバ缶なわけよ」

1:2016/03/05(土) 07:15:58.06 ID:xc+amu1Po


………とあるファミレス………



麦野「サバぁ?」


麦野「何言ってるんだよ、魚類のトップはシャケに決まってんだろ」ケッ

麦野「能力のトップが一方通行に決まっているようになぁ!」


フレンダ「はぁ?」

フレンダ「麦野の発言だとしてもそれは許容できないってわけよ」ムカー


フレンダ「結局サバは魚類の中でも頂点に君臨するんだよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457129757



続きを読む

上条「インデックスにオナニーを見られた……」

5:2015/12/24(木) 00:41:56.76 ID:

上条「インデックスが小萌先生のとこに行っちゃったし、しばらくは1人か……」

上条「冬休みの課題……は一月から始めればいいか」

上条「だったら掃除でもするかなぁ」

上条「いや、せっかく1人なんだし……、オナニーでもするか」

上条「じゃあ、早速ベットで横になってケータイでオカズでも探しますか」

上条「ってか、普段はインデックスにベッドを譲ってるから、オナニーのときにしかベッドつかってねぇな」

上条「俺のベッドなのに。あぁ、でもなんだかいい匂いがする」

上条「俺と同じシャンプー使ってるはずなのになー」

上条「なんか匂いだけで興奮してきた」

上条「でも、匂いだけで出したら、もったいないような気がする」

上条「久々のオナニーだし、じっくり楽しまないとな」



続きを読む

バードウェイ「責任とってもらおうか」

1:2015/11/14(土) 00:25:45.72 ID:
禁書ss
上条×バードウェイ
新約14微妙にネタバレあり
短いよ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447428345

続きを読む

佐天「光操作?」

1:2016/01/03(日) 15:17:12.07 ID:
佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…………………」

ペカー

佐天「…何これ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451801831

続きを読む

とある女王の超電磁砲

1:2015/11/06(金) 22:15:00.90 ID:
美琴「なによ、食蜂・・・」

食蜂「そんな睨まないでよぉ。あなたに話があって来たんだからぁ」

美琴「話ぃ?いやよ。あんたが絡むとろくなことがないからね」

食蜂「私からすると、御坂さんが絡むとろくなことないわねぇ」

美琴「・・・」

食蜂「まぁ、大事なことだからぁ」

ニヤッと笑みを深くする。




美琴「大事なことって・・・これ?」

食蜂「ごめんなさいねぇ。付き合わせちゃって」

美琴「文字通りね・・」

帽子を目深に被り、Tシャツに半ズボンといういでたちの美琴。

対する食蜂はいつも通りの制服のままだが、普段と違うのは、まるで仲良さそうに美琴と腕を組んでいるというとこか。

そんな二人は、休日にデパートにいた。

美琴「なんで、私があんたなんかと恋人のふりをしないといけないのよ・・・」

食蜂「別に、御坂さんじゃなくてもよかったんだけどねぇ。あの人とか・・」

美琴「だめよ!」

食蜂「あれぇ?今のでわかったのぉ?」

美琴「っ!んなわけないでしょ!ただ、あんたが私以外とだと、何か起きても大変だからね!」

食蜂「確かに、私の能力は御坂さんには効かないからねぇ」

美琴「でしょ!だから、今日だけ、特別にあんたに付き合ってあげるわ!」

食蜂「あらぁ。助かるわぁ」

美琴「てか、なんで私なの?あんた、側近は?」

食蜂「だって、女の子にしか見えないじゃないのぉ」

美琴「私だって、男には見えないわよ」

食蜂「・・・ぷっ」

美琴の胸を一瞥して笑う食蜂。

その意図は美琴にも伝わった。

美琴「・・・」ビリッ

食蜂「やぁねぇ。こんなところで能力なんか使わないでよぉ」

美琴「わかってるわよ・・・」

食蜂「それに、御坂さんとのデート、楽しみにしてたんだゾ☆」

ウインクする食蜂。

美琴「気持ち悪いわ・・・」

食蜂「ひどいわぁ」

美琴「あんま、くっつかないでよ」

食蜂「あらぁ?彼女にそれはないんじゃないのぉ?」

美琴「誰が彼女だ!」

食蜂「今日だけでも、付き合ってくれるんでしょぉ?」

美琴「今日だけね・・・」

食蜂「はいはい♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446815700

続きを読む

浜面「JCスタッフいい加減にしろ…」

1:2015/12/07(月) 00:20:33.17 ID:
浜面「ぶっ殺すぞ」

滝壺「急にどうしたの?はまづら」

浜面「どうしたもこうしたもねぇよ滝壺。アニメ禁書3期がいつまで経っても始まらねぇんだよ!」

滝壺「ああ、そのこと。アニメ業界も難しいんだよ、きっと」

浜面「だってさ、原作未読側からすれば、俺ってただの一児の母を殺そうとしたクズって認識なんだろ?」

滝壺「実際はまづらはクズだよ」

浜面「えぇー…。ここは滝壺が例の台詞で俺を慰めてくれる所じゃねぇのかよ」

滝壺「そんなの知らない」

浜面「いつもの穏和な滝壺はどこに行った…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449415232

続きを読む

佐天「御坂さん、本当にサンタさん信じてるんだ……」

1:2015/12/25(金) 01:11:59.30 ID:

佐天「どこもかしこもクリスマス一色ですね」

美琴「そうね。それであと数日経ったら、お正月ムード一色でしょ? 忙しないというかなんというか……」

佐天「そうですね」

美琴「…………」

佐天「…………」

美琴「あ、そうだ。佐天さん」

佐天「はい」

美琴「サンタさんにプレゼントは頼んだ?」

佐天「……え? プレ、ゼント……ですか?」


佐天(もしかして、御坂さんってサンタさんを本気で信じてる?)

佐天(いや、でも御坂さん今年で14才だし、さすがに本気ってわけじゃ……)

美琴「どうしたの?」

佐天「い、いえ……」

佐天(あの純粋な目……本気で信じてるんだ……)

佐天(だったら、あたしが御坂さんの夢を壊していいはずがない!)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450973519

続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader