とある魔術の禁書目録

垣根「スクールの年明け」  18:06

上条「そんじゃ、行ってきます」  12:11

一方通行「手作り料理ィ?」  18:06

上条「インデックスに毎日チ○コを見せつけてみる」  18:06

垣根「いい加減返事をきかせろ、原子崩し」麦野「黙れ」  12:36

五和「安価で上条さんを落としてみますね」  20:59

イン「大体とうまはいつもいつも…」上条「文句ばっか言いやがって…!」  18:06

上条「彼女が重い」一方・浜面「え?」  18:06

もしも上条さんと御坂さんが同じ道を歩んでいたら  18:06

佐天「あたしの未元物質に常識は通用しないっ!」ビシッ 初春「うわぁ…」  18:06

垣根「スクールの年明け」

1:2015/01/06(火) 02:48:15.21 ID:8QYQdNFu0


☆スクールがだらだらする話
☆未元定規要素あり
☆メタ発言あり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420480094



続きを読む

上条「そんじゃ、行ってきます」

1:2016/08/06(土) 01:02:26.13 ID:BXAEyt2B0

禁書のコメディSSです
1レス完結型で特定のCPなどはありません
時々キャラ崩壊

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470412945



続きを読む

一方通行「手作り料理ィ?」

1:2015/03/31(火) 12:23:12.63 ID:ttI5h92m0


初ssです。

キャラ崩壊、設定などがあるかもしれませんが
、暖かい目で見てやってください。
オチ無いかも……


打ち止め「ねえねえってミサカはミサカはあなたの袖を強く引いてみる」

一方通行「あァ? なンだよォ」

打ち止め「あなたの手料理が食べてみたいなってミサカはミサカは上目遣いでおねだりしてみる」

一方通行「なンで突然そンな事言い出すンだァ? 黄泉川の炊飯器料理でも食ってろ」

打ち止め「えー、そんなこと言わないでーってミサカはミサカはジタバタしてみたり!」ジタバタ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427772192



続きを読む

上条「インデックスに毎日チ○コを見せつけてみる」

1:2014/12/31(水) 20:17:41.42 ID:PIB75IWD0

1日目

何故そんなバカな事を思い付いたのか、それを問われるとなんと返せば良いのか返答に困るのだが恐らくむしゃくしゃしてたのではないだろうか。

まぁこの際理由も目的もどうでもいいだろう、わたくし上条当麻はそんな変態的思考に支配されてしまった訳でありびっくりするほど抵抗なくそれを実行したのであった。

方法としては至ってシンプル、帰宅直前に社会の窓を開ききりそこから上条さんの男性自身を竿だけ取り出す。
ただそれだけを行い普通にただいまーっと玄関のドアを開いただけだ。

「あっ、おかえりなさいとうま!!」

インデックスは基本部屋でゴロゴロしているのだが俺が帰宅するとかけ寄ってくる、真正面から近寄って来るのだから同然気付く。

「ねぇねぇとうまとうま、今日の晩ごはんはなに…………………」

話の半ばで絶句。笑顔がビシィッ!!凍り付く。

俺の股関に焦点を合わせたまま硬直するインデックスさん。

黙ってインデックスの反応を観察する俺。

そして数分後、インデックスの悲鳴が辺りに響いた。

その日の夜、インデックスは話し掛けても返事をしてくれなかった。

ただ、噛みつかれなかったのはちょっと意外だったけど。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420024661



続きを読む

垣根「いい加減返事をきかせろ、原子崩し」麦野「黙れ」

2:2010/05/31(月) 20:03:00.02 ID:.CG2gec0


学校からの帰り道、突然、麦野は携帯電話で目の前の男から呼び出された。
一体、何の用だろう。密かに胸をときめかせて指定されたファミレスに来て蓋をあけてみれば、他の女に関する恋愛相談だった。
少しだけ。ほんの少しだけ期待していた展開なんて起こることもなく、麦野はつまらなそうに男の話に耳を傾けていた。


「なぁ、麦野。どうすればいいのかな、俺」

「どうするも何も、そもそもなんで喧嘩なんかしたのよ?」


麦野は奢らせたソーダフロートのストローに口をつけながら、ため息混じりに話につきあう。
先ほどから「どうしよう、どうしよう」と汗をダラダラと流し、あたふたしている男――浜面仕上は、学園都市の路地裏に入れば、溢れるほど出てくる不良の中の1人に過ぎない。
金に染めている髪は痛み気味。着用している茶色のジャージとジーンズも、一見して安物だとわかる。
鼻にピアスまでしているが、どこか野暮ったい。
冴えない浜面とファッション雑誌からそのまま飛び出て来たような容姿端麗でおしゃれな麦野が一緒にいる様は、幾ばくか周囲の視線を集めてしまっている。


「……わっかんねぇ。なんか昨日から急に口きいてくれなくなって」

「メールでもすればー?」

「メールも駄目なんだ。返信くんないし、電話してもでてくれねぇ。家に行ってもドア開けてくんなかったし……。
 俺嫌われるようなこと、したのか……?」

「嫌われたとかはともかく。怒らせるようなことはしたんでしょ。
 アンタの部屋でエロ本、エロDVDを見つけてドン引きしたとか、気が利かなくて余計な事を言ったとか。
 まぁ、馬鹿浜面がぁ、愛しの滝壺ちゃんのぉ、ハートを傷つけたことはぁ、決定的よねー。こんなアホが彼氏とか、滝壺かわいそー☆」

「うっ……、痛いとこつくなよ」

「で? 心当たりとかない訳?」

「えぇーと」


間抜けな顔で天井と睨めっこをしながら、浜面は『滝壺に嫌われそうな心当たり』について考え始めた。
思いついてはひとーつ、ふたーつと指を折り数える。
だんだんと数を数えるスピードが遅くなっていくに従って、浜面の顔はテーブルへと近づく。
浜面の両手がきれいなグーの形になった時、とうとう浜面はテーブルにひれ伏した。


「うわぁぁぁああ! 滝壺ぉ、俺が悪かったぁぁぁあああっ!!」


テーブルの上にひれ伏して絶望に打ちひしがれる浜面。
「ごめん、超ごめんなさい……」と壊れたラジオのようにくり返す口からは、魂がひょっこりと顔をだしている。
愛しの滝壺ちゃんから嫌がられるような心当たりが、両手の指では足りないほどあるらしい。



続きを読む

五和「安価で上条さんを落としてみますね」

1:2016/07/03(日) 11:55:25.10 ID:slR9dmp7o

亀かも
気分転換のため……



………イギリス清教・女子寮………


五和「……」ボケー

五和「……ここで私がこうしているうちに、上条さんは誰かに取られてるのかもしれません……」

五和「やはり、何かしら行動しなくては……」


何しよう
↓1



続きを読む

イン「大体とうまはいつもいつも…」上条「文句ばっか言いやがって…!」

1:2016/05/13(金) 21:11:11.03 ID:nHUabR2d0

上条「あぁ、わかった。この際だから言ってやるよ。こっちにもお前には文句がまだまだあんだよ!」

イン「言ってみるといいかも!全部スペルインターセプトしてやるんだよ!」

上条「上手いこと言ったつもりかテメェ!まずひとつ目、お前風呂上がったらちゃんと髪の毛乾かせっていつも言ってんだろ!床がベチャベチャなんだよ!」

イン「だっ、だってあの『どらいあー』とかいうの壊れてるんだよ!」

上条「壊したのはお前だ!それにドライヤーなくても髪は乾かせるだろ!」

イン「だって面倒くさいもん!」

上条「風引いたらどうすんだよ!馬鹿野郎!」

イン「ふん、それだって風邪薬代がかさむからとかそんな理由で…」

上条「本気で心配してるに決まってんだろ!!!!!!」

イン「あ…うん…ありがとう///これから気を付けるんだよ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463141470



続きを読む

上条「彼女が重い」一方・浜面「え?」

1:2015/05/09(土) 12:10:52.58 ID:JSeKFRE50


上条浮気魔
一方セフレ
浜面三股

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431141042



続きを読む

もしも上条さんと御坂さんが同じ道を歩んでいたら

1:2015/06/13(土) 20:32:09.79 ID:fXbh+tw00

このssは
禁書目録1巻での警備ロボットに追いかけられ上条さんと御坂さんが同じ逃げ道を歩いていたら編です!

詳しくは禁書目録1巻またはアニメの一話を見るといいでしょう!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434195119



続きを読む

佐天「あたしの未元物質に常識は通用しないっ!」ビシッ 初春「うわぁ…」

1:2016/04/20(水) 19:19:19.15 ID:VO2El7Kh0

佐天さんが未元物質を使います
一部能力をちょっと都合が良い風に解釈してる箇所があるかもしれません
バレーボールカブトムシ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461147559



続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader