進撃の巨人

ミカサ「ついに右手の封印を解く時が来た…」  17:05

アニ「私とダウンタウンの24時間」  12:12

アルミン「女装しようかな…」  17:05

アルミン「クリスタの下着が盗まれた?」  12:12

アニ「もしさ、もしもの話だよ」ライナー「おう」  17:05

ライナー「俺に全てを委ねて快楽を貪れ、エレン」  12:12

エレン「パソコン? インターネット?」  17:05

エレン「涼しき夏、暖かき冬」  12:12

ベルトルト「僕の左手」  17:05

リヴァイ「俺が何者なのかを証明しよう――この大物を釣ることによって」  12:12

ミカサ「ついに右手の封印を解く時が来た…」

1:2014/05/17(土) 22:51:37 ID:tBqCgCAo


※この話はエレンがライナー達に連れ去られたところから始まります




ミカサ「アルミン!エレンは!?エレンはどこ!?」


アルミン「…エレンは連れ去られたよ。ユミルもだ。ベルトルトとライナーに……それからもう…5時間は経ってる」


ミカサ「っ!…ああ、またこれか…」ズキッ


アルミン「どこか痛いの?」


ズキンッ!


ミカサ「っ!?」ヨロッ


アルミン「ミ、ミカサ!?だ、大丈夫!?」


続きを読む

アニ「私とダウンタウンの24時間」

1:2015/04/10(金) 12:35:16.51 ID:a8NfVh9/O

・ギャグ、キャラ崩壊、下ネタ有り

・多少のネタバレ有り

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428636916



続きを読む

アルミン「女装しようかな…」

1:2013/05/29(水) 23:06:55.45 ID:2emi4/gf0

アルミン「ははは…結構似合ってるや…」

アルミン「まるで本物の女の子みたいだ…」ゴクリ

アルミン「な…なんだかムラムラしてきちゃったな…」


エレン「あれ…アルミンの奴どこ行っちゃったんだ…?」

「エレン……エレン……」

エレン「ん、アルミンの声が…」

エレン「おーい!アルミーン!」

アルミン(まずい…!見つかっちゃった!…ど…どうしよう!)

アルミン(今見つかったら僕は絶対に軽蔑される…どうしよう…どうしよう…)

エレン「あれ……おかしいな…アルミンの声がしたはずなんだけどなぁ…」

アルミン(へ…?)

エレン「あのさ…アルミンがどこに居るかしらねえかな?」

エレン「…クリスタ」


続きを読む

アルミン「クリスタの下着が盗まれた?」

1:2013/05/26(日) 22:28:36.43 ID:r9Hc342U0

※キャラ改変+ネタバレ+別アニメの話ベースのSSです

〜夕方〜

ジャン「風呂先にあがったぞー」

ユミル「おせえよ男ども!こっちは待ってるんだから風呂ぐらい早くしろや!」

ジャン「ああ!?」

クリスタ「二人とも喧嘩するのはよくないよ!早くお風呂いこ?」

アルミン(天使…)

ベルトルト(天使だ…)

ライナー(結婚したい…)


続きを読む

アニ「もしさ、もしもの話だよ」ライナー「おう」

1:2013/06/02(日) 19:25:46.35 ID:o/qY7Fcc0

アニ「私があいつのこと……死に急ぎ野郎のことが好きだって言ったら、どうする?」

ライナー「ん?死に急ぎ野郎?一体誰のことだ?」

アニ「な゛っ!?」

ライナー「ベルトルト、お前は知ってるか?」

ベルトルト「ううん、知らないな」

ライナー「だそうだ。すまないが後学のためにその死に急ぎ野郎ってのが誰なのか教えてくれないか?」

アニ「……るくせに」ボソッ

ベルトルト「ん?何か言ったかいアニ?」

アニ「……誰のことだか、わかってるくせに」


続きを読む

ライナー「俺に全てを委ねて快楽を貪れ、エレン」

1:2013/04/27(土) 22:00:32.90 ID:qKz+dx180

*重大なネタバレを含む




エレン「ライナー…ベルトルト…この…」

エレン「裏切りもんがあああああああああ」ガリッ

カッ

ライナー(エレン…巨人になったか)

ライナー(それでいい、それこそ俺達の目的)

ライナー(エレン…おまえは自分で気づいていないようだが)

ライナー(巨人は消化器官がない…つまり排泄器官もない)

ライナー(だがおまえは…唯一アナルのある巨人…!)

ライナー(そして俺は…)

バキバキバキ

ハンジ「あ…あれは!?」

ライナー(唯一ペニスを持つ巨人…!)


続きを読む

エレン「パソコン? インターネット?」

1:2013/06/02(日) 19:57:38.95 ID:atCLuxp00

エレン「なんだよそれ」

アルミン「今年から僕達でも使うことが許された物だよ!」

アルミン「科学技術の最先端だよ! どんなことも調べることができるんだ!」

エレン「どんなものでも? マジかよ」

アルミン「その顔、信じてないよね?」

エレン「いや、だってどう考えてもおかしいだろ……」

ジャン「おいおいなんだよさっきから」

エレン「ああジャンか、アルミンがさっきから変な話してるんだよ」

ジャン「その変な箱の話か?」

アルミン「箱じゃないよ! パソコンだよ」

アルミン「とにかく、なんでも調べることができるんだ」

ジャン「なんでも……だと……」

ジャン「ミカサのことも調べられるのか」

ライナー「おいどうしたアルミン、でかい声で」

アルミン「あ! ライナー! ちょうどいいところに」

アルミン「ライナーは今、知りたいことある?」

ライナー「俺か? なんだろうな」

ベルトルト「アニ」

ライナー「そうだな、アニが憲兵団でなにやってるか……かな?」

アルミン「じゃあ、調べてあげるよ」

ライナー「あ? 今から聞きに行くってのか? 無理に決まってるだろ」

エレン「それがさ、なんでも調べることができる、このパソコンって機械があってさ」

ライナー「なんだよそれ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370170658



続きを読む

エレン「涼しき夏、暖かき冬」

1:2013/06/05(水) 23:05:42.05 ID:1oxqFoDdo

夏虫の声が響き渡る中、家路を駆ける。

乱れる吐息を掻き消すように正午を報せる鐘が響いた。

お昼の鐘が鳴る前に帰りなさいと母さんに言われていたが、結局間に合わなかった。

走る意味を失って立ち止まると、途端に汗が流れ出てくるのが感じられた。

流れる汗が顎先で玉となり、揺れて落ちる。

地面にできた小さな染みは、あっという間に乾いて消えた。

今年の茹だるような暑さは近年では珍しいと父さんは言っていた。

空を仰ぎ見ると、ぎらぎらとした太陽がそこにあった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370441141



続きを読む

ベルトルト「僕の左手」

1:2014/05/02(金) 22:20:03 ID:OPyx3KS.

夜、男子寮

コニー「俺、気づいちまったんだけどさ」

ジャン「ああ」

コニー「ライナーとベルトルトって巨チンだよな」

ライナー・ベルトルト「!?」

ジャン「おまえ、今更何言ってんだ? まあチンコも体格に比例してんだろ。こいつらはいかにも男って感じだからな」

マルコ「コニー、ぶしつけにそういうことを言うのはよくないぞ・・・・ごめんね二人とも」

コニー「なあ、おまえらウォールマリア南東出身だっけ? やっぱ村の大人もそうだったのか?」

ライナー・ベルトルト「・・・・・・」

マルコ「ライナー?」

ライナー「あ? ああ、・・・・・・そうかもな、俺たちの村のヤツらはみんなこんなもんだったぜ」

ジャン「ふーん。うらやましいこって」


続きを読む

リヴァイ「俺が何者なのかを証明しよう――この大物を釣ることによって」

1:2013/07/01(月) 00:08:25.40 ID:r5hJvj550

注 ネタバレ 捏造 if展開


初めは成り行きだった。

地下街のゴロツキとして、その日その日を貧しさに耐えつつ生を繋ぐ日々。達成感も生きている実感もない、空虚な毎日。
ただ胸の奥に沈む言葉にならない暗鬱とした思いを、暴力という形で発散して。
そんな時だった。

「君がこの辺で有名なゴロツキくんか。なるほど……凶暴そうだ。まるで人の形をした獣だ」

清潔な服装に身を包んだ、一目で立派な立場にあるだろう男に声をかけられた。
羨ましいと思った。
綺麗で清潔。それは求めてやまなかったが、貧しい己の身では到底届きはしないから。

「どうだろうか。その有り余った力を有効活用させてみないかい?」

警戒と不快感を示す自分に、その男は笑みすら浮かべて言ってきた。

「巨人殺し……我々、調査兵団は死をも恐れぬ人員を求めている」

巨人。人類の天敵。
ああ……こいつは税金食らいと市民から目の敵にされているヤツらか。俺は唇を歪めていった。

「風呂と……綺麗な服は着れるのか」

「それは君次第だ。君が噂に違わぬ者なら……君の望みは叶うだろう」

「そうか……いいぞ。巨人でも何でも殺してやる」

「いい返事だ。心臓を捧げる覚悟はあるな」

「お前にか」

「いいや俺じゃない。人類の為にだ」

「ご大層だな……欲しけりゃ捧げてやる。好きに持っていけ」

そんな出会いと共に、俺はエルヴィンと名乗る男に仕えることになった。
後悔は無かった。
どうせ死んだように毎日を生きていた。俺には――何も無かったのだから。この命以外には。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372604905



続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader