SS古今東西

STEINS;GATE

ダル「できた! 『誰かがオカリンのことを嫌いになるスイッチ』~」

1:2016/07/08(金) 04:54:43.508 ID:AXJhVoHH0.net

ダル「未来ガジェット製作中にむしゃくしゃして作った、後悔はしていない」

ダル「そもそもオカリンハーレムすぎね? おかしくね?」

ダル「僕は二次元命だから耐えてこられたけどそろそろ限界だお」

ダル「まずは>>3がオカリンのことを嫌いになるお」ポチッ


まゆり「オカリンはまゆしぃの人質なのです」

1:2016/05/15(日) 16:07:54.791 ID:odnNm48AM.net

岡部「な、何を言ってるんだまゆり?」

まゆり「まゆしぃは知ってるのです。オカリンがまゆしぃを助けてくれてることを」

岡部「どうしてそれを……! 俺がタイムリープしてるとこを見たのか?」

まゆり「ううん、まゆしぃには分かるんだ。オカリンのやってることが」


【シュタゲSS】フェイリス「……パパ?」

1:2016/03/21(月) 21:58:17.25 ID:nkDZr6hS0

2011年夏、シュタインズゲート世界線、フェイリスとオカリンの二つの目線で進みます。
哀心迷図のバベルのネタバレあり。特に漫画版を読んでる人にはより楽しんでいただけるかと。
もちろん、知らなくても楽しんでいただけるよう頑張ります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458565096



【シュタゲSS】岡部「比屋定さんの陰毛がボーボーだったんだッ!!」

1:2016/03/12(土) 19:20:01.036 ID:EEQiGGqt0.net

岡部「もしもし!? なあダル! 聞いてくれ!」

ダル『またロシアかラウンダーが攻めてきたん!? 今度はフェイリスたんの家に!?』

岡部「違うんだ! 俺は、俺は見てしまったんだよ……!」

ダル『な、なにを?』ゴクリ

岡部「……比屋定さんの裸体を、だ」

ダル『は……?』


【シュタゲSS】真帆「らめぇっ! 乳首とれちゃうぅっ!」ビクビク

1:2016/03/11(金) 17:48:14.164 ID:6up2xNnr0.net

※エロ注意



ダル「んほー。いいよーいいよー」カタカタカタカタ

岡部「ん? ダルよ。またエロゲをプレイしているのかこのHENTAIめ」

ダル「HENTAIじゃなくてHENTAI紳士だっつーの。それに、今やってるのはエロゲじゃなくてプログラミングだし」

岡部「プログラミングでそこまで興奮できるのは充分HENTAIだと思うが」

ダル「まあ見てみなって」

岡部「ん……これは『Amadeus』の"比屋定さん"?」


【シュタゲSS】真帆「科学の力で岡部さんを堕とすわ!」

1:2016/03/04(金) 22:16:31.356 ID:mWmY2U2l0.net

神様『マホはリンターロが好き、マホはリンターロが好き、マホはリンターロが好き……』

真帆「私は岡部さんが好き、私は岡部さんが好き……岡部さん、大好きっ!」ドキドキ

神様『リンターロが好きなら、恋仲になってしまえばいい』

真帆「で、でも、岡部さんはきっと紅莉栖のことが……」シュン

神様『クリスのことは残念だったけど、でも、クリスだってリンターロの幸せを願っていると思わないかい?』

真帆「たしかに」

神様『だったら、キミがリンターロを幸せにしてあげればいい。愛を与えてあげてはどうかな』

真帆「わかった! 岡部さんを堕とすわ!」

神様『ついでにタイムマシンの情報もヨロシクネ』


岡部「む?助手よ…俺の白衣を知らないか?」紅莉栖「わわ私が知るわけななないでしょ!?」

1:2016/02/07(日) 21:06:32.222 ID:RRh2G6aB0.net

岡部「? 何をそんなに慌てているのだ?」

紅莉栖「慌ててなんかないつーの!!それより白衣がないならこれでも着てなさいよ!」バサッ


岡部「これは…貴様の白衣か?どれ…む?俺のサイズにぴったりではないか」


紅莉栖「たまたま!たまたまサイズ大きいの買っちゃったのよ!そう!たまたまね!!」


岡部「ぬぁ~にをしているんだ?ん助手ぅ~?」紅莉栖「な!バレンタインのチョコ作りの練習してるとかそんなんじゃねーからな!!」

1:2016/01/24(日) 22:03:37.932 ID:yMa1myH6a.net

岡部「お、おう、そうか…」

紅莉栖「そうよ!別にあんたのためにチョコ作るつもりとかこれっぽっちもないからな!」

岡部「か、菓子作りなどくだらん!!ま、まるで、スイーツ(笑)のようだな!」

紅莉栖「スイーツ(笑)言うな!私が何しようがかってでしょ!」

岡部「ふん、せいぜい人間の食べれる物を作れるように頑張るのだな!フゥーハッハッハッハー!」

紅莉栖「なによ…もういいわ…私今日は帰るわ」

バタンッ

ダル「流石にオカリンいまのは酷くね?」

まゆり「オカリン、まゆしぃは悲しいのです…」


紅莉栖「こ、これは岡部の白衣…」ゴクリ

1:2015/12/15(火) 22:09:42.679 ID:vIwsIIzN0.net

ラボ

紅莉栖「まったく…こんなところに脱ぎ散らかして…」ソワソワ

紅莉栖(……この汚れ具合から察するに、10日は洗わずに着ていたようね)

紅莉栖「……誰も居ないわよね?」キョロキョロ



紅莉栖「きゃっほーい!クンカクンカ!クンカクンカ!うっ…く、臭いっ!?ツーンと、鼻にツーンとキター!…けど…岡部の…岡部の匂いがすりゅ~♡フガフガ!フガフガ!あぁ~岡部ぇ~岡部ぇ~♡」ビクンビクン


岡部「紅莉栖の食事中スマホフリックがウザい」

1:2015/11/23(月) 10:59:48.266 ID:uLKWRklgM.net

紅莉栖「・・・」スッスッ

萌郁「」ポチポチ

ブーッ

岡部「む」

シャーッ←研究室の仕切を開ける音

岡部「おい指圧師、近くにいるのだから直接言えと言ってるだろう」

萌郁「折角・・・スマホに替えた・・・から」

萌郁:岡部君♪今なにやってるの~?私もそっち行っていい?(*^^*)

岡部「・・・」







Twitter
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ

名前
本文
QRコード
QRコード