涼宮ハルヒの憂鬱

キョン「ハルヒのうんこで世界がやばい?」  18:06

キョン「な、長門…?」長門「……何」ビンビン  18:06

ハルヒ「もうちょっと奥にっ……あっ、違うもうちょっとだけ右……」  18:06

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」後編  18:07

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (4)  18:07

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (3)  18:07

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (2)  18:07

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (1)  18:07

佐々木「一つ、お願いがあるんだ」  20:52

ハルヒ「キョンTUEEEE!!!!」  22:49

キョン「ハルヒのうんこで世界がやばい?」

1:2015/03/12(木) 20:41:23.84 ID:GhlyCCfQ0


 長門「そう。涼宮ハルヒは今現在便秘により多大なるストレスを感じている」

 長門「このままいけば、明日の23時49分17秒に世界は消滅し、作り替えられてしまう」

 長門「なんとしてでも阻止する必要がある。あなたの力を借りたい」

 キョン「しかしな。いきなりそんなことを言われても到底信じられないんだが」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426160483



続きを読む

キョン「な、長門…?」長門「……何」ビンビン

1:2014/08/22(金) 12:04:19.34 ID:HrdTLh5J0

注意
いわゆる生えちゃう話です

メジャーなシチュエーションだからネタ被ってるかもしれません

本番はないですし、生々しい表現はしてないはずですが、そういうのが苦手な人にはオススメしません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408676649



続きを読む

ハルヒ「もうちょっと奥にっ……あっ、違うもうちょっとだけ右……」

1:2014/09/24(水) 00:28:13.66 ID:ayCxzeb70

スカッ
キョン「あっ」
ハルヒ「あっ」
キョン「……」
ハルヒ「……ヘタクソ」

コィーン
キョン「…」
ハルヒ「……あっ、ちょっと奥すぎ……でもないか‥…」
キョン「…」
ハルヒ「んで……もーちょい……右、右……あっ……あっ、あー」

スカッ
キョン「…」
ハルヒ「……はぁ……ダメね」
キョン「…」
ハルヒ「ほらなにぼーっとしてんのよ! もう一回! もーいっかい!」
キョン「…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411486083



続きを読む

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」後編

1:2015/08/21(金) 23:27:52.86 ID:
ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438088111/

の続き 幼女編

ハルヒ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440167272

続きを読む

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (4)

762:2015/08/17(月) 20:14:41.02 ID:



-----------------------------------------------------
◇Chapter.10 涼宮ハルヒのスコトーマ◇
-----------------------------------------------------

2010.08.16 (Mon) 10:34
有明 東京ビッグサイト

シュタゲ0


続きを読む

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (3)

514:2015/08/11(火) 20:29:02.21 ID:



-------------------------------------------------------
◇Chapter.6 涼宮ハルヒのアタッチメント◇
-------------------------------------------------------

D 0.337187%
2010.08.12 (Thu) 11:45
秋葉原 牛丼専門さんぽ

ハルヒ


続きを読む

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (2)

280:2015/08/06(木) 22:13:19.46 ID:
――――――――――――――――――――――――――
D 0.409420%
2010.08.10 (Tue) 10:03
未来ガジェット研究所


ハルヒ「……メール、準備できたわ」

岡部「こっちも準備万端だ。して、メールの内容は?」ヌッ

ハルヒ「お、乙女の秘密よ! 見るなバカ!」

岡部「……貴様もか。まぁ、別に構わんが」

岡部「さぁ、放電現象が始まったら送信しろ」

バチバチバチッ

ハルヒ「…………」

ハルヒ「……ジョン」ピッ

シュタゲ


――――――――――――――――――――――――――

続きを読む

ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」 (1)

1:2015/07/28(火) 21:55:11.55 ID:
ミーンミンミンミーン……

キョン「あいび……。すまん、なんだって?」

古泉「IBN5100。幻のレトロPCとも称される旧式のコンピュータのことですね。
   しかし、それが発売されたのは確か今から……」

長門「35年前の1975年」

古泉「だそうです。これを探すとなると相当困難かと」

キョン「ところでハルヒよ、またどうしてそんなものに興味を持ったんだ」

ハルヒ「これを見なさい!」

ハルヒ0


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438088111

続きを読む

佐々木「一つ、お願いがあるんだ」

1:2015/03/28(土) 20:43:17.31 ID:

もし違う高校を選んでいたら、俺はどんな風にこの時間を過ごしていたのだろうか。

入学式という名のつまらん長話で構成された儀式で意識を鈍らせつつ、ふとそんなことを思った。

この世界のどこかの高校には、腹を抱えるほどトークの上手い校長先生がいたりするのかね。

そして今、この教室は至ってありふれた自己紹介タイムの真っ只中にあるのだが、

この世界のどこかのクラスには、頭を抱えるような電波話を発信し始める新入生がいたりするのだろうか。

まあ仮にそうだとしたら、この組ではこのまま平穏無事に終わることを願わずにはいられないが。

だが、それらは全て仮定の話で、俺はこの学校を選び、この組に選ばれた。思うに人生とは選択の連続だ。

選択肢の先は複雑に絡み合った根っこのように広がり、現在の選択が未来の選択肢にも影響するのだ。

ゲームだってそうだろう? マジシャンになったらその先の選択肢はウィザードやプリーストやヒーラーで、

決してナイトやスナイパーになったりはしない。マジックナイトにはなるかもしれないけどな。

逆に言えば何かを決めるということは、その他の可能性を消すということに等しいのかもしれない。

ま、二十歳にも満たない若造が何を知ったようなことを言ってるのか、と言われたらそれまでなんだがね。

そんなことを考えながら、俺は前の席に座っている顔なじみが泰然と立ちあがるのを眺めていた。

キョン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427542997

続きを読む

ハルヒ「キョンTUEEEE!!!!」

1:2015/08/28(金) 21:34:27.00 ID:

ハルヒ「東中出身涼宮ハルヒ、この中に――――――」

キョン「……ほう」





ハルヒ「……」ムスッ

キョン「なぁ涼宮、しょっぱなのアレどこまで本気だったんだ?」

ハルヒ「しょっぱなのアレってなによ」

キョン「自己紹介の時の宇宙人がどうこう~ってやつ」

ハルヒ「あんた、宇宙人なの?」

キョン「ああ」

ハルヒ「なら何……ってああ!?」

キョン「ついでに言うと宇宙人でもあり未来人でもあり超能力者でもあり異世界人でもある」

キョン「いや、その逆にそれら全てに当てはまらない、といってもいいか」

ハルヒ「……あんた、あたしをおちょくってんの?」

キョン「いいや、これっぽっちも」

ハルヒ「……」

キョン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440765266

続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader