僕は友達が少ない

星奈「あたしたちはまだ友達が少ない」  18:06

小鷹「あれからもう10年か……」  22:08

星奈「あたしたちはまだ友達が少ない」

4:2011/08/15(月) 21:04:13.97 ID:rzRRdxIO0

第一話「明日次郎降臨!」


今年最後の授業を終えた放課後、夜空と並んで部室に向かう。

この学園は二期制なので、終業式は無い。冬休みにどこかに行く計画を相談する友達がいない俺たちは、早々に教室から退散した。

「全く……リア充共め……。スノボだの初詣だの、わざわざ教室で話さなくてもワックとかで話せばいいだろうに……。あれは私達への当てつけなのか?」

「それは考えすぎだろ」

「しかも居座るからってHRのときから教室の暖房を強くしすぎだ。暑くてかなわん」

そう言ってタイを緩める。

「それは確かにそうだったな」

「そう言うわりに平気そうじゃないか」

「俺はカーディガン着てないからな。似合わないし」

「そうか、では私も脱ぐとするか」

そんな益体もない事を話していると、いつの間にか部室の前に着いていた。


続きを読む

小鷹「あれからもう10年か……」

1 : ◆GSwKOxm7aw 2011/12/07(水) 19:03:14.90 ID:hgk7xikv0
小鷹「(隣人部でみんなと過ごした日々も今となっては懐かしいな……今頃みんなどうしてるんだろうな……)」


上司「羽瀬川くん」


小鷹「あ、はい!」


上司「さっき話したことなんだがね」


小鷹「え~と、あ、はい!書類の件でしたら…… (今は仕事に集中しなきゃな)」


柏崎星奈01

続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader