SS古今東西

ポケットモンスター

ポケットモンスター処女赤【安価】

1:2016/01/07(木) 18:50:52.42 ID:iu0TARtX0

オーキド「はじめまして!ポケットモンスターの世界へようこそ!」

オーキド「私の名前はオーキド、皆からはポケモン博士と慕われておるよ」

オーキド「・・・・・・と言うのは私の表の顔じゃ。私の正体についてはまた後ほど話そう」

オーキド「ところで君は・・・・・・、どっちじゃったかの?」

1.ゲーム似の寡黙なレッド

2.ポケスペ似の元気なレッド

オーキド「そうじゃ、【安価下】じゃったな!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452160252



ピカチュウ「くそ…妖怪ウォッチめ…」

1:2015/01/13(火) 18:24:18.97 ID:ePuIOUVOO

ピカチュウ「俺には魅力が分からん!あの不気味な猫畜生は何者なんだ!」

キバゴ「『ジバニャン』ですよ。地縛霊らしいです。猫の」

ピカチュウ「地縛霊!?随分と妙な設定なんだな」

キバゴ「特殊ですよね」

ピカチュウ「まあ、それはいい。問題は、『妖怪ウォッチ』の人気が天井知らずだということだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421141058



マフォクシー「ポケモン達のリア充vs非リア充クリスマス戦争?」

1:2015/12/24(木) 20:57:18.09 ID:y+ud61Vf0

      ,/i/i.  
    ミ 、|   マフォクシー♂「やあ、僕の名前はエロギツネ(´・ω・`)
      /\_!   こう見えても、色違いの彼女がいるリア充ポケモンなんだ(´・ω・`)
    /i(|  |)  
  〈 i,|  |  …おや?銀ギツネちゃんから電話が。デートのお誘いかな?」
    `ー'U´U 

色違いマフォクシー♀「もしも〜し?あっ、エロギツネはん?明日なんやけど…。」

マフォクシー♂「……うむ、予定は無いから大丈夫だよ。
それじゃ、明日はクリスマスデートしよう。」

色違いマフォクシー♀「そやね…////待ち合わせ場所は、どないしよ?」

マフォクシー♂「僕が家まで迎えに行くよ。」

色違いマフォクシー♀「了解。楽しみにしとるわ…////ほな、また明日な♪」

…………………▽

      ,/i/i.  
    ミ 、|  マフォクシー♂「さて…クリスマスのデートプラン、どうしよう(´・ω・`)
      /\_!   性なる夜(聖なる夜)だけに…最終的にはセッ○スしたいなぁ(´・ω・`)
    /i(|  |)  
  〈 i,|  |  だって僕はエロギツネだからね(´・ω・`)」
    `ー'U´U 

クリスマス…。恋人達にとっては、1年で最もロマンティックな日。

しかし、全員が全員恋人がいる訳ではない。
この日を快く思わない者達もいるという事を…忘れてはいけない。

…………………
……………
………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450958237



ガブリアス「暇だから>>3の野郎でもイジメるか」

1:2014/12/23(火) 21:20:33.16 ID:LfBXlzWno

ガブリアス「俺の名はガブリアス…対戦じゃ引っ張りだこの存在だ」

ガブリアス「だがそんな俺にだって暇な時はある」

ガブリアス「行く宛も無いままぶらぶら歩いてたら>>3の野郎を見つけた、さてどうしてくれようか」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419337223



ホムラ「カガリが安価で女トレーナー犯すって言い出した」

1:2015/12/16(水) 10:25:00.14 ID:SGoUINT10

ホムラ「カガリの話を要約するとこうだ」

ホムラ「リーダーマツブサがホウエン地方以外に進出するに当たり、当然女性トレーナーと接触する事もある」

ホムラ「その時にリーダーがその女に目を奪われたりしたら、世界進出の妨げになる(ヤキモチ)と言うのだ」

ホムラ「だからその前に自分が(性的に)手を下す、と言う事らしい」

ホムラ「・・・・・・何を言っているんだこいつは」

ホムラ「まあなんだかんだで協力するが。作戦のおこぼれを期待してな、ウヒョヒョヒョ!」

ホムラ「早速だが、リーダーは【安価下】地方に進出するらしい」

※プレイしてないシリーズがあるので、変な所があればツッコミ入れて下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450229099



マツブサ「安価でカガリを泣かせたい」

1:2015/12/13(日) 19:05:23.35 ID:GOr+WhRA0

マツブサ「我がマグマ団が誇るカガリは可愛い」

マツブサ「カガリだけでORの購入を決めた者も少なくないはずだ」

マツブサ「そんなカガリが一番可愛く見える時、それは泣いた時だ」

マツブサ「あの名シーンを覚えている同志もいる事だろう」

マツブサ「と言う事で、安価でカガリを泣かせてみようと思う」

マツブサ「ただし、命に関わるようなグロ安価など、安価下にする場合もある」

マツブサ「それと、私のカガリは大変優秀な為、ちょっとした変化なら気づいてしまうかもしれない」

マツブサ「なので安価の内容全てが成功する訳では無い事をあらかじめ理解して欲しい」

マツブサ「相手はORASの至宝、カガリたんだ。細心の注意を払ってミッションに取り組まなければ」

マツブサ「さて、早速【安価下】してみようか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450001123



ハウ「えぇ!?アーカラ島にゲンシカイオーガが現れたの!?」

1:2016/12/09(金) 16:08:22.71 ID:cKnlOA/O0

グラジオ「ああ、おかげでアーカラ島、いや…アローラ全域が大嵐の状態だ」


ハウ「それじゃあこの雨の正体はゲンシカイオーガの仕業だったんだね」


グラジオ「さっきまで晴れていたのに一体何でだ?何故前触れもなく雨が降った」


ククイ「今原因を調査しているところだ。なぁに、バーネットならすぐに原因が何なのかみやぶるだろ」


ククイ「問題はこの雨だ。何とかしないと島全体がみずびたしだ。だからこれから僕はすぐにアーカラ島に向かう」


グラジオ「俺も行こう。こうも土砂降りになられちゃたまったもんじゃない」


ハウ「俺も行くよ!カイオーガ見てみたいし!」


ヨウ「……」


グラジオ「決まりだな」


ククイ「それじゃあ出発しよう。船は専用のものを使う。こうも荒れてちゃ普通の船じゃ走らせられない」




ヨウ(ところでゲンシって何だろう?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481267302



ハウ「えぇ!?リーリエが赤ちゃんになっちゃったのー!?」

1:2016/12/04(日) 23:02:22.35 ID:tPpUjheb0

ククイ「ああ、朝リーリエを呼びに行ったら返事じゃなくてなきごえが聞こえてね」


ククイ「様子を見に行ったらそこにいたのはリーリエじゃなくて」


リーリエ「オギャー!オギャー!」


ハウ「この赤ちゃんだったってわけ?」


グラ爺オ「アルバムで見た赤ん坊のころのリーリエそのままじゃ。間違いない、本人じゃろう」


ヨウ「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480860142



デンリュウ「こんばんはクチート。エ○チしましょう」クチート「断る」

1:2015/11/14(土) 16:08:07.51 ID:TT5K/+Wk0

デンリュウ「いいじゃないですか。最近ご無沙汰してましたし」

クチート「だから断ると言っているだろう。ワタシは今夜中にこの文献を読破しておきたいんだ」

デンリュウ「でもさっきあくびしてましたよね? その様子だと捗ってないんじゃないですか?」

クチート「だからってなぜいきなりソッチの話になるんだ」

デンリュウ「ソッチじゃなくてエ○チですよ? クチートのアンポンタン」

クチート「うまくないぞデンリュウ。いいから質問に答えろ」

デンリュウ「眠そうなので喝を入れてあげようかと思いまして。棒と一緒に」

クチート「だからうまくないぞ。悪いが今は忙しい。また今度にしてくれ」

デンリュウ「あ、いちおうウェルカムなんですね」


ヒノアラシ(夜中に目が覚めてトイレに行く途中、クチートの部屋から話し声が聞こえてきたけど、思ったよりストレートな内容だった)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447484887



サトシ「おい、アシマリ! 次の相棒はテメェだぜ!」ゲッコウガ「……!」

1:2016/10/08(土) 16:57:19.60 ID:Sqz5C6MV0

セレナ「富士の樹海でゲッコウガと思しき遺骸が発見されたらしいわ」

サトシ「なんやて」

アシマリ「マリィ〜」

サトシ「おいコラ! テメェのせいでゲッコウガが死んだんだぞ! どう責任とってくれるんだヴォケ!」

アシマリ「は?」

サトシ「こいつぁアシマリじゃあねぇ。「悪し毬」といふなる物の怪ぞ……」

セレナ「で、どうする? サトシはアシマリをどうするの? どうするの? どうするの? どうするの? どゆするの? どゆするの? どゆするの……?」

サトシ「はい! 1から、いや0からのスタートってことで逃がします!」

アシマリ「マリィいいあああああああああああああああ」

サトシ「セレナはこれからどうするんだ? どうするんだ? どうするんだ? どうするんだ? どうするんだ? どうするんだ……?」

セレナ「はい! サン&ムーンでもサトシについていこうと思います! 思います! 思います! 思います……!」

サトシ「そいつぁ無理な相談だぜ! 俺にあてがわれるヒロインはシリーズごとに異なる刀!」

ピカツー「ぴっかちゅうううううううううううううううううううううううう」

セレナ「アッ」ビクバタン




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475913439






千年戦争アイギス オンラインゲーム


Twitter
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ

名前
本文
QRコード
QRコード