男女兄弟姉妹系

四天王「火の四天王がやられたようだな……」「ヤツは四天王の中で最強……」  21:13

幼馴染「久しぶりにしゃぶらせて?」男「は!?」  22:49

幼馴染「思い出話を作りませんかっ?」  22:49

「時は満ちた、約束の彼の地へ」  22:49

幼「もっとかまってよ」  22:49

妹「お兄ちゃんの好みのタイプってどんな子なの?}  21:13

俺「……はぁ……疲れた」妹(……)  22:49

DQN「うはwwww魔法のランプwwww拾ったwwww」  00:12

男「ここに、幼馴染のブラがあります」  17:15

男「部活に青春を捧げるなんてバカのやることだよな」  17:15

四天王「火の四天王がやられたようだな……」「ヤツは四天王の中で最強……」

1:2015/10/30(金) 07:40:40.66 ID:

土の四天王「火の四天王がやられたようだな……」

風の四天王「ヤツは四天王の中で最強……」

水の四天王「いつだって、強くて頼れる男だったわね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446158440

続きを読む

幼馴染「久しぶりにしゃぶらせて?」男「は!?」

1:2015/10/12(月) 19:56:31.54 ID:
幼馴染「あ、たけのこの里じゃん。ちょーだい」

男「ん」スッ

幼馴染「…」

男「おい」

幼馴染「…あ、う、うん!」

男「手なら洗ったぞー」

幼馴染「そ、そういう意味じゃなくて…」

男「はぁ?もう一個欲しいの?」

幼馴染「いや、えっと…」

男「ほら、これで最後だけど」スッ

幼馴染「…!ち、近いって!」

男「……さっきから何言ってんの?」

幼馴染「だ、大丈夫!私もう大丈夫だからー!」タッタッタ

男「…? 意味わからん…」


幼馴染「はぁ…はぁ…」

幼馴染「思い出しちゃったじゃん…」ゴクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444647391

続きを読む

幼馴染「思い出話を作りませんかっ?」

1:2015/10/18(日) 09:13:18.84 ID:

男「なんでまた?」

幼馴染「だってわたしたち、そういえばあったねーって共感できる思い出がないじゃありませんか」

男「それに不都合でも?」

幼「大ありですよっ。昔話で盛り上がれない関係なんて、これじゃあ偽装幼馴染ちゃんです!」

男「そこまで言うなら作ってみるか。思い出話」

幼「ええ、そうしましょう? きっと楽しいですよっ」

男「記憶のねつ造って楽しいもんかなあ」

幼「やってみればわかりますって。楽しもうとする姿勢が大事ですよ、男さん」

男「わかった、やってみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445127198

続きを読む

「時は満ちた、約束の彼の地へ」

1:2015/10/11(日) 04:40:24.20 ID:

― ― 始まりの日 ― ―

暗い、何も見えない。

身動きも取れない。


くっ、術式で封じ込められたか。

くだらない、こんな封印ごとき私の力に掛かれば。


はぁ!!!


なんだ!?身体に力が入らない。

手も足も動かん!?なんて強力な封印なんだ。


・・・やむを得ん。暫しここに留まり力を貯めるとするか。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444506023

続きを読む

幼「もっとかまってよ」

1:2015/11/19(木) 15:40:43.45 ID:
男「え、何言ってんの?」

幼「最近冷たくない?」

男「そうか?」

幼「そうじゃん。今だってテキトーに相手してる」

男「そりゃまあな。お前が話し始めたら止まらないし」

幼「人のこと暴走族みたいに言わないで!」

男「言ってねえよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447915243

続きを読む

妹「お兄ちゃんの好みのタイプってどんな子なの?}

1:2016/01/09(土) 14:52:25.15 ID:
男「何急に?」

妹「気になったから聞いただけじゃん。馬鹿?」

男「・・・うーん」

男「特に考えた事ない」

妹「ないの?」

男「うん」

男「色々タイプとか言ってもさ、結局好きになった人タイプなんじゃない?」

男「好きなタイプを今決めたら想定内の恋愛しかできないと思わない」

妹「何か偉そうでキモいね」

男「そっちから聞いたんだろ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452318744

続きを読む

俺「……はぁ……疲れた」妹(……)

1:2015/12/23(水) 10:24:57.50 ID:


俺「はぁ……」

妹(……兄が落ち込んでる)

俺「……もう死にたい」

妹(こういう時はっ…………!)


妹「兄貴、兄貴」

俺「…………なに」



妹「おっぱい揉む?」

俺「」ブッ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450833897

続きを読む

DQN「うはwwww魔法のランプwwww拾ったwwww」

1:2015/10/07(水) 11:40:04.85 ID:
DQN「俺wwwwww超アラジンwwwwwwww」

DQN「写真撮ってブログにあげるべwwwwwwwwww」

DQN「うはwwwwwwwwwwwwフラッシュ反射して何も見えねえwwwwwwww」

DQN「完全にwwwwwwww磨きすぎたwwwwwwwwwwwwww」

DQN「あっ、でもちょっとくすんでる」

DQN「よっしゃwwwwwwwwwwこれで完璧wwwwwwwwwwwwwwww」

魔人「む」

DQN「なんかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww出たwwwwwwwwwwwwwwwwww」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444185604

続きを読む

男「ここに、幼馴染のブラがあります」

1:2015/05/06(水) 11:21:27.88 ID:

幼馴染「ここに、あなたに刺すための包丁があります」

男「幼馴染さん、とりあえずその包丁を仕舞いましょう」

幼馴染「男さん、あなたもそのブラを仕舞いましょう」

男「わかった」ポケットにIN!

幼馴染「違います。私のタンスに仕舞いましょう」

男「それは出来ません」

幼馴染「なぜですか?」

男「あとでオナ-------自慰行為に使うからです」

幼馴染「言い換えるのであればもっとオブラートに包みましょう」

男「そうですね」

幼馴染「ではもう一度」

男「はい。後でこのブラで俺の息子を包み込んであげるんです」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「刺されるのならどこがいいですか? お腹? それとも脳天?」

男「ちょっと待ってください。もっとちゃんとした理由があるんです」

幼馴染「そうなんですか?」

男「はい。実は最近、ブラをつけるのにはまってるんです」

幼馴染「変態ですね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430878877

続きを読む

男「部活に青春を捧げるなんてバカのやることだよな」

1:2015/12/18(金) 20:34:01.76 ID:
男「部活に青春を捧げるなんてバカのやることだよな」

友人「え、どうして?」

男「だって、いくら頑張ったって、晴れ舞台である全国大会に行けるとは限らないし」

男「その道のプロになれるとも限らないだろ」

男「あんなもんに貴重な青春を費やすなんて、もったいないにも程がある」

友人「うーん、そうかなぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450438441

続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader