SS古今東西

魔法少女まどか☆マギカ

ほむら「ニトロプラスが二次創作のガイドラインを改定したようね」

2:2014/07/07(月) 19:03:52.65 ID:ArVH9lVDo

ほむら「ニトロプラスが二次創作のガイドラインを改定したようね」

さやか「えー!? じゃあもうあたしたちの活躍を二次創作にできないってこと!?」

ほむら「禁止じゃなくて、ニトロプラスが全権利を持っている作品に対しての『規約』つまり約束事よ」

さやか「なんだ〜。びっくりさせないでよほむら」

まどか「うーん。でも規約ができたら自由に二次創作活動ができなくなっちゃうんじゃないかなぁ」

さやか「創作活動って誰でも自由にしていいんじゃないの?」

ほむら「『自由』の定義にもよるけど、現状多くの二次創作はグレーゾーンよ。それを今回ガイドラインとして形にしたということね」

さやか「いったいどんな感じなのさ」

ほむら「1:創作性。2:直接販売。3:販売数量の総累計数二百個以内。4:売上予定額が十万円未満。5:その他、絶対的禁止事項に該当しない。の五つよ」

さやか「……えっと。つまりどういうこと?」


ほむら「憧憬と代替」

1:2015/11/15(日) 23:16:29.16 ID:Txdvh5tjo


 夏雲が漂う空はこの上なく青くて遠い。
 空を飛ぶ術を持つ私だけれど、知る空はいつだって真っ暗でこの上ないのだ。
 良く知る空にはいつだって月と星が浮かんでいて、眼下には足を引くように瘴気が渦巻いている。

 それが私、暁美ほむらの良く知る空だ。

 厚い雲と低い曇、それから青と飛行機雲。そんなものを見上げて目を細める。
 晴れ晴れとした空模様とは裏腹に私の心はいつだって暗澹。

 どんなにこの世界が素晴らしく澄み切っていたとしても、ここにまどかはいない。
ただ、ただそれだけなのだ。

「今更、よね」

「何が今更なんですの?」

 ほとんど無意識に零れ落ちた一言に問いかけを受け、思わずうんざりしたように頭を振る。

 同性から見ても端的な、異性からすれば思わず食い入るような美少女。
名前は志筑仁美。私のクラスメイトでこの世界では美樹さやかの親友。
そして悔しいことにまどかの親友でもあったお嬢様だ。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447596988



ほむら「燃えろ!ウルトラ6兄弟」

1:2014/04/13(日) 21:53:51 ID:FtNXbRwk

ウルトラマンとまどマギのクロスSSです。
ウルトラ6兄弟がメインの話になります。

編集しながらの投稿なので、遅くなると思います。

楽しんでいただけたら幸いです。


ほむら「まどかが、ミスチルに凝り出したわ」

1:2014/04/06(日) 22:56:06 ID:QaAjwmJ2


〜教室〜


まどか「ふふ〜ん♪」

まどか「ふんふ〜ん♪」


…スタスタ


ドンッ

まどか「あ、ご、ごめんなさいっ」

ほむら「…いいえ、私のことは気にしないで」

まどか「あ…ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「それより、あなたは大丈夫?ケガはない?」

まどか「…う、うん」


須田恭弥「円環の理?」   まど神「異界ジェノサイダー?」

1:2013/04/01(月) 00:30:40.14 ID:meeE1GIP0

サイレンとまどマギのクロスssです



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364743839



さやか「杏子が家出した」

1:2014/04/19(土) 11:35:18.79 ID:icie8QkS0


※百合注意

杏子「ふぁ〜」ノビー

杏子「やっと授業終わったぜぇ」

杏子「ったく、なんでこうも毎日退屈な授業ができるのかねぇ、センコーは」

杏子「……さてと」

杏子「さやか〜帰ろうぜ〜」

杏子「ん……?」

杏子「さやか〜?」

杏子「……あれっ?」

杏子「お〜い、さやか〜」

杏子「さやかぁ〜?どこ行った〜?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397874918



QB「言い訳になるけれど」

1:2016/09/21(水) 20:15:27.75 ID:6WkSV5OYO

反逆の物語をベースにしています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474456527



マミ「本格的にラテン系を目指すわよ!」

1:2012/12/29(土) 19:39:48.59 ID:5y8XWnSd0

杏子「よっこらせ、っと。あーくたびれた」

ほむら「今回も、大したことのない魔獣どもだったわね」

杏子「ああ。それでも戦いが終わったら、ちゃんと疲れるんだから嫌んなるよ」

ほむら「この高層ビルの屋上は、初めて使う場所か」

杏子「見晴らしがいいから、この辺りで魔獣狩りをやる場合は便利だな」

ほむら「吹く風が気持ちいい」

杏子「しばらくこの恰好でいるか」

ほむら「変身を解除すると多分、今より寒く感じるわね」

杏子「ここから下りられなくなっちまうしな」

QB「二人とも、お疲れ様」

ほむら「……」

杏子「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1356777588



ほむら「100+50の質問」

2:2016/09/13(火) 00:42:03.56 ID:752tIGCso

まどか「ほむらちゃーん。お風呂、あがったよー」

ほむら「おかえりなさい、まどか」

まどか「ぱぱっと髪乾かしちゃうから、もうちょっと待っててね」

ほむら「私がしてあげましょうか?」

まどか「え、ほんと?じゃあ、お願いしていい?」

ほむら「わかったわ。ほら、こっち来て」

まどか「はーい」



まどか「私ね、いま幸せだよ」ほむら「そう。よかったワ」

1:2014/06/22(日) 21:58:58.52 ID:+3CeO6Xeo


―放課後―


さやか「だぁー。やっと授業終わったー」

まどか「ティヒヒ。お疲れさま」

さやか「あたしってばもう後半は意識なかったよ」グデー

ほむら「さっきまであなたの頭、振り子みたいだったものね」ファサァ

さやか「うるさいやい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403441938






千年戦争アイギス オンラインゲーム


Twitter
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ

名前
本文
QRコード
QRコード