SS古今東西

ドラえもん

のび太(20)「人生、つまらないな死ぬしかない」

1:2015/11/18(水) 00:21:11.349 ID:CBvd5kChp.net

ドラえもん「じゃあ死ねよ」

のび太「いや、そこは秘密道具だろ!?」

ドラえもん「安楽死できる道具かい?」

のび太「違うよ!人生エンジョイできるやつ!」

ドラえもん「う~ん…ない事もない」

のび太「本当かい?」


ドラえもん「のび太とノルウェイの森」

1:2015/04/07(火) 00:53:49.921 ID:XQg6NEx/0.net

 風の音が強く鳴っていた。

 のび太は給水塔の手すりの上に腰掛け、街の灯りを眺めていた。

 先ほどまで傍にいたはずの蛍はどこかへと飛び去っていた。

 彼は目を閉じる。

 彼は、昔確かに存在していた日々を思い出そうとしていた。


のび太「もしもドラえもんが美少女だったら」

1:2015/03/30(月) 13:11:53.20 ID:rToNakER0


第一話

のび太「ドラえもーん!」

ドラ(美少女)「どうしたの?のび太くん」

のび太「ママに叱られちゃう!四次元ポケットに隠れさせて!」ゴソゴソ

ドラ「えっ!?あっ、やっ!そんな!」

のび太「早く早く!」ゴソゴソ

ドラ「あんっ!ちょっとぉ…強引すぎる…//」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427688712



のび太「CHELSEAはヨーグルト味だけで十分だ!」

1:2015/03/15(日) 19:48:22.66 ID:tElIs9j90.net

~空き地~

スネ夫「CHELSEAがあるけど、みんな食べる?」

ジャイアン「よこせ。オレはヨーグルト味が好きなんだ」

スネ夫「乱暴だな……。はい、しずかちゃんも」

しずか「ありがとう。わたしもヨーグルト味にするわ」

のび太「ヨーグルト味が一番おいしいよね」

スネ夫「僕もヨーグルト味にしよう。あ、もうバター味しかないや」

のび太「えー!」

スネ夫「のび太はバター味で我慢しろよ」

のび太「そんなぁー」


ドラえもん「ミィちゃん……ボクもう辛抱たまらないんだ」

1:2015/03/13(金) 22:28:24.15 ID:YW638Usu0.net

ドラえもん「ね、ね、先っちょだけでいいから。ね? いいでしょぉ?」

ミィちゃん「にゃー」

ドラえもん「そう言わずにさぁ。お願いしますよ」

ミィちゃん「にゃー」

ドラえもん「えー! だめぇ!?」

ミィちゃん「にゃー」

ドラえもん「そんなぁー。ね、ね? 先っちょだけなんだ」

ガラッ

のび太「んもう! 今何時だと思ってるんだよ! 夜中にうるさいじゃないかぁ!」

ドラえもん「わ、わー! 勝手に覗くなぁ!」

のび太「あー! 押入れの中でミィちゃんと何やってるのー!?」

ドラえもん「何だっていいだろう!? 」

ミィちゃん「にゃー」

ドラえもん「あ! ミィちゃーん! 待ってー!」


アナウンサー「先日未明、野比のび太容疑者が路上で警察に身柄を確保されました」ジャイアン「・・・」

1:2015/01/31(土) 21:23:01.80 ID:M8ynN4580.net

ジャイアン「のび太、お前は悪くない、悪いのは全部俺だ。お前は何も悪くない」

ジャイアン「俺の勇気の無さが、悪いんだ。すまねぇ、出頭はできねえよ」

ジャイアン「こんな時、なんでお前がいねーんだ、ドラえもん」

ジャイアン「のび太を助けてくれよ。そして、俺を裁いてくれよ。ううっ・・・」


のび太「公務員になる」ドラえもん「君はじつに馬鹿だな」

1:2014/12/06(土)05:49:27 ID:o2f

のび太「しずかちゃんにモテたいしオカネもほしい」

ドラ「どうしてそれが公務員につながるのさ」

のび太「だって公務員はモテるんでしょ?仕事も楽で儲かって」

ドラ「モテはあとからついてくるものだけど……」


のび太「ん…ドラえもんの忘れ物か」

4:2014/11/12(水)23:55:48 ID:qDyVdtamP

今から10年前ドラえもんは未来へと帰ってしまった。
僕は必死に止めたんだがドラえもんは未来が大きく変わる危機感から未来へと帰ってしまったんだ
のび太「タケコプター…か、やっぱり懐かしいなぁ、それにしてもこの押し入れいろいろとあるなー」
押し入れの中にはへにゃへにゃになったタケコプターに今は機能しない予備の四次元ポケットがあった


スネ夫「悪いなのび太、このゴキゲン中飛車は後手番用なんだ」

2:2014/10/19(日) 01:58:34.01 ID:jUt5xMqXo

のび太「どらえも~ん!定跡書出してよ~!」

ドラえもん「どうしたんだいのび太くん、またジャイアンに相振り飛車にでもされたの?」

のび太「違うよ、今日はスネ夫と指したんだ」

ドラえもん「なら大丈夫じゃないか。スネ夫は本格派の居飛車党だろ」

ドラえもん「それなら普通の振り飛車も、最近覚えたゴキゲン中飛車も使えるじゃないか」

のび太「それが…」


のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か……」

1:2014/08/10(日)19:27:56 ID:MOZaDl5ts

思わず、曇り空に向かって呟いてしまった。

高校を卒業した後、僕は大学には行かなかった。確か、ドラえもんは僕が1浪して大学に行くと言ってたけど、大学は到底無理だった。
今僕が働いているのは、しがない中小企業だ。これも、ドラえもんが言っていたのとは違う。就職活動に失敗することもなく、起業することもなく、高校卒業した後に、いとも普通に就職をした。

……まあ、これが人生なのかもしれない。ちょっとしたことで、未来は変わるのかもしれない。

未来ってのは、なんとも脆いものなんだろうな。







Twitter
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ

名前
本文
QRコード
QRコード