えー、2週間のご無沙汰です。どもども九谷でございます

何故先週のレビューがなかったのかというと。
ゾイドサーガDSやら世界樹兇笋蕕鬟リアしていたというのもあるのですが、久々のオンセをやっておりまして。

ばにゃー


今回は折角ALG『ダークマジック』を購入したので、『ダークマジック』第一話となっております。

では、本題の方へ。
更新していない間にかなり人死にが出ていたようなので今回は(捏造交えつつの)ストーリー追跡より、死亡キャラの追悼メインになりそうです。
例によってタキシード仮面様風味の

●機動声優くぎみー00 第23・24話合併特別編
 「P.C.スペシャル様は殉職なのか?」


Apart:生存確定組
1.アリー=アル=サーシェス

アリー&ツヴァイ240




一応劇中で死亡認定されてる中で唯一の生存確定組はこの人かと。

・主な理由
未消化伏線:刹那との因縁
コクピットホワイトアウトなし
機体爆発描写なし

まあ、ロックオン無駄死に的な感は否めませんが。
ツヴァイぐらいは道連れにしていてほしいところ。

TX5

「争い合うだけでは何も生まれぬ!
 生まれるのは憎しみと
 (視聴者の)心の痛みだけ…」




Bpart:死亡(ほぼ)確定組

1.イオリア=シュヘンベルグ
2





デコに穴開いてて生きてるということはないはず。
ダミーという可能性も無きにしも非ずではあるものの、でも血出てるしなあ…
南無。

2.ダリル=ダッチ准尉
ダリル



「俺はユニオンの……フラッグファイターだ!」
ハワード同様フラッグファイターの矜持を魅せて逝った漢。
両腕&武装を失ったGN-Xでデュナメスに特攻して爆散
惜しむらくは、グラハムがその場に居なかった事か
ジョシュアと言い、ダリルと言い、フラッグファイターはデュナメスとの相性が極端に悪いようだ。


3.ジョイス=モレノ
20080322232428





トレミー組死亡者その1。登場の次の回で死亡した素敵医師。
これは文句のつけようがない死亡確定…背景に漂っているサングラスの残骸が哀愁を誘う。

4.リヒテンダール=ツエーリ
リヒティ







「……いや、ビームから庇うよりまず回避する努力はしろよ操舵士」とか言っちゃ駄目。
トレミー組死亡者その2。
サイボーグ(半機械化人)である事を明かして逝った漢。
「生きているか死んでいるか分からない」という死に際の台詞は意外と示唆に富んでいるような気がしないでもない。
故手塚御大の『火の鳥』にも言及されていた「半分機械の人間は最早"人間"と言える存在なのか?」という問題を端的に示していたように思える。
おそらくは確信犯で織り交ぜた台詞なのだろうけど…この問題、もう少しでいいから深められなかったのかなあ、と少し残念。

最近買ったSFで、サイボーグが「ウルトラ属」という名称で出ていて書店で吹いたのはこの台詞が気になった理由とは全く関係ない。多分。
どうせなら抑制者と盛大に宇宙戦争やり合って欲しかったものです(イミフ


5.クリスティナ=シエラ

2008032223540320080322235408





トレミー組死亡者その3
リヒティが庇ったものの、実は背中に破片刺さってました→吐血
なんというリヒティ無駄死に…リヒティ自身は助けられたと信じて死んでいるであろう辺りが一層涙を誘うところかも。
男の見る目無さを嘆いてたり、リヒティの前では必死で吐血我慢してたんだろうなあ、とか、いきなり株上昇ですよ。
死亡直前だからですか。そうですよね。

どうでもいいことだが、こっちはフルネーム呼んでもらえたのにリヒティは最期まで「リヒティ」だったのが可哀想だったような
おかげでリヒテンダール何さんだったか調べる羽目に(ry


と、23〜24話の死亡確定者はここまで。
ではここでタキシード仮面様から一言
TX10

「(冥土への)運転手は私だ!」





Cpart:生死不明組
さて、やって参りましたよお楽しみ。まずはこの方から。

1.ロックオン=ストラトス
39





GNアーマー





33










殺し文句は「狙い鬱ぜ!」、本名ニール・ディランディのこのお方。
生身で壮絶スナイプを成し遂げてお亡くなりになったようでもあるが…?

・生存要因
.蹈奪オフ(瓜二つの人)の伏線を未回収
∋狢痢屬蓮很こ稜Аヘルメット等は漂っても不思議ではなさそうだが…

・死亡要因
仝式ラジオで引導を渡された(「最期の時を迎えた」的発言あり)
GNアーマーの残骸が爆散する直前、生身で付近を漂っていた
A馬灯(回想シーン)あり

死亡説優勢な雰囲気か。
ただまあ、他の死亡確定組よりは若干生存可能性があるということでこちらに。


2.パトリック=コーラサワー
帰還え





昨今の(分不相応な)活躍っぷりをハラハラして見ていたらとうとうこっち側に来てしまいました我らがスペシャル様。
そろそろ年貢の納め時か、はたまた再び奇跡の生還を成し遂げるか。
では、サブタイトル通り検討してみましょう。

・死亡説論拠
ゝ刃任離掘璽鵑縫優燭なかった・マジメな顔だった
演出上これは痛い。
完全な不意打ちで沈んでいる表情。
今までのようにネタが挟まっていないのも不安要素

▲灰ピット描写がホワイトアウトしてる
これも痛い。ジョシュアとかのビーム直撃系と共通している。
ただ、ホワイトアウトが機体の爆発後であり、モニターからの光の可能性もないわけではない。
この点については週刊コーラサワーの友さんの方でかなり詳しく考察されているので、そちらを参照して頂けると。

・生存説論拠
ゝ‖稜散描写が無い
下半身










ラストが下半身だけ漂っていく、風な演出だったのが一点。
他の方々の機体はどんどん爆散しているのに、何故コーラ機のみ原型を留めているのか。
そして何故下半身が流れて行く描写がわざわざ入れられたのか。
この点、検証画像を下に転載してみる
検証画像








上記画像内青or緑の部分がコクピットの場合、上の下半身漂流状態でもコクピット部は残っていることになる。
で、赤だった場合……
隕石





23話中盤のこの衝突シーンで中の人も少なからぬダメージを受けている可能性が高い(頭部は取れ、機体左肩の突起も帰投時に折れているので、衝突時はかなりの衝撃だったと思われる)
そうなると、下半身漂流時にコクピットは無事、という可能性が強め。

そして、↓のような奇跡の生存能力を持つコーラさんが、果たしてコクピットが原形留めている程度の損傷で死ぬのだろうか…?
奇跡の生存能力奇跡の生存能力








公式ラジオでの不自然なスルー
ロックオンには引導を渡したのに、コーラさんは完全にスルー。
わずかに24話冒頭の帰還シーンが触れられたのみ。

ちなみに、この時のゲストは宮野真守さん(第一話でコーラをフルボッコにした子供ゲリラの中の人)、マンスリーパーソナリティは高垣彩陽さん(コーラをスペシャル様と呼ぶほど好きなフェルトの中の人)。
クリス等の話題があるとしても、敢えてコーラさん退場の話題を外して一言も触れないのは不自然な布陣と言えないだろうか…?
なお、これまでの回でコーラさんが露骨にスルーされたことは一度もないことを追記しておく。

25話キャスト表にコーラの中の人が存在?
これは若干生存論拠としては薄弱。
ロックオンの中の人も回想シーンで24話にクレジットされていたので。
ただ…この怒涛の展開+あと一話で〆というタイミングで回想シーンを入れる余裕があるのか?という疑問はあるが。

キャラクターグッズが夏発売
論拠としては若干薄弱なものの、商品展開として死んだキャラのキャラクターグッズを売り出すだろうか?(他キャラの同一商品はなし)
……追悼グッズという可能性も無きにしも非ずではあるものの。
しかも、内容が下手をしたら病人の解熱に使うような瞬間冷却剤である。
追悼グッズとして出すにはいささか縁起が悪すぎると思われるのだが…


ここまで見ると、未回収の伏線は無いにしてもどうもコーラサワーは死んでないように思える。
あちこちのレビューサイトで死亡扱いにはなっているものの、自分としては以上の論拠を検討した上で敢えて生存説を支持しておく。

……無事で25話に出演して欲しいものです。いや、マジに。
携帯も色々あってワンセグ搭載型になったんで出先でも頑張って25話は見ようと思います。当然録画予約も入れて。

次回は30分早いスタートらしいので、予約ミスはないようにしたいですね
では、最後にタキシード仮面様から一言。
TX7
「コーラやロックオンのファン達よ、
 どんなに(生存可能性が)不利な時も
 絶対に諦めないことだ…
 さらばだ、また会おう」