亜美38

「……眠い」


レポート明けでこんばんは。
沢山の拍手あざーっす。九谷でござーます。
最近とらドラアニメ版でもミス・自販機ことBKT(ばかちー)様がいい具合にいい具合になってきて嬉しい限りですね。
ゲーム版とかで補完されませんかね。亜美ルート。

さて、妄言はこの辺りにして早速レビューのほう、行ってみましょう。
……今回は何というか、しばらく作業が手に付かない内容でした。


●機動声優くぎみー00  セカンドシーズン
 第17話『散りゆく光の中で
      (さらば荒熊!スミルノフ大佐、暁に死す)』


亜美30

「あ、暑苦しそうな……」



コルチャック5
「私のような筋肉フリークにとっては
 期待に溢れるタイトルだね」」



過去1過去2




いきなり始まるはスミルノフ一家の回想シーン
どうやらセルゲイ大佐は軌道EVを守る為、妻を見殺しにしたようです
……まあ、人道上の是非はともかくとして
とりあえず先に進んでみましょう。



そんなこんなで00と合流したプトレマイオス供
早速刹那をメディカルルームにブチ込んで作戦会議ですが……
まあ、やること(メメント・モリ破壊)が決まっているので割愛。

刹那メディカルルーム行き刹那メディカル





一方のアロウズも衛星兵器の使用に眉をひそめるも、地上部隊が
おおっぴらに妨害するわけにも行かず、軍令に従い静観。

アロウズ1アロウズ2





ここで、カタギリ主任が冷静すぎるきらいもあるのですが……
マネキン大佐があまりにも嫌悪感を露にしているせいで、却って冷静に
なっているとも捉えられるシーンなので、このシーンのみでは主任の
変化は図れないのかな?と思いつつ。
そして相変わらず出番をもらえないコーラ。


その頃、極地付近のイノベ小屋(何)ではリジェネとリボンズが会話中。
リボンズ「産業革命以来、機械文明を手にいれた人類はその知恵で
 争い、滅びに直面してきた。偉大なる時の指導者たちも数十年で
 寿命を迎え、世の中は再び混沌の時代に戻る」
リジェネ「それが世界の、人類の歴史」
リボンズ「人類は過去から何も学ばない」
リジェネ「だから、イオリア・シュヘンベルグはイノベイターを創造した。
 人ならざる者が、人より寿命をもって、滅亡より人類を救う。
 そして来るべき対話に…。それができるのは僕たちだけさ。」

リボンズ様「君は、僕に創りだされたことを
忘れているようだね。
いわば君にとって、僕は創造主。
人類を導くのはイノベイターではなく
この僕、リボンズ・アルマークだよ」


あ あ っ と ア レ ハ ン


TX20
「アレハン病は悪役の証。
 美しいイノベたちの信頼を悪用する心醜きリボンズよ。
 このタキシード仮面が、許さん」


自販機妹8

「ペットって、往々にして
 飼い主に似るわよね……」



熊&ハーキュリー低軌道ステーションでは
セルゲイの説得で事態を
見届ける覚悟だった
ハーキュリーも
脱出を決意。
そして、脱出を開始したクーデター派・カタロンに対し、
包囲中の連邦正規軍が攻撃を開始したことから再び戦闘開始。
程なくしてCB勢も武力介入し、正に戦場は混沌の様相に。

作戦開始作戦開始2





メメント・モリを何とかしようにも宇宙に上がれないプトレマイオス
刹那が医務室から脱走した上、オーライザーを出撃させるという
展開に。手負いでも出撃する。それがガンダムマイスターの心意気。

匙ドッキング1匙ドッキング2





さりげなく刹那に拒否されているラッセカワイソスとか言いつつ
途中で邪魔に入ったMAエンプラス諸共、トランザムライザーの
超☆ビームサーベルがオービタルリング上のメメント・モリに炸裂。

エンプラス撃墜いでおんそーど




刹那、「衛星軌道をぶった斬る漢」の称号を得る。

リント17
「どうもあの金髪豚野郎は生き残った
 みたいですけどね」



亜美25「しかも、破壊のタイミングが遅れた
 せいでメメント・モリは発射され
 ちゃったし……ちょっと、派手な割
 には決定力に欠けたわね」


生き恥を晒した甲斐が2「そんなことはどうでもいいのだ
 ミス・自販機!この凄まじい威力!
 これこそ私の求めたガンダムだ!
 早速カタギリにこの装備を
 開発させなくては!」


自販機妹17
「(駄目だこいつ……
 もうどうにもならない……)」



軌道EV軌道EV倒壊開始




メメント・モリのラストシュート直撃により、
軌道エレベーターは倒壊開始。
オートパージにより切り離された外装部が地表に降り注ぐという
最悪の事態、勃発。
しかもその過程で脱出中の民間人を乗せたリニアトレインが爆散する
という筆舌尽くしがたい大惨事も併発して益々カオスに。
大気圏外の破片は断熱圧縮による空気加熱で燃え尽きるものの、
それより下の外装は地上に落ちるということで
軌道エレベーター周辺は一挙にヨハネスブルグ級の危険地帯化。

破片崩落破片破壊




ソーマ参戦1ソーマ参戦2




この事態にCB側も戦闘を停止。
さりげなくマリー@GNアーチャーも参戦しつつ
破片の破壊に着手します。

そして――

カタロン 協力

まず、カタロンが。


セルゲイ増援ハーキュリー増援




クーデター派協力

そして、クーデター派が


正規軍 協力

更には、正規軍も。


アロウズ協力

最後にはアロウズ地上部隊まで。


兄貴
「皮肉なもんだな……
 だが、(こういう乱交も)悪くない」


セルソマ人類の有するあらゆる戦力が人命の
為に手を取り合って破砕活動に
参加し、何とか人口密集部への
破片直撃は避けられたのでした――


リント4

「いい最終回でした……」


亜美28
「ところがぎっちょん。
 もうちょっとだけ続くのよね」




ハーキュリー退場1ハーキュリー退場2




かろうじて「最悪中の最悪」は避けたものの、クーデターの結末に
放心するハーキュリーを突如襲った悲劇。

320 セルゲイ退場1




THE 馬鹿息子、降臨。
そしてセルゲイをクーデターの主犯格と勘違いし――

320 セルゲイ退場2




320 セルゲイ退場3




320 セルゲイ退場4





なんとマリーの目の前で荒熊、退場。
セルゲ遺影星屑と散った





星屑と散ったセルゲイ&ハーキュリーに捧ぐ……黙祷。



リント9
「殺っちまったなぁ!」



亜美3

「……不謹慎禁止」


リント10
「おや?
 クールポコはお嫌いですか?
 私は大好きですが。」


コルチャック3「クーデターの主犯と思ったにしても
尋問も連行もせずいきなり殺害とは
……お父上と違って軍規にすら
忠実に生きられない息子殿だった
ようだね」

TX3
「奪い取るだけでは何も生まれぬ。
 生まれるのは憎しみと
 心の痛みだけだ」




今回はさすがの荒熊でも死亡は回避できなかったようです…
心より、お悔やみ申し上げます。
00世界はまた一人、貴重な良心を失ってしまいました。

●おまけ
1.説得力のない光景
歌姫アニメ
「……楽しいかい? リボンズ」
「ああ、とってもね」



2.生還飛行
生還飛行出番がなかったので新境地の
開拓に勤しんでいたようです。
(某所コーラスレより転載)



コーラさんが新たな属性を会得した所で本日のレビューはここまで。
お相手はタキシード仮面とユカイな仲間たちでした。
また来週お会いできるといいですね。さようなら。

TX7
「では諸君、さらばだ!
 また会おう!」




TX15
「HAHAHAHA……」