亜美43
「よーやく卒論とか片付いたし。
 さーて、パーッと遊ぼっかなー」



リント1
「何処へ行こうというのです?
 もう四週分レビューが
 溜まっているんですよ?」



TX24
「春爛漫。心地よい日差しの中、
 レビューをサボろうとする
 不届き者め! 逃がさん!」



亜美46

「……チッ」



さてさて、そんなわけで約一ヶ月の時を経て
帰ってまいりましたネタレビュー。
恥ずかしがりながらこんばんは。九谷でござーます。
沢山の拍手に御礼申し上げつつ、今回もレビューに入ろうと思います。

●機動声優くぎみー00  セカンドシーズン
 第18話『交錯する思い(使徒、襲来)』


1.アレから4ヶ月…
演説中アロウズ上




アロウズ上2アロウズ上3




前回から4ヶ月。
軌道EV復活を祝いつつも、コーラさん&マネキン大佐の行方不明で
少々不穏な空気の漂うアロウズ上層部。
更に、4ヶ月間鳴りを潜めていたCBが活動を再開したとの
報が入ります。狙いは……

ラミエル1
オービタルリング上に設置された
衛星兵器
メメント・モリ二号機


自販機妹23
「何か間違ったものが
 降臨してるー!?
 てかコレどうみても地上よね!?」


コルチャック2
「すばらしい! 見事な筋肉だ!
 さすが一世を風靡したアニメの
 敵役だけのことはある!」

自販機妹23
「これの何処に筋肉的な要素が
 あるっての!?」



何やら軌道上には映画館から迷い出た
第6使徒が鎮座していたようです。
そんな絶望的な相手にも果敢に挑むガンダムマイスター。

ソーマ戦闘1ソーマ戦闘2




ラミエル4ラミエル5




戦闘1戦闘2




ラミエル6ラミエル7




超★変形した上、ミサイルをビームでなで斬りにするわ、
シールド張って攻撃を弾き返すわとやりたい放題な衛星兵器(?)
でしたが…ガンダムマイスターに失敗は許されません。

イデオンソード1ラミエル10




イデオンソード4トランザムライザーの限界出力で、
辛うじてメメント・モリ(第6使徒)を
撃破。何とかミッションは成功
と相成ったようです。

亜美30

「しょっぱなからギリギリなネタを…」


リント9
「休みが長かったですからねえ。
 このくらいは、やらないと
 まずいでしょう」



2.ソーマ復活にまつわるエトセトラ
ソーマ1ソーマ2




ソーマ3ソーマ4




アレルヤとソーマ1アレルヤとソーマ2




まぁとりあえず叫ぼうか。
せーの、はいっ、

ソーマ・ピーリス復活ッッ!

ソーマ・ピーリス復活ッッ!

ソーマ・ピーリス復活ッッ!

ソーマ・ピーリス復活ゥゥゥゥゥッッ!


何はなくともソーマさん復活。
実にめでたいことです。
ただ、大佐の死が引き金と言うのが悲しいところではありますが。

忠告
一方、そんなソーマさんとの
付き合い方をライルに諭される
アレルヤであった。

そのライルはと言うと……

事後2事後




事 後
さすがロックオンの名を継ぐ者。
狙った女をもれなく(性的な意味で)撃墜する漢は言うことが違います。
追われてる戦艦でナニしてんだとか、お前それどうみてもイノベとかは
言わないお約束。

自販機妹21
「今回もやっぱり
 『ご覧のARIOSだよ!』
 なのね……」


TX35
「GN粒子に揺らめく愛の姿。
 さあ、悲しき電池よ。
 彼女の心の響きを聞くがいい」




3.そしてヴェーダ奪還へ
擬似GNの症状擬似GN2




一方、そんな色ボケな二人は置き去りに、ひろしにGN銃で撃たれた
傷を治療している刹那。
ヒロインを地上に置いてきたせいで色恋沙汰とは縁遠く
なっているようです。
原因不明の症状進行の遅延、そしてアロウズによる連邦軍の吸収
という事態に、ついにCBはヴェーダの奪還を決意。
そのための作戦として――

ひろし涙目ラッセ「まさか、イノベイターを?」
刹那「そうだ」
ティエリア「そのまさかだ」


そういえば、最近出番がありませんね。あの人。

そんなこんなでいつも通り(アニューから情報が流れて)アロウズ襲来。
ティエリアとですぅに微妙にフラグらしきものが立ちつつ…

刹那説得1刹那説得2




沙慈が「ルイスに会いに行く!」と決意したり

コロンビア1コロンビア2





アニューがライルに公開通信で「狙い撃つぜ!」されて
ブリッジが大騒ぎになったり。

ラッセ兄貴「正に狙い撃ちだな!」
スメラギ「ていうか、いつの間に?」
ですぅ「凄いですぅ! 恋の華が咲いたですぅ!」
フェルト「おめでとうございます」

自販機妹24
「緊張感がないにも
 程がある…」



リント6「おやぁ? バカ騒ぎはお嫌い
 ですか? 私は大好きですが。
 どうせ長い命とは限らないんです。
 生きている間くらい賑やかに
 させておきましょうよ」


そして挿入歌を背に各自ミッションへ。

今週のまとめ1今週のまとめ2

















コルチャック5「ヴェーダにガンダム……君達は
 もう少し他に言うことが
 ないのかね。
 特にそこな主人公、さすがにあの
 お姫様が不憫だよ……」
TX32
「純粋なフラグは闇夜を照らす
 一条の光。死亡フラグの
 輝きは、私が守ってみせる!」




出撃前に誰かの名前を呟くのって死亡フラグだと言いますが。
ここまで大量に呟かれると誰が死ぬやらさっぱりですね。


おまけ
.魯譽凜G娵于疂鷙

ハレヴィ杯1ハレヴィ杯2




ハレヴィ杯3ハレヴィ杯4




出撃1出撃2




ガンダム史上稀に見る馬鹿息子の呼び声が高まるアンドレイ
父親殺しのついでにルイス争奪戦・ハレヴィ杯でも
王手をかけにいったようです。
家族殺しに若干の抵抗があったものの、イノベイター組のサポートも
あって一挙に沙慈を引き離します。
沙慈、危うし。

コルチャック6

「コレはチェックメイト……かな?」


TX3

「まだだ。
 まだ終わらんよ」




中華とイノベ
劣化1劣化2




劣化3劣化4




旧来のやり方ばかりで先が見えないと抗議する留美お嬢様に、
リボンズは一言。
「望まぬとも時代に取り残されていくのさ。
 君の美貌が時と共に劣化していくように」

まさかの劣化公認
一期の頃は素晴らしい中華だったというのに…

漏洩0漏洩1




漏洩2教授





そして、ヴェーダの位置情報をリジェネから頂くお嬢様。
どうでもいいですがこのリジェネ、誰かに似てますね? ということで
おまけ画像も追加しつつ。


リント4

「これは、もうすぐ死ぬでしょうねえ」


亜美51
「悲しいけれど、
 これが現実なのよね」



I瑛諭⊇臘瓦縫侫А璽疋▲Ε
デレシーリン保母に転職




姫様、ラジオで歌が流れるも相変わらず保母業継続。
何処から音源が流出したのでしょう。
謎です。

というところで今回のレビューはここまで。
19話分に続く…