November 02, 2005

一息つきました

昨日、今月でアメリカに帰ってしまう英会話の先生を連れて、わたしの以前の職場の博物館に行って来ました。

私自身、行くのは10年ぶりくらいだったかなぁ…
なんだかすごくなつかしかったです。

そして…自分のいるべき場所、安らげる場所が見えてきた気がしました。

昔の同僚がスペシャルツアーで、博物館の裏方まで連れて行ってくれました。
夜景がとても美しくて…ほとんど夜になったら光のない生活に押し込められていた私には、それは本当になつかしい光景でした。

英会話の先生も、とても喜んでくれていました。

第二次世界大戦の展示の前に立ったとき、先生が"I'm sorry"と言いました。
私もなぜか”I'm sorry, too"と言っていました。
不思議な感覚…。

彼女は、ブッシュ大統領はクレイジーだと言っていました。
私ももちろんそう思ってますけど…(苦笑)
第二次世界大戦の展示の前に立つアメリカ人と日本人…でもあれは過去のこと…平和がずっと続くといいねと言い合いました。

彼女に日本のでの生活の感想を聞いてみました。
日本は彼女にとっては日本人からはとてもよくしてもらって思い出深い国だったけど…さみしかった、言葉も通じないし…やはり住みつくことはできないな〜と言っていました。

そういえば彼女が初めて来たときから、ホーム・シックだと言っていました。
クラスでもよく家族の話や自分の町のことを話してくれました。
今はもう、帰れる喜びで心いっぱいでしょう。

あれからもう一年もたってしまうんだな…私の英語は少しは上達したのだろうか(苦笑)

クラスでは話せなかったこと…行きと帰りの車の中でいろいろ二人で話しました。

確かに学校の授業料は高かったけど…それ以上のものを得た気がします。
それになんたって、一日つたない英語のガイドで英会話のお勉強もさせてもらいました(笑)
先生には、違うところでまた英会話を始めたということをお話ししたら、それはとてもいいことだと言ってくださいました。

ここ1週間、一時は、本当にどこかに消え去りたい…逃げ出したい…そんな葛藤の日も正直ありました。

眠れない夜もありました。

でも…美しくてなつかしい夜景に、何かがふっとふっきれた気がしました。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ブログも書けないほど…お疲れで、へろへろだったんでしょう…。どれだけ大変か、アミ。さんにしか分からないし、代わってあげたくても出来ないし…。きっときっとこのあとはシアワセで平穏な日々が来ると信じて…。お互い…体調不良と戦いつつ、頑張って行きましょうね☆
Posted by とまと at November 02, 2005 20:25
具体的に何かはよくわからないけれど、ふっきれた瞬間っていうのは、心が少しスッキリしますよね。
落ち込んだり浮上したり、人生山あり谷ありで、ゆっくり歩いていけばいいのでしょうが・・・。
つい、急いで上りたくなってしまいますが、一歩ずつゆっくり足下を固めながら上っていきましょうね。
Posted by りんご at November 02, 2005 22:55
★とまとさん
ありがとうございます。
何とか乗り切っていけそうな気がしてきました。
まだまだ不安だらけですけど…。
とまとさんもこれから益々大変になると思いますが、いつでも応援してます、がんばってくださいね!
Posted by アミ。 at November 03, 2005 12:26
★りんごさん
いろいろもやもや五里霧中の中をさ迷い歩き、足元の石ころにも気付かず躓いて転んじゃったり沼にはまったり、木にぶつかったり…いろいろしてました(笑)

これからは一歩一歩確実に…ゆっくり足元を固めながら…上ります。

ありがとうです。
Posted by アミ。 at November 03, 2005 12:29
ナンだかアミさんの回りにはイイ人が沢山いる気がする。
その人達の明るい光が、ドンドンアミさんを包んでいくんでしょうネ。
光・・・見えてきたみたいだし。
Posted by 便利屋 at November 03, 2005 18:16
★便利屋さん
その「イイ人」の中には便利屋さんも含めてブログを通じてはげましてくださってる皆さんも入っています。

本当にいつも感謝しています。
救われています。

ありがとうございます。
Posted by アミ。 at November 04, 2005 01:06