2017年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2013年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心冬木立悪を教える他人の心の中本物の友情は分からない
「短所は長所」の死角
 
このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。
 「悲しい」9トーナメント 参加者22名。
 日常7トーナメント 参加者60名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(30)トラックバック(0)雑文 

2017年10月13日

初の電動アシスト自転車


 (この文章は、かなり前に書いたもので季節外れになりますが、お蔵入りにするのももったいないので、掲載することにしました)。

 長野に行って、「生まれて初めて」ということを沢山経験したと以前どこかで書きましたが、電動アシスト自転車もその一つです。

 湯田中のある山ノ内町ではなんと無料で電動アシスト自転車を貸し出しているので「何でもやってみよう」精神の私は喜んで借りました。その際、身分証明になるものの提出を求められます。私はマイナンバーカード。

 なお、私が「やまのうちちょう」と言いましたら、応対していた2人の職員さんに即座に「やまのうちまち」と訂正されてしまいました。これは郷土愛というか・・・。

 自転車は買い物かごの付いたママチャリとか言われるものでしょう。小学校以来ですから、どうなることやらと思いましたが、直ぐに乗れました。ただ電動は、最初の踏み込みでグーンと前に進むんですね。それだけは気をつけないと。

 で、湯田中の温泉街を手始めに近隣を回り出しました。うわさ通り坂ものぼれます。2劼阿蕕い里椶蠡海韻襪覆鵑董電動でなければ考えられません。しかし、過大な期待もしていました。どんな急な坂でも、楽々のぼれるとばかり思っていたのです。太股が次第に痛くなってきました。

 もう限界だと思って、今度は引き返して坂を下ることに。川沿いの舗装道路を一気に駆け抜けました。天気もよく、車もほとんど通らず、風も心地よく、実に快適でした。小学生時代がよみがえります。帽子が飛びはしないかと気になりましたけど。

 翌日は太股の筋肉痛を覚悟していましたけど、全然痛くなかったので、拍子抜け。これは日頃「スクワット」を続けている成果でしょう。これでちょっと自信がつきました。次は、瀬戸内しまなみ海道走破か霞ヶ浦一周か・・・夢はふくらみます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 18:02コメント(0)出来事 

2017年09月29日

枝切り


 ある朝、玄関を出るといやに明るい。変だなと思って、見回すと、隣家との境近くに生えている木の枝がバッサリ切られていたのでした。枝がお隣の物置の上にまで伸びていたのです。

 何の断りもなく他人の敷地の木の枝を切るのは違法だそうです。しかし、このときは「悪かったなあ」という思いが真っ先に浮かびました。迷惑かなというぐらいの意識はありながら、放置していた私に非があります。

 ですので、その後一切苦情など言うこともなく、それまで通りに接していました。元々ほとんどつきあいはありませんでしたが。

 そのお隣さんも5年くらい前に引っ越していき、今では別の家が建っています。

 先ほどその木の枝を切ってきたので、思い出しました。


CIMG2100


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 13:30コメント(2)出来事雑文 

2017年09月23日

ボランティアの思い出

 
 来年度町内会で班長をすることになりました。人に接してボランティア活動をするのは、久しぶりです。

 それをきっかけに遠い高校時代のボランティアを思い出し、当時と今の気持ちを書き留めておきたくなりました。記憶がとても曖昧で、不正確なところや推測したところが多く、おまけに長いですけれども、よかったらおつきあいください。

 ある日新聞で見かけた地元の福祉施設A園のことがちょっと気になり、学校にお願いして、駅前で街頭募金をやりました。別にA園と関わりがあったわけではなく、ほとんど思いつきと言ってもいいくらいでした。「何かしてあげたい」といった気持ちも多少働いたでしょうが。

 学校はボランティア活動に熱心で、私も障害者施設の慰問などに参加したことがありました。ですが、一生徒がいきなり、学校とは何のゆかりもない施設のための街頭募金などを申し出てきて、面食らったかもしれません。

 今思い出すと、学校の全面的な協力があったからこそ、実を結んだ企画でした。「せっかくの生徒の自発的な行動だから、助けてやろう」ということで骨折ってくれたのでしょう。他にも色々と仕事があったでしょうに。でも当時そんなことには、全く思いが及びませんでした。

 街頭募金を公共の場で好き勝手にやれるはずはなく、許可は学校がとってくれ、場所や日時も決めてくれたのではないかと思います。私自身が交渉した覚えが全くありませんので。

 何度か先生たちと打ち合わせを重ねました。ごく簡単に思えた街頭募金の準備が実はずいぶんと大変で、大ごとになっているのを知っていくうちに、さすがに脳天気だった私も、自分はとんでもないことを提案してしまったんではないかと、怖くなってきました。

 他の生徒に内緒でやったことではありません。学校は募金のことを公表し、校長先生が朝礼で募金のことに触れてくれたと思います。私も日取りが決まってから全校生徒の前でしゃべったことは覚えています。

 さて当日私は街頭に立ちましたが、一番肝腎のその日の記憶がほとんどありません。かろうじて場所は思い出せますが、どの時間帯で何時間ぐらいやったのか、私一人だったのか、協力者がいたのか、いくら集まったのかさえもろくに覚えていません。のぼりやパネルの用意もなく、たぶん「A園のために、募金、お願いします」などと呼びかけたのだと思います。初めての経験で、私のことですから、さぞかし緊張したでしょう。

 はっきり覚えていることが一つだけあります。近くにキリスト教系の女学校があったのですが、そこの白人の修道女さん二人が通りかかって笑顔で励ましてくれたのです。

 さて、募金が何とか済み、集まったお金を持って、社会福祉のための寄付を預かる善意銀行という所へ一人で行きました。ここも学校が紹介してくれたはずです。

 善意銀行の男性が「Bさん(A園の責任者)、喜ぶよ」と言ってくれました。やがてそのBさんから自宅にお礼状が届きました。今後も協力してほしいという意味の言葉を覚えています。

 でも、それっきりになってしまいました。

 その理由は、やはり怖くなってしまったことではないかと思います。後先考えずに提案したことが、多くの人を動かし、学校中に知れ渡り、学外の世界とも一人で接触する・・・そういったことに対する責任感や緊張感といったものが私には重すぎたのだと思います。注目されてますます張り切るといった性格ではありませんでした。その後も様々なボランティア活動には参加しましたが、自分が一から始めることは二度とありませんでした。

 学んだこともありました。一旦人を巻き込んで始めたことは最後までやり遂げる責任が生じること、それが大変であること、だから安易にものごとを始めるものではないことなどが胸に刻まれたのではないかと思います。大人になるためのいい経験ではあったのでしょう。

 これを書いていて初めて気付いたのですが、学校は、A園はうちとは関係ないからと私の提案を断ることも出来たでしょう。失礼ですが、ひょっとしたら負担に感じた先生もいたかもしれません。でも何の不自由も感じさせずに、無事募金を終えるところまでもっていってくれた学校を、遅まきながらありがたく思います。

 いい学校でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 10:25コメント(0)出来事 

2017年09月17日

ボランティアの落とし穴


 近々久しぶりにボランティアのようなことを少々することになりました。それで思い出したこと。

 私の中学・高校はボランティア活動に熱心でした。当時はボランティアよりも「奉仕」という言葉が多く使われていたかもしれません。

 私は積極的に参加していました。まあ、それはいいんですけどね。でも興味のない人の方がずっと多かったんです。

 そこで私はそういう人たちを冷ややかに見下していました。これはもちろん良くありません。いいことをしているという意識から思い上がってしまうんですね。こういう人は、多いかどうかは分かりませんが、宗教にも自然保護団体などにもいます。

 仮にボランティアをする人が偉いとしても、そういう意識が強いと、私のように実に不愉快な人間になります。あちこちで人間関係が悪くなります。ボランティアを始めたことが、本人にとっても周囲にとっても、良かったのかどうか分からないという状態に陥ることさえあります。

 最低でも、そういう思い上がりが言動に表れないようにするべきでしょうし、考えを改めたり、そういう意識を相手にしないようにしたり、努力した方がいいかと思います。そうでないと、ボランティア活動自体、周囲の信頼を失いかねません。

 ボランティアをやったからといって、必ずしも自動的に人間が成長するわけではないんですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:01コメント(2)思索出来事 

2017年09月11日

自分の体と仲よく


 自分を嫌うのはよくないと言われます。私も、嫌う気持ちの方が好く気持ちより強いのは好ましくないと思っています。自分とは一生離れられないのですから、仲よくした方がいいのは言うまでもありません。

 さて、私、人並みに仕事はしていると思いますが、体調に少々不安を抱えています。ちょっとした持病がありますし、それとは別に体調を崩すことも珍しくありません。調子の悪いときは自分の体にイライラして、ついつい体を罵ったりしたくなる瞬間があるのです。いや、かつてはそうすることもありました。「この関節、なんでいつまでも治んないんだ!」という具合です。

 ですが、自分を嫌うのがよくないなら、性格だけでなく、自分の体や健康状態を嫌うのもよくないはずです。そう気付いていきました。

 その上、体は、不具合があれば、何とか健康体に戻そうと24時間必死に取り組んでいるはずです。たとえ治らなくても、手抜きしているわけではありません。白血球やキラー細胞が油を売っているなんて聞いたこともありません。怠けているのならともかく、そんなに頑張っている体を罵るのは酷ではないでしょうか。しかも罵ったりすれば、健康には逆効果でしょうし。

 そこで次第に考え方を改め、文句を言うのを一切やめて、自分の体に感謝したり、褒めたり、いたわったりするようになりました。比較的最近のことです。

 具体的には、家で自律訓練法(緊張をゆるめる方法です)をやっているときに「心臓クン、長い間ありがとう。これからも頼むわ」などと心の中で語りかけることにしています。子供っぽいかもしれませんが、人に聞かせるわけではないので、別にいいと思っています。他にも色々な工夫の仕方があるでしょう。

 では、そういう風にした結果、何かいいことがあったかと問われれば、思わず自慢したくなるようなめざましい成果はあがっていません。ただ、イライラして心がすさむ時間を減らしてくれているのは間違いないので、無駄な試みではないと思っています。

 やっぱり一生自分とは仲よくしていきたいものですね・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 08:54コメント(0)思索健康 

2017年09月07日

みなとみらい


 下の写真は、横浜港大桟橋から撮ったみなとみらい21地区です。私のようなずぶの素人が撮っても何とか絵になっているかと思います。

CIMG0433

 こちらは船から撮った写真です。

CIMG1968

 以前から、この景観は偶然じゃない、と思っていましたが、先日の新聞を読むとやはりそうでした。陸から海へ稜線がなだらかに下がるようにするとか、赤レンガ倉庫がよく見えるようにするとか、計画的に街づくりをしたそうです。こういう配慮は実にありがたく嬉しいですね。おかげで、魅力的な景観を楽しめるというものです。

 実は夜景も個性的ですごいんですが、私の腕と安物カメラではうまく撮れません。 そこで以下に、著作権のない写真をお借りします。

a0800_000796

 もう1枚、少し角度の違う写真も。

20061225_mm_841_w800

 一見の価値ある場所だと思います。 



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:09コメント(0)写真 

2017年09月02日

塞翁が馬


 ある大病院の支払窓口。金額を告げられて、どうしようと思いました。お財布の中身が足りないのです。何しろ突然先生に、別の科にも行くように言われたので・・・。

 事務の女性は「次回も来るんだから・・・」と言って黙ってしまいました。恐る恐る「クレジットカードじゃだめですよね」と言うと、「あ、それなら大丈夫ですよ」と天使のお告げ。ピンチを脱しました。

 クレジットカードは大昔、人に勧められて1枚だけ持っています。当時、「クレジットカードはステイタス(社会的地位)になるから」と言われましたが、そういうものに興味がありませんでしたし、カードは浪費の象徴みたいに感じていて、乗り気ではなかったのですが、他の人と一緒に何となく作ってしまいました。よく審査に通ったものだと今でも不思議です。

 その後カードを使うことはなく、長期間ぶつぶつ言いながら年会費だけを払い続けました。

 ですが、この数年、ネットの発達でたまにカードを使うようになり、この日も、新幹線の切符を買った直後だったので、たまたまカードを持っていて、事なきを得たというわけです。

 こうなると勧めてくれた人に感謝しませんと・・・。「人生万事塞翁が馬」を実感する年になってきましたかね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 17:17コメント(0)出来事 

2017年08月31日

教科書と懐疑心


 昔と今の教科書の内容が違うということが、時々マスコミに取り上げられます。

 例えば、私はある騎馬武者の絵を足利尊氏と習ったのですが、今では単に南北朝時代の武士ということになっているそうです。

 私が正しいと思っていたことが誤りだったわけで、そうなると他の習ったことも誤りである可能性があると言えます。ですので、「学校で習ったんだから絶対正しいんだ」などともし思うのなら、それは根拠のない思い込みということになるのでしょう。

 身につけてきた知識すべてを常に疑うのは、現実的ではないかもしれませんが、異論を頭から否定しない心の余裕は必要かと思います。

 足利尊氏である方がかっこよかったですけどね・・・。


CIMG2406


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:04コメント(2)思索 

2017年08月28日

地獄谷 野猿公苑


 北信濃・湯田中(ゆだなか)温泉滞在中には地獄谷野猿公苑(やえんこうえん)にもお邪魔しました。世界で唯一、温泉に入るサルとして有名な野生のニホンザルのいるところです。湯田中のすぐそばですので、行かない手はありません。もっとも、出かけたのは8月4日で、サルたちは夏には「入浴」しませんが。

 野猿公苑のホームページはこちらです。野生のサルに接する際の注意点などが勉強できます。

CIMG2384

 手軽な行き方の一つは、長野電鉄の終点・湯田中駅から上林(かんばやし)温泉行きのバスに乗ることです。大まかに言うと、志賀高原へ行く途中で下車する感じです。なお上の写真は湯田中駅で、止まっているのは特急「スノーモンキー」です。この名称は野猿公苑のサルにちなんでいます。

 上林温泉のバス停から舗装された広い坂道をしばらく上ると、野猿公苑への遊歩道の入り口に着きます。

CIMG2474

 ここからサルに会える野猿公苑まで、ほぼ平坦な整備された道が続きます。

CIMG2477

 この日は晴れでしたが、標高800m以上で、湿度も低く、木陰のおかげもあって快適です。ここを歩くだけでも価値があります。森林浴にもなっているんでしょうね。

 写真のような急カーブも何カ所かありました。

CIMG2480

 左手は下方へ急な斜面になっています。植林されたものでしょうけど、数え切れない杉の木が・・・。

CIMG2476

 感心したのはゴミが全く落ちていなかったことです。こういう斜面には空き缶などが投げ捨てられているものですが。当たり前のこととはいえ、お客さんを含め、大勢の人の努力・協力の結果でしょう。

 たまにすれ違う観光客がいましたが、外国人が多かったです。さすが世界的に有名なサルたちです。「こんちわ〜」と挨拶すると、外国人も返礼してくれます。無反応の人もいましたが。

CIMG2482

 道の端に水路が設けられている所があり、澄んだ水が勢いよく流れていました。湧き水なんでしょうね。写真は振り返って撮ったものです。

 やがて森を出ると、地獄谷温泉一帯が目に入ります。

CIMG2483

 写真の川は横湯川、左の建物はおそらく温泉旅館。写真右端の真ん中に坂道が見えていますが、そこが野猿公苑の入り口です。

CIMG2486

 振り返って見上げると、いい天気でした。

CIMG2484

 先ほどの坂道は階段でした。これを上りきって左へしばらく行くと、「関所」みたいな建物があり、入場料を払って通り抜けて、野猿公苑に足を踏み入れます。

 そこには先ほどの遊歩道のような通路があるだけで、観光客で混んでいたので、最初は左手眼下の河原にばかり注意が向きました。流れの音が響いてきます。河原には外国人や小学生の団体客がいました。

CIMG2488

 対岸にサルの姿を認めてシャッターを切りましたが、上の写真などは、今見るとどこにサルがいるのか自分でも分かりません。

CIMG2489

 ズームしてやっととらえることが出来ました。ズームすると、私の腕とカメラでは手ぶれになりやすいので、余りやらないのです。

 ふと視線を河原から通路の進行方向に向けると、「おわっ!!」

CIMG2490

 い、いました。それもこんなに近くに。いきなり現れたみたいですが、観光客にさえぎられて視野に入らなかっただけなんでしょう。

CIMG2492

 だらしなく昼寝しているのもいれば・・・

CIMG2496

 こんな風にいばっているみたいなのもいて・・・

CIMG2494

 こちら思索にふける風情の3人?組・・・。

CIMG2493

 こちらは親子でしょうか。毛づくろいしていました。狭い通路の端にいたのですが、混雑していて、見えにくいので、うっかりすると、蹴飛ばしてしまいそうです。

CIMG2497

 ちょっと目を離したら「立場」が入れ替っていました。

CIMG2498

CIMG2499

 野猿公苑の一番奥にあるのが有名な露天風呂です。人の手が加わったもののようです。周囲に余りサルはおらず、入浴しているのもいません。夏に温泉に入るのは人だけなんですね。ただ、一匹がお湯を飲むような動作をしていました。何らかの栄養があるのかもしれません。

 このとき100人はいるかと思われる小学生がやって来ました。露天風呂周辺は満員に。サングラスに日焼けした監視員らしき人はいましたが、引率の先生も子供がサルをからかったりしないか、気が気ではなかったかも。

 私はそこを離れて、河原に下りました。振り向いて撮ったのが下の写真。

CIMG2507

 拡大すると分かりやすくなります。橋の上にいるのが小学生たち。露天風呂はその向こうにあります。右の上方に柵が見えますが、それは私が通ってきた通路の柵です。

CIMG2510

 野猿公苑を出て、河原から勢いよく立ちのぼる噴気を確認。これが地獄谷という名の由来なのかもしれません。

 あとは来た道を引き返しました。遊歩道の入り口を出て少し下ると、しゃれたお店が目に入りました。

CIMG2512

 普段なら身分不相応ということで決して入らないのですが、「旅の恥はかき捨て」の精神でお客になってしまいました。こういうことの出来るのが旅の面白さでもあります。11時半頃でしたので、席は十分ありました。

CIMG2511

 信州に来たら、信州ならではのものを体験しようという方針で注文。チキンと信州産の野菜を信州産のそば粉を含んだ衣で巻いたものだそうです。ジュースのリンゴも信州産。こんなタイプの食べ物もめったに食べたことがありません。

 こんなことが頭に浮かびました。あのサルたちは、私たち観光客に警戒心も好奇心ももたずに、透明人間ででもあるかのように接していました。初めて人に会えば、そうはいかないでしょう。しかし、賢い彼らは、長年人に触れるうちに、意識しなくていい存在なのだと分かって、今に至っているのかもしれません。そう仕向けたのは多くの人の配慮でしょう。観光客とサルとの関わり方はこれでいいのかもしれません。ただそういう関係を永く保つためには、あとからやって来る私たちの不断の努力というものが必要なのでしょう。・・・

 さて私の昼ご飯。生野菜がありがたく、すべておいしく食べましたけど、やはり慣れないせいで野菜やソースをテーブルにこぼしてしまいました。レジで女性に一言謝りますと、「大丈夫ですよ」とにっこり応対してくれたので、気分よくそこをあとにしたのでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 14:58コメント(0)出来事写真 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: