2017年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2012年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心

このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(27)トラックバック(0)雑文 

2017年01月12日

今さらの「成長」


 朝、ゴミ出しをする近所の一角。

 最近、ゴミを持ってきた近所の人に出会うと、顔見知りでなくても自分から挨拶するようになりました。やはり気分がいいものですね。近所の人たちが挨拶してくるのを見習ったのです。

 「なあんだ、その程度」「ええー? 今ごろぉ?」と言われるかもしれません。はい、いい年をしてまさに小学生レベルです。

 人間、円がその形を維持したまま大きくなっていくように順調に成長していけばいいのですが、中には歪んで成長する人もいると思います。私の「自分から挨拶しなかった」というのは、へこんでいて、子供のままだった部分かもしれません。そこがようやく膨らんだということなんでしょう。

 まあ、私の場合、幾つになっても、改善していくところは多く残っているようです。でも、そこが遅まきながらでも「成長」したのを実感するのは悪い気分ではありません。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 13:30コメント(0)トラックバック(0)出来事思索 

2017年01月09日

許してくれないときは


 「ちゃんと謝ったのに、許してくれない」と不満げな人。

 その気持ちは分かる気がします。ですが、酷な言い方ですが、許すか許さないかは相手の自由だと思うのですが・・・。幾らきちんと謝っても、許す義務といったものは生じないのではないでしょうか。相手が大きな傷を与えられたのなら、なおさら許す気にはならないでしょう。そして、許す方が許さないより立派だなどとは安易に言えないと思います。

 不満を言う前にやるべきことは、本当にきちんと謝ったのかどうか確認することでしょう。謝罪に誠意がこもっていたか、言い方は適切だったか、弁償は十分だったか、といったことです。不十分な謝罪だったのなら、再度謝った方がいいのではないか、と。

 しかし、どう考えても自分の謝罪に問題はないということなら、やるべきことはやったのですから、残念ながらあとは静観するしかないでしょう。第三者に頼むというような別の方法がないわけではありませんが。

 許さなければ、相手は口を利かないままとか、出入り禁止のままとかいやな雰囲気が続きます。

 だからと言って、不満を漏らしたり、相手を批判したりすれば、本当は悪いと思っていなかったんだ、謝罪はうそだったんだとそしられるのが関の山です。不満が生じること自体は、やむをえない反応だとは思いますけど、実際に言動に表してしまえば、状況は悪化します。

 相手が意地になって許さない場合や、許さないことで加害者を苦しめようとする場合もまれにはあるでしょう。そこまで傷ついているのだという見方も出来ますが、そのような目にあえば、相手の人間性に問題ありと判断したくなることもあるかと思います。そして、その判断は正しいかもしれません。

 しかし、そもそも謝らなければならないことをしたのは自分です。迷惑をかけたことについては、じっと我慢していくしかないのではないか、時が解決するのを待つしかないのではないか、というのが私の考えです、苦しいでしょうけど。






ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 22:00コメント(0)トラックバック(0)思索出来事 

2017年01月01日

『ローグ・ワン』


  『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、焼き直しの観のある『フォースの覚醒』(エピソード7)よりも良かったと思います。内容を一言で言うと、帝国の究極兵器デス・スターの設計図を反乱軍側が盗み出すお話です。

 華麗なジェダイの戦いはありませんし、奇想天外な生物、惑星、兵器なども現れず、地味な感じがしますけど、『フォースの覚醒』よりもよりリアルで、見る人を納得させるものがあります。やや戦争映画に近い感じです。自分の命を顧みず、使命のために敵陣深く突入する人物達は、現実世界の英雄的な無名戦士を連想させます。

 2時間に多くの出来事が詰まっていて、展開が非常に速い感じです。飽きさせませんが、スター・ウォーズを初めて見る人には分かりづらいかもしれません。またシリーズの他作品にはある笑いの要素がありませんが、これは作品全体の悲劇的な調子と無関係ではないでしょう。

 シリーズの曲は良いものが多いと思うのですが、この作品では余り使われていないようなのがちょっと残念です。

 結末が、この作品を批評するためには重要なんですが、まだ見ていない人に叱られますので、伏せます。ただ、シリーズの結末とはずいぶん違います。

 スター・ウォーズのファンなら見て損はありません。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ




kokoro_no_fukei at 09:30コメント(0)トラックバック(0)芸術全般 

2016年12月29日

異論だけでは



 私の友人のブログ。大人気なんですが、ひどく中傷されたりすることも多いんです。友人はそういうものに反撃するタイプ。それに対して、「そんなものは単なるネット上の出来事で、気にしなければいい、見なければいい」という意見が時々出ます。

 そういう受け止め方の出来る人はいいのですが、出来ないから友人は反撃するわけですね。だからといって、人間が出来ていないとは言えないでしょう。友人にとっては本人なりの理由や事情があるわけです。気にしなければいいという意見を聞いて、気にしなくなる人ばかりなら、そんなに楽なことはなく、カウンセラーなんて仕事は成り立たなくなるでしょう。

 異論を言うのはいいことなんですが、どこかで相手とつながろうとする部分があるべきではないかと特に最近思っています。この場合は、相手の性格や気持ちに対する理解ですね。自分の信条だけ述べてそれで終わりということなら、互いに孤立した意見同士が存在するというだけになって、そこから建設的なものは生まれてこないと思うのですが・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 17:00コメント(0)トラックバック(0)出来事思索 

2016年12月19日

ありがとう、「教え子」



 その日は体調がよくありませんでした。それだけならまだいいんですが、それをきっかけに外出中に不安感がわいてきて、苦しい思いをしていました。

 昼下がり、最寄り駅を出て家路についたとき、後ろから「先生」と声をかけられました。町内の若い男性M君です。この人が小学生のとき、お母さんと知り合いだったので、家庭教師をしたことがありました。だから今もそう呼ぶのでしょう。

 久しぶりに会ったので近況を尋ねると、社会人1年生で、楽しくサラリーマン生活を送っているようです。

 「先生はまだ成長してますか」。これはもちろん冗談で、私の方がずっと背が高いのをからかったのです。そして自分の仕事の話に続けて、私の仕事を「ブラック、ブラック」と言うのです。いや、参りました。苦笑いするしかありません。「職場にかわいい子いますか」とまで言ってきて、こんなにあけすけに話す子だったかな、と意外に思いました。途中で別れましたが、そのときは、不安感はすっかり消えていました。

 私の不安感は、軽い場合はそういうことで消えてしまうこともけっこうあるのです。M君は当然そんな事情は知りませんけど、「ありがとう、楽しく話をしてくれて」と心から感謝しました。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 15:30コメント(0)トラックバック(0)出来事 

2016年12月14日

かわいそうな人だと思うな


 子供の頃、「○○君がこんなイヤなことしてくるんだよ」などと親や先生に訴えると、「放っておきなさい」という答えが返ってくることが多かったようです。これは「イヤなこと」の中味によっては、一つの立派な解決策になると思います。

 ただそれに続けて「かわいそうな人だと思いなさい」「哀れんであげなさい」と付け加えてくる大人達もいました。今でもいます。本や雑誌などでも同じような意見を見聞きしていたように思います。子供時代の一時期、よく覚えているのは中学生のときでしたが、私もそう思って、口にしたことがあります。

 しかし、今では子供にそう言うのは、まずいと思っています。

 同じ土俵に上がってやり合うよりはましなのかもしれません。しかし、心の中で相手を見下して憂さを晴らし、優越感に浸るという経験をさせてしまうのではないでしょうか。これはいいことだとは思えないのです。その態度が定着してしまえば、自分の方が程度が高いんだという意識が生まれ、「人間性の低いヤツ」などと相手をバカにした態度を常にとることになるかもしれません。子供ならなおさらです。それが新たな衝突を呼ぶことでしょう。

 人間の出来た人というのは、自分を他人より高いと思ったりしないのではないでしょうか。そもそも人より高いとか低いとかいう意識は、少なくとも人間性に関しては、必要ないものでしょう。

 では「放っておいた」あと、どうするかと言いますと、何も思わなければいいわけです。それだけでは「イヤなこと」をされたままで不満がたまってしまうでしょうから、大人は慰め、励まし、共感などの言葉や態度を示せばいいのではないでしょうか。






ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 09:30コメント(0)トラックバック(0)思索教育 

2016年12月08日

食べ方がバカだった



 9月半ばごろからお腹の調子がおかしくなり始めました。下痢ではありませんけど、トイレに行く回数が増えていきました。これはやっぱり困ります。おちおち外出も出来ません。しかも不安感までわいて来るなどヤバイ兆候が・・・。色々と原因を考えましたが、たどり着いた結論が、バナナの食べ過ぎ・・・。

 9月から仕事が大幅に変わり、4時くらいに何か食べないとやっていけない感じになりました。そこで、何を食べるか考えたのですが、安くて健康的なバナナにしようと思ったのです。少なくともお菓子なんかよりはいいはずです。で、バナナを4本!ぐらい食べることに。元々バナナは好きなので、これは名案だと思ってやり始めたのですが・・・とんだ愚策でした。

 さて、ご存じの方は多いと思いますが、食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。おおざっぱに言いますと、高いところに実るものは体を冷し、低いところに出来るものは体を温めるそうです。そう、まさに木になるバナナは体を冷やすのです。しかも、暑い地方に実るものも冷やす傾向があります。つまり南国の果物バナナは両方の基準を満たすのです。

 おそらく大量のバナナが体を冷やしたので、お腹の調子が狂ってしまったのでしょう。大昔、毎朝冷たい牛乳でシリアルを食べていたら、似たようなことが起こったのを思い出しました。

 それに気づいて即バナナをやめました。調べて、他の冷やす食べ物も控えました。すると、状態は、紆余曲折はありましたが、次第に快方に・・・。

 バナナの名誉のために書きますけど、バナナ自体が悪いのではなく、私の食べ方が悪かったのです。冷やす食べ物がすべてダメということでもありません。例えば夏にはそういうものが必要でしょう。ただ、同じものを大量に食べると危険度が増すということは言えると思います。バナナ4本は、私の体にとっては多過ぎました。

 食べ物で体が冷えて不調になっていることが意外と多いのかもしれません。私などもトイレとバナナの関係は聞いたことがありませんでした。体調不良の方は、一度温めるか冷やすか、という基準で食生活を見直す価値はあるかもしれません。

 情報はネット上に幾らでも紹介されていますけど、矛盾するものもありましたので、そこはお気をつけを。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)健康出来事 

2016年12月02日

人工知能の恋愛相談



 昨日NHKのニュースで、AI(人工知能)による恋愛相談が行なわれていると報道されました。

 そのAIはオシエルと言います。私の理解では、過去の膨大な恋愛相談をオシエルが身につけて、新たな相談にぴったり合った回答を探し出してくるのでしょう。オシエルが人間の回答を押しのけてベストアンサーに選ばれることもあるそうです。回答の文章は礼儀正しく、共感や激励の言葉もあって優しいものでした。

 ついに心の分野にまで、AIが進出か・・・。もう人間の相談相手は必要とされなくなる時代が来るのかもしれません。普通の大人じゃ「経験量」でとても太刀打ちできません。おまけに手軽にこっそり相談できますし。まあ、それはそれでいいことなのかもしれません。頼りになる「賢者」がそばにいてくれるわけですから。

 ただ、まだ未完成な部分があるようですし、それに、従来になかったタイプの相談には的確な指示が出せるのでしょうか。あくまで過去のデータをもとにしているのなら。時代は急速に変わっていきますからね。

 それよりも、ふと悲しい気持ちになったのは、AIの答えの方が人間味があるかもなあ、と感じられたからです。色々な掲示板に現れる一部のとげとげしい回答や見下すような回答をよく見ているからでしょう。

 オシエルが「いる」のはこちらです。http://oshiete.goo.ne.jp/ai





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:00コメント(0)トラックバック(0)時事思索 

2016年11月27日

どんな評価もよし



 芸術の秋も終わりですが・・・。

 先日、前衛芸術家の女性が文化勲章を受賞しました。

 が、この方の作品が理解できないという声があります。正直言いますと、少し見ただけですが、私もまるで分かりません。

 まあ、でも、それでいいと思うんですよ。

 世間がいかに高く評価していようと、自分は「理解できない」「嫌いだ」というなら、その感覚や意見を大切にすればいいと思います。理解したふりをする必要なんかありません。

 小説でも映画でも人によって評価は大きく違います。どの評価もあっていいと思います。

 ただ、作品や他人の評価をバカにしたり、嫌悪感をむき出しにしたりするのは禁物ですけど。どの評価が正しいかを競っているんじゃありませんし。そういうところから不必要な争いが起こるのではないかと思っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)芸術全般思索 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: