2024年12月31日 16:00

3645442_s

 ようこそ「心を大切に」へ。管理人の荻野誠人です。ブログの内容に即して「思索の木蔭」を改題しました。引き続きよろしくお願いします。

 当ブログでは、心のあり方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

 私は性格を大きく変えてきた経験がありますので、ここでは「性格は変えられる」ということも訴えていきたいと思います。

 ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2015年までの文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったらどうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ
死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容目の前の人「ありのまま」と努力
私が人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない
時には「逃げてもいい」他人の感動自由な心冬木立
悪を教える他人の心の中本物の友情は分からない
「短所は長所」の死角他人の生き方関わるか、関わらないか
他人は変えられないか夢はもっても、もたなくても
まず寄り添う骨の折れる時代
 
 ライブドアブログでは、コメントした方のURLを表示することが出来なくなってしまいました😢。お手数ですが、よろしかったら、コメントの中にURLをお書きください。のちほどご訪問いたしますので。

 このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を代わりにお使いください。

 え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

 では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

2024年02月18日 18:26


 あるブログ仲間が、家族が気が利く、利かないという記事を書いていました。そこで私も同じ話題で書いてみます。といっても職場の話ですが。

 家庭と職場では違うでしょうが、うちの職場は、気が利かない人が多いようです。いや、目立つことをやりたくないという遠慮深い人たちなのかもしれませんけどね。

 例えば紙やインクといった備品の補充ですね。なくなりそうだと思ったら、私ともう1人の人は補充しますけど、他の15人くらいの人はやりませんね。

 ですが、私は特に不満があるわけではありません。1度だけ上司にちょっと言ったことがあるのですが、状態は変わらなかったので、「まあいいか〜」と思っています😅。

 気が利く、利かないというのは、たぶん感覚みたいなもので、そう簡単に変わらないのではないでしょうか。足の遅い人に「もっと速く走れ!」と言っても、変えられないのと同じようなものでしょう。

 上司でもない私がうるさくしつこく言って雰囲気を悪くするよりも、気づいた人間がやればいいと思っています。大した手間ではありませんし、一応私は全体に貢献できるわけですし😁。

 気が利かないという人も、仕事ができないのではないですから、別の面で活躍してもらえばそれで何も問題ないと思っています。


25905548_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年02月13日 22:59


 先日の見守りボランティアでのこと。

 参加人数によって毎回立つ位置が変わるのですが、この日私が立っているところからは、少し遠くに小学校の校門が見えました。

 もう他の児童が帰ってしまったのに、校門付近に4人の児童が集まっていて、いつまで経っても帰ろうとしません。私たちボランティアも帰れません😅。普段はせかすことはないのですが、この日は余りにも時間がかかるので、仕方なく児童たちの方に歩いて行きました。

 近づくと、児童の1人は以前モザイクアートや動画で協力した顔見知りの小6男子でした。児童たちは私の意図を察したらしく、直ぐに解散しました。

 顔見知りの男子だけが帰る方向が同じで、話しかけてきました。

 「どうやったら英語話せるようになるの」

 実は大して話せません😅。以前小学生たちがからかい半分で英語で話しかけてきて、それにちょっと応対したので、話せると思い込んでいるのでしょう。

 「自分で勉強したんだよ」

 「えー、自分で?」

 「カセットテープ聞いたり、英作文の問題集をやったりしてね」

 「そう、すごいね」


 カセットテープを知っているんですかね😅

 「今はいくらでもただで簡単に勉強できるだろ。教科書にもQRコードがついてたり。僕らのころには考えられんよ。これなら英語できない方がおかしいよ。1、2年やれば、僕程度には話せるようになるよ」

 「英語出来ると役に立つの」

 「ああ。どんな道に進んでも役に立つよ。コンピューター言語だって、英語がもとになってるだろ」

 「確かに」

 すでに小学校ではプログラミングの授業が始まっていますから、この男子も色々知っているのかもしれません。

 「やること見つからなければ、とりあえず英語勉強しとけばいいよ」

 そこで分かれ道となりました。小学生にまとまったことを話すのは珍しいことです。あとから振り返ると、変なことも言ってしまっています😓が、気楽な雑談だとこんなもんでしょうね。

 昔に比べて年長者の経験や意見は、若者には役に立たなくなっているとも言われます。急速に新しいものごとが広まっていますから。ですので、私は自分のことを若い人に話すのを多少遠慮しています。説教なんてとんでもない。

 ですが、この日の会話は、多少は役に立てばいいなと思っています😊


CIMG0607

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年02月10日 23:44


 スーパーの隅に「お客様のご意見」というコーナーがあります。そこの掲示板に、客の要望や苦情とそれに対する回答を書いた用紙がいつも何枚か張り出されています。

 去年の9月に「福島産の魚介類を仕入れてくれませんか。応援したいので」と用紙に書いて、コーナーに設置してある箱に入れました。

 しかし12月になっても何の反応もありません。そこでスーパーの受付でその話をすると、のちほど店長から謝罪の電話が来て、回答を約束してくれました。

 ところが、それからまた何の回答もなく、2月になってしまいました。「そろそろもう1回抗議しないといかんのかなあ😟」と思い始めていました。

 昨日スーパーからの帰りがけに、ふらっと用紙を貼りつける掲示板を見に立ち寄りました。

 実は用紙には、下部に客の名前を書き込むのですが、電話での回答を希望する人は電話番号も書いておきます。私は電話番号を書き込んだので、貼り出されるのは電話を受けたあとになるはずです。

 ところが、なんと私の用紙が貼り出されていたのです。通常なら貼り出された用紙からは、個人情報保護のため、名前や電話番号を書いた部分は切り取られています。


 ですが、私の名前と電話番号がそのまま掲示板にさらされているではありませんか。


😱


 怒りがこみ上げた私は即座に店内に戻り、受付にいた店員に用紙をはがしてもらいました。その店員は店内アナウンスで店長を呼び出しました。すぐに店長がやってきました。すでに店員が用紙を見せて事情を説明して、店長は恐縮した顔です。

 「すみませんでした」

 「私の個人情報がさらされてるのは、まずいですよねえ💢

 我ながら怖い声です😅

 「すみません」

 「電話、来てないですよ」

 「すみません」

 余りからむのは好きではないので、やや明るい調子に変えて、

 「まあ、やっちゃったものは、もうしょうがないです。担当の人に、“よろしく”お伝えください😅

 これで立ち去りました。あっという間です。

 帰り道で「あれ、オレ、あんなに怒りっぽかったっけ」と思いました。あんな怖い口調で話したのは久しぶりです。でも怒るのは自然だろうし、最後まで敬語を使って抑えながら話せたし、あれでまあまあではないのかな、と自分を納得させました。

 それにしても、部下の責任をとらなければならない店長も大変です。20年前ならともかく、今の世の中では客の個人情報をもらすのは許されませんからね。 

 最後に、肝腎の回答ですが、福島県産の魚は市場に入ってこないので仕入れようがないとのことです。私にはこれ以上出来ることはなさそうです。残念ですが。


28930651_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年02月07日 15:06


 先日胃カメラの検査を受けてきました。今回がたぶん3回目だと思います。

 検査の前に個室で医師を待っているとき、看護師にこうお願いしました。「先生に、検査が半分くらい過ぎたら『半分過ぎました』と言ってくれるようにお伝えください」。

 なんで自分で直接言わないかというと、検査直前に麻酔薬を飲んで、口がしびれてまともに話せなくなるからです。

 医師がやってくると、看護師が私のお願いを笑いながら伝えてくれました。そんなに面白いのですかね😅

 医師も優しくて明るい人なので、いざ始まると、「十二指腸まで来ました〜」「お、いいですね〜」「もうほとんど終わりで〜す」などと観光ガイドみたいにしゃべってくれました😁

 胃カメラの検査はそんなに時間はかかりませんが、私は胃がふくれる感じでかなり苦しいです。初めて検査したときはいつまで続くのか分からないので余計に苦痛でした。そこで「半分」というお願いをするようになったのです。

 登山で森を抜けて目指す山頂が見えると、元気が出てくるかと思いますが、それと同じ効果があります。よかったら、試してみてください。


28829048_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年02月01日 18:30


 昔々、大昔、塾のバイト時代。

 塾側の事務手続きの不手際で、生徒に迷惑をかけてしまうことがありました。例えば、座席の変更を申し込んだのに、いつまで経っても変更されない。入塾後かなり経っているのに教材が届かない、といったことです。

 ところが、そんな状態を黙って我慢している生徒がけっこういるのです。たまたまそれに気づいた私が話を聞くと、やはり不満を抱えている様子です。

 私は即座に「室長に言え」と指示しました。言えば何らかの対応はしてくれて、その場で解決することもありました。なるべく生徒自身に交渉させましたが、それは彼らの貴重な勉強の機会になると思ったからです。私は「要望や不満があったら、遠慮しないで直ぐに言うんだぞ」と強調しました。

 大人に苦情を言うのは、相当勇気の要ることなんでしょうか。でもそのままだと、ちょっと将来心配ですね。みんながみんなこういう引っ込み思案というわけではないでしょうが。

 デモやストライキを余り起こさない大人しい日本人の国民性がこんなところにも表われていると言ったら、飛躍しているでしょうか😅


25163101_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年01月26日 23:21


 先週洗濯機が水漏れし始めました。洗濯槽に水滴が続けざまに落ちてくるのです。それは翌日も止まらないので、その洗濯機を買った、母の代からのなじみの電器屋さんに電話しました。

 何と2、3時間後には来てくれたのですが、一発で「買い換えですね。・・・2004年製ですからね。もう部品がありません」。それは私も覚悟していました。「普通7、8年で壊れますから」。私は「よくもった方ですね」。

 私がこの洗濯機を買った覚えはありません。ということは、母です。2004年といえば、母が認知症になる直前だったように思います。

 最初の症状は、時間感覚の狂いとして表われました。真夜中に洗濯をし始めたのです。うるさいし、隣にも迷惑だと文句を言うと、母は「それがどうした」という態度です。けんかになりました。

 認知症の人と本気でけんかなどしてはいけないのですが、そういうことがまだ分かっていませんでした。私はプラグを抜いたこともあります。私の対応が悪かったからかもしれませんが、発症後母は謝ることがなくなりました。

 そんな苦い思い出もある洗濯機でしたが、早くも昨日交換に来てくれました。世は人手不足ですから、かなり待つだろうと思っていたので、びっくりです。

 洗濯機は、そんなに技術革新のめざましいものではないでしょうから、古いのと同じように使うことになりそうです。


22423968_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年01月20日 21:38


 先日の東京MXの番組「激論サミット」。議題は、能登の被災地に迷惑な支援物資、でした。

 例えば、賞味期限切れの食品や開封した食品など。使いものにならないので、ゴミ捨て場扱いされている、と怒る人も。本を送ってきた人もいたが、読まれずに置き場に困るだけになっているという話も。

 出演者の中には「善意なんだけれども」「よかれと思って」としきりに弁護している人もいました。確かにそういう人もいるでしょう。

 ですが、疑い深い私は、こんな心理の人もいるのではないかと推測します。自分は被災地を支援したという「実績」を上げて、満足や安心をしたい。しかし、自分にとって価値あるものを送ってしまうのは惜しい。そこで要らないものを送ることにしよう。

 「自分の要らないものを送るのではなく、要るものを送れ」と言っていた出演者がいましたが、その通りですね。

 本当によかれと思って、迷惑になってしまうものを送った人たちもいたでしょう。しかし、善意だけでは必ずしも善行にならないんですね。

 この場合は被災者側の事情を考えるという配慮が必要になるわけです。それを知るのが難しいというなら、お金を寄付するのが無難ではないかと思います。


d3571bc7f58b79f718045ffdac274db6_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年01月15日 23:03


 先日あるテレビ番組で介護の問題が取り上げられていました。その中で、介護する側は、何でも自分でやろうとせず、積極的に他人の支援を受けようと提案されていました。親を老人ホームに入れるのに罪悪感を感じる人もいるが、そんなことは全然ない、とも。

 こういうことはずいぶん前から言われていたのですが、まだまだ訴え続ける必要があるのでしょう。介護で離職する人や、体を壊す人は未だに絶えませんし。

 そういう人は、親孝行で親と仲がいいのかもしれません。だから、自分で懸命に介護するし、他人に任せることに後ろめたさを感じるのではないでしょうか。でも、それが裏目に出ることもないとはいえません。

 一方、全然親孝行でない私は、母が認知症になった最初から介護保険制度を目一杯使いました。同時に特別養護老人ホームへの申し込みもしました。車で20分ほどのところに住んでいる弟にも土曜に来てもらうように頼みました。

 自慢にも何にもなりませんが、もし私が親孝行なら、こんな風にすばやく手を打たなかったかもしれません。おかげさまで、私の「介護」生活はずいぶん楽になったと思います。いや、介護したとは思っていません。単に同居していただけと思っています。

 介護に携わる親孝行な人たちが少しでも楽になるよう願っています。


a16ffc2fcc93e7a9c02dbd6151e618c6_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

2024年01月11日 14:05


 能登地震についてこんな記事が。ユーチューバーという若者たちが、再生数を稼げる動画を撮るため被災地入りをしているというのです。若者本人がそう発言したそうです。ハァ。何かため息が出ますな。

 違法な行為ではありません。地元は不要不急の訪問はやめてくれと言っていますが、強制力はありません。

 被災者側は、自分たちの不幸を人気取りや金もうけの材料にしている、と腹立たしく感じる人が多いのではないかと思いますが。

 私は自由の大切さを何度も訴えてきました。しかし、いくら合法であっても、他人を不愉快にする自由まではないでしょう。

 こういう人はごく一部でしょうけど、頭の中が動画の再生数のことで一杯で、被災者のことを考える余地がないのでしょう。元々そういう人なのか、それとも収益に目がくらんだのか。せめて復旧活動の邪魔にならないことを願うばかりです。


767b8e98836eef2376bafd59b508adad_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

👆よかったら、応援、お願いします。

Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: