2017年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2013年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心冬木立悪を教える他人の心の中本物の友情は分からない
「短所は長所」の死角
 
このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。
 「悲しい」9トーナメント 参加者22名。
 日常7トーナメント 参加者60名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(30)トラックバック(0)雑文 

2017年11月17日

北斎展・運慶展(前編)


 巨匠北斎運慶の注目の展覧会。前編では、主に会場やその周辺の様子について述べ、絵と彫刻そのものは、後編に譲ります。文章を分割したのは、投稿を急いだためですが、それは運慶展が今月26日までだからです。

 北斎も運慶もファンなので、それが同時に上野で見られるなんて、またとない幸運です。それに美術鑑賞は本当に久しぶりです。両展とも一気に見てしまえ、と虚弱な自分にとってはいささか無謀な「挑戦」を試みました。平日で、いい天気でした。

 『北斎とジャポニスム』展は、JR上野駅公園口から目と鼻の先、国立西洋美術館で開催中です。ここはたぶん高校生の時以来で、記憶は全くありません。

CIMG2708
この建物、世界文化遺産だそうです。

 着いたのは、午前10時半ごろ。待たずに入れましたが、最初の展示室がやや狭かったこともあり、ラッシュアワーの駅のホーム状態。初めての経験で、驚きました。その後、部屋が広くなり、混雑は幾分緩和されましたが。

 この展覧会、見るものが非常に多かったです。そして後編に書きますが、北斎の絵と影響を受けた作品を並べて展示するという、私のような絵画音痴にも楽しめる企画でした。

33
余りにも有名な作品。著作権フリーです。

 それはいいのですが、見るのに時間もかかり、歩く距離も長く、大勢いたお年寄りにはつらいものがあったのでしょう。座れるところはみんな満員でした。

 私は歩くよりも立っている方がつらいたちです。他のお客さんよりもじっくり鑑賞したからか、かなり足腰にきました。これは予想通りでしたが。

CIMG2709

 12時近くに北斎展を見終えたあとは、上野駅公園口近くの売店でパンを買い、そばのパラソルの下でテーブルに向かって食べました。枯れ葉がしきりに落ちてきて、雀がびっくりするほど近くに寄ってきました。食事の出来る所は館内も含めてあちこちにありますけれども、天気がよくて暖かければお弁当という手もあるでしょう。

 元気を取り戻して、次の『運慶』展へ。こちらは東京国立博物館でやっています。上野駅公園口から10分くらいで、初めての訪問です。

 たどり着いた入場券売り場には無情にも「40分待ち」の表示が・・・。しかし、ここまで来て諦めるわけにはいきません。なお、待ち時間の情報はホームページに発表されています。

 入り口から会場の平成館というところまでは少し歩きます。広い敷地でした。みごとなイチョウが鮮やかに色づいていました。これは意外な収穫です。

CIMG2715

 平成館前には長蛇の列。野外で待つ人のために日傘が提供されました。見ると、やはりこちらも定年後の人達が目立ちました。あと和服の女性。

CIMG2716
左が平成館。日傘には「東博」の文字が。

 私は待つのが苦手なのですが、40分なんて文庫本でも読んでいたらあっという間でした。と言っても、これでまた脚力が消耗したかもしれませんが。

 入場は1時半ごろ。会場内はやはり混雑。混み具合は北斎展と同じくらいでしたが、こちらは入場規制した結果です。この違いは、運慶の作品の方が、見る機会が少ないからかとも思いました。

 これも後編に改めて書きますが、なぜか私は絵よりも彫刻の方が性に合っているのです。感じるものはけっこう多かったです。



 

 
写真のないのが淋しいので、アマゾンさんから拝借。無著菩薩立像。

 運慶展は、北斎展に比べますと、出展数はかなり少ないのですが、像の背面まで見られるように展示してあるものも多く、詳しく見ようとすると、やはり時間はかかります。

 こちらも座れるところはお年寄りを中心にすべて寿司詰め状態。無理もありません。杖をついている人もいましたが、きつかっただろうと思います。

 私も人のことは言えません。運慶展の最後の方では、大げさに言えば、腰から下がしびれたように。今思うと、最後の十二神将はもっとじっくり見るべきでした。歩いていると、たまに床の模様が揺れて、ひょっとしたら、またまた担架で運ばれるんじゃないかと肝を冷やしました。おまけに人混みは苦手なのです。HSPでもありますし・・・。

 会場を後にしたのは2時半ごろ。帰りの電車で寝てしまいました。こうして私の充実した平和な一日は終わりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 23:40コメント(2)芸術全般出来事 

2017年11月12日

私なりの「断捨離」


 私の家にも訳の分からないものが沢山あります。少しずつ捨てています。中にはかなり大きいものがあり、なぜか捨てるのがためらわれるようなものも。この前は、大きな置き時計でした。時計として使われたことはなく、何十年も部屋の隅に置いてあるだけでした。たぶん結婚式の引き出物でしょう。そういうのが多いです。

 捨てられないのは、執着が強いからか、捨てることに罪悪感を感じるからか・・・。

 そういうときは玄関にでも置いておきます。すると日が経つと、なぜか抵抗なく捨てられるようになります。それは、たぶん物が次第に邪魔になってきて、その感覚が物に対する執着を上回るようになり、「このままじゃ、いかんなあ」と思うようになるからではないか、と。

 「何めんどくさいこと、やってんだ」と言う人もいるかもしれません。何でもポンポン捨てられる人はそう思うでしょう。でも、執着とかこだわりの強い自分を納得させる私なりの方法なんですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 09:01コメント(0)出来事思索 

2017年10月29日

私の限界


 私、きつい言葉や失礼な言葉といったものにてんで弱いです。そういう言葉を浴びせられると、体調さえ崩すことがあります。

 たとえ相手が正しいことを言っていても、相手に愛情があっても、だめなんですね。理屈で理解できても、感情や体がついていかないというやつで・・・。

 そこで、ひどい言葉の人とは交流しないこともあります。特にネット上では。

 もったいないとは思います。言葉遣いも個性だと思って受け入れられればいいのですが・・・。「心が狭い」「甘ったれ」などと言われたこともありますが、当たっている面はあるなと思います。

 しかし、我慢し過ぎて、おかしくなったことも2、3回ありますので、やむを得ない判断ではないかと思っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 21:52コメント(2) 

2017年10月23日

最悪の町内会デビュー


 初めて担架の上から見たのは、青空でした。

 私は、来期の町内会班長として、防災訓練に出るよう要請されました。地域への恩返しの気持ちもあって、班長はまじめに務めるつもりでした。そこで、それまで町内会の行事と関わりはなかったのですが、進んで参加することにしました。

 会場は、地区センターという公共の施設の一角にある運動場で、数百人が集まり、町内会ごとに整列しました。顔見知りは誰もいません。その日は暑くて、日差しも強く、自然と汗が流れました。

 訓練前に、運営側や来賓の挨拶が始まりました。しばらくすると、急に胸の中が絞られるようになり、かすかな吐き気がわいてきました。一度も経験したことのない事態です。おさまるかと思ったのですが、逆にひどくなっていき、「こりゃ、もうだめだ」と判断して、隣に立っていたお年寄りの男性に声をかけました。この人はそれまで新参者の私に色々と話しかけてくれていたのです。

 騒ぎになってしまいました。すぐにテントの中に連れて行かれ、椅子が用意されました。男女数人に囲まれ、水を飲むようにペットボトルが渡され、冷たい布か何かが首の後ろにあてがわれました。いつの間にか椅子が何脚か並べられ、寝かされることに。自分で額にもペットボトルのようなものを押しあてました。なぜ気分が悪くなってしまったのかは最後までよく分かりませんでした。

 消防署の人が容態を聞きに来ました。熱中症ではないようでしたが、「救急車」という単語が出たときはさすがに慌てました。

 「吐いてしまえば楽になるんですが・・・」と余計なことを口走ったため、すぐさまビニール袋が口元に持ってこられましたが、吐き気はそこまでひどくはなっていませんでした。

 冷房の効いている地区センターの建物に移そうという話が出て、「担架で運ぼう」という声が上がりました。私はびっくりしました。「そんな。かっこ悪い」。実際、歩いて行けたと思います。

 しかし、すでに2本の長い金属の棒に毛布を巻いたような担架が手際よく準備されていました。ここでごねたら、せっかくの厚意を無にすることになって、かえって迷惑だと思い、お世話になることに・・・。

 何人で運んでくれたのか正確には分かりませんが、背が高いのではみ出た頭が揺れないようにずっと支えてくれた人がいました。小学生くらいの男の子の「だいじょうぶ?」という甲高い声がずっとついてきます。揺れる青空と強い日射しを眺めながら、「ああ、とうとうこんな日が来てしまったんだなあ」などと思っていました。

 地区センターの建物に入ると、3人がけのソファーが二つ合わされて、そこに担架が横たえられました。そのとき長い棒が抜かれたようです。

 男の子も含めて皆さんは会場に戻りましたが、一人だけ、気分が悪くなったとき隣に立っていた男性がずっと付き添って穏やかに話しかけてくれました。2、30分くらい経ったころ、体を起こしてみますと、幸い吐き気は治まっています。そのあと男性の郷里のことなどを話題にして時を過ごしました。ちょうど私がある程度知っていた県でしたので、話は途切れませんでした。

 しばらくすると、訓練は終わったらしく、町内会の防災担当の女性が参加者に振る舞われた豚汁を持ってきてくれましたので、恐縮してちょうだいすることに。その後、町内会の副会長さんたちも様子を見に来てくれました。何度もお礼とお詫びを言って頭を下げてから、帰宅。翌日には防災担当の女性が、私の体調を気遣って電話をくれました。

 こうして訓練には全く参加出来ませんでしたが、人情には大いに触れることが出来ました。これはますます、恩返ししなければ、という思いがわいてきています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 14:04コメント(4)出来事 

2017年10月13日

初の電動アシスト自転車


 (この文章は、かなり前に書いたもので季節外れになりますが、お蔵入りにするのももったいないので、掲載することにしました)。

 長野に行って、「生まれて初めて」ということを沢山経験したと以前どこかで書きましたが、電動アシスト自転車もその一つです。

 湯田中のある山ノ内町ではなんと無料で電動アシスト自転車を貸し出しているので「何でもやってみよう」精神の私は喜んで借りました。その際、身分証明になるものの提出を求められます。私はマイナンバーカード。

 なお、私が「やまのうちちょう」と言いましたら、応対していた2人の職員さんに即座に「やまのうちまち」と訂正されてしまいました。これは郷土愛というか・・・。

 自転車は買い物かごの付いたママチャリとか言われるものでしょう。小学校以来ですから、どうなることやらと思いましたが、直ぐに乗れました。ただ電動は、最初の踏み込みでグーンと前に進むんですね。それだけは気をつけないと。

 で、湯田中の温泉街を手始めに近隣を回り出しました。うわさ通り坂ものぼれます。2劼阿蕕い里椶蠡海韻襪覆鵑董電動でなければ考えられません。しかし、過大な期待もしていました。どんな急な坂でも、楽々のぼれるとばかり思っていたのです。太股が次第に痛くなってきました。

 もう限界だと思って、今度は引き返して坂を下ることに。川沿いの舗装道路を一気に駆け抜けました。天気もよく、車もほとんど通らず、風も心地よく、実に快適でした。小学生時代がよみがえります。帽子が飛びはしないかと気になりましたけど。

 翌日は太股の筋肉痛を覚悟していましたけど、全然痛くなかったので、拍子抜け。これは日頃「スクワット」を続けている成果でしょう。これでちょっと自信がつきました。次は、瀬戸内しまなみ海道走破か霞ヶ浦一周か・・・夢はふくらみます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 18:02コメント(0)出来事 

2017年09月29日

枝切り


 ある朝、玄関を出るといやに明るい。変だなと思って、見回すと、隣家との境近くに生えている木の枝がバッサリ切られていたのでした。枝がお隣の物置の上にまで伸びていたのです。

 何の断りもなく他人の敷地の木の枝を切るのは違法だそうです。しかし、このときは「悪かったなあ」という思いが真っ先に浮かびました。迷惑かなというぐらいの意識はありながら、放置していた私に非があります。

 ですので、その後一切苦情など言うこともなく、それまで通りに接していました。元々ほとんどつきあいはありませんでしたが。

 そのお隣さんも5年くらい前に引っ越していき、今では別の家が建っています。

 先ほどその木の枝を切ってきたので、思い出しました。


CIMG2100


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 13:30コメント(2)出来事雑文 

2017年09月23日

ボランティアの思い出

 
 来年度町内会で班長をすることになりました。人に接してボランティア活動をするのは、久しぶりです。

 それをきっかけに遠い高校時代のボランティアを思い出し、当時と今の気持ちを書き留めておきたくなりました。記憶がとても曖昧で、不正確なところや推測したところが多く、おまけに長いですけれども、よかったらおつきあいください。

 ある日新聞で見かけた地元の福祉施設A園のことがちょっと気になり、学校にお願いして、駅前で街頭募金をやりました。別にA園と関わりがあったわけではなく、ほとんど思いつきと言ってもいいくらいでした。「何かしてあげたい」といった気持ちも多少働いたでしょうが。

 学校はボランティア活動に熱心で、私も障害者施設の慰問などに参加したことがありました。ですが、一生徒がいきなり、学校とは何のゆかりもない施設のための街頭募金などを申し出てきて、面食らったかもしれません。

 今思い出すと、学校の全面的な協力があったからこそ、実を結んだ企画でした。「せっかくの生徒の自発的な行動だから、助けてやろう」ということで骨折ってくれたのでしょう。他にも色々と仕事があったでしょうに。でも当時そんなことには、全く思いが及びませんでした。

 街頭募金を公共の場で好き勝手にやれるはずはなく、許可は学校がとってくれ、場所や日時も決めてくれたのではないかと思います。私自身が交渉した覚えが全くありませんので。

 何度か先生たちと打ち合わせを重ねました。ごく簡単に思えた街頭募金の準備が実はずいぶんと大変で、大ごとになっているのを知っていくうちに、さすがに脳天気だった私も、自分はとんでもないことを提案してしまったんではないかと、怖くなってきました。

 他の生徒に内緒でやったことではありません。学校は募金のことを公表し、校長先生が朝礼で募金のことに触れてくれたと思います。私も日取りが決まってから全校生徒の前でしゃべったことは覚えています。

 さて当日私は街頭に立ちましたが、一番肝腎のその日の記憶がほとんどありません。かろうじて場所は思い出せますが、どの時間帯で何時間ぐらいやったのか、私一人だったのか、協力者がいたのか、いくら集まったのかさえもろくに覚えていません。のぼりやパネルの用意もなく、たぶん「A園のために、募金、お願いします」などと呼びかけたのだと思います。初めての経験で、私のことですから、さぞかし緊張したでしょう。

 はっきり覚えていることが一つだけあります。近くにキリスト教系の女学校があったのですが、そこの白人の修道女さん二人が通りかかって笑顔で励ましてくれたのです。

 さて、募金が何とか済み、集まったお金を持って、社会福祉のための寄付を預かる善意銀行という所へ一人で行きました。ここも学校が紹介してくれたはずです。

 善意銀行の男性が「Bさん(A園の責任者)、喜ぶよ」と言ってくれました。やがてそのBさんから自宅にお礼状が届きました。今後も協力してほしいという意味の言葉を覚えています。

 でも、それっきりになってしまいました。

 その理由は、やはり怖くなってしまったことではないかと思います。後先考えずに提案したことが、多くの人を動かし、学校中に知れ渡り、学外の世界とも一人で接触する・・・そういったことに対する責任感や緊張感といったものが私には重すぎたのだと思います。注目されてますます張り切るといった性格ではありませんでした。その後も様々なボランティア活動には参加しましたが、自分が一から始めることは二度とありませんでした。

 学んだこともありました。一旦人を巻き込んで始めたことは最後までやり遂げる責任が生じること、それが大変であること、だから安易にものごとを始めるものではないことなどが胸に刻まれたのではないかと思います。大人になるためのいい経験ではあったのでしょう。

 これを書いていて初めて気付いたのですが、学校は、A園はうちとは関係ないからと私の提案を断ることも出来たでしょう。失礼ですが、ひょっとしたら負担に感じた先生もいたかもしれません。でも何の不自由も感じさせずに、無事募金を終えるところまでもっていってくれた学校を、遅まきながらありがたく思います。

 いい学校でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 10:25コメント(0)出来事 

2017年09月17日

ボランティアの落とし穴


 近々久しぶりにボランティアのようなことを少々することになりました。それで思い出したこと。

 私の中学・高校はボランティア活動に熱心でした。当時はボランティアよりも「奉仕」という言葉が多く使われていたかもしれません。

 私は積極的に参加していました。まあ、それはいいんですけどね。でも興味のない人の方がずっと多かったんです。

 そこで私はそういう人たちを冷ややかに見下していました。これはもちろん良くありません。いいことをしているという意識から思い上がってしまうんですね。こういう人は、多いかどうかは分かりませんが、宗教にも自然保護団体などにもいます。

 仮にボランティアをする人が偉いとしても、そういう意識が強いと、私のように実に不愉快な人間になります。あちこちで人間関係が悪くなります。ボランティアを始めたことが、本人にとっても周囲にとっても、良かったのかどうか分からないという状態に陥ることさえあります。

 最低でも、そういう思い上がりが言動に表れないようにするべきでしょうし、考えを改めたり、そういう意識を相手にしないようにしたり、努力した方がいいかと思います。そうでないと、ボランティア活動自体、周囲の信頼を失いかねません。

 ボランティアをやったからといって、必ずしも自動的に人間が成長するわけではないんですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:01コメント(2)思索出来事 

2017年09月11日

自分の体と仲よく


 自分を嫌うのはよくないと言われます。私も、嫌う気持ちの方が好く気持ちより強いのは好ましくないと思っています。自分とは一生離れられないのですから、仲よくした方がいいのは言うまでもありません。

 さて、私、人並みに仕事はしていると思いますが、体調に少々不安を抱えています。ちょっとした持病がありますし、それとは別に体調を崩すことも珍しくありません。調子の悪いときは自分の体にイライラして、ついつい体を罵ったりしたくなる瞬間があるのです。いや、かつてはそうすることもありました。「この関節、なんでいつまでも治んないんだ!」という具合です。

 ですが、自分を嫌うのがよくないなら、性格だけでなく、自分の体や健康状態を嫌うのもよくないはずです。そう気付いていきました。

 その上、体は、不具合があれば、何とか健康体に戻そうと24時間必死に取り組んでいるはずです。たとえ治らなくても、手抜きしているわけではありません。白血球やキラー細胞が油を売っているなんて聞いたこともありません。怠けているのならともかく、そんなに頑張っている体を罵るのは酷ではないでしょうか。しかも罵ったりすれば、健康には逆効果でしょうし。

 そこで次第に考え方を改め、文句を言うのを一切やめて、自分の体に感謝したり、褒めたり、いたわったりするようになりました。比較的最近のことです。

 具体的には、家で自律訓練法(緊張をゆるめる方法です)をやっているときに「心臓クン、長い間ありがとう。これからも頼むわ」などと心の中で語りかけることにしています。子供っぽいかもしれませんが、人に聞かせるわけではないので、別にいいと思っています。他にも色々な工夫の仕方があるでしょう。

 では、そういう風にした結果、何かいいことがあったかと問われれば、思わず自慢したくなるようなめざましい成果はあがっていません。ただ、イライラして心がすさむ時間を減らしてくれているのは間違いないので、無駄な試みではないと思っています。

 やっぱり一生自分とは仲よくしていきたいものですね・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 08:54コメント(0)思索健康 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: