2016年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2012年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心

このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(27)トラックバック(0)雑文 

2016年12月02日

人工知能の恋愛相談



 昨日NHKのニュースで、AI(人工知能)による恋愛相談が行なわれていると報道されました。

 そのAIはオシエルと言います。私の理解では、過去の膨大な恋愛相談をオシエルが身につけて、新たな相談にぴったり合った回答を探し出してくるのでしょう。オシエルが人間の回答を押しのけてベストアンサーに選ばれることもあるそうです。回答の文章は礼儀正しく、共感や激励の言葉もあって優しいものでした。

 ついに心の分野にまで、AIが進出か・・・。もう人間の相談相手は必要とされなくなる時代が来るのかもしれません。普通の大人じゃ「経験量」でとても太刀打ちできません。おまけに手軽にこっそり相談できますし。まあ、それはそれでいいことなのかもしれません。頼りになる「賢者」がそばにいてくれるわけですから。

 ただ、まだ未完成な部分があるようですし、それに、従来になかったタイプの相談には的確な指示が出せるのでしょうか。あくまで過去のデータをもとにしているのなら。時代は急速に変わっていきますからね。

 それよりも、ふと悲しい気持ちになったのは、AIの答えの方が人間味があるかもなあ、と感じられたからです。色々な掲示板に現れる一部のとげとげしい回答や見下すような回答をよく見ているからでしょう。

 オシエルが「いる」のはこちらです。http://oshiete.goo.ne.jp/ai





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:00コメント(0)トラックバック(0)時事思索 

2016年11月27日

どんな評価もよし



 芸術の秋も終わりですが・・・。

 先日、前衛芸術家の女性が文化勲章を受賞しました。

 が、この方の作品が理解できないという声があります。正直言いますと、少し見ただけですが、私もまるで分かりません。

 まあ、でも、それでいいと思うんですよ。

 世間がいかに高く評価していようと、自分は「理解できない」「嫌いだ」というなら、その感覚や意見を大切にすればいいと思います。理解したふりをする必要なんかありません。

 小説でも映画でも人によって評価は大きく違います。どの評価もあっていいと思います。

 ただ、作品や他人の評価をバカにしたり、嫌悪感をむき出しにしたりするのは禁物ですけど。どの評価が正しいかを競っているんじゃありませんし。そういうところから不必要な争いが起こるのではないかと思っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)芸術全般思索 

2016年11月20日

やっぱり褒めないと


 スーパーの出入り口の隅に、お客さんの苦情とスーパー側の回答の紙を張り付けた掲示板があります。今ではこういうものは珍しくありませんね。時々読んでいます。

 色々な苦情があるのですが、書いた人の個性が出ています。中には罵倒するようなのも。回答者側はひたすら低姿勢。

 その中に「レジのAさんの接客がすばらしい」と褒めたものがありました。もちろん名指しです。私も知っている人です。

 いや〜、苦情もけっこうですけど、こういうのもいいですね。雰囲気を良くします。Aさんはさぞ嬉しいだろうなと思います。やっぱり人間、褒めることを忘れないようにしないと。






ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ




kokoro_no_fukei at 21:30コメント(0)トラックバック(0)出来事 

2016年11月17日

また忘れてしまった・・・


 家に帰る道の途中で後ろから女性に声をかけられました。振り返ると、笑顔のお年寄りでしたが、私が戸惑ったような表情を浮かべたのでしょう。「Tです」と名乗ってくれました。

 ああ〜、またやっちゃった。これで同じ人に声をかけられて反応できなかったのは3回目です。本当に失礼なことです。

 Tさんは、拙宅から20メートルも離れていないところに住んでいて、亡くなった母とは交流があったそうですが、私は話す機会もありませんでした。

 そんな私の後ろ姿を見ただけで、誰だか見分けて声をかけてくれるなんて、実にありがたいことです。健康のことでちょっと他愛もない話をしました。

 次はゼッタイ、迷わず挨拶するぞ、と自分に言い聞かせました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)出来事雑文 

2016年11月13日

嬉しかった一言


 最初に、以下の話には自慢話の面があることをお断りしておきたいと思います。

 さて、よく知られていることですが、言葉には大きな力があって、何気ない一言が、人を幸せにしたり、時には人生を変えたりもするものです。

 ある職場を去るとき、送別会をしてもらいました。職場の責任者が事前にそのことを伝えてくれたとき、「これはあなたの人徳よ」と言ってくれました。そう言えば、去る人は年に何人かいましたが、必ずしも常に送別会が催されるわけではなかったようです。

 そう言われたとき、思わず責任者の手を握りしめたくなるほど嬉しくなりました。今でも思い出すとその時の気持ちがよみがえります。責任者は自分の言葉がいかに私を幸せな気分にしたか、まるで気づかなかったでしょう。送別会をしてもらうことや、「これはあなたの人徳よ」などと言われることは、多くの人にとっては、すぐに忘れてしまうような、ちょっと嬉しい程度のことかもしれませんから。

 すでに何度も書いていますが、私は子供の頃から性格が悪くて、ずっと周囲に嫌われていました。小学校の同級生の誕生パーティーにさえ呼んでもらえなかったのです。自業自得とはいえ、それは寂しいことでした。

 そんな自分の性格を変えようと、周囲の協力も得ながら私なりに取り組んできました。それは大げさでなく、人生の目標でした。

 長い年月が経つうちに性格が徐々に変わってきたのは、人間関係がずいぶん良くなったことなどで実感していましたが、それでも自分の勝手な思い込みかもしれないという気もしていました。そんな状態でしたので、第三者の評価は、ほんの一言でもこの上なくありがたいものだったのです。

 その責任者には色々とお世話になりましたが、特別親しかったというわけでもなく、職場を去った今は音信不通になっています。でも、送別会を催してくれたことと、あの一言を忘れることは決してないでしょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)出来事 

2016年11月06日

職場を去るときに


 「Aさんに話しかけるのは、機嫌のいいときにした方がいいですよ。鼻唄でも歌ってるときに」

 これは職場を去るBさんの言葉の一部です。Bさんがいなくなることで、私が直接Aさんに接する機会が多くなるので、助言してくれたのです。普段ほとんど事務的なことしか言わなかった人なので、驚きましたが、ありがたく受け止めました。

 そういうことを言ってきたのは、Aさんが少々手ごわい相手だからなのか、あるいは、私が危なっかしく見えたからかもしれません。もしかしたら、Bさんにとっては勇気の要る発言だったのかも・・・。

 Bさんも私も非社交的で、近いところに座っていたのに余り打ち解けた話もしませんでしたが、別れ方は良いものでした。

 Bさんの新天地での成功を念じます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 23:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月02日

偉大な「発明」


 少し前のことですが、「NHKクローズアップ現代+」を見ますと、「臨床宗教師」が取り上げられていました。これは死の迫った人に穏やかに死を迎えてもらうための援助をする役目の人だそうです。意義深い仕事です。

 さて、番組の中で印象に残ったこと。死の恐怖や不安に襲われる人は、死後のイメージが曖昧な人が多いそうです。死んだら終わりとか、死後は暗黒とか、そういうイメージです。

 一方、死後は天国や光の世界に行くとか、故人に再会できるといった明確なイメージを持っている人は、死を生の延長のようにとらえて気持ちが安定しているのだそうです。

 「そりゃ、そうでしょうね」と納得します。

 そういう明るいイメージは、宗教的なものがもたらしている場合が多いと思います。考えてみれば、宗教や信仰は、死を克服するための偉大な「発明」なのかもしれませんね。いや、発明じゃなくて、真実だと叱られるかもしれませんけど・・・。

 しかし、私は困りましたね。宗教にお別れして久しい人間ですので・・・。


a1530_000236



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年10月20日

『子どものレジリエンス』


 『イラスト版 子どものレジリエンス』/上島博/合同出版/2016

 子供の心を元気でしなやかな心に育てる方法を紹介した本です。心を育てるための方法がこんなに多く考案されているとは私には驚きでした。「レジリエンス」というのは、困難を克服したり、失意から立ち直ったりする力のことだそうです。イラストと多くの図表が載っています。子供向けの本ではありますが、保護者としての大人が読むべき部分もあります。

 前半は基礎となる考え方が内容で、例えば「立ち直るとき人は成長する」「人とつながる力を高める」「我慢する力を高める」「夢をもつ」といった具合。子供向けですから、人生経験豊富な中高年にとっては、目新しいことは少ないかもしれませんが、年少者には有益な内容が満載だと思います。

 後半は「ワーク」というゲームのような形式の、心を育てる方法が多く紹介されています。例えば「子供同士が褒めあう」「家でお手伝いをする」「見方を変える練習」「行動を自分で選ぶ」「ストレス発散方法を考える」等々。特に文章にして、自分の気持ちや考えを整理する活動が目立ちます。子どもが一人でやれるワークも、教室で集団でやるワークもあります。

 熱心に取り組めば、成長が期待できそうですが、おそらく成果が2、3週間といった短期間であがることはないでしょう。また、ワークは「とても面白い」というほどではなさそうです。ですので、特に一人でやっていると途中で飽きてしまう子供も出るでしょう。そういうとき周囲の大人はどうするのか・・・。

 集団のワークは、主に教師が主導するものだと思うのですが、いつもうまくいくとは限らないでしょう。どうしても興味がもてない子供が混じることもあるでしょうし、茶化して他の子供を笑わせて集中できなくしてしまう子供も出るかもしれません。そういう場合、どう対処するのかといったことも出来れば書いてほしかったと思うのですが。プロならそれぐらい自分で工夫せよ、ということかもしれませんが・・・。

 極端に走らず、バランスのとれた見方も本書の特徴です。楽観も悲観も必要に応じて使い分けるとか、白と黒の間を見つけようと言いつつ、中間が常に正しいとは限らない、とか、みごとな切れ味です。さらに、自主性や個性に合った指導を重んじています。

 私は「変化にとくに弱い子どもがいます」とあったのにギクリとしました。つい最近までの私のことです。大人でも子どものままの部分はあるのでしょう。そういう大人にとってもためになる本です。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ






kokoro_no_fukei at 13:30コメント(0)トラックバック(0)教育 

2016年10月14日

花束の廃止


 余り大きな話題にはなりませんでしたが、あるネット上の記事によりますと、リオ・オリンピックでは、表彰台に上がったメダリストへの花束贈呈がなかったそうです。そう言われれば、そんな感じが・・・。代わりに記念品のようなものが贈呈されたようです。

 リオでは環境に多大な配慮がされていたそうで、花束の廃止はその一環だったとのこと。

 その試みには賛意を表したいと思います。花束ははなやかで、その場の雰囲気を大いに盛り上げます。しかし、使われるのはその時だけで、あとはごみになるしかありません。

 やはり花は切らずに最後まで咲かせた方がいいと私は思っています。花束で利益をあげている人には悪いんですけど・・・。

 色々と批判されたリオ・オリンピックですが、こういう改革があったことは評価できると思います。



20081018_aki_0779_w800



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)出来事時事 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: