2017年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2013年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心冬木立悪を教える他人の心の中本物の友情は分からない
「短所は長所」の死角
 
このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。
 「悲しい」9トーナメント 参加者22名。
 日常7トーナメント 参加者60名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(30)トラックバック(0)雑文 

2017年08月16日

志賀高原 琵琶池


 夏が大の苦手な私は長年の念願かなって、先日避暑に出かけることができました。滞在先に選んだのが、北信濃の湯田中(ゆだなか)という温泉街でした。JR長野駅からだいたい北東の方角、20厖召蠅僚蠅砲△蠅泙后

CIMG2383

 滞在中は張り切ってあちこちに出かけ、多くの思い出ができましたが、ここではその中で印象深かった志賀高原のことを書いてみたいと思います。かなりの長文です。

 志賀高原といえばとても有名ですが、どこにあるのか湯田中に行くまで知りませんでした。そして車のない私がどうやったら行けるのか、湯田中へ行ってから調べる始末。簡単に行けると分かったら、すでに疲れ気味だったのに、俄然やる気がわいてきました。

 さて、湯田中へはJR長野駅で長野電鉄という鉄道に乗りかえて、終点湯田中駅で降ります。駅は山の麓に位置しています。そこからバスに乗って山を上っていくと、志賀高原にたどりつけるのです。


CIMG2381

 写真は湯田中駅。停車しているのは、私の乗ってきた特急「スノーモンキー」ですが、この車両、見覚えのある人いませんか?

 当日8月7日、湯田中駅で蓮池というバス停まで切符を買いました。志賀高原は広いですが、蓮池はターミナルのような存在だと思います。蓮池から、琵琶池という池の周囲をめぐる、初心者向けトレッキング(山歩き)コースを参考に歩くことにしていました。長年山歩きなんてしていませんし、体力に自信がなかったもので。

 コースの詳細は「志賀高原観光協会」のホームページをどうぞ。まず「トレッキングマップ」に入り、次に「サンシャイントレール・水無池コース」に入ってください。

 この日は、湯田中駅、朝7時40分発。蓮池、8時10分着。いい天気でした。湯田中は標高約600m、蓮池は約1500m。森林の中を、右に左に急カーブの続く国道292号をのぼり、蓮池の広々とした停留所でバスを降りたとき、「ああ、来て正解だった」と思いました。

 空気が違います。涼しくてさわやかです。これが今回の旅の一番の目的なんです。湯田中も湿度が低く、熱帯夜もなくて過ごしやすいですが、標高の差は明らかです。

 立派なホテル群を横目にバス停をあとにして歩き出すと、すぐに蓮池が見えました。その名の通りハスが朝日に輝いていました。早くも期待に応えてくれましたね。


CIMG2523

CIMG2525

 蓮池を過ぎて、このコースの目玉、琵琶池を目指します。歩いていると気分はまさに10月。ついに夏のないところに来たんだ、と感激です。心が空に向かって広がっていく感じです。

 そういえば広い駐車場に大手学習塾の貸し切りバスが何台か止まっていましたが、合宿しているんですね。「そりゃあ、こんなところでやれば、はかどるわ」と納得しました。

 琵琶池まではずっと下り。舗装された道が続きます。意外なことに歩いているのは私だけ。車も数台しか通りませんでした。早い時間だからでしょうか。でも雑踏の苦手な私にはおあつらえ向きです。


CIMG2533

CIMG2534

 トンボやチョウがしきりに飛んできました。時々吹く風もさわやかです。

CIMG2532

 まだ着かないのかなと少し心配になった頃、琵琶池が現れました。美しい湖畔に白樺林というまるで昔の少女漫画の舞台装置です。

CIMG2537

CIMG2538

 琵琶池は志賀高原では2番目に大きくて、南北に細長い形をしています。私が着いたのは北端の部分です。周囲に遊歩道が設けられていて、東側の道を歩いて行きました。

 道はほとんど広葉樹の森の中を通っていて薄暗く、苔の生えた岩が目立ちました。歩きやすく、小学生でも問題ないでしょう。


CIMG2541

 林ごしに見える水面は、エメラルドグリーンとでも言うんでしょうか。今までに体験したことのない世界です。ここでも歩く人には出会わず、静かな散策を楽しめました。

CIMG2542

CIMG2544

CIMG2546

 やがて池の南端にたどり着きますと、一旦琵琶池から離れて、近くを通る国道292号を上りました。なぜかというと、公衆トイレを探すためで。最初、2種類の案内図を見てトイレは池のほとりにあるとばかり思っていたのですが、勘違いで、実際は国道沿いでした。

 予定外ののぼりはちょっときつかったですが、やがて立派なトイレが見つかりました。さすが有名観光地。そして国道をはさんで反対側に丸池という池を見つけたのは収穫でした。この池から琵琶池に水が音を立てて流れ込んでいました。下の写真が丸池です。


CIMG2547

 琵琶池に戻って、西側の遊歩道を北の方へ歩き出しました。日の当たる場所には花が咲いています。名前も高山植物かどうかも、私には分かりませんが。

CIMG2549

CIMG2550

CIMG2551

CIMG2552

 道の様子は、東側の遊歩道と同じようでしたが、やや位置が高くなり、午前中でしたので、日当たりは東側よりよく、眼下の水面には日の輝きも見えました。

CIMG2556

CIMG2558

CIMG2559

 おそらく紅葉の季節には目を見張るほどの美しさになるのでしょう。その頃なら遊歩道は混雑するのかもしれません。ただ、私は真夏に秋のような涼しさを感じられる心地よさと引き換えるつもりはありませんが。

 さて、遊歩道を一周し終え、早くも琵琶池と別れることに。もう少し歩いていたかったのですが。池の北端からの景色もなかなかです。


CIMG2561

CIMG2563

 来た道を引き返し、蓮池に向かいました。蓮池よりも低いところにある「サンバレー」や「旭山下」というバス停に行く方が楽だったのですが、何となく、地元の名物料理という、根曲がり竹定食なるものを蓮池の食堂で食べてみたかったので。

 琵琶池からはひたすら上るのですから、いくら涼しくても汗が流れました。標高差は約100m。行きと違ってうつむき加減に休まず歩いて行きました。ふくらはぎが段々痛んできます。学生時代はもう少し健脚だったはずなんですが。「引き返すのは間違いだったかなあ」という思いがよぎりましたが、後の祭り。


CIMG2530

 蓮池の「山の駅」という堂々とした建物にたどり着いたのは10時半頃。中に入って、休憩のために用意されているソファに座ったら、いつの間にか寝てしまいました。

 我に返ると、11時。食堂に入って予定通り根曲がり竹定食を注文。根曲がり竹というのは、笹の一種だそうです。まあ、タケノコご飯を連想しますね。あっさりとした味付けは私の好みで、おいしくいただきました。


CIMG2567

 大いに満足して、蓮池12時10分発のバスで湯田中に帰りました。

 あとで気付いたのですが、琵琶池から水無池というところまで足を伸ばすのを忘れていたという大失態。時間はあったのに。いかにも出たとこ勝負の今回の旅らしい幕切れです。体力が限界に近づいて、頭も回らなくなっていたのかもしれません。

 この日歩いたのは志賀高原のほんの一部。しかし強い印象を残しました。是非また訪れて未知の湖沼地帯を歩いてみたいものです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ




kokoro_no_fukei at 15:04コメント(2)出来事写真 

2017年08月11日

頼りになるのは・・・

 
  しばらく家を留守にするので、郵便と新聞を止める手続きをして、チラシはお隣さんに取り除いてもらうようにお願いしました。普段は挨拶程度の付き合いなんですが、思い切って。チラシを捨てるために玄関にとても大きなゴミ箱を置きました。

 ところが、帰ってビックリ。ゴミ箱に新聞がぎゅうぎゅう詰めになっているではありませんか。

 さっそく販売所に抗議の電話をかけました。新聞を止めるのは防犯の意味もありますからね。すると、客からの要望を書いておくノートに何も書かれていなかったとのこと。つまり、忘れたんです。かんべんしてほしいです。当然向こうは平謝りでした。

 それでも救いは、お隣に頼んでいたことと、チラシには大きすぎるゴミ箱を用意したことです。やっぱり頼りになるのは人間関係です。お隣にはお土産を差し上げました。



CIMG2538



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 18:03コメント(0)出来事 

2017年08月06日

愛想がなくても


 ある大病院内にコンビニがあり、その隣に食事の出来る場所が設けられています。

 そこに車椅子の60代くらいの女性がやって来ました。テーブルに向かって食事をしようとして、手元を見て、何だか落ち着かない様子を見せました。

 すると、斜め向かいの席で食事をしていた50代くらいの女性がすっと立ち上がり、コンビニの方へ行って、お手ふきを持ってきて、車椅子の女性にさりげなく渡したのです。

 車椅子の女性はお礼を言いましたが、50代くらいの女性は、当たり前のことをしたまでだといった顔で応対して、それ以上話が続くこともありませんでした。

 こういう人なら、愛想がなくてもいいんじゃないかと思いました。



CIMG2398


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 07:50コメント(0)出来事 

2017年07月29日

3年後の返信


 数日前、友人から近況報告のメールが届きました。

 それがなんと、3年半前に送ったメールへの返信!

 その返信にはかつての私のメールも付いていましたが、中身はさっぱり覚えていませんでした。

 別に用事があったわけでもないので、今ごろ返信が来ても何の問題もありませんけど。

 よく覚えていてくれたな、返信する気持ちになってくれたな、とありがたく、嬉しく思いました。なにもすばやく返信するばかりが能じゃなくて、こういうのもあっていいと思います。

 もうこちらの近況を送りましたが、返事が来るのはまた3年後かもしれません。


CIMG0893



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 13:39コメント(0)出来事 

2017年07月22日

横断歩道にて


 ある静かな公園近くの横断歩道。

 車道を向いて石畳の歩道に立つ小学3、4年生くらいの男子。

 手を挙げて、「これから渡ります」という意思表示。

 すると1台の青い軽トラックが横断歩道の手前で止まりました。

 その子は軽く頭を下げると、横断歩道を渡ったのですが、渡り終えると、走り出した軽トラックに向かって深々とお辞儀したのです。運転手は気付かなかったでしょうけど。

 ちょっと驚きましたし、いい感じでした。



a0001_000517



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 14:10コメント(0)出来事教育 

2017年07月13日

言うべきか、言わざるべきか


 最近迷うようになったことがあります。

 それは、傷つけられたら、それを相手に率直に伝えるべきか否か、ということです。

 今までは黙っていることが多かったです。「ボクは傷ついたんだぞ」などと言うことが、だだっ子や甘ったれみたいで何となくかっこ悪く感じるのです。被害者意識過剰と思われることもいやでした。それに、そもそも上司のような人が相手なら、文句など言えるはずもありませんし。 

 しかし、段々年をとり、傷つけてくる人が年下や目下である割合が増えてきました。

 そうなると、言いやすくなってきたというのもありますし、年下を「教育」するのが年上の務めではないかという思いも出てきました。

 何事もなかったかのように振る舞おうと思えば、出来ます。傷つけられた痛みを処理することも昔よりずっとうまくなっています。それに、文句を言えば、いい年をして大人げないなどと思われるかもしれませんし・・・。しかし、私が黙っていれば、相手は自分のしたことに気づかないのではないか、それは長い目で見れば、相手のためにならないのではないか、と思うのです。

 文句を言う、抗議するという意識は、捨てはしませんが、ひとまず脇に置いておいて、相手の向上のためにという思いを中心にして、自分が傷ついたことを伝えようかと考えているところです。



CIMG0040


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
 

kokoro_no_fukei at 00:36コメント(0)思索 

2017年07月02日

HSPの気持ちは分かるけど


 またHSP(Highly Sensitive Person)に関連して。

 HSPは、そうでない人に比べて、感受性や感情の点で優れているという記事がネット上に見られます。つまり、気配りが出来たり、愛情が豊かだったり、ということです。HSPの長所を褒めるのは、長年生きづらさを感じて生きてきた「仲間」へのいたわりや励ましでもあると受け止めています。私も悪い気はしません。

 ですが、気になる兆候がかすかに見えます。HSPの人の、そうでない人に対する優越感みたいなものが感じられる場合がまれにあるのです。それまで多数派の中で縮こまってきた人たちのそういう気持ちは分からないではありませんが、やはりまずいだろうと思います。

 仮にHSPに優れた点があるとしても、そうでない人を見下したりするなら、それは成績のいい人や体力のある人がそうでない人を見下すのと同じことでしょう。結局新たな摩擦を生むだけです。

 優れた点があってもなくても、人としての価値は同じではないでしょうか。どんな人が目の前に現れても、対等の存在として尊重するべきだと思っています。

CIMG0884



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 16:44コメント(0) 

2017年06月22日

いいことは最後まで

 
 いいことをしようと思ったら、最後まで気を配らないと、「悪いこと」になってしまう場合があります。

 たとえ話です。

 ある大人が顔見知りの病気の子供を励ますつもりで、「治ったら、一緒に喫茶店でパフェでも食べましょうね」と約束して、連絡先のメールアドレスを教えました。子供は喜びました。

 ところが数ヶ月後、その大人は迷惑メールのせいでアドレスを変更したのですが、子供にそれを伝えませんでした。子供との約束を忘れていたのです。いや、忘れてはいなかったかもしれませんが、変更を伝えるという細かいところまで、思いが及ばなかったのです。

 さらに数ヶ月後、子供は全快したので、期待して大人にメールを送りました。ところが、返送されてしまいました。家族もメール以外の連絡先を知らなかったので、手の打ちようがありませんでした。・・・

 この大人のせっかくの善意は、提案したときは大いに子供を励ましたのですが、あとあとの細かい心遣いを欠いたために、逆に子供を傷つけることになってしまいました。

 このように、いいことをしようと思っても、最後まで徹底する、最後まで責任を持つ覚悟がないと、逆効果になる場合があるようです。


CIMG0880



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 17:58コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月15日

私はHSP

 
 拙文「短所と勝負しない」を読んだ友人から、あなたはHSPじゃないか、という連絡を受けました。HSP(Highly Sensitive Person)というのは、感受性が非常に鋭敏なタイプのことだそうです。先天的なもので、病気ではありません。1990年代にアメリカの心理学者エレイン・アーロン博士の提唱した概念とのこと。

 調べてみますと、例えば、強い光や大きな音が苦手、すぐびっくりする、疲れやすい、人の気持ちが読める、よく感動する、束縛や命令されることが嫌い、などなどの特徴があるそうです。それ故に生きづらさを感じることも多いそうです。

 診断のテストもやってみましたが、たぶん私は、強度でないとしても、HSPなんでしょう。そうだと分かっても、私は余り変わらないと思います。「短所と勝負しない」にも書きましたけど、既にそういう自分に合った生き方をしてきたからです。例えば、熾烈な競争や複雑な人間関係にどっぷりつかるようなことは避けてきました。

 もっとも、「甘ったれのお気楽な人生だなあ」と多少の引け目がないわけではなかったのですが、HSPについての文章を読むと、自分の人生を肯定・追認してもらったような感じで、悪い気はしません。それにHSPにも優れた特性はあるようですし。

 そして、この種の人は全体の15%〜20%もいるそうですから、もう普通のタイプの一つと言ってもいいですね。それを知ると、ちょっとほっとします。

 ただ、HSPで自分のすべてが説明できる訳ではないと思っています。人間はとても複雑なものですから。

 指摘してくれた友人には感謝したいと思います。そして今度は私がそれらしい人に知らせる番ですね。自分のことを知るのは大切ですから。特にこれからの進路を決める若い人の場合は。

 ご興味のある方は、情報はけっこう多くありますので、ネット検索をどうぞ。HSPの「仲間たち」に、より心安らかな明日が待っていますように。



CIMG2255


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 13:06コメント(0)トラックバック(0)出来事 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: