2016年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2012年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心

このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(27)トラックバック(0)雑文 

2016年08月24日

心づかい


 用事であらかじめ電話してから丘の上の家を訪ねました。青い屋根が日射しでギラギラ輝いていました。

 中に入ると、初老の品のいい男性が部屋に案内してくれ、「冷房がお嫌いでしたら、切りますが」と言ってくれました。嫌いではありませんから、お礼を言ってそのままに。

 30分後、用事が終わって、その家を辞しました。しばらく歩いて、ふと振り返ると、私がいた部屋の窓が大きく開いています。

 どうやら冷房が必要なかったのは、あの初老の男性の方だったようです。



a0008_001641
写真は本文とは関係ありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:30コメント(0)トラックバック(0)出来事 

2016年08月20日

空になった巣


 「ハチの巣ができてる・・・」の続報です。

 7月20日ごろから、毎日巣にいた女王蜂?の姿が見えなくなりました。巣は空っぽのまま軒下にぶら下がっています。巣から新たなハチは生まれたんでしょうか。

 複数のハチがいるところは一度も見ていません。毎日一度は巣を見たのですが、見ていない間に、一斉に生まれて、すぐさま全員旅立っていったのでしょうか。

CIMG1872

 もう来ないだろうと思い、巣をほうきで落としましたが、触ってみると、何だかシュークリームの皮のような感触です。

 何匹ものハチがうなって所狭しと飛び回る様子を想像していた私としてはホッと一安心です。やっぱりアシナガバチは危険ではありませんでしたね。

 これなら来年また来てもいいですよ〜。 




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 13:42コメント(0)トラックバック(0)出来事雑文 

2016年08月17日

ニヤリ、ホット


 「ヒヤリ、ハット」という言葉はご存じでしょう。一歩間違えたら重大な事故になりかねない出来事を表す言葉です。本当の事故を防ぐための貴重な教訓になります。

 一方、ニヤリ、ホットというのは、先日ニュースで紹介されていて、なるほどと思ったのですが、もちろんヒヤリ、ハットのもじりです。

 介護の現場で使っている言葉で、入所者を観察して、「ニヤリ、ホット」するような良いことを見つけると、それを連絡ノートに書き込んでいるのだそうです。

 その結果、入所者の意外な美点を発見し、職員で共有して、お世話にいかしているとのこと。入所者も、職員に促されて自分の得意なものを周囲に披露したりして、楽しんでいるそうです。

 長所を見つけて褒めよう、というのは、子供の教育だけに当てはまるんじゃないんですね。あらゆるところで応用できそうです。それに、私の経験からですが、長所を見つけようと意識すれば、感受性のようなものが鋭くなっていって、それまでなら気づかなかったような長所が見つかるものなんです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 09:30コメント(0)トラックバック(0)出来事 

2016年08月09日

詩と愛情と・・・


 吉野弘さんの詩に「生命は」という作品があります。


生命は
自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは不十分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命はすべて
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

私は今日、
どこかの花のための
虻だったかもしれない
そして明日は
誰かが
私という花のための
虻であるかもしれない


 「生命は」と完全に同じ趣旨ではありませんが、私が以下のようなことを考えたとき、吉野さんのこの詩が頭にありました。・・・

 人が愛情深くなるためには、他人の助けが必要ではないかと思います。その助けとは、愛情深く接してもらうことです。

 一人でも、努力して愛情のある人になることは、出来ないことではないでしょう。例えば、自分や他人の中に美点を見つけます。すると、その美点に愛情がわいてくることが期待できます。ただ、こういったやり方は、大変だと思います。とにかく時間がかかるでしょう。

 子供の頃、親に愛された人は愛情の深い人に育つと言われます。私もそうなることが多いだろうと思います。しかも、特に苦労せずに自然にそういう人になるのかもしれません。

 親以外でも、誰かに愛情深く接してもらえば、感謝感激して、自分も同じことをしよう、恩返ししようと思うのではないでしょうか。ちょうど、災害時に助けられた人が、新たな災害時に積極的に人助けをするように。その感謝感激が、その人をより愛情深い人に変える可能性があるのです。それは一人で努力するよりも、より確実ではないかと思います。

 もっとも、いつも愛情深い人のそばにいられればいいのですが、そういう人に確実に出会える保証はありません。これが私の主張の弱点です。

 ですから、なおさら私たち一人一人がささやかでも愛情のある行動を心がける必要があるのではないか、と感じるのです。これをお読みの方が、誰かに愛情をもって接したら、その方はたとえわずかでも、相手をより愛情深い人に育てたことになるはずです。まさに「虻」だったわけです。

 ・・・ここまでの文章は、以前吉野さんの詩を読んでいたので、浮かんできたのでしょう。勝手な解釈かもしれませんが、書いているときは、失礼ながら、吉野さんが私の「虻」だったのかもしれません。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


吉野弘詩集 (ハルキ文庫)
吉野 弘
角川春樹事務所
1999-04



kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年08月03日

心が言葉に引きずられる


 「悪意のある、下品な言葉、汚い言葉を使っていると、それに引きずられて、心まで醜くなります・・・」

 だいたいそのようなことを誰かがテレビで言っていましたが、まさにその通りだと思います。言葉の力は強大です。言葉を向けた相手はもちろん、自分にまで影響があるのです。

 そして醜くなった心が、また悪い言葉を生み出すでしょう。悪循環、負のスパイラルというものに陥ります。

 言葉づかいに気をつけるというのは、実は礼儀を守るだけでなく、自分の心も守ることになるんですね。

 ネットには、批判ではなくて、罵詈雑言としか思えない言葉があふれていますが、あれは自分自身にとっても危険だと思います。憂さ晴らしでしたら、もっと上手に、別のことでやった方がいいでしょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:30コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年07月25日

不満の移植


 ある女性専用の掲示板に、とんでもない姑さんに苦しむお嫁さんの不満が書き込まれました。

 すると女性の共感の声が続々。中には怒りを増幅させるような意見も。

 それに影響されてか、お嫁さんの受け答えもどんどん激しくなっていって、とうとう自分の幼い子供を姑さんになつかないようにする、将来事情を子供に伝えるという意見まで。

 それを見ていて、ふと思い出しました。小学校で私の「宿敵」だった同級生の女子が、私の面前で転校生の女子に私の悪評を伝えている場面です。そのせりふの一部ははっきりと覚えています。

 小学生のやることですから、しかたないとは思います。私もそういうことをされても、文句を言う資格のない問題児でした。

 ですが、長い年月が経ったので、もう言ってもいいと思いますが、その行為は良くないでしょう。何も知らない転校生を自分の「陣営」に引き入れ、争いに加担させようとするのですから。

 それと同じで、いくら姑さんがひどい人でも、子供の真っ白な心に不満を植えつけるのは、どうでしょうか。放っておいて、自然に避けたりするようになるのなら、やむをえませんけど・・・。

 もっとも、そのお嫁さんも興奮していたからああいうことを口走ったので、実際にはそんなことはしないだろうと思いますけど・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 09:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月18日

欠点のないのがなぜ悪い


 皆さんの周囲には、性格もよく、能力もあり、外見もいい、などという人はいませんか。いわゆる欠点のない人、完璧な人と呼ばれるような人です。「自分がそうだよ」という人もいるかもしれません。こういう人を褒める声がある一方では、こんな冷やかな声も聞こえてきます。

 「欠点のない人は、面白みがない、冷たい、気持ち悪い、非人間的だ、近寄りがたい・・・」。よく聞く意見です。心理学などの専門家の一部もそう主張していて、もう定説になっている観さえあります。

 私は長年なぜ欠点のないのがいけないのだろうと不思議でした。先日本屋で立ち読みして、また同じ主張に出会い、今度こそ自分の疑問を書き留めようと思いました。なお、欠点のない人の肩をもとうとしている私は、もちろん欠点のある人間です。

 なぜ欠点のない人が上記のようにけなされるかといいますと、欠点のある人たちが共感しにくいからでしょう。人は自分と共通点のある人に親しみを感じるものです。おっちょこちょいだの、がんこだの、だらしないだの、ひがみっぽいだの、自分と同じように欠点を抱えている人と一緒にいると、気が楽なのです。小説やドラマの主人公が必ずと言っていいほど欠点をもっているのはそういう理由からです。ところが、欠点のない人となると、自分とは別世界の人間のように思えたりして、劣等感や圧迫感や嫉妬を感じてしまうことが少なくないのでしょう。

 そして、世の中は、欠点のある人の方がはるかに多いのですから、欠点のない人は、大勢から敬遠されてしまうことになります。これが、欠点のない人がよくいわれない理由ではないかと考えています。欠点のない人が人気者である場合もあるでしょうが、それでも尊敬や崇拝の対象となることが多く、対等の友人関係などはつくりにくいのではないでしょうか。

 こういったことは欠点のない人の落ち度ではありません。劣等感などは、欠点のある側が「勝手に」感じているだけではないでしょうか。欠点のない人は当然、自分から周囲を不愉快にしようとしたりはしません。ですが、自然に振る舞っていても、相手に劣等感を感じさせてしまうのですから、何ともお気の毒です。

 もし、欠点のない人がおごり高ぶったり、能力のない人をバカにしたりするのならば、それは本物の欠点のない人ではありません。そういう人間味を欠く人を「欠点のない人」として小説などで描いている場合もあります。中学の教科書の「少年の日の思い出」(ヘルマン・ヘッセ作)に出てくる蝶の収集家、少年エーミールなどはその実例です。この少年は優秀らしいですが、人をこきおろす名人なのです。このような文章が、余計に欠点のない人の印象を悪くしているのでしょう。

 もっとも、欠点のない人に対する周囲の評価は、自然に湧く心情から出てくるもので、私はそのすべてを否定しようとは思いません。友人はやはり好き嫌いや、合う合わないで選ぶのが自然でしょうから、敬遠するのはやむをえません。悪意に基づく言動は論外ですが。

 そうなりますと、欠点のない人は、友だちが少なくて人気がないという場合もあるでしょう。欠点がなくなればなくなるほど、対等の人が少なくなって孤独になるのです。ですので、世渡りには損かもしれません。欠点のない人も、欠点のある人たちに混じって生きていかなければなりませんから、周囲の評価を無視するわけにはいかないこともあるでしょう。中には自分の完璧さを隠し、演技をしつつ生きている人もいるかもしれません。

 このように、世にまかり通っているのは、欠点のある側の都合に基づいた評価であり、第三者の立場から評価すれば、欠点のない人には文字通り何も否定的なところはないことにならないでしょうか。冒頭の批判的な評価は、率直な感想でしょうが、声高に言う必要のないものでしょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年07月10日

将棋で不安解消?


 ネット上で無料のコンピューター将棋を楽しんでいます。もちろんヘボ将棋ですが。

 このコンピューター将棋は私と大体同じくらいの強さです。でも、ムラがあって、攻撃がメチャクチャ鋭いかと思えば、ボケーッとしていて、簡単に敵陣突破を許したりします。

 同じくらい、と言っても、ボンヤリ指して勝てる相手ではありません。そこで、ヘボはヘボなりに一生懸命考えますので、試合中、他のことは忘れてしまいます。普段さほど集中力のない私がこんなに集中することは日常生活で他にありません。このことが意外な効果を心にもらたします。

 私はある出来事が起こってから、ちょっとしたきっかけで、心に不安が生じることが増えてきました。それほど強い不安ではありませんが。

 ところが、そういう不安が、将棋が終わると消えていたり、気にならなくなったりすることが多いのです。これは偶然の発見でした。不安に注意を向けずに、将棋に集中して時間が経ったので、不安が変化したのではないかと思っています。今では、心の雲行きが怪しくなってきたときに、悪化を回避するために将棋のお世話になることもあります。

 意識すると不安は強まるとも言われています。実際そうだと思います。将棋に限らず、スポーツでも芸術でも何でもいいのでしょうが、不安に関係のない何かにしばらく夢中になれば、ちょっとした不安ぐらいなら楽になるのかもしれません。

 強烈な不安には効き目はないかもしれませんが、コンピューター将棋を始めてから、幸いそういう不安に襲われたことがありませんので、何とも言えません。

 不安を解消する方法は他にも多くありますが、ご紹介した方法がご自分に合っていそうだと思われた方はどうぞご参考に。ただし、この文章はあくまで素人の体験談で、学問的な裏付けがないことはご了解ください。

 私がお世話になっているのは「きのあ将棋」と言います。開発した方に足を向けて寝られませんね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 17:30コメント(2)トラックバック(0)健康 

2016年07月03日

自分にはくだらなくても


 自分にとってはくだらないことやつまらないものでも、他人にとっては大切だということはよくあります。「そんなの捨てちゃえよ」と言われるものを、子供が後生大事にしていることも珍しくありません。具体的なもの以外にも、習慣、趣味、感じ方や考え方等々、あらゆるものごとが含まれるでしょう。

 ところが、自分にとってくだらないものごとに出会うと、反射的にバカにしてしまうことがあります。しかも、それが顔や言葉に出るのです。特に相手が対等か目下の場合はそうなりやすいようです。

 そんな態度に相手が不快な反応を示したのを見て、あわてて取りつくろっても、もう第一印象はぬぐえません。それでも、気づくだけまだ救いがあるわけで、無神経に人をバカにし続けることもあります。

 自分の価値観が骨の髄にまでしみこんでいて、それで、無意識にというか、本能的にというか、人を裁くわけですね。その結果、人間関係が険悪に・・・。

 ここから脱けだすのは本当に大変です。たとえ自分の至らないことが分かっても、すぐに態度を変えることはできないでしょう。

 くだらないと思えるものごとに出会った瞬間、自分を抑えて、相手の価値観を尊重しようとする良い癖を、失敗を重ねながら何年もかけて身につけていくしかないのでは。それでも努力を続ければ成果はあがるはずです。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:00コメント(0)トラックバック(0)思索 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: