2016年12月31日

ご挨拶

森最小

ようこそ「思索の木蔭」へ。管理人の荻野誠人です。当ブログでは、心のあ
り方や生き方などを自分なりに考えた文章を載せていきたいと思います。同好
の方と交流できればうれしいです。皆さんのご意見もお聞かせください。

ブログの文章は、最近書かれたものが中心に読まれる傾向がありますが、
古くても出来れば読んでいただきたいものもあります。以下は、2012年以前の
文章で、私の考えのもとになっているものです。古い順です。よろしかったら、どうぞ。

自分は知り尽くせない失敗の勧め自分を好きになれない人へ死生観の自由
不仲もまたよし「暗い性格」の復権正論の攻撃メールの人間関係と寛容
目の前の人「ありのまま」と努力わたしが人を批判できなくなったわけ
人生に定められた目的はない時には「逃げてもいい」他人の感動
自由な心

このブログには掲示板やBBSがありませんので、この「ご挨拶」のコメント欄を
代わりにお使いください。

アメーバさんで「心を大切に」というグルっぽ(コミュニティー)を開設しました。
よろしかったら、一度のぞいてやってください。

え〜、それから、先日私の小さなエッセイ「『木星感謝の日』を」が賞を
頂きました。拙文が人様から評価されるなんて、最初で最後でしょう。
その発表のページを、よろしかったら、どうぞご覧ください。

「ブログ村」さんの催しで当ブログの記事を投稿して優勝させて頂きました。
ご町内の「のど自慢大会」みたいな気軽な感じですので、お時間がありましたら、
ちょっとのぞいてやってください。
 なんで人は生きるんでしょうねトーナメント 参加者37名。
 日本をより良くしたい!3トーナメント 参加者23名。
 人間関係トーナメント 参加者45名。
 超空想・・・トーナメント 参加者28名。
 嫌な夢トーナメント 参加者13名。
 古代ローマ映画トーナメント 参加者13名。
 初夏は読書トーナメント 参加者49名。
 ちょっとした文句トーナメント 参加者32名。
 小さな親切トーナメント 参加者22名。
 自分で自分を誉めようトーナメント 参加者41名。
 心遣いトーナメント 参加者11名。

長々とご挨拶、失礼しました。では、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 16:00コメント(27)トラックバック(0)雑文 

2016年07月18日

欠点のないのがなぜ悪い


 皆さんの周囲には、性格もよく、能力もあり、外見もいい、などという人はいませんか。いわゆる欠点のない人、完璧な人と呼ばれるような人です。「自分がそうだよ」という人もいるかもしれません。こういう人を褒める声がある一方では、こんな冷やかな声も聞こえてきます。

 「欠点のない人は、面白みがない、冷たい、気持ち悪い、非人間的だ、近寄りがたい・・・」。よく聞く意見です。心理学などの専門家の一部もそう主張していて、もう定説になっている観さえあります。

 私は長年なぜ欠点のないのがいけないのだろうと不思議でした。先日本屋で立ち読みして、また同じ主張に出会い、今度こそ自分の疑問を書き留めようと思いました。なお、欠点のない人の肩をもとうとしている私は、もちろん欠点のある人間です。

 なぜ欠点のない人が上記のようにけなされるかといいますと、欠点のある人たちが共感しにくいからでしょう。人は自分と共通点のある人に親しみを感じるものです。おっちょこちょいだの、がんこだの、だらしないだの、ひがみっぽいだの、自分と同じように欠点を抱えている人と一緒にいると、気が楽なのです。小説やドラマの主人公が必ずと言っていいほど欠点をもっているのはそういう理由からです。ところが、欠点のない人となると、自分とは別世界の人間のように思えたりして、劣等感や圧迫感や嫉妬を感じてしまうことが少なくないのでしょう。

 そして、世の中は、欠点のある人の方がはるかに多いのですから、欠点のない人は、大勢から敬遠されてしまうことになります。これが、欠点のない人がよくいわれない理由ではないかと考えています。欠点のない人が人気者である場合もあるでしょうが、それでも尊敬や崇拝の対象となることが多く、対等の友人関係などはつくりにくいのではないでしょうか。

 こういったことは欠点のない人の落ち度ではありません。劣等感などは、欠点のある側が「勝手に」感じているだけではないでしょうか。欠点のない人は当然、自分から周囲を不愉快にしようとしたりはしません。ですが、自然に振る舞っていても、相手に劣等感を感じさせてしまうのですから、何ともお気の毒です。

 もし、欠点のない人がおごり高ぶったり、能力のない人をバカにしたりするのならば、それは本物の欠点のない人ではありません。そういう人間味を欠く人を「欠点のない人」として小説などで描いている場合もあります。中学の教科書の「少年の日の思い出」(ヘルマン・ヘッセ作)に出てくる蝶の収集家、少年エーミールなどはその実例です。この少年は優秀らしいですが、人をこきおろす名人なのです。このような文章が、余計に欠点のない人の印象を悪くしているのでしょう。

 もっとも、欠点のない人に対する周囲の評価は、自然に湧く心情から出てくるもので、私はそのすべてを否定しようとは思いません。友人はやはり好き嫌いや、合う合わないで選ぶのが自然でしょうから、敬遠するのはやむをえません。悪意に基づく言動は論外ですが。

 そうなりますと、欠点のない人は、友だちが少なくて人気がないという場合もあるでしょう。欠点がなくなればなくなるほど、対等の人が少なくなって孤独になるのです。ですので、世渡りには損かもしれません。欠点のない人も、欠点のある人たちに混じって生きていかなければなりませんから、周囲の評価を無視するわけにはいかないこともあるでしょう。中には自分の完璧さを隠し、演技をしつつ生きている人もいるかもしれません。

 このように、世にまかり通っているのは、欠点のある側の都合に基づいた評価であり、第三者の立場から評価すれば、欠点のない人には文字通り何も否定的なところはないことにならないでしょうか。冒頭の批判的な評価は、率直な感想でしょうが、声高に言う必要のないものでしょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年07月10日

将棋で不安解消?


 ネット上で無料のコンピューター将棋を楽しんでいます。もちろんヘボ将棋ですが。

 このコンピューター将棋は私と大体同じくらいの強さです。でも、ムラがあって、攻撃がメチャクチャ鋭いかと思えば、ボケーッとしていて、簡単に敵陣突破を許したりします。

 同じくらい、と言っても、ボンヤリ指して勝てる相手ではありません。そこで、ヘボはヘボなりに一生懸命考えますので、試合中、他のことは忘れてしまいます。普段さほど集中力のない私がこんなに集中することは日常生活で他にありません。このことが意外な効果を心にもらたします。

 私はある出来事が起こってから、ちょっとしたきっかけで、心に不安が生じることが増えてきました。それほど強い不安ではありませんが。

 ところが、そういう不安が、将棋が終わると消えていたり、気にならなくなったりすることが多いのです。これは偶然の発見でした。不安に注意を向けずに、将棋に集中して時間が経ったので、不安が変化したのではないかと思っています。今では、心の雲行きが怪しくなってきたときに、悪化を回避するために将棋のお世話になることもあります。

 意識すると不安は強まるとも言われています。実際そうだと思います。将棋に限らず、スポーツでも芸術でも何でもいいのでしょうが、不安に関係のない何かにしばらく夢中になれば、ちょっとした不安ぐらいなら楽になるのかもしれません。

 強烈な不安には効き目はないかもしれませんが、コンピューター将棋を始めてから、幸いそういう不安に襲われたことがありませんので、何とも言えません。

 不安を解消する方法は他にも多くありますが、ご紹介した方法がご自分に合っていそうだと思われた方はどうぞご参考に。ただし、この文章はあくまで素人の体験談で、学問的な裏付けがないことはご了解ください。

 私がお世話になっているのは「きのあ将棋」と言います。開発した方に足を向けて寝られませんね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 17:30コメント(2)トラックバック(0)健康 

2016年07月03日

自分にはくだらなくても


 自分にとってはくだらないことやつまらないものでも、他人にとっては大切だということはよくあります。「そんなの捨てちゃえよ」と言われるものを、子供が後生大事にしていることも珍しくありません。具体的なもの以外にも、習慣、趣味、感じ方や考え方等々、あらゆるものごとが含まれるでしょう。

 ところが、自分にとってくだらないものごとに出会うと、反射的にバカにしてしまうことがあります。しかも、それが顔や言葉に出るのです。特に相手が対等か目下の場合はそうなりやすいようです。

 そんな態度に相手が不快な反応を示したのを見て、あわてて取りつくろっても、もう第一印象はぬぐえません。それでも、気づくだけまだ救いがあるわけで、無神経に人をバカにし続けることもあります。

 自分の価値観が骨の髄にまでしみこんでいて、それで、無意識にというか、本能的にというか、人を裁くわけですね。その結果、人間関係が険悪に・・・。

 ここから脱けだすのは本当に大変です。たとえ自分の至らないことが分かっても、すぐに態度を変えることはできないでしょう。

 くだらないと思えるものごとに出会った瞬間、自分を抑えて、相手の価値観を尊重しようとする良い癖を、失敗を重ねながら何年もかけて身につけていくしかないのでは。それでも努力を続ければ成果はあがるはずです。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年06月29日

腕の見せどころ?


 昔々、色々と学んだ塾のバイト時代・・・。

 順風満帆で仕事していたわけではありません。

 ある時、うるさくて手に負えない生徒のことで教室責任者に相談しました。すると返事が「それは、先生の腕の見せどころじゃないですか」でした。それで終わりです。要するに一人で何とかしろ、というわけ。一方、別の教室で同様の問題が起こったときは、すぐに責任者が問題の生徒と話し合って、事態は改善しました。

 突き放して一人で解決させるやり方と、すぐに助け船を出すやり方と、どちらがいいんでしょうね。と言うか、場合場合で採用する解決法は違ってくるのかもしれませんが。前者は解決に時間がかかっても、本人は鍛えられるのでしょう。後者は解決は早まるでしょうけど、本人はそれほど伸びないかもしれません。

 塾のような仕事の場合は、解決に手間取っている間に、他の真面目な生徒たちが割りを食ってしまいます。そうすれば、その生徒たちの塾への評価は下がります。場合によってはやめてしまうことも。ですので、すぐに皆で解決する方がまさっていたのではないかと思うのですけどね・・・。

 そのあとの記憶がかなり曖昧ですが、結局、私はその問題の生徒を抑えきれずに、学年の終わりまで授業を続けることになったかと思います。そもそも私の力量不足が原因の一つですから、はるか昔のことですが、今でも申し訳なかったなという思いは残っています。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)出来事教育 

2016年06月22日

「も」にご用心!


 あるとき「私も疲れましたから・・・。」という文を含んだメールを知人Aさんに送ったら、「失礼の極みですね。私は疲れてませんよ」という怒りの返信が来ました。

 「ええーーっ!」という感じでしたね。それまで余り良くない雰囲気でメールをやり取りしてはいたのですが。

 皆さんご存じのように助詞「も」には同じようなものを付け加えるという働きがあります。

 「田中さん、行くんですか。私行きますよ。」のように。

 「私も疲れました」という文は「Aさんも疲れた」という意味を暗示している、と受け取られたのです。それで「私は疲れてませんよ。(勝手に決めるな)」という怒りの反応になったわけです。

 ですが、余り意識されていないと思いますけど、「も」にはこんな使い方もあるんです。

 「桜終わりか・・・。」
 「私もう30を超えました。」
 「あの姑さんなら、彼女大変ね。」

 特に同じようなものを追加するというわけではなく、しみじみと気持ちを込める、というような働きの「も」です。『日本語文型辞典』という辞典に載っています。

 そういうつもりで使ったのですが、誤解されてしまったわけです。(それにしても「失礼の極み」とは・・・。よっぽど虫の居所が悪かったのか)。Aさんに「も」の意味を説明すると、納得してくれたかどうかは分かりませんが、この件は終わりになりましたが。

 私としては、なんでそんなに直ぐ怒るんだ、とぼやきたくもなるのですが、紛らわしいと言われればそうかもしれません。そういう表現を使ったのがいけないと考えることもできます。それ以来「も」には気をつけるように・・・。

 今では「私も疲れましたから・・・」の代わりに、「私、疲れましたから・・・」を使うことが多くなりました。たった一文字の使い方で怒らせるんですから、怖いです。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:30コメント(2)トラックバック(0)出来事思索 

2016年06月16日

人は成長しなければならないのか

 
 「人は成長しなけりゃならないのか」という根本的な問いかけをネット上で見ました。つらい努力なんかしないで、今のありのままでいいじゃないか、というわけです。この「成長」には倫理的な面も含まれているように受け取れました。

 私の考えをおおざっぱに言いますと、「近所迷惑にならないところまでは成長する必要があるのでは」です。自分が生活させてもらい、恩恵を受けている世間や社会といったものを損なうような人間ではやはりまずいでしょう。

 小学生ぐらいの子供を観察していますと、未熟な面が多くあります。当たり前ですけど。例えば、弱い者いじめしたがる子供、陰口が止まらない子供、やたら他人のことに首を突っこみたがる子供・・・。私などまさにそういう子供の一人でしたが。

 全員がそのまま大人になったら、世の中はずいぶんと住みにくくなってしまうかもしれません。周囲が迷惑をこうむるだけでなく、本人もしょっちゅう周りと衝突したり嫌われたりして、なかなか幸せにはなれないでしょう。そうならないように、教育などがあるのだと思います。

 ですが、「近所迷惑にならない」程度まで成長したら、あとは個人の自由でしょう。さらに自分を磨いて指導者や人格者を目指すもよし、そういうことは意識せずに暮らすもよし。お互いを否定することはありません。どちらもその人に合えば、いい生き方になるのではないでしょうか。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 10:00コメント(0)トラックバック(0)思索 

2016年06月11日

人格批判

 
 「プライドが高く、自分の過ちをなかなか認めない。人の気持ちをくもうとしない」

 これは舛添知事に対する都議の批判です。

 いや〜、自業自得とはいえ厳しいですね。普通なら決して言ってはいけない人格批判です。しかも都民・国民の前で。私なら再起不能になってしまうでしょう。

 あの批判は、私の宗教時代を思い出させます。そこでは人格に対する批判はしょっちゅうでした。もっとも、いくら私が問題児でも、あそこまでの批判はめったにありませんでしたが。

 ただ、都議会と私のいた宗教との違いは、後者には当人の成長のために力を貸そうという雰囲気があったと思うんですが、都議会には・・・どうでしょうか。まあ、議会はそういうことをやる場ではなさそうですから、そのままかもしれませんね。

 でも、あれだけの露骨で強烈な批判は、真摯に受け止められれば、人格改造のすごい原動力になり得ます。ピンチはチャンスというわけです。もっとも、批判につぶされないことが前提ですが。舛添さんは私なんかと違って強そうですし、大丈夫のような気がします。

 ですので、本人にその気持ちさえあれば、あのお年でも人格改造は不可能ではないと思いますよ。私は、都民の信用を失っているのですから、辞任が相当だとは思います。しかし、辞任後、自分の性格を鍛え直そうというのなら、応援します。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 08:00コメント(0)トラックバック(0)時事思索 

2016年06月05日

ハチの巣ができてる・・・


 ふと気づくと、軒裏に蜂の巣が・・・。それも1メートルくらいの間隔で二つも。そういう時節なんですね。それぞれの巣に一匹ずつ、見ると必ずと言っていいほどしがみついて何やらやっています。夜もそこにいるようです。

CIMG1711

 幸い、スズメバチではなく、アシナガバチでした。最初、ほうきで巣を叩き落とそうか、殺虫剤で駆除しようか、でも襲ってきたらいやだし、と悩んだのですが、調べてみますと、人を襲うことはほとんどないみたいなので、とりあえず共存を目指すことに。殺生はしないに越したことはありませんから。

 巣は高さ3メートル近いところにありますので、たぶんハチが私の顔にぶつかることはないと思います。いずれ巣から新たなハチが生まれてくるんでしょうか。どうなることやら・・・。

 今のところ、巣はとても小さいので、これ以上「増築」しないでもらいたいとひたすら願っています。
(^o^;)



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:00コメント(0)トラックバック(0)出来事雑文 

2016年06月02日

「変な」意見も・・・


 余りにも正しそうなことを反論のしようもなく書いてあると、なかなかそれについて意見を言えません。

 一方、ちょっと「変な」意見が出ると、様々な異論や反論が出て、話し合いが盛り上がるということがあります。その意見の中には思わぬ貴重なものもあるかもしれません。熱心に議論していると、自分でも意外に思うような意見が自分の中から飛び出してくることがあるものです。

 全体を発展させるという意味では、「変な」意見も、完璧な意見に劣らぬ価値があると言えるのではないでしょうか。

 ただ問題なのは、時として「変な」意見に対する異論・反論が感情的な非難になったり、蔑視や偉そうな説教になったりすることではないかと思います。そうなると「変な」意見を出した人の中には、ひどく傷つき、もうこりごりだと口を閉じてしまう人が出るかもしれません。それはいかにももったいないです。人間関係も損ないますし。

 話し合いを盛り上げるためには、「変な」意見でも気兼ねなく言える寛大な雰囲気が必要だということになるのではないでしょうか。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


kokoro_no_fukei at 10:13コメント(0)トラックバック(0)思索 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: