2017年01月19日

担任は傷ついたか


 昔々、大昔、高校生だったとき。ふと思い出したことが・・・。

 体育祭がありました。1学年は4クラスだったのですが、そのうちの3クラスで、余興の時間に観客に「出し物」をやりました。

 1つのクラスではクラス担任をリヤカーに乗せて、選挙演説みたいにして行進しました。もう1つのクラスでは、長いロープの輪の中に大勢が入り、そのロープを持って担任を先頭に電車ごっこのようにして走りました。もう一つのクラスの出し物は忘れてしまいましたが、やはり担任が参加していました。
  
 そして・・・私たちのクラスだけ何もやらなかったのです。やらなければならないという決まりはありませんでしたが。

 「なんにもやらなかったの、うちだけだったな・・・」
 「先生、傷つけられたな・・・」
 「あの人、そういうの平気だよ」

 私たちの担任が嫌われていたわけではなかったのですが・・・。出し物をやらなかった理由は、特になかったと思います。少しあとで担任が私たちクラスの人間が集まっているところへ来ると、一人がお菓子を渡していましたっけ。

 私、もうその担任の年齢を越えたと思います。担任と私とは別人ですから、当時の担任の気持ちは分かりません。でも、私が担任だったら、傷ついたと思います。

 子供のころは、年をとれば心が強くなって、傷つかなくなるのかなと思ったこともあったのですが、少なくとも私の場合、全くそんなことはありませんでした。痛みは変わりません。ただ、理性や知識が子供時代よりもあるので、それが傷ついた心を包んで、自分をコントロールできるようにしてくれるのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



kokoro_no_fukei at 21:30コメント(0)トラックバック(0)出来事 | 思索 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: