2017年10月29日

私の限界


 私、きつい言葉や失礼な言葉といったものにてんで弱いです。そういう言葉を浴びせられると、体調さえ崩すことがあります。

 たとえ相手が正しいことを言っていても、相手に愛情があっても、だめなんですね。理屈で理解できても、感情や体がついていかないというやつで・・・。

 そこで、ひどい言葉の人とは交流しないこともあります。特にネット上では。

 もったいないとは思います。言葉遣いも個性だと思って受け入れられればいいのですが・・・。「心が狭い」「甘ったれ」などと言われたこともありますが、当たっている面はあるなと思います。

 しかし、我慢し過ぎて、おかしくなったことも2、3回ありますので、やむを得ない判断ではないかと思っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 21:52コメント(2) 

コメント一覧

2. Posted by 荻野誠人   2017年11月07日 16:24
 書き込み、ありがとうございます。コロ健さんも似たようなものですか。確かに鈍感なタイプではない感じですね。
 世の中では毒舌家がもてはやされることもありますし、罵倒されてもケロリとしている人もいますので、「人種」が違うんだろうなあと思います。
 私はそういう人達の存在も尊重しているつもりですので、こちらの存在も認めてほしいと思うんですけどね・・・。でもネットでは相手の性格など分かりませんから、難しいと思います。
 ですので、みっともないですけど、こうして自分の性格をさらすことで、私達のような「人種」の存在を意識してもらえれば、と思うわけです。
 それではまた。
1. Posted by コロ健   2017年11月06日 08:28
5 こんにちは。私も同じようなものです。
ブログをやっていて辛いのは、思いもよらない視点からの意見で、自分が勝手に発信しているのだから、それに対しての意見が思ってもいなかった形でのコメントとして来るのは仕方ないのですが、なかなか素直に受け取れない。それもその物言いがすごく馬鹿にしたようなものだとがっくりきます。でも、そういう読み方をしている人は必ず一定数いると思って、ある意味覚悟のようなものをもって書いていきたいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: