2018年03月04日

もろい絆


 伊調馨選手、パワハラ問題・・・。この話がどこまで事実かどうかはさておき、話を聞いて思うこと。

 どんなに強い絆で結ばれていると思われていた二人でも、片方が相手の気に入らないことをした瞬間に、関係がもろくも崩れてしまうことがあります。時には執拗な攻撃が始まることも。

 それまでの関係には、愛情もあったのでしょうが、寛容さや自制心などが育たないままだったのかもしれません。または、愛情と思っていたのは、実は相手のためなど思わない利己心だったという場合も・・・。

 防災訓練が最悪の事態を想定して行うように、たまには「もし相手がこんなことをしたら、自分はどうするだろう」と自分に問いかける意味はあるかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 15:06コメント(0)思索 | 時事 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: