2019年08月18日

難病の少年王


 ボードワン4世(1161−1185)。

 エルサレム国王(位1174−1185)。当時は不治の病、ハンセン病にかかりながら、13歳で、イスラム勢力に囲まれた十字軍国家・エルサレム王国の王に即位。

 イスラムの英雄サラディンの10倍の兵力と先頭に立って戦い、時に命を危険にさらしつつも、国をぎりぎりのところで守り抜きます。その間にも病気は進み、馬に自分の体を縛りつけて指揮をとったこともあったそうです。親族にも恵まれず、後継者問題にも心を痛めました。

 当時ハンセン病患者は忌み嫌われていましたが、王の部下には感染を恐れて近づかなかった者はいなかったそうです。

 24歳で死去。公私ともに展望の開けない中、よくくじけずに王の責務を全うしたと思います。1187年、王の死後まもなく王国はサラディンによって滅ぼされます。

 ボードアン4世は、塩野七生さんの『十字軍物語』第二巻の登場人物です。ほぼ無名の人ですが、難病と戦いながら、必死に国を守る姿は読者を感動させることでしょう。


555057765b01e7097b8112430052c4cd_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ




kokoro_no_fukei at 22:23コメント(0)  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: