2019年09月03日

釧路で食べたもの


 釧路は漁業の町というイメージをもっていましたし、最近商業捕鯨が再開されて、クジラが水揚げされたというニュースも聞いていました。そこで釧路ではクジラをはじめ魚介類を食べようと意気込んでいました。しかし、節約志向がすっかり身についていて、夜は専らローソンやセブンのお世話になり (^o^;)、昼間だけ釧路らしいものを探すことになりました。

CIMG3339

 釧路駅近くに和商市場という魚中心の市場があり、観光名所となっています。外国人も多く見られました。

CIMG3336
「勝手丼」と書いてある店で刺身を買います。有名人が大勢来ているようです。

 ここで、ご飯の上に自分の好きな刺身をのせて、自分だけの海鮮丼を作ることができます。それを「勝手丼」といいます。雑踏が苦手の私も挑戦しました。

CIMG3338
目移りします。この店は種類が少ない方です。

 記念すべき最初の勝手丼。右上の黒っぽいのがクジラ、以下時計回りに、ツブ貝・中トロ・タコ・(たぶん)メヌキ・ソイ。値段は約1400円。

CIMG3335

 2回目の勝手丼。クジラ・トキシラズ・(たぶん)カンパチ・(たぶん)ヒラメ・赤貝・ホタテ・赤魚。値段は約1500円。

CIMG3493

 で、うまいかどうかですが、刺身ごとに違いますね。中トロやホタテは安定したうまさ。メヌケ・ソイ・赤魚は初めてですが、メヌケがうまかったです。トキシラズは、「時鮭」と書き、夏鮭のことで、脂ののりが格別とされます。ホロリと崩れる感じの舌ざわりでした。

 クジラは小学校の給食以来の懐かしさで、刺身は初めてですが、マグロやカツオを押しのけるほどではありませんでした。でも、今後も応援したい気持ちです。

 勝手丼、安いとは言えませんが、とにかく初めての面白い経験でした。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 釧路市を代表する老舗とされている寿司屋に昼間行きました。そんな格式の高いところに一人で入るなんて初めてです。

 一応ネットで「予習」すると、批評サイトでは絶賛と酷評が6:4くらいの割合。酷評では、味だけでなく、接客もよくないとのこと。どういうことでしょう。ただでさえ緊張するのに、余計に戸惑いながら入店しました。

 1階が個人客対象で、テーブルが2つか3つ。カウンターが10席余り。私はカウンターに。

 好みのネタの寿司を選べるセットにしました。すると次のように。

 マグロ・カンパチ・〆サバ・ホタテ・白身・ウニ・かんぴょう巻き+ブリアラ?の味噌汁+アサリの茶碗蒸し+黒蜜に入ったトコロテン。

 これで税抜き1200円。大皿への盛り付けもきれいで、写真を撮りたかったのですが、そういう雰囲気でなかったので諦めました。(そもそも料理の写真を撮っている人なんて、旅行中私だけだったような・・・(^o^;))。

 味音痴の私ですから、参考にはならないかもしれませんが、十分うまかったですよ。一番はカンパチ。ただ私にとっては、かんぴょうが塩辛すぎましたが。量もたっぷりです。これで1200円はすごく安いです。

 接客も問題ありません。客に話しかけたりして、むしろ愛想がいいくらいです。酷評の時は、別の人だったのか、特に機嫌が悪かったのか、評価を読んで態度を改めたのか・・・。

 とにかくこの食事が避暑中最高でした。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 釧路港に接して、「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」という大きな施設があります。

CIMG3489
テレビの定点カメラで映されることがあります。

 その中の飲食店で出されている比較的新しい名物が「さんまんま」です。蒲焼きのサンマの姿寿司みたいな感じです。出来たてだったこともあってか、香りもよく、機嫌よく食べることが出来ました。さんまんまは690円。つみれ汁は250円でした。

CIMG3497

 なお、MOOは観光名所でもあり、中を一回りするのも面白いと思います。

CIMG3495
MOOの内部。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

CIMG3453

 旅と言えば、駅弁です。釧路駅の駅弁では「いわしのほっかぶり寿司」が人気ナンバーワンだそうです。私はサバも入ったのを買いました。どちらも酢でしめたものです。イワシもサバも好きですし、あっという間になくなりました。

CIMG3454

 私にはちょっと酢がきつい感じでしたが、外食の味付けはだいたい私には濃いですので・・・。ナンバーツーの駅弁も買いたかったのですが、ついに機会が訪れませんでした。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 釧路ラーメンというのがあるそうで、市街地のラーメン屋さんで、「いかにも“釧路”というのはどれですか」と尋ねました。そう言われて困ったでしょうね。すみません。結局、コーンバターラーメンということになりましたが、正直に言って、どこが釧路らしいのかよく分かりません。たぶん材料が北海道産ということなんでしょうが。

CIMG3491

 もちろん味に問題はありません。考えてみると、ラーメン屋さんで最後にラーメンを食べたのがいつなのか、記憶がなく・・・。これまた相当珍しい経験なのはまちがいありません。

 私はふだん外食することはほとんどありません。ですので、ラーメン屋さんで、ラーメンを食べるだけでも新鮮で、楽しいのです。

 釧路行きは、食事以外でも、そういう体験でいっぱいでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 13:58コメント(2)出来事 | 写真 

コメント一覧

2. Posted by 荻野誠人   2019年09月08日 23:29
いつもお世話様です。
ご愛読、ありがとうございます。
あと4回の予定です。
ただし、もう余り面白い内容ではありませんが。
よかったら、引き続きお読みくださいませ。
それではまた。
1. Posted by コロ健   2019年09月08日 17:34
こんにちは、楽しい旅行記ですね。楽しく読ませていただいています。まだまだ続きますでしょうか。楽しみにしています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: