2019年10月30日

飛び恥


 また千葉で大雨の被害・・・。短期間で3度目の被災ですから、お気の毒としか言いようがありません。

 これまで西日本や南西諸島に比べると台風や豪雨の被害が少なかった関東でも、今後は増えていくことを覚悟しなければならないんでしょうね。そのための準備もしておかないと・・・。

 その原因というと、例によって温暖化が挙げられますが、NHKニュースによると、ヨーロッパでは「飛び恥」なる言葉が広まっているそうです。英語ではflygskamとかshame of flyingというそうですが。

 つまり温暖化の原因のCO2を大量に出す飛行機に乗るのは、恥ずかしいことなので、鉄道を利用しようという運動なのだそうです。

 一部のもの好きがやっていることかと思いきや、オランダの航空会社は、短距離の移動には鉄道の使用を促すという、耳を疑うような取り組みを行っているそうです。

 いや〜、こと環境問題となると、ヨーロッパの人たちは意志が強いですな。感心します。それだけ危機感が強いということでしょう。

 日本は、外国に鉄道で行くことはできませんので、事情が違います。でも危機感は共有して、省エネなど自分のできることをより熱心にした方がいいんじゃないかとは思います。

 なお、先日行った釧路ですが、東京釧路間、飛行機だと1時間35分。電車だと乗車時間だけで11時間12分・・・(^o^;)。鉄道で行きたい気持ちはあるんですが、途中で一泊しないと無理でしょうね。


51c9b394f61f2e0e3be5ae56722b8d3a_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 11:10コメント(2)時事  

コメント一覧

2. Posted by 荻野誠人   2019年11月01日 11:10

いつもコメントありがとうございます。

日本では鉄道で4時間以上かかるところへは、飛行機で行く人が多いそうです。東京・福岡間や東京・札幌間などです。そういうところへも鉄道で行くというのが飛び恥の運動だろうと思います。

私は今までは10年に1度くらいしか飛行機に乗りませんでしたので、飛び恥とは余り関係ないですが、ささやかでも何か温暖化防止のためにしたいと思っています。

それではまた。

1. Posted by コロ健   2019年10月31日 19:34
5 こんばんは。
鉄道利用の話、痛勤電車を使っている身にはピンときません。新幹線も結構混んでますし。と、日本人は頑張っているからと、開き直るつもりもありませんが、この気候変動、やっぱり地球の悲鳴だと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: