2019年11月02日

英語民間試験の導入延期


 英語民間試験の導入延期が決定されました。これは遅すぎたとはいえ、妥当な判断だと思います。民間試験の利用には問題が多すぎますから。

 そもそもなんで民間試験に頼るんでしょうか。諸悪の根源はそこにあるのではないでしょうか。国が「話す・書く」を測れる独自の試験を作ればいいと思うんですが。時間と手間はかかるでしょうが、できるはずです。

 以前この件を別のブログで取り上げたとき「文科省にもっともな言い分があるのかもしれません」と書きましたが、次の読売新聞11月2日の記事を読むと、私はお人好しだったようで・・・

 文科省幹部は巨額の投資を行っている民間試験団体から損害賠償請求される恐れなどを挙げ、「この問題だけは絶対に延期できない」とクギを刺した。

 これが事実だとすると、50万人の受験生の人生よりも、自分たちの保身を優先したということになりそうですけど・・・。憲法によれば、公務員は国民の奉仕者のはずなんですが。


ca0352c0684a80b33e1cb7c68649f936_s

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

kokoro_no_fukei at 17:27コメント(0)時事 | 教育 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
QRコード
QRコード
累積訪問者数(UU)
  • 累計: