2008年06月05日

2007/11/11「ひたすら辛いのを食べるおフザケ」

とにかくおいらは辛いのが好きだ。
ラーメン屋に行っても、定食屋に行っても必ず辛いのを頼む。
で、腸が弱いから、すぐに腹くだす。
でも、辛いのが好きで好きで仕方ないから、辛いのを頼む。

そんな辛いの大好き松澤が全力で辛いのを集めた会。
あ
















ライトにセロファン貼って、部屋中真赤!
あ 













食べたものリスト
■ハバネロの酢漬け
■デスソース
■10辛のココイチカレー
■唐辛子チョコ
■唐辛子酒
などなど

あ













デスソースっちゅう、とんでもなく辛いタバスコ的なソースが本当に半端じゃなくてね。
今回はアスリーパーって名前の最辛デスソースを用意した。
アスリーパー、和訳すると「肛門の死神」
もぅね、この名前、まったく誇張なかった。

酢漬けハバネロにデスソースぶちまけて食ったら、翌日7回大きい方でトイレ行く羽目に…。

いやぁ、辛いのを食べる会、おそるべし!!



■2007年11月11日「ひたすら辛いのを食べるおフザケ」■
文責:店長松澤



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スタッフ紹介
店長














店長&イベント屋:松澤 茂信
年齢:25歳
カフェにかける意気込み:常識に衝撃を与えるような、綱渡り一本の秩序に心が震えるような、そんなイベントを創りたい。そんな人生を作りたい。適度にはみでる。強くはみ出る。各種イベントのご用命、ご相談ありましたらお気軽にどうぞ!


がちゃぴん中根














イベント&アートディレクター:
中根 佑介
年齢:25歳
カフェにかける意気込み:
来て頂いた方にはもれなく非日常、感動、コミュニケーションを提供致します。いろんなイベントを企画しますが、基本はゆるいイベントしかしたくない派です。笑

あ








ストアマネージャー:平岡 雅史
年齢:26歳
意気込み:「やりたいこと全部やれ」が座右の銘。ジャンルにこだわらない非日常イベントとそこでの出会いを通して、「あのカフェに行くと毎回自分の世界が少し広がる」という機会を提供したい。
メニュー表
ドリンクやフードなどのメニュー表は
こちらをご覧ください!

「メニュー一覧表」