こころ晴ればれ

感じたことを思うままに書いています。

ブログネタ
スポーツ・趣味 に参加中!
箱根駅伝は、コースを二日間という時間をかけてチームで走るわけですが、みなさんはその距離をご存知でしょうか?
行きが108キロあり、戻りが109.9キロありますので、合計、なんと217.9キロメートルもあるのです。
みなさんもご存知の通り、フルマラソンが、42.195キロですから、軽くその5倍ということになりますね。

それから、箱根駅伝の第1回大会は、かなり前ですが、1920年に行なわれています。
この時はお正月ではなく2月14日に開催されていました。
昔はバレンタインの日に箱根駅伝が行なわれていたのですね。

最初のころは、アメリカ大陸を継走して横断するための大会の代表選考会として、開催された大会でした。
ですから、今の予選としての駅伝とは目的も違っていたわけです。
この大会が開催されたきっかけは、1912年、ストックホルムのオリンピック出場選手、金栗四三氏が発案したことからでした。
「オリンピックで日本が強くなるためには、長距離選手を育成することである」という案が、箱根駅伝を生み出したと言えるでしょう。
世界に通用するマラソンランナーを育てていくためには、こうした駅伝に力を入れていく必要があるということから始まったのです。
そして、当時も、学生の大会でしたので、午前は勉強をして、午後から試合ということになっていたそうです。
こうしてみますと、現在の箱根駅伝とは名目も形も違っていますが、この大会が現在の箱根駅伝として続いていることは確かです。

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!
旅行先など不慣れな環境で下腹がパンパンに張ってしまい、苦しい思いをした経験をされた方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも「便秘」とは一般的に3日以上排便がなかったり、毎日排便があったとしてもコロコロとして固く少量のうんちしかでなかったりで、在便感が強く残っている状況をさします。
この便秘、男性より女性に多いのは骨格の違いによるもので、女性の場合、男性に比べて骨盤がせまい分、腸をつねに圧迫しがちな為に腸の動きを鈍くしてしまいます。
もちろん原因はそれだけではありません。それ以外にも男女問わず腹筋力の低下や食生活の乱れ、水分不足、また食物繊維の摂取が少ないことにより引き起こされているのも事実で、先ほどありました旅行先のような不慣れな環境での精神的な緊張により便秘になってしまうケースもあるのです。
便秘によって便が腸内に停滞することで肌荒れや口臭を発生します。腸は「第2の脳」ともよばれるくらい大事な臓器です。3日排便がないのが当たり前だと思わず、体質を改善させる為にも「便秘」に効果があるツボを押してみましょう。
まず、「便秘」に効果のあるツボは「天枢(てんすう)」「大巨(だいこ)」「上巨虚(じょうこきょ)」とよばれる3つです。
「天枢(てんすう)」とは、お臍より両外側にむかって指3本分移動した位置にあります。この「天枢(てんすう)」は腸の働きを整えます。次に「大巨(だいこ)」ですが、「天枢(てんすう)」のツボより更に指3本分下に移動した位置にあり、溜まっている便を効率よく刺激します。
最後に「上巨虚(じょうこきょ)」とよばれるツボですが、膝の外側の下にある骨下のくぼみより指8本分下に位置し、そのツボのマッサージを施すことで、胃腸の働きがすぐに活発になる方もいるくらい即効性の高いツボなのです。
バナナ形状の便が理想とされていますが、薬に頼る前にそれぞれのツボをマッサージして腸内環境を整えてみましょう。
もちろんマッサージも大事ですが、適度な運動、バランスのとれた食生活、そして湯船でしっかりと体を温めることで、気持ちや腸の緊張をほぐしてあげることも大事ですよ。

ブログネタ
やってみたい健康法 に参加中!
何かと忙しい私たち現代人は、日々の生活に急かされ、つい自己管理が甘くなってしまいがちです。
健康のために運動をしようと試みても、実際しようとすると継続が難しく、続かない方も多いのではないでしょうか。

そんな中、近年では体内から健康になろうとする方が増えてきています。
健康維持にも美容にも、最近では食生活を見直したり、補給できない栄養をサプリメントや酵素ドリンクで摂取しています。
そういった健康食品が数多く出回っている中か、前々から飲んでいる方も多い、息の長い健康食品があります。
それは「プロテイン」です。

プロテインと聞くと、筋トレをしている男性やスポーツ選手が最初に思い浮かびますが、健康維持や美容の効果を期待して飲んでいる方も多い食品です。
プロテインとは一体何なのかというと、ひと言でいえば、タンパク質のことです。
日本でいうプロテインは、主に健康食品としての「プロテインサプリ」のことを指します。

昔、家庭科の授業で3大栄養素(もしくは5大栄養素)を習ったと思いますが、タンパク質はそのひとつです。
なぜタンパク質が代表される栄養素のひとつに挙げられるのかといえば、それは、私たち人間の体を構成する上で必要不可欠な成分だからです。
私たちの体には筋肉・皮膚・臓器・毛髪・爪がありますが、これらすべてはタンパク質でできています。
免疫の抗体・血液の成分・ある種のホルモン・遺伝子も、タンパク質が構成成分です。

私たちの体のありとあらゆるものを構成しているタンパク質が不足してしまうと、貧血・体力が続かない・風邪をひいてしまうなどの様々な問題を体に起こしてしまいます。
つまりタンパク質は、私たちが健康な体であるために必要な効果を及ぼす働きがある成分というわけです。
常に体内にタンパク質が足りた状態を保てるよう、手助けしてくれる健康食品がプロテインなのです。

このページのトップヘ