2017年10月02日

驚くくらいの変化

いわゆる“ホットフラッシュ”がかなりひどく、気分もかなり落ち込み気味になって長い。

この土日は草津にでも行こうかと思っていたのだけど、金曜日の夜に地元の温泉行ったら、あんなに悩まされていたホットフラッシュの症状が急に落ち着いたのだ。
もちろん暑ければ汗はでるけど、時と場所を選ばないホットフラッシュはあきらかにない。
夜もぐっすり眠れて昨日はシャキっと起きられた。

調子にのって土曜日も温泉に行った。かなり長くつかっていたら、日曜日の朝は体の節々が痛くなった(笑)
そしてホットフラッシュは出ない。ちょっと動いただけでダーっと汗が出ていたのに。

昨日の昼間、ドピーカンの中で1時間近くチャリトレしてきたけど、頭からダーー!!って吹き出すような汗ではなく、サラッとした汗が少量でた程度。なんなんだ、これは?!

会社で無意味に汗ダラダラしていたのに、今日はあんまり汗かかなかった。すごく快適だった。

また温泉行こう。行ける限りこまめに通おう。


kokorokarathankyou at 20:29|PermalinkComments(0)健康 

2017年09月14日

ACL準々決勝2nd leg 川崎戦

69683f90.jpg
76945452.jpg
4-1 勝ち。
得点:興梠、ズラタン、ラファエルシルバ、高木
トータルスコア:5-4で準決勝進出決定。

「今月でタイトル全部なくなるかも」って言って申し訳ありませんでした。

色々な条件があった中、一番シンプルな「2-0で勝利」を目指していたのに、槙野と西川のチョンボで前半早々に失点。これで4点取らないと勝てないという絶望的な状況になった。
だけど、この日の浦和は違った。予選の済州戦のときもそうだったけどACLは普段と違う力が埼スタに宿る。
平日にも関わらず、キックオフ前から北ゴル裏はどんどん人が集まり、2万6千人とは思えないような大音量がこだまする。
失点したあとも指定席の人達は誰も帰ろうとしなかった。指定席が本気な証拠だ。「きっと今日勝てる。」と思った。

興梠がゴールを決めたあともスタンドは冷静だった。だけど応援はどんどん熱くなっていった。
「今のスコアは2-4じゃない、0-2だ。危険なスコアだ。だからきっとまだチャンスはある。」
自分にそう言い聞かせた。
ズラタンが2点目を決める。やった!でもイーブンまであと1点足りない。指定席も喜び過ぎずすぐに切り換えていた。
ラファの3点目が決まった。
「これで延長戦へ望みが繋がった!!」
みんな座席を飛び越えハイタッチで喜びを爆発させた。川崎は退場者を出して10人だからきっと最後は足にくる。チャンスはある。選手は誰も諦めていない。
後半44分。森脇からフワッと優しいクロスが高木に放たれた。高木が蹴ったボールは大きくカーブを描いてゴールマウスぎりぎりのところに吸い込まれていった。

4点目が入った。 
あの絶望的な点差に追いつき、とうとう逆転した。そこから先のことはよく覚えていない。とにかくこれでトータルスコアが5-4になったので、このままいけば浦和が勝つということだけは理解した。 
ATは4分。勝っているときのATはいつも長く感じる。早く終わってくれ。祈るような気持ちだった。タイムアップの瞬間、埼スタは優勝したような喜びに包まれた。声は枯れて手の平も真っ赤だった。

柏木と高木のヒーローインタビューが心地よく聞こえる。 「We are Diamonds」をうたっているときのマフラーの波が本当に美しくて久しぶりにこんなに感動いっぱいで歌を歌ったなと思った。
試合後に前段に顔を出して皆とおしゃべりして解散した。
平日なのに外では祝勝会をやってるサポーターでいっぱいだった(笑) そして準決勝で激突する上海上港のチケット引換券(注:アウェー)の販売所には長蛇の列(笑) みんな平日なのになんでそんな簡単に上海行くこと決められるのか(笑) 

とにかくまだACLを闘える。本当によかった。



kokorokarathankyou at 21:13|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

2017年09月13日

運に見放された試合

5ac75c27.jpg 浦和1-2柏 
負け。得点:興梠  

あれだけシュート打って一本も入らなくて、PKでやっと1点。
順位は8位のまま。上位との差がどんどん広がっていく。

リーグはもはや3位も厳しい状況。
ルヴァン杯を敗退し、今日はACL準々決勝で川崎戦。来週は天皇杯で鹿島戦。天皇杯はともかく、ACLは点差を考えるとかなり絶望的な気分になる。
チケット買っちゃったし行くしかないんだけど、済州戦のときのようなことはないだろうと思っている。奇跡なんてそう何回もアテにしちゃダメだ。

最悪、今週来週で2017シーズンのすべてのタイトル獲得権を失うことになるんだな。



kokorokarathankyou at 12:08|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

ダイエット18週目突入

-5キロ〜-5.5キロあたりをいったりきたり。

8月後半に風邪をひいてからどうもシャキンとしない。
先週は超久しぶりに呑気症の症状が出て、パンパンに張ったお腹の痛みに耐えられず午後半休。今飲んでいる薬の他に追加の薬も出してもらい、ひとまず落ち着いた。
医者から帰ったら、猛烈な睡魔に襲われてその場でバタンキューって感じで一時間以上も爆睡した。それなのに夜も眠くてぐっすり寝てしまったので、よほど体が休みたいという状態だったのだろう。

なんというか胃が上がってきているのだ。肋骨のすぐ下に胃がある感覚。食べるとすぐに苦しくなって喉から胃までつかえるような、交通渋滞引き起こしている感じ。そしてなかなかお腹が空かない。
「内臓が下がるとよくない」というのは意識しているので、ヨガとか腹式呼吸なんかはよくやってるけど、この胃が上がる感じは○なのか×なのか判断がつかない。

でもまぁ、いいこともあった。背中がパツパツで着られなくなっていた制服のブラウスが着られるようになったとか、ウエストやお尻まわりがパツパツ・苦しくて履けなくなっていたスキニー型のジーンズやパンツが履けるようになったなど。
さすがに5キロ痩せるとここまで違うか!と感動した。


kokorokarathankyou at 12:05|PermalinkComments(0)健康 

2017年09月04日

ルヴァン杯準々決勝 C大阪戦

23986c90.jpg2-2 
アウェーゴール優先のためC大阪勝ち、浦和敗退。
得点:武藤・興梠

神戸にも大阪にも行く気はなかったけど、それでも勝ちあがりたかった。決勝は埼スタだ。また今年もどこかのクラブに埼スタを明け渡さないといけない。

けが人と代表で人材不足なのは十分承知している。でもミシャが辞めてからの一カ月ちょい。試合数もかなりこなしてきた。
その中でいまだに自分の弱点を修正できない選手、自分のストロングポイントを活かせない選手がいることが残念だ。
あと堀さんになってから戦術に変化が出てきて、それについてこられない独りよがりな選手もいたな。

負けるにしても負け方がある。「ここまでやって勝てなかったんだから、相手の方が一枚上手だった。」と思わせるほどではなかった。

来週ACLで川崎、再来週は天皇杯で鹿島。とてもとても勝てる気がしない。
今月でシーズンのほとんどがクロージングされてしまうのかな・・・。

それにしても平川フル出場で、高精度のクロス何本も出してすごかったな。なんで興梠もラファも一本くらい合わせられないのか。その一本で次に進めたかもしれないのにな。



kokorokarathankyou at 20:27|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

2017年09月02日

【関ヶ原】

私にしては珍しく上映初日に観に行った。 
誰もが知っている歴史物なので「最後どうなる?」的な心配がなく、あらゆる時代劇で描かれた超有名武将を「この俳優さんが演じるんだ!」みたいな楽しみや、細かい時代考証や、映画ならではド迫力の合戦シーン&アクションシーンを堪能できた。

【真田丸】で40秒で終わってしまった合戦を、かなりリアルに再現していた。と思う。人によっては「時間が短い」という評価もあるけど、あれ以上合戦シーンが長いと間延びして飽きちゃうと思う。

【真田丸】では脳筋と思わせておいて実は思慮深い福島正則が、【関ヶ原】では眉毛の薄いホンモノの脳筋として描かれていた。
小日向秀吉も良かったけど、滝藤秀吉も圧巻だった。老いて醜くなった権力者のなれの果てをこれでもかというインパクトで演じ切った。
同じ名古屋弁の北の政所様でも鈴木京香よりキムラ緑子のが何倍も、農家出の品のない立ち居振る舞いとか、茶々とのバチバチとか迫力あった。そしてキレ者で、時代の流れを読んでいて、情のある北の政所様だった。
家康は「あの腹」に全部もっていかれた。憎たらしさや狡猾さは内田家康のが一歩上かな。
【ひよっこ】によく似た忍びも出ていた。ツイッギーどころかアクションで太もも丸だしになって、見てるこっちがドキドキした。

西軍の島津家なんか字幕なしのベタベタな方言でほぼ何を言ってるのか分からなかった。というか映画全体が早口だったので6割〜7割の会話は聞き取れず、
【真田丸】を思い出しながら「多分、こういうニュアンスのやりとりをしているのだろう。」と思いながら観ていた。
人物を下から見上げるようなカメラワークが多く出てくるんだけど、城とか戦の陣のど真ん中にいるんだなって感じがしてよかった。
石田勢の壮絶な最期は本当にすごい演出だったけど、朝鮮出兵の辺りを少し勉強しないと納得できないかもしれない。

ツイッターの丸ファンも続々と観に行っては感想や解説をUPしてくれているので、とても参考になる。それらを踏まえてもう一回観てみたい。


kokorokarathankyou at 20:14|PermalinkComments(0)映画 

2017年08月31日

風邪と便秘と食べ過ぎスイッチ??

先週末に風邪をひいたのと同時に便秘になった。
便秘の影響で体重も日に日に増加していたんだけど、風邪が治ってきたのと同時に便秘も解消した。不思議だ。

あと、最近食べ過ぎを自覚している。8月に入ってから明らかに100〜150kcalは多く摂取している。
でも便秘の影響(?)で“食べ過ぎスイッチ”が久しぶりに作動した。おかげで今日から正常カロリーに戻れそう。
腹八分目に慣れたつもりでいたけど、気を抜くとあっという間にスイッチが作動しなくなる。
ダイエットって本当に難しい。


kokorokarathankyou at 12:29|PermalinkComments(0)健康 

2017年08月28日

【おんな城主直虎】にハマる。

914df250.jpg
4f33dc3d.jpg
子役時代から検地の辺りまではなんとなく見たり見なかったりだったけど、直親が死んでからこっち、本放送のあとに録画見て土曜日に再放送まで見るというくらいハマっている。

ツイッターでは前回の【真田丸】同様、歴史のエキスパートな皆さんが本来の史実やドラマに出てくる言葉や衣装や時代背景をこと細かく解説してくれるので、日本史の勉強しながらドラマを堪能している。
ついでに言うと、イラストが大変上手な方達のパロディマンガや前週の話をイラストにまとめてくれるのでそういうのも楽しみの一つだ。

「女主人公の大河」は【江】と【花燃ゆ】でほとんどトラウマに近かったけど、今回の【直虎】はそういうのが一切なく、「中世から戦国時代ってこんなに残酷で殺伐としていたのか・・・。」と思い知らされっぱなしだ。

登場人物の大半が前半で死んでしまい、どうやってドラマを繋げていくんだろう?と思いきや、登場人物や井伊谷のちょっとした出来事が後々にドカーン!と響いてきて毎週毎週日曜日が待ち遠しくてたまらない。

先週は政次のXデーだったけど、3週くらい前からネットではザワザワし始め、当日は「あと何時間」となり、18時からの【早虎組】からは「食事・入浴などすべて20時までに完了させておけ。」と伝令が走り、20時45分には涙・涙・涙でもう何も手につかない。

そして一週間経ってようやく落ち着きを取り戻したと思った矢先に次郎は心を閉ざしてしまうし、堀川城が襲われるし、龍雲党の皆がどんどん死に絶えていく。
昨日の8時45分過ぎてから視聴者の阿鼻叫喚が聞こえてくるようだった。大河スタッフは視聴者まで抹殺しようとしてるのか?と言いたくなるほどのジェットコースターのような展開だ。
※政次処刑のシーンが「残酷だ、子供見せられない」と、言っている親がいるそうで、「黄金の日々よりマシだ。」とか「秀吉よりマシだ。」とかいう呟きを目にしたので、You tubeで検索したら出てきた。
鋸引きと釜ゆでの刑。黄金の日々ってこんな残酷な話だったのか。(子供過ぎて内容ほとんど覚えてなかった)

次週の日曜日はよりによってホームでセレッソ戦がある。シーチケなので行かなくてはいけない。現地でワンセグ見てるかな。



kokorokarathankyou at 21:22|PermalinkComments(0)日記 

色々あった8月

8月 8/9(水)甲府戦 1-0勝ち 
8/15(火)スル銀杯 シャペコエンセ戦 1-0勝ち
8/19(土)FC東京戦 2-1勝ち
8/23(水)ACL準々決勝 \邵蠕錙1-3負け
8/27(日)清水戦 2-1勝ち

スコアよく覚えてないけど合ってるかな?

甲府戦の日はおとんの認知症検査の結果発表があった。結果は「シロ」。それはそれで一安心なんだけど、個人的には「本当に認知症じゃないのか?」という疑念があり、今もそれは消えていない。
そんなことがあったので、試合はDAZNで見ていたけど内容は何も覚えていない。気がついたら関根がいなくなってたってことくらいかな。

シャペコ戦はガラガラだった。JFA、もっとしっかりPRしてチケット売れよ。
新加入のマウリシオのお披露目もあり、とても楽しみだった。でも試合内容は「塩試合」。審判の判定もおかしくてシャペコ側はすごく雰囲気が悪くなってちょっとよろしくない感じだった。
それを一変させたのが、北ゴル裏が掲げた横断幕と緑のシートだった。今回はシャペコ側の最前列で観戦していたので、横断幕が出た瞬間にヒートアップしていたシャペコの選手達が目を疑うような表情になり、その後は泣き崩れてしまっていた。
スルガ銀行さんが用意してくれた緑のシートを掲げると、数名の選手がユニを脱いでゴル裏に投げ込んだ。すごく素敵なシーンに立ち会えることができて幸せだった。

FC東京戦は激しい雷雨の影響で2度もキックオフ時間が遅れるという、初めての事態。けっきょく20時キックオフとなり、飲食店は軒並み完売。おそらく帰ってしまったであろうお客さんもいるためスタンドはガラガラだった。
でも勝ったので楽しかった。この日は久しぶりにユウキが来たので一緒に観戦した。
時間遅れても話し相手がいたので退屈しなくてすんだし、帰りに穴場の駐車場も教えてもらった。

ACLの川崎戦は開幕のマリノス戦以来のアウェー。席はいい場所だったけど結果が・・・。
アウエーゴールイ1点取れたとはいえ、厳しい状況に変わりはなく第二戦はどうなるんだろう。

清水戦。「おんな城主直虎」の方が100倍くらい面白いのでDAZNほとんど見ないでTVばっかり見てた。勝ったことだけは確認した。日曜のナイターは大河優先なので全然気持ちが入らない。


kokorokarathankyou at 21:17|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

2017年08月07日

ものすごくお腹が空く8月のダイエット

タイトルの通り、8月に入ってから猛烈な空腹感を覚えるようになった。

やっとの思いで体に覚えさせた「腹八分目」も吹き飛びそうなくらいだ。
ふと気がつくと「つまみ食い」をしていたり、しそうになったりと昔の悪癖が無意識で出てきているので、ここが正念場!と自分に言い聞かせている。
ダイエットからそろそろ3ケ月。何も考えずにワーッ!と食べたい欲求が出てきているのかもしれない。

でも痩せる理由はあっても太る理由はないのでまだまだ頑張る。休みに入ればネヅちゃんと美味しいものを食べに行く予定なので、そこで食欲は一旦満足させられるだろう。
この前人間ドッグの結果を見直したけど、痩せたといっても標準体重ですらまだまだ遠いところにある。

こんなところでリバウンドなんかしていられない。リバウンドしないために1年以上かけてゆっくり痩せようと決めたのだから一時的な食欲に負けてなどいられない。


kokorokarathankyou at 22:17|PermalinkComments(0)健康