2017年03月27日

東京ヴvsFC岐阜戦

16b36b8e.jpg
7a52e39d.jpg
1-0 勝ち。
これで4試合連続完封勝利。
5節終了時J2首位・失点:1。 

昨年18位だったのを思うと、ヴェルディのクラブ関係者やサポさん達にとって夢みたいな好スタートだな。
何より失点が開幕の1点のみというのは、選手にとっても自信になっているだろう。
前半最大のピンチのシーン。永田や柴崎も防ぎきれず「あ、もうダメだ入る・・・。」と覚悟したけど、左サイドの安西(和)が猛然とダッシュして執念でボールかき出した。
選手も「無失点」という気持ちを強く意識しているのだろう。ああいうシーンはどこのチームでも胸を打たれるし、「これぞプロ!」と惜しみない拍手をおくった。
あれ浦和だったら確実に1失点してるな。

岐阜の監督はまさかの大木さん(笑) 一筋縄でないかないだろうと思ったけど、思った通り、今までの相手で一番苦戦してるように見えた。
FW陣のマンマークは徹底しているし、カウンターでヒヤヒヤしたのも一度や二度ではない。
ロティーナ監督から「メッシ」と言われた若手のイケメン:なんとか詩音(シオン)くんが負傷退場して、ベテラン:橋本英郎登場。
元ガンバのこの選手。永田と並んでベテランの風格が漂い安心して見ていられる。 橋本は主にクローザーとして終盤ボランチに入るんだけど、この日は早い時間からの登場とあって、永田たちDF陣や2ボランチを組む内田ともコミュニケーションをよく取り、試合を組み立てていた。
よーく見てるとキックの精度もいいし(森脇チックなイメージ)、守備でも実にいい読みをする。ガンバを首になってから転々としていたイメージあったけど、まだまだすごい選手だなと改めて思った。
永田との守備の受け渡しとか連携とか見てて楽しいんだよね〜。
この日は永田は守備に忙しくてロングフィードがあまりなかった。でも1本、7番のアラン・ピニェイロ選手にダイレクトに打ったフィードがすんごい巻いてきて、スポッとアランの足元に収まった。「なんだあのエロいフィードは。」とため息しか出なかった。あんなすごいフィード打てるのに浦和は永田を使わなかった。バカだ。バーカ。

そのアランの一発が試合を決めて見事に勝利。とにかく本当に勝ててホッとした。

この日のマッチデー表紙とインタビューは永田。インタビューの内容は相変わらず永田ワールド全開だったw そしてこの日から発売のセカンドユニのモデルも永田。思わず発注ボタンをポチしそうになった(笑) 
試合後のハイタッチのとき、永田はヘッロヘロに疲れていたけどすごく充実したいい笑顔だった。本当にいい移籍でよかった。



kokorokarathankyou at 19:54|PermalinkComments(0)サッカー 

2017年03月21日

東京ヴvsレノファ山口戦

2-0 勝ち。
3試合連続完封勝利&いつ以来かわからないけど3連勝!

というわけで(永田の活躍が見たいので)今回からDAZN観戦スタート!月額980円で主要なスポーツはほぼ全部見られるというのはかなりいいかも。
(といってもまだ何も見ていない)

噂に聞いていた「画面クルクル」や「突然静止画像」のトラブルもなく90分ストレスなく視聴できた。
見逃し配信やダイジェストもあるので、わざわざお金と時間をかけて(浦和の)アウェー行く必要なくなるなって思った。

山口の維新なんとかスタジアムはBMWやNDスタ同様に陸上トラックに囲まれて傾斜も緩いスタジアムだなという印象。
そしてヴェルディのサポーター少ない、超少ない。少ないけど2-0完封で3連勝だったから、もうここへ来た人たちだけが味わえる勝利の特権を満喫してほしいと思った。

山口は前半早々けが人が出たというのもあるけど、ヴェルディの堅守は相当なものだ。毎度同じパターンで失点していまだに完封勝利がないどこかのチームとは全然違う。
解説の「永田くん冷静ですねぇ。完全に読んでいました。」に一人画面の前でドヤ顔(笑) 
PO圏内を目指すなら、得失点差も重要な要素なのでこのまま完封続いてほしい。

ヴェルディの試合から一時間後、今度はガンバvs浦和戦。単独中継なのでダウンが心配されたけど、DAZNもこの一戦にかける思いはひとしおだったらしく、無事に最後まで視聴できた。
後半ATでPK獲得して“勝ちに近い引き分け”だったけど、途中ウトウトしちゃうし宇賀神のインタビューまで見たら「もういいや」ってすぐに画面消しちゃった。
相変わらず今野は汚いプレーが多くて見ていて不愉快。
ガヤさんのアクシデントにはびっくりだったけど、代わりに入った田尻くんという若いGKのJリーグデビューが微笑ましくて、「頑張れ!」って思いながら見ていた。ラファのPK止められなくて泣いていたそうだけど、これからがとても楽しみないい選手だと思った。

うちに関しては毎度の失点パターンに「いい加減にしろ」というだけ。攻撃的になった分、13年14年あたりのザル守備に戻ってしまった感がある。
なんかもういいや。こんなに失点していたら優勝なんて無理だよ。


kokorokarathankyou at 19:57|PermalinkComments(0)サッカー 

2017年03月19日

タブレットデビュー

タブレット購入!
まだ使い方慣れない。でも画面が大きいからメガネかけなくて済む。これは便利。
家でWi-Fi無料サービスなので、DAZN 見放題!これはホントいい!(( ^ω^ )


kokorokarathankyou at 10:57|PermalinkComments(0)日記 

2017年03月14日

J2 3節 東京ヴvs水戸戦??

1dc1706a.jpg
d8208993.jpg
4-0 勝ち 

ヴェルディが連勝したのは2年ぶりとあとで知った。

この日も永田はスタメン。完全に定位置獲得したなって確信した。今のヴェルデイで永田を下げる理由もない。

去年のヴェルディはPO圏内もかすらないような下の順位だったと記憶している。でも大分戦、水戸戦とまだ2試合しか生で観戦してないけど、けっこういいサッカーをしているのだ。
スピードや技術、判断の部分では浦和より全然下だけど、足元が巧いなとか思いきりがいいなとか、わりと見てて楽しいのだ。(もちろんそこに永田がいるというのも大きな理由だが)

高木トシの弟二人もいるし(顔は父ちゃんそっくりで後ろ姿が兄ちゃんそっくりw)、元ガンバの橋本もいるし(二川はまだ出番がない)、ベテランGKの柴崎という選手がどことなく山岸っぽいGKで好感が持てるので、それなりにおもしろい。

永田は毎回、相手のエースのマンマークをこなしながらセットプレーにも参加、最後方からの高精度ロングフィードでチャンスを何回も作っていたし、高木善のゴールも起点になった。
こんなに頑張って終盤に足がつるんじゃないか?とハラハラしながら見ていたけど、試合中に足首を気にする様子はあるけど、足がつるような雰囲気は感じられなかった。

試合後に発表されるMOMに選ばれた瞬間はさすがに頭が真っ白になった。
これが浦和だったら4点中2点を獲得した高木善が選ばれるんだろう。
でもヴェルディは影の功労者の永田を選出してくれた。正当な活躍に正当な評価をしてくれるクラブなんだって思った。

試合後のラインダンスも大分戦より固さがとれていた(笑)
サポーターからトラメガを渡されてのスピーチ。あとで映像で確認したら、「お客さんが少なくてさみしいので、もっとたくさんの人たちに見に来てほしい。僕達もそういうサッカーをしていきます。」と本音を包み隠さない永田トーク。

浦和みたいに平日でも2万人くるようなクラブに6年もいれば、入場者数の落差に戸惑いを覚えるのも当然だろう。

アパートに無料wi-fiが導入されたので、DAZNにも加入。これで行けない試合もスマホ観戦できるし、オンデマンド的な見逃し配信でも試合をチェックできるようになる!!



kokorokarathankyou at 12:39|PermalinkComments(0)サッカー 

永田ロス

b01cfc59.jpgACL・マリノス戦・セレッソ戦・甲府戦と公式戦4試合を指定観戦。勝ったり負けたりだけどはっきりしたことが一つ。

「今年はゴル裏は無理」

今まで指定観戦することはあっても「やっぱあそこいいなぁ。」というゴル裏愛を持って試合観戦をしていた。
でも今年はそういう感情がまったくわかない。むしろ、ゴル裏を見ていると気分が悪くなってくるのだ。
シーズン始まれば気持ちに変化があるかと思ったけど無理だった。

おりさんからは「スタンドに入ってきたときの顔にまったく覇気がない。」と言われたけど、その通りだ。「みさとさん、永田ロスよ!」と言われたけどシーズン始まってもこんな調子なのだから本当にそうなのだろう。

セレッソ戦の翌日の東京ヴvs大分戦の方がよほどテンションあがっていた。
永田は先発スタメンで、浦和でスタメン張っていた頃と遜色なくむしろベテランとしての風格が漂って、最後方からチームを引っ張っていた。
ピンチをピンチになる前に潰すあの守備センスは相変わらずだし、正確なロングフィードやドリブルも健在。
セットプレーでは惜しいヘディングシュートもあった。

ヴェルディサポーターさんは早くも永田のチャントを作ってくれて、それを聴いたときは胸熱だった。
本人も浦和のときはコールされると深々とお辞儀していたけど、ヴェルディのサポーターにはスタンドを方を見て手を叩いて鼓舞していた。なんというかとても自信がみなぎっていてサポーターに対しても堂々としていた。

浦和でもそんな姿を見たかった。一部のサポーターが永田を戦犯扱いしすぎたせいでコールもほとんどやってもらえず、いいプレーに拍手も少なかった。本人も辛かったと思う。

J2とはいえ、先発スタメンとったんだもの。選手として幸せなことだ。永田は浦和を出てよかったんだと思う。

ヴェルディのクラブ方針や経営規模を見る限り、とても昇格は望めないだろうと思っているけど、あの永田の頑張りを見ていると「J1で待っているからな。」と思わずにはいられない。



kokorokarathankyou at 12:36|PermalinkComments(0)サッカー 

これは間違いなく

最近おかしいと思っていたけど、今間違いなく躁鬱状態になってる。
気をつけよう。


kokorokarathankyou at 08:14|PermalinkComments(0)日記 

2017年02月18日

【バルサの食卓】★マッサル

98fb3f50.jpgひき肉の揚げ団子ですな。(・∀・)

ひき肉とネギと生姜と味噌と卵を混ぜて、コネコネして、粘り気が出てきたら片栗粉を混ぜてさらにコネコネして、丸めたのを多めの油で揚げてく。

揚がったらレモン汁かけて、私はサラダ菜に巻いて食べました。ちょー美味しかった。

バルサは物語の中でマッサルに毒を盛られて、あわやってことがあったけど、このマッサルには毒は盛られてないので美味しかった。



kokorokarathankyou at 20:41|PermalinkComments(0)料理 

【バルサの食卓】★トッコ

a5e56195.jpgさつまいもと片栗粉と蜂蜜と塩を混ぜて、コネコネして、丸めて、フライパンに油ひいて焼いただけ。

片栗粉入れるからモチモチになってすごくボリューミーなおやつになった。お手軽なので、スタジアム用に作ってもいいかも。


kokorokarathankyou at 20:34|PermalinkComments(0)料理 

2017年02月16日

【バルサの食卓】★スチャル

ae492b42.jpg【精霊の守り人】をはじめ、上橋菜穂子氏の著書には読むだけで「食べたい!」と思うような架空の料理がたくさん出てくる。
そんな架空の料理を現実の材料で再現したレシピ本がこれ。  

寒い日が続いているので、ヨゴ皇国の家庭料理「スチャル」を作ってみた。
鶏の手羽先と青菜と生姜と塩だけのシンプルな鶏鍋。
作ってみたら鶏肉臭さが気になったのでローリエを一枚入れて煮込んでみたら解消した。臭み消しでネギの青いところを一緒に煮込めばよかったかも。

次はバムとマッサルとロッソをトッコを作ってみたい。



kokorokarathankyou at 20:44|PermalinkComments(0)料理 

2017年02月07日

【沈黙 サイレンス】

18ee6f23.jpg遠藤周作の【沈黙】をアメリカの映画監督が35年構想を練って映画化とか?
小説あったと思ったらいつの間にか処分してたらしく、本屋で新品買っちゃったよ。

それにしても、こんな陰気で重苦しくて笑えるネタが一箇所もない小説をどうやって映像化するんだよ?と思って観たけど、映画も原作に負けず劣らず陰気で重苦しい内容だった。
しかも拷問シーン、原作まんまだったし・・・。
読むだけでも疲れるのに、よくあんな残虐な拷問を映像化したな。って思ったけどアメリカの映画だしな。さもありなんか。

私は神社仏閣、教会に足を運んで見学することは好きなんだけど、宗教そのものに関心は薄い。
だけど、むかーしこの話を読んでから「神様は何のために存在してるのか?」「宗教は何の意味があるのか?」ということを強く考えるようになった。考えるだけで何もしないんだけど。

祈って何かが達成できれば、今この瞬間の努力はなんなんだ?とか。神様に頼らないと何もできないのか?とか。
本当に神様がいて祈りを捧げる人々を救うのなら、この時代に日本に吹き荒れたキリシタン弾圧という事実をどう説明してくれるんだよ?と神様に聞いてみたい。
信者の人たちが拷問でこんなに苦しんでいるのになぜ助けない?なぜ沈黙している? 
信者でもない私ですらそう思うのだから、信者の人たちだって絶対にそう思ったはずだ。

信者の人たちだって死んだら何にもならないんだから、キリストの銅板くらい踏んじゃえよ!って思って観ていたけど、彼らにとってはそうじゃないんだよな。
和田竜さんの【村上海賊の娘】でも仏教の熱心な信徒達は死も恐れずに闘っていた。むしろ「死んだら極楽浄土に行ける」って喜んでいた。 
人に死の恐怖すら忘れさせる「宗教」とは一体なんだ?宗教とは本来人の心に寄り添い祈るものじゃないのか?

物語が進むにつれて異端児のキチジローが一番まともに見えた。人間とはかくも弱い存在で、懺悔ばかりで、それでも何かにすがって祈らずにはいられない生き物なんだ。

あと、主人公の日本人妻はいい妻だった。こういう伴侶を得て一生を終えられた主人公は幸せだったと思う。


【物語と関係ない地味なツッコミ】
・最下層の村人から下っ端の雑役から奉行:イノウエサマまでみんな英語が堪能過ぎ(笑)
・司教様たちポルトガル人なのになぜか英語(笑)
・イノウエサマの足袋がブルー(日本の時代劇でカラー足袋見たことない)
・メインキャスト以外の「村人A」みたいな端役にも豪華俳優陣集結。 
・牢番の着物がチェック柄(笑)  
・主人公と奉行:イノウエサマが室内で話すとき距離近すぎ。太秦の古参スタッフが怒りだすレベル。



kokorokarathankyou at 21:02|PermalinkComments(0)映画