2017年08月07日

ものすごくお腹が空く8月のダイエット

タイトルの通り、8月に入ってから猛烈な空腹感を覚えるようになった。

やっとの思いで体に覚えさせた「腹八分目」も吹き飛びそうなくらいだ。
ふと気がつくと「つまみ食い」をしていたり、しそうになったりと昔の悪癖が無意識で出てきているので、ここが正念場!と自分に言い聞かせている。
ダイエットからそろそろ3ケ月。何も考えずにワーッ!と食べたい欲求が出てきているのかもしれない。

でも痩せる理由はあっても太る理由はないのでまだまだ頑張る。休みに入ればネヅちゃんと美味しいものを食べに行く予定なので、そこで食欲は一旦満足させられるだろう。
この前人間ドッグの結果を見直したけど、痩せたといっても標準体重ですらまだまだ遠いところにある。

こんなところでリバウンドなんかしていられない。リバウンドしないために1年以上かけてゆっくり痩せようと決めたのだから一時的な食欲に負けてなどいられない。


kokorokarathankyou at 22:17|PermalinkComments(0)健康 

2017年08月02日

息子達とその他大勢

ミシャ解任から数日。

日曜日のTM後の選手コメントと昨日の練習後コメントを読むと“ドップリ息子”派と“その他大勢”派にくっきり分かれているのがよくわかった。
阿部ちゃんや平川はベテランなのでどちらにも属さない中道派だろうけど・・・。

興梠は「あなた広島ユース出身でしたっけ?」と思うくらい「ミシャ、ミシャ、ミシャ」「後悔、後悔、後悔」「選手の責任、選手の責任」とそればかり。読んでてちょっと気持ち悪くなるほどだった。
西川も「広島から来た選手が多くて・・」というくだりを読んだ瞬間にドン引き。やっぱりこの人も浦和の選手にはなれないんだなぁと諦めの気持ちが湧いてきた。
ミシャが来る前から浦和にいた柏木はそれほど心配してない。逆に豆腐メンタルでいられなくなるからステップアップできるいい機会じゃないだろうか?
そして意外だったのは森脇。こっちが「あれ?」と思うほど、冷静にこの状況を捉えていた。ミシャに対しても一歩引いた見方をしている。頭いい子だと思っていたけど、こういう非常事態のときにそういう普段隠れた部分が発揮されるんだろうな。なので森脇に対しても何も心配はいらない。 
槙野はこれを機に引退してタレント活動に本腰をいれたらいいんじゃないだろうか?庇ってくれる監督がいなくなって、外国人DFが加入して、堀さんなので息子枠は撤廃になって、浦和にいる意味ないような気がする。

大衆紙に書かれている記事は全部ではなくても当たっている部分も多いのだろう。
堀さんも今までのような起用方法はしないと言いきっているので、どんなにミスしても出場が約束されていたあの選手とあの選手とあの選手とあの選手は、気が気じゃないだろうね。

榎本、田村、長澤、青木、矢島、オナイウ、高木はギラギラいってほしい。菊池は今のままだと厳しいかな。


kokorokarathankyou at 19:55|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

札幌戦そしてXデー

0-2 負け。ミシャ監督解任。

想定しうる最悪の形でミシャが解任された。(通訳の杉浦さんも)
そして、2011年同様後任に堀さんが就任した。(今回は“代行”ではなく正式に“監督”として)

下位の札幌相手に先制されて、その数分後に槙野が一発レッドで退場。
いくらなんでも4審の目の前で都倉の顔を蹴ったら、そりゃ故意じゃなかろうとも赤出るよ。
そして10人でなんとか前半を1-0で凌いで「さぁ!後半うまく交代枠を使って逆転してやれ!」と思ったらまさかの後半頭からの3枚替え。(この時点で頭抱えて「引き分け御の字」と腹括った人達どれくらいいるだろう?)

悪いことは続く。後半開始わずか5分で那須くんが筋肉系の負傷で退場。でももう交代枠はない。このままだと9人で残り45分を闘うことになる。
那須くんは一人で立つこともできないのに、なんとかピッチに戻ろうとして自力で歩こうとして更にダメージを広げそのまま担架で運ばれた。
ダゾーン組も現地もベンチもピッチもこの瞬間に頭が真っ白になっただろう。
結果論だが、クラブもこの時点である程度の決断をしたんじゃないだろうか?
9人になって余計な足かせがなくなったせいか、レッズは驚くほどいいサッカーをしていた。防戦一方だったけど、何回かチャンスもあった。でも最後に長身のジェイをちびっこの関根がカバーしきれるはずもなく、0-2で終了した。

翌日の午前中にららぽーとで買い物しててスマホ放置していたら、いつの間にかオフィシャルから解任のリリースがきていた。
ミシャには2011年のあのどん底だったチームをもう一度押し上げてもらったという恩がある。その恩は忘れていない。
でも毎年何度も何度も「優勝」できるチャンスがありながら、最後に暴走采配で自分から逃してしまう。そんな監督でもあった。結果が出せないならクビになる。なのでこの解任は妥当だと思う。残念だけど仕方ない。もう残留争いなんで絶対に嫌だ。

「息子オブ息子」の槙野に引導を渡されたことになる今回の人事。槙野の出停は一試合だけど、出停開けも数試合は帯同させないでほしい。メンタル面もそうだし、自分の軽率なプレーで恩師を解任させたことの現実をよくよく考えてほしい。
柏木はともかく、息子枠の西川と森脇は来年どうするのかな? 準・息子枠の興梠・武藤・駒井・李あたりも気になる。
ミシャがどこかのJクラブの監督になったら大量にそっちに流れていきそう。
ひとまずダービーのGKは榎本を使って、左ストッパーに田村。柏木が足を引っ張るなら躊躇なく青木や長澤と交代させてほしい。
使ってもらえなくて心が揺れている選手達に希望が持てるような起用を堀新監督には望む。


kokorokarathankyou at 19:52|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

2017年07月27日

狂気の二の腕

同じ会社に私と同世代で体型も私寄りの女性同僚(仮にA)がいる。

ある日の会社帰りに彼女が着ていた私服に目がいった。リネン素材でフレンチ袖のゆったりブラウスだった。そしてそのフレンチ袖から出ている彼女の二の腕。 見てはいけないものを見てしまった…。

ものっすごく太くて汚い。
人目に晒したら犯罪レベル。
色気や爽やかさなんで髪の毛ほどもない。

実は私もあれに似たようなブラウス持ってる。でもダイエットが成功するまで着るのやめようと思った。
夏こそ隠した方が皆が幸せになることもあるんだと思った。


kokorokarathankyou at 20:46|PermalinkComments(0)日記 

間もなくダイエット11週目??

ついに-4キロ達成!!!
ここんところ調子がいい。

冷房の影響でむくみが酷くて体重もかなり停滞していたのだけど、夕飯のあとに20〜30分ほどガチのウォーキングしたり、お風呂に雑誌持ち込んだりして汗をかくようにしたら多少カロリーオーバーでも体重が減ってきたのだ。
何より動いたり汗をかくので体調もいい。
ここから8月いっぱいかけて-1キロ達成が目標。「加減」もかなり掴んできたので、カロリー第一だけど、たまに美味しいもの食べても調整可能だってわかってきた。でもパンは我慢。

5月14日からダイエット開始して約2ケ月ちょいで-4キロはかなりできすぎだ。でも4キロ減ったからといって鏡を見てもまったく変化は分からない。制服のスカートがスッと入るようになったことくらいだ。体重的にはまだまだ「肥満」の域にドップリ浸かっていることを忘れてはいけない。

でも毎日体重計にのって前日より100gでも減っていると「いよぉぉぉっっしっ!!!」となる(笑) 
何年も何年も何をやっても痩せなくて太る一方だったので、100gでも痩せる喜びは何にも代えがたい(笑) 
この喜びを忘れなければまだまだ頑張れる。


kokorokarathankyou at 20:44|PermalinkComments(0)健康 

2017年07月25日

お粥とお豆??

ツイッターで最近見始めた漢方屋さんのアカウントで
「朝食はお粥がいい」
「夏はお豆がいい」
とよく呟いているので、スーパーで見つけた小豆粥を朝ごはんとして食べてみた。そしたら思いのほか腹もちがいい。小豆の成分なのかトイレがちかくなるのはアレだけど、むくみ解消にはなる。

連日の熱帯夜なので、エアコンと扇風機付けっぱなしで爆睡しているから朝起きるとそれなりに体が冷えてる。(レッグウォーマー・腹巻・首にガーゼタオルは装着している)
なので毎朝お味噌汁は飲んでいるけど、お粥も温かくて食べやすいので確かに朝ごはんにいいかも。
今度は黒豆買ってこよう。


kokorokarathankyou at 19:51|PermalinkComments(0)健康 

2017年07月24日

どっちも酷い試合??

浦和vsC大阪 2-4 ×
東京ヴvs讃岐 3-3 △

浦和に関してはもうコメントのしようもない。「酷い」という話しか耳に入ってこないのでDAZNの見逃し配信も見る気になれない。
個人的には8/5のダービーでクラブも決断するんじゃないかと思っている。
同じメンバーでやってもやっても改善の兆しがないのに、ミシャも意地になってメンバー固定しているように見える。(特に広島組) 
これじゃ控えになってる選手達のモチベーションだって下がるばかりだ。夏の移籍で動く選手が出てくるかもしれないな。

ヴェルディは現地観戦はかなり久しぶり。ここんとこ永田もスタメンだしけっこう楽しみにして行ったのだが、こちらも浦和に負けず劣らず守備が崩壊して酷い試合だった。でも引き分けになっただけでもヴェルディはよかった。
相手もCBが永田なので中央からの攻撃は控えているように見えた。でも左右ストッパー、特に右の井林が足は遅いし体の寄せも甘いし、そこを完全に狙われて失点していた。 
中盤の組み立てを無視して前線に安易なロングボールを蹴って、そこを奪われてカウンターという場面が何度あったか。
ワイドは「Wあんざい」だからメンバーが変わったわけでもなく、井林と平(左ストッパー)の能力の問題かなと。
あと、新規加入したスペイン人のカルロスさんに合わせようとして前線が停滞する場面があったので、ここはもう少し連携を深める必要があるだろう。
後半に橋本が入ってから永田-橋本で中央に動きが出てきて、敵陣前で橋本がファールをもらいFK。壁に当たったはねかえりを中後が阿部ちゃんばりのスーパーミドルで同点に追いついた。
あのゴールは本当に素晴らしかった。J2のベストゴールに選んでほしい。

ナイターだと20:30に試合が終わって寄り道一切無しでも帰宅するまで丸2時間かかった。好きなクラブが地元にないとこんなに大変なんだと、県外から埼スタまで毎回通っているサポーターの大変さがよく分かった。


kokorokarathankyou at 20:26|PermalinkComments(0)サッカー 

2017年07月21日

今日は…

今日はダイエットのことを忘れて美味しいもの多めに食べた。

そんなに飲み会参加されるの嫌ならそれでいい。でもそれならラインとかメールとかでバレないようにやれ。

他部署の人たちにまで声かけて、身内に声かけず知らん顔、たまたま遅くまで残っていれば「早く帰ってほしい」オーラ全開、帰りのバスでは目を合わせない。

仕事頼むときだけ調子いい。こんな職場嫌だな。クソババアが定年再雇用で残るんだし、どこか別の部署に異動したくなってきた。


kokorokarathankyou at 19:57|PermalinkComments(0)日記 

2017年07月18日

夢心地の埼スタ

5b702c5c.jpg啓太の引退試合があった。
ドルトムント戦の影響もあってか啓太なのにチケットの売れ行きは芳しくなく、本人が手売りする事態になって本当に申し訳ないなと思った。

こういう興行試合は経費を除いた売上が選手本人の退職金になるので、チケットは“啓太1(5500円のS指定)”を買い、引退試合にしか着用しない特製レプリカユニ(16900円)と特製マフラー(3500円)を購入した。

普段のリーグ戦は早く行っても楽しくないのでいつもギリギリだけど、この日は気温37度の中、シャトルバスの時間まで待ち切れず電車を乗り継いで埼スタまで行った。
皆にも「どうして早いの?」と突っ込まれた(笑) 

啓太1指定は前から4列目の通路寄り。ものすごい至近距離でポンテやワシやマリッチや4様や永井や伸二や坪井やギシや都築を見ることができてウハウハだった。
青チームで参加の中村俊輔や松井大輔、巻に福西、橋本、岩政。
特にJ2の現役選手は連休中にリーグ戦もあったのに埼スタまで駆けつけてくれて、本当に感謝しかない。巻や山岸は熊本や北九州からわざわざ・・本当にありがとう。

青チームはJ1・J2の現役選手がほとんどなので、手抜きの遊び試合でも「うまいなぁ」とスタンドを唸らせる。
中村俊輔なんか遊びなのにものすごい高精度のFKやクロスあげてくるので拍手喝さいだった。
赤チームは福田にゴールさせようと必死なのだが、なんといっても阿部ちゃん・岩政・細貝がガチでユニ引っ張って押さえこむし、ギシも「現役なので手抜きは失礼」とファインセーブ連発(笑)南側では「ギシ、手加減してあげて!」とスタンドから呼びかけもあったとか(笑)

啓太曰く「忖度があった」という、お膳立てで90分で3ゴール。ワシ・ポンテ・巻・岡野と華のある選手達がゴールを決めて、ジョホールバルの再現まで見ることができて、本当に幸せで夢のような90分だった。



kokorokarathankyou at 22:15|PermalinkComments(0)浦和レッズ 

2017年07月17日

天皇杯3回戦vsロアッソ熊本??

5eac1db0.jpg
bbf41995.jpg
1-0 勝ち。得点:高木

公式戦でプレーする榎本や田村をようやく見ることができた。
J2の下位チームに1点は正直さみしいけど、普段見られない選手達が泥臭くプレーしている姿は見てて楽しかった。

この日は珍しく試合中に一回も携帯見なかった。

まだまだ荒削りだし、連携・決定力・走力・守備力など改善点は山ほどある。
菊地に関しては本人がどれほど危機感もってるか疑問に思うほどだ。
長澤や田村はよくやっていると思うよ。
榎本は「そんなに前に出ると西川みたいになっちゃうからもっと後ろでどっしり守ってて。」と思うほど。
でも熊本の外人が倒れて痛がっていても「あれ嘘だな」と判断したのか、水飲んで全然知らん顔しているあたりはさすがベテラン(笑)
高木のFKは「素晴らしい!」の一言。そして本人がそんなに喜んでいないあたりが頼もしい。
チュンくんの離脱は痛いけど、代わりにトシが頭角を現してくれることを期待したい。

本来であれば会場は熊本になっているはずだったのに、浦和都合で埼玉開催になってしまった。
九州豪雨あったばかりだし、平日ナイターなのにたくさんの熊本サポが駒場に来てくれた。声もよく出ていた。去年の地震のあとにチャリティーで購入したくまもんのタオマフをやっと掲げることができて嬉しかった。

翌日も半休とっていたので超久しぶりに皆とバスのお見送りした。



kokorokarathankyou at 09:17|PermalinkComments(0)浦和レッズ