久しぶりに古くからの友人宅に
遊びに出かけた。
彼女との付き合いは
20数年前に15年以上勤めた会社で
出会ったことが始まり。
職場の人は皆が私より年上で
彼女も11歳も年上。
なのに不思議と気が合って
今も変わらずに付き合いが続いている。
人生で出会う人は数多いけど
その中で友人になれる人と出会えるのは
やっぱり仏様のお陰かもしれないな。
彼女の家は昔風の日本家屋で
台所は土間になっている。
ここに何度足を運んで何度ほっとしただろう。
今では数え切れない。
「何もないけどどうぞ〜」
いつも、そう言う彼女がこそが私には故郷のよう。
「いいよ、いいよ。ここが好きなんだから」
私のこの言葉もいつもと同じ。
仕事が変わって、今は年に数度しか会わないけど、
その時間を埋めるように彼女との会話は続く。
なし 001




















サスケ君も元気でした。(*^_^*)なし 002


















そして、秋色のナーシーの登場。
彼女の家の梨畑で採れた梨は最高に美味しい。
いつも葡萄を送ってくれる姉用には箱入り。
我が家で食べる用も分けてもらった。
この量で(15個)1700円、彼女の好意の値段。
ありがたや、ありがたや。果物王国\(~o~)/
なし 003



















なし 004


















頭と同じぐらいでっかい、あたご梨です。(*^_^*)
なし 005


















大好きな彼女とも会えたし、
明日から頑張って働きま〜す。(*^_^*)
写真協力は友達からの誕生日プレゼントに
満面の笑みを浮かべている娘の後頭でした。

日々、感謝。感謝の絵を描いてみました。(*^_^*)
私の周りには優しい人がいっぱいで幸せです。
絵は梨よ。じゃがいもではありません。(笑)
なしつづき