2006年04月21日

「本当に愛していれば・・」 太宰 治

111『人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉など白々しくて言いたくなくなるものだ』

「人間失格」などを書いた文学者、太宰治の言葉です。

 


この人が、取り巻きと酒を飲むときは、
けっこう暗かったそうですが、その太宰治も愛についてこう語っています。

たしかに、これも真理ではあるでしょう。
好きな相手を誉めそやし、笑顔ばかりというのは、
案外、恋愛の初期段階かもしれません。

本当に仲の良い恋人同士や夫婦なら、小さな事でもケンカはするし、
言いたいこともはっきりと意見をぶつけ合います。

でも、それが、できるのは、相手を心で信じている、
信頼関係があるからではないでしょうか。

そう・・「愛」には、「信」という想いが流れているように思います。
「愛することは、信じること」なのかもしれません。


みなさんの周囲には、「この人は、心から信じられる」という人がどれだけいるでしょうか?

また、「信じたい」と思う人がどれだけいるでしょうか・・。

 


☆早矢のコメント:人が、お互いに、信じ合えるということは、とても大切なことだと思います。


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 


 

  

サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:45Comments(5)

2006年04月15日

「一人の女性の愛に・・」 高村光太郎

000

「一人の女性の愛に清められて、私はやっと自己を得た」。


「智恵子抄」を書いた作家、高村光太郎の告白の言葉です。

 

ヨーロッパ芸術に目覚めながら、実は、ただ退廃的な放蕩生活を送っていただけの若き光太郎は、女流画家、智恵子と出会うことで、希望の光を見出します。

以後、10年ほどは、幸せな結婚生活が続きましたが、
はからずも、智恵子は精神を病んでしまう・・。

智恵子がもともと病弱だったこともあるでしょうが、実家が破産して、
故郷での療養ができなくなり、心身ともに追い込まれていた事が原因だとも言われています。

やがて、その智恵子を、光太郎が、生涯かけて、魂の半身のように寄り添い愛し尽くすのですが、そこから生まれたのが有名な「智恵子抄」です。

 

光太郎は、また、出逢った当時のことを、「キリストの代わりに、このやくざ者の目の前に、奇蹟のように現れたのが智恵子であった」とも語っています。

光太郎と智恵子の人生は、出逢いを生かしきった「愛の人生」のひとつの典型ではないでしょうか。

そして、智恵子を愛した高村光太郎の人生そのものが、彼の芸術作品だったのかもしれません。


☆早矢のコメント:人と人との出逢いって、やっぱり大事にしたいですね。ネットばかりやってちゃダメかも・・(笑)


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:13Comments(5)

2006年04月09日

「愛は・・」 シェークスピア

はる 

「愛は、具体的でなければならない」

四大悲劇などを書いた劇作家シェークスピアはそう語っています。


愛に対しての捉え方もいろいろあれば、
愛情表現にも、100人いれば、100通りのものがあるでしょう。

ある人は、素敵な言葉を送ったり、花をプレゼントしたりするでしょうし、
ある人は、悩みを聞いてあげたり、ボランティアをしたり、

お金を差し出したり、服を買ってあげたり、
ご飯を作ったり、洗濯したり、キスやスキンシップも愛情表現の1つでしょう。

好きな人に、遠くから、優しい眼差しをむけているだけの人もいるでしょう。


「愛」という想いを、どういう行動に移すかは、その人の「知性」や「人柄」によって様々に変ります。

自分の気持ちを、どう伝えるかで悩むのは、具体的な愛情表現を模索しているからです。

さて、貴方なら、誰に、どんな愛情表現をしたいと思うでしょうか・・。



☆早矢のコメント:愛情表現かあ〜。シャイな僕には難しいなあ〜(笑)。


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 06:41Comments(2)

2006年04月06日

「愛とは・・」 ジョン・レノン

hana

「愛とは、愛されたいと願う事」

そう言ったのは、ビートルズの中心的メンバーだったジョン・レノンです。

 

 

人類史上、「愛」ほど、人々に語られた言葉はありません。

では、愛とはいったいなんでしょうか?

なぜ、人は、愛を求めてやまないのでしょうか?

たぶん、その答えは、10人いれば10通りの回答があるようにも思います。


ジョンは、「愛とは、愛されたいと願う事」だと言いました。

みなさんの愛に対する答えはなんでしょうか?

まだ、見つかっていない人も、一緒に探していきましょう。

本当の愛と幸福をつかむために・・。

 

★早矢のコメント:世の中には、いろんな愛があるのだと思います。

 あれも愛、これも愛、きっと愛・・と、誰かが歌ってましたネ☆


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:28Comments(10)
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.