2009年12月23日

頼ることって。

「依存と頼ることの違いってなんでしょう?」
という質問をいただいたので、こんな話になりました。


依存することは、支配や相手をコントロールしたい、という想いがあるよね。
頼ることは、尊重があるよね。と。

どちらも相手に手助けしてほしい、と思っている。
相手が手助けしてくれるときは依存も頼ることも、どちらも順調で問題はないでしょう、と。

相手が手助けしてくれないときに、どうやらその違いは出てきそうですね、と。

相手の人が手助けできないときに、
不機嫌になったり、相手に不満や文句を言ったり、泣いてプレッシャーを与えたり、
相手を変えようとしたり、恐れや支配があるとき、そういうときは相手の反応に依存してると言えそうです。

相手が助けられない事情のときもあるでしょう。
そんな事情のときにも、相手の人を尊重できているとしたらそれは頼りにできているのではないでしょうか。
言い換えると、相手の善意だけを受け取れる人は、人に頼ることができてるんだなと思います。


でも、別に依存がだめだ、ということでもないんですよね。

松本竜弥

  

サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 09:59Comments(0)

2009年12月12日

心の癒し【あなたにありがとう】第10号

みなさん、こんにちは。
心の癒しのメールマガジン【あなたにありがとう】松本竜弥です。


今日は悔やんだときに読んでほしいお話です。


,☆゚'・:*:・。,,。・:*:・゚'☆,。・:*:・。,,。・:*:。,☆゚'・:*:・

 

人って何か目標を持ってがんばったりすると思うんです。


あるいは前にできなかったことができるようになったりする。


許せなかったことが許せるようになったりする。


世の中とか神さまに、私たちの成長を見守られているのだとしたら。


それって、
失敗しても良いんだよ、ということを最初から認められている
ってことなんですよ。


成功から学ぶこともあるし、失敗からのみ学ぶこともあるので。


だから、本当に失敗していいんだよ、って認められてる。


だから、失敗を悔いてる人、失敗を責めてる人がいたら、それは勘違いですよ、と。
しんどく思わなくて大丈夫。


「ああ失敗したなぁ、良かった♪」でいいんです。


そもそも失敗と呼ばなくてもいいんですけどね、それ。


ということで、
人には失敗していい権利ってもんがあるんです。

もし周りで、失敗に悔やんでいる人、責めている人がいたら、
この話を教えてあげてくださいね。

良い週末をお過ごしください^^

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 14:37Comments(3)

2009年12月09日

心の癒し【あなたにありがとう】第 9号

みなさん、こんにちは。
心の癒しメールマガジン【あなたにありがとう】松本竜弥です。

私の体験でつい最近、身近にこういうことがあったのでご紹介しようと思いました。


ビジネスシーンや、奥様や旦那様や恋人との喧嘩のときにも使える

「話してる相手の人と意見が合わないとき、そこから抜け出すコツ」

をシェアさせてくださいね。
心の稼動領域が広がるし、人間関係も良くなります。


 相手と意見が合わなくなってるときって、シンプルに言うと、「相手の意見を採用したら、困ると錯覚してる」ときなんですよね。
この錯覚は意識できてないときもあるので、気付きのチャンスです!
なんにしてもどこかで困るゾって思っています。

意見が合ってないときは、まずは深呼吸して落ち着きましょう。

そして、相手の意見を採用している未来にもバッチリ喜びはあって、その喜びを手にしてお互いハッピーでいられるんだ!と確認したり、安心や安全を今から先に味わっておく。

これだけ。

自分が「これだ!」と思っている以外の場所にハッピーがない、ということはないんですよね。
こっちが「無い」と錯覚しちゃってるだけで、相手の意見の中には、お互いがばっちりハッピーでいられる世界って案外とあるんですよ。
いやむしろ。実は、たくさんある。
慣れてくるといっぱい見つかります。
そこを感じられると、相異がすぅ〜っと消えていくんですよね。

そうするとね、
自分がどんな選択をしても大丈夫になるから、お互いがより居心地のよい選択をしていけるようになるんですよね。

 地味な取り組みですけど、意識してやってみると効果ありますのでよかったら試してみてくださいね〜。


……あら??

ううう。。。すみません、私事なのですが今日の話を書きながら私が以前、意見が合わなかった人との会話をリアルに思い出しています(今まさに… ^^;)。

あのとき。あなたの意見を採用しててもお互いハッピーでいられたはずなのに、あのときそれができなくてゴメンナサイ;;ほんとにごめん!!
今頃になって、あのときの解放を感じています。
ありがとう;;

と、こういう過去を癒すことにも使えます^^;

今日も読んでくださってありがとうございました!

 

もし相手の意見を採用する想像に葛藤があるようなときは、こんなお話もどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/matsumotoryuya/archives/1390865.html


メルマガご購読はブログの右上のフォームからどうぞ!
松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 08:21Comments(0)

2009年12月07日

大丈夫。みんな一緒にいるよ

このサイトのみなさんの悩みやアドバイスを綴った本「大丈夫。みんな一緒にいるよ」がありますが、読んでいただいた方はいらっしゃいますか。

先日、このサイトに、この本を読んでくださった、夢を継ぐ者さんの彼女の方からコメントをいただきました。
ご紹介したいと思います。

  • 2009/12/01 06:00
  • 投稿者:夢を継ぐ者

初めまして。
『大丈夫。みんな一緒にいるよ』を読ませて頂きました。


この本が発売される少し前、私の彼が貴サイトにお世話になっていたと、縁あって知り合った当時のユーザーの方から教えて頂きました。
彼は既に病の為に亡くなっており、私は現実から立ち直る事が出来ずに心にシコリを抱いたまま生活しておりました。
そんな時にそのユーザーの方と知り合い、そしてこの本を見せて頂き、皆様のリアルな心に触れ、彼の最期に残した言葉を受け、涙が溢れて止まりませんでした。
泣いてばかりではいけないと押し殺していた心が漸く溶け、自然に涙を流す事が出来たのです。
この本のお陰で、心のシコリがゆっくりと小さく小さくなっていくのを感じました。


現在、私自身もこの本を購入し大切に保管しております。
仕事、人間関係、生活に疲れて泣きたくなった時。
寂しくてどうしようもなくなった時。
そっとこの本のページを捲り、最初から最後まで読んで気持ちを新たにして。
私の御守りの様な存在です。


『大丈夫。みんな一緒にいるよ』を作って頂いて、本当に感謝しております。
ありがとうございました。


夢を継ぐ者さんはこの本の最後に掲載させていただいた相談でした。投稿していただいたときすでに彼は余命数ヶ月でした。
命のことをまっすぐな言葉で語ってくださり、私も読み返し何度も涙を流しました。
もうこの本の市場在庫はないそうですが、もし読むことができるならば読んでみてください。
発売から4年が経ち、色あせずに大切なことを教えてくれます。

松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 00:00Comments(0)

2009年12月06日

人を美しいと思う瞬間

人を美しいなぁ、とすごく思う瞬間があります。


それは、その人が「あああ…、自分はなんて傲慢だったんだろう;;」と気付いて打ちのめされているとき。
そのときは、大泣きしているかもしれません。

「またゼロからやり直しかぁ。。。」

「今まで傲慢で本当にごめんなさい」

なんて本気で思ったりします。


傲慢って、人に「傲慢だよ」と言われて気付いたり納得することはまずなくて、自分で「傲慢だった」と気付くことがあって、やっと受け入れられる。

そして、なんとも言えないみじめさや情けなさのようなものをど〜んと感じつつ、ちょっぴり新芽のような感謝もあって。
「心を入れ替えて、出直そう」とか思ってて。

そんな経験ありませんか?^^
自分も何度か経験したことがあるし、人が経験しているのを見たこともあります。
本人はそれどころではないでしょうけど、美しい瞬間だなぁ、と思って感動します。


そして、覚悟をする人のことをかっこいいな、と思います。
覚悟は他人に対してすることは絶対できなくて、自分にしかできない本気の想いだから。

みじめだったり、情けなかったり。
こんな素晴らしい瞬間ってないのかも。

松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 00:46Comments(0)

2009年12月03日

夢は今の自分にはできないこと

先日、ある方の講演を聴かせていただく機会がありました。
良いお話だと後からしみじみ思い出されるお話なので、こちらでもご紹介したいと思いました。

どういうお話かというと、


自分の達成したいこと、目標とか夢とかは、今の自分に出来ないことでいいんですよ、と。
実力も財力も時間も、ぜんぜん足りなくていい。
むしろ今の自分にできないことが夢なんです。
だって、できることが分かっていたら、単に計画や予定でしょ?と。

でね、夢が実現されるその瞬間に、後付けでいいので、そのときに、達成するのに必要なだけの実力がともなっていたらいいわけですよね、って。

坂本竜馬という人がいました。
彼は仲間二人で脱藩します。
自分は日本を変えられると思った。
彼にはその強い想いがあっただけで、財力や人脈や資源なんて全然なかった。
合理的に考えれば、周りに相談したら「絶対無理!」って言われたでしょう。
だって、脱藩は当時の決まりでは犯罪者、捕まれば投獄、そんな身分です。
そこで彼が見た夢は、そのときの彼の実力に関係なく、形になりましたよね。

今の自分にできないことだから、できたとき、人は感動するんです。


というお話。
福島正伸さんという方の講演です。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 22:16Comments(0)
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.