2006年06月09日

ありがとうのお話会レポート(1)

SGKさんが第七回のお話会に参加されたときの感想を語ってくれました。
SGKさんの優しさが出てますね。そんなSGKさんのお話を次回6/17(土)の、第八回ありがとうのお話会で聞くことができます。ご興味をお持ちの方ぜひどうぞ。

第八回ありがとうのお話会、ご案内はこちら。



生息している武蔵村山から1時間半かけて、五反田まで移動。ドキドキしてます。
会場に到着するも、部屋の前で少し躊躇。
中から聞こえる笑い声が、すごく楽しそう。
「いきなり入って大丈夫かな…」という不安がつのってます。

勇気を出して部屋の中へ。
「初めまして、松本龍弥です。」
そう言って暖かく出迎えてくれたのは、夏らしいアロハシャツ着て、片手に扇子を持った恰幅の良い坊主頭の男性でした。
「あぁ、これが本物の管理人さんか…」と思った瞬間、周囲から笑い声が。
お話会のお世話をされている、お坊さんのどろさんでした…。
本物の松本龍弥さんは、日焼けした藤井フミヤ、といった感じでした。かっこええ。


まだ自己紹介の最中だったらしく、サトコさんから自己紹介スタート。今日が参加2回目だそうです。
次の人へ、ボールをパース!…が、大きくそれてぼくの後ろにいた菊蔵さんを直撃。「誰を狙ったの!?」と、びっくりされてました。

自己紹介では何を話したか覚えていないので割愛…。
緊張してたので覚えてません(汗


小休憩の後、メインである講師の方のお話へ。
休憩中に、Ayakoさんが書かれた「お話し会」のちらしをいただきました。
イラスト、上手だなぁ…。


最初の講師は、くもりときどきはれさん。
たろねこさんが、「くもりさんのお話を聞きたかったのよ〜!」と言うくらい、人気がありました。
くもりさんのお話しで一番印象に残っているのは、お話ししているくもりさんの姿が、本当に綺麗だったこと。
「輝いてる」って、こういうことを言うんだなぁ、と。

次の講師は、岩崎さん。
くもりさんのお話に感化されたらしく、急遽容易したレジュメとは違うお話しをすることに。
「34人の電話ボックス」は、これから何かに行き詰まったときに、思い出してみようと思います。
話し方が楽しくて笑いが絶えませんでしたが、誰よりも岩崎さんが楽しそうでした。


この「お話し会」の目的は、最初は「参加者が成長する」ことだと思っていました。そのための講師なんだと。
でもお二人のお話しを聞いていて、「講師も含め、参加者全員が成長する」ことが、この会の目的だったのかな、と思うようになりました。


その後は、途中から参加された青葉さんも含めての座談会。今回が始めての試みだそうです。
どろさんの「苦しいってなんだろうね」という言葉から、みんなで思い思いに話していきました。

隣にいたharadaさん(…で、合ってますよね?)が、何度も「あ〜、そうかぁ」と頷いていました。
「人ってみんな違うのに、何でこんなに共感できるんだろう」とharadaさん。本当に、不思議。


その後はみんなで二次会へ。青葉さんは残念ながら帰られてしまいました。

二次会へ行く途中、みなっちさんからビーズの人形をいただきました。
Qooのマスコットの人形です。角が…角がカワイイ。
手作りだったんでしょうか。器用ですよね。


「二次会の参加率が、講演の満足率」と岩崎さん。なるほど…。そう考えると、「お話し会」の満足度はやっぱり高いみたいです。
ほぼ全員参加。

席はくもりさんとさとちゃんの間。さとちゃんから何度も話し掛けられたんですが、うまく発展させることができませんでした。
もう少し自分から話せるようにならないとなぁ…。今回の課題です。

途中、Jamさんの手品が。前回の天城一泊二日旅行で披露されたものと同じなんでしょうか。
手にもった百円玉が、一瞬のうちにポケットの中へ。松本さんは、タネを見抜いてたのかな。
しかし、手の上から一瞬で消えるところがわからない…。


二次会の後は、松本さん、みなっちさん、さとちゃんと新宿駅までご一緒。最後に握手をしてお別れしました。
楽しかった…。

 

さて、皆さんと別れた後電車を待っていたわけですが。
「何か、看板の色が違う…」ということにふと気づく。

いつも使うところ…中央『快速』線 オレンジの看板
今いるところ…中央『総武』線 黄色の看板(三鷹まで)
帰る駅…三鷹より西

…ここ、違う! ( ̄□ ̄;;)
新宿駅の構内を10分ほど迷子になったそうです。

(SGK)




サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:16│Comments(0)
 
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.