2006年08月05日

生きる証しが試練なら

151a20b2.jpg

生きる証しが

試練なら

どんな激しい風雨にも

私は決して後を見ない

嵐の後の青空を

見るまで

 

(国内生涯納税額一位 斉藤一人)


一人さんの言葉は、とてもシンプルで力強い言葉だなあ、と思います。
生きるって、成長のための課題の連続だと思うんですよね。
そして、間違いなく乗り越えた結果があります。

人生、瞬間瞬間はつらいこともありますが、成長に感謝して、大いに喜んでいくなら、私たちは世界が愛に溢れたものだと実感できるようになります。

悩み=生きる輝きそのものです。
悩んだ自分に、がんばってるね、と優しい言葉をかけてあげてくださいね。

(いいんだよ。 松本竜弥)

  

サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:57Comments(8)

2006年07月02日

ただ優しい気持ち。

人のために何かをすることで
誰もが素晴らしい人になれます。

大学を出ていなくても、正しい文法で話せなくても
人のために何かをすることができます。

ただ優しい気持ちがあればいいのです。
愛の心があればいいのです。

マーチン・ルーサー・キング・ジュニアー・ノンバイオレント・ ソシアル・チェンジ


56bb8c50.jpg命と生涯をかけて、非暴力を貫いて人種差別と戦ったキング牧師の言葉です。

私たちも背中を押される言葉ですね。
悩んでいる人に伝える言葉が、うまく見つけられないかもしれません。

でも、つらいとき私たちを助けてくれたのは的確なアドバイスもそうですが、それと同時に、あるいはそれ以上に「君の味方だよ。」「見守ってるよ。」「松本くんは大丈夫かな?」と、ただ私のことを想ってくれた気持ちだったように思います。

今でも、思い出して感謝の気持ちでいっぱいになります。
どうやら私たちにはできることが、まだまだたくさんありそうです。

(松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 23:13Comments(3)

2006年04月21日

「本当に愛していれば・・」 太宰 治

111『人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉など白々しくて言いたくなくなるものだ』

「人間失格」などを書いた文学者、太宰治の言葉です。

 


この人が、取り巻きと酒を飲むときは、
けっこう暗かったそうですが、その太宰治も愛についてこう語っています。

たしかに、これも真理ではあるでしょう。
好きな相手を誉めそやし、笑顔ばかりというのは、
案外、恋愛の初期段階かもしれません。

本当に仲の良い恋人同士や夫婦なら、小さな事でもケンカはするし、
言いたいこともはっきりと意見をぶつけ合います。

でも、それが、できるのは、相手を心で信じている、
信頼関係があるからではないでしょうか。

そう・・「愛」には、「信」という想いが流れているように思います。
「愛することは、信じること」なのかもしれません。


みなさんの周囲には、「この人は、心から信じられる」という人がどれだけいるでしょうか?

また、「信じたい」と思う人がどれだけいるでしょうか・・。

 


☆早矢のコメント:人が、お互いに、信じ合えるということは、とても大切なことだと思います。


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 


 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:45Comments(5)

2006年04月15日

「一人の女性の愛に・・」 高村光太郎

000

「一人の女性の愛に清められて、私はやっと自己を得た」。


「智恵子抄」を書いた作家、高村光太郎の告白の言葉です。

 

ヨーロッパ芸術に目覚めながら、実は、ただ退廃的な放蕩生活を送っていただけの若き光太郎は、女流画家、智恵子と出会うことで、希望の光を見出します。

以後、10年ほどは、幸せな結婚生活が続きましたが、
はからずも、智恵子は精神を病んでしまう・・。

智恵子がもともと病弱だったこともあるでしょうが、実家が破産して、
故郷での療養ができなくなり、心身ともに追い込まれていた事が原因だとも言われています。

やがて、その智恵子を、光太郎が、生涯かけて、魂の半身のように寄り添い愛し尽くすのですが、そこから生まれたのが有名な「智恵子抄」です。

 

光太郎は、また、出逢った当時のことを、「キリストの代わりに、このやくざ者の目の前に、奇蹟のように現れたのが智恵子であった」とも語っています。

光太郎と智恵子の人生は、出逢いを生かしきった「愛の人生」のひとつの典型ではないでしょうか。

そして、智恵子を愛した高村光太郎の人生そのものが、彼の芸術作品だったのかもしれません。


☆早矢のコメント:人と人との出逢いって、やっぱり大事にしたいですね。ネットばかりやってちゃダメかも・・(笑)


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:13Comments(5)

2006年04月09日

「愛は・・」 シェークスピア

はる 

「愛は、具体的でなければならない」

四大悲劇などを書いた劇作家シェークスピアはそう語っています。


愛に対しての捉え方もいろいろあれば、
愛情表現にも、100人いれば、100通りのものがあるでしょう。

ある人は、素敵な言葉を送ったり、花をプレゼントしたりするでしょうし、
ある人は、悩みを聞いてあげたり、ボランティアをしたり、

お金を差し出したり、服を買ってあげたり、
ご飯を作ったり、洗濯したり、キスやスキンシップも愛情表現の1つでしょう。

好きな人に、遠くから、優しい眼差しをむけているだけの人もいるでしょう。


「愛」という想いを、どういう行動に移すかは、その人の「知性」や「人柄」によって様々に変ります。

自分の気持ちを、どう伝えるかで悩むのは、具体的な愛情表現を模索しているからです。

さて、貴方なら、誰に、どんな愛情表現をしたいと思うでしょうか・・。



☆早矢のコメント:愛情表現かあ〜。シャイな僕には難しいなあ〜(笑)。


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 06:41Comments(2)

2006年04月06日

「愛とは・・」 ジョン・レノン

hana

「愛とは、愛されたいと願う事」

そう言ったのは、ビートルズの中心的メンバーだったジョン・レノンです。

 

 

人類史上、「愛」ほど、人々に語られた言葉はありません。

では、愛とはいったいなんでしょうか?

なぜ、人は、愛を求めてやまないのでしょうか?

たぶん、その答えは、10人いれば10通りの回答があるようにも思います。


ジョンは、「愛とは、愛されたいと願う事」だと言いました。

みなさんの愛に対する答えはなんでしょうか?

まだ、見つかっていない人も、一緒に探していきましょう。

本当の愛と幸福をつかむために・・。

 

★早矢のコメント:世の中には、いろんな愛があるのだと思います。

 あれも愛、これも愛、きっと愛・・と、誰かが歌ってましたネ☆


写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

 

 

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:28Comments(10)

2005年12月31日

表面をつくるということ

67b70cb5.gif

表面をつくるということは、
内面を改良する一種の方法である。

夏目漱石 作家


今年もいよいよ本日で終わりですね。
まだ漱石さんの紙幣をお持ちの方は、彼の言葉とともに、お年玉として活躍していただいてはいかがでしょうか。

私も内面が伴わないとき、形から入ることをよくします。

例えば気分が伴わないときでも、笑顔になってみる。そうすると心理実験でも証明されていることなのですが笑顔が先に、その後にウキウキした気分がついてきます。
仕事でも趣味でも実力が伴わなくても、自分があたかも一流なんだとスタイルから入ることで飛躍的に実力が伸びます。

ちなみに樋口一葉さんと野口英世さんは、浪費家で有名です(笑)
浪費に気をつけなよ、と説明しつつ伝記を子ども達に読んでもらえる機会があったら小粋なお年玉になりそうですね。

(松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:16Comments(5)

2005年11月23日

『魚を与えるよりも・・』

bfcaa891.jpg


『魚を与えるよりも、釣り針を与えるほうがいい。
釣り針を与えるよりも、その釣り針の作り方を教えるほうがいい。』(中国の諺)


去年の暮れはギター侍。
今年の暮れはHGさんが巷の人気者のようです。(^_^)

皆さま、お寒い中いかがお過ごしでしょうか?


世間では、野の動物たちも来る冬に備えて、体毛を深くしたり、食い溜めしたりといそしんでいるようです。
人間も例外ではなく、いろいろな備えをはじめる季節ですね。

今回の諺もそれと同じ意味合いを含んでおります。

例えば、親がわが子を育てる際に、
どのように育って欲しいかという時に当てはまります。

かわいいわが子に、魚を毎日運んでくる親・・。
皆さん、親御さんとなっておられる方は深〜い愛情を持ってお子さんを大事に大事に育てておりますよね。

ところが、それだけでは、子供は1人前には育っていかないこともある。
本当に賢い親は、魚を運んでくるだけではなく、魚の捕まえ方を教えるということです。

魚の捕まえ方・・釣り針の作り方ですね。
これさえ教えておけば、親がいなくなっても、子供は1人でたくましく生きていける。世の荒波にもまれても、とりあえずは飢えて苦しむ事もない。

つまり、手取り足取りして過保護にしてあげるのではない。
わが子が将来「自立」して生きていけるように育ててあげることが本当の愛情ですよということです。

誰しも、人の親ならわが子はかわいい。

じゃあ、かわいいなりに、
どのように愛情を注ぐべきだろうか?・・という意味の諺です。

 

★早矢のコメント:HGさんというのは「ふおぉーーー!」とか言ってるあの人のことです。すごく変な芸人と言う人もいれば、面白いと言う人もいますネ。
 

写真:小笹輝子さん 
http://www.h4.dion.ne.jp/~teruko15/

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 06:49Comments(10)

2005年06月17日

「遊びも必要」 

 

77道を学ぼうとする人は、つつしんで身も心も正していくことが必要だが、

もう一方で、こだわりを捨てて、面白おかしい遊びに興じることも必要だ。

もし、ただひたすらに自分を苦しめるだけなら、秋の寂しさや冷たさはあっても、春のうららかな暖かさがない。

それで、どうして、万物を育むことができようか。

(前集61章)
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:07Comments(4)

2005年06月10日

「2人の自分」








  66                 

怒りに燃えて感情が爆発する時は、
それにはっきりと気が付いている自分がいる。

また、気が付いていながら突き進もうとする自分がいる。

気が付いている自分とは何者か?

怒りに突き進もうとする自分とは何者か?

ここで、奮然として想いを転じていければ、邪念は消え去り、心の主(あるじ)となるであろう。(前集119章)
          

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 18:30Comments(22)

2005年06月03日

「人によって」  菜根譚

 99
取るに足らない小人物に対して、
厳しい態度で接することはやさしい。

 

難しいのは、

憎しみの感情を持たないことだ。

 

立派な大人物に対して、

へりくだった態度で接することはやさしい。

 

難しいのは、礼において行き過ぎ卑屈にならないことだ。
                                     (前集36章)

                        
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 07:17Comments(7)

2005年05月29日

「思いやりを持つ」 菜根譚

今日の言葉



人の小さな過失を責めることなく、


人の隠し事を暴こうともせず、


人の過去の悪行も忘れてあげる。


この3つにより、貴方は人格を高め、徳を養うことができる。


 また、人から恨みなどを買うこともない。 (前集105章)

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 16:45Comments(17)

2005年04月26日

「精神統一」 大山倍達

円を描いた紙を小屋の壁にはり、その中央に黒点を描いて、その前で座禅を組んだ。

臍下丹田に力を入れ、精神を円の黒点の中央に集中し、精神統一をする。
いわゆる「無念無想」の境地に到達するための座禅である。
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 17:00Comments(2)TrackBack(1)
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.