2009年08月03日

心の癒し【あなたにありがとう】第 6号

みなさんおはようございます。

これは先日九州で、名言セラピーのひすいこたろうさんに、ご一緒
したとき教えていただいた「絶対うまく行く!」と確信するときのお話。
彼はこれを喜びポイントと呼んでいました。

名言セラピーはこちら!
http://archive.mag2.com/0000145862/


彼がパーティーに参加していたときに、最後のほうでゲーム大会が
あったらしいんですね。

みんなに配られたケーキだったか、アイスだったかの
「フタを空けたときに、赤い印が入っていた人には豪華プレゼントです。」と。

お隣に座っていたのが、大変お世話になっている出版社の女性の方でした。
ひすいこたろうさんはこう思いました。
「もし当たったらぜひ彼女に権利を差し上げよう」

そして主催者からもう一度アナウンスが。
「本当に豪華ですよ!」と。

ひすいこたろうさんはまた思いました。

「豪華というと、ひょっとしたらバリ島旅行かもしれない。
彼女はバリ島に行きたがっていたし、もしも当たったら、それでも
彼女に権利を差し上げよう」と。

そう思ったときに、ひすいさんは確信が湧いてきたそうです。

あ、僕、絶対当たるな、これ。

って。

だって、これ他の人が当たったら、当たったその人が嬉しいだけだ。
だけど、僕が当たったら、僕も嬉しいし、彼女も嬉しい。
もし世界に神様がいるんだったら、神様は他の人じゃなくて世界に
喜びが2倍になる僕に当てたいと思うに違いない!

そんな確信が湧きました。
そして、お世話に出版社の女性に
「見てて!!僕絶対に当たるから。当たったら権利あげますね^^」
と予告までしました。


結果は。。。

見事、赤い印が入っていたそうです。

数、忘れちゃったんですが確か200分の1の確率くらい?でもこれは
当選確率の問題ではなかったんだろうと思います。

 

この話を聞いて、私も嬉しくなったし、
たぶんこの話を聞いた人も嬉しくなるんだと思います^^

もし神様がいたとしたら、愛は全てに対して圧倒的だと思うけど、
結果は効率の良いところから、もうそれは「出てしまうもの」なの
だと思うんですね。


僕も嬉しい。
あなたも嬉しい。
みんな嬉しい。
ひすいさんが「絶対うまく行く!」と確信するのは、
そんな喜びポイントが多いときなんですって。

今週もあなたにたくさんのHappyがありますように^^

 

 


1つ、松本竜弥の宣伝です^^

今週末8/8(土)東京大井町きゅりあんにて、ヒプノセラピーの講演が
あります。私がメインブースでナビゲートさせていただきます。

私が人生で、たった一つしか人に伝えることができないとしたら、
間違いなくこの「瞑想の話」を伝えるって確信している内容です。

詳しくはこちらをご覧くださいね。
http://kakose.com

今ならまだ前売り2000円(一日遊べる入場券)とのです。
友達には絶対お徳だから、なんとか時間作っておいでと言ってます。

 

  

サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 09:44Comments(0)

2009年07月02日

心の癒し【あなたにありがとう】第 3号

みなさんこんにちは。

先日、大切な仲間の一人と腹を割った話をしていたとき、こういう
質問をしました。


「自分が惚れ込める人って何人に一人くらいいると感じてます?」

って。

私が思うに、いないわけじゃないけど、やっぱり少ない…。
でも惚れ込める人はいる。今くらいで満足するもんなんだろうか?
果たしてどれくらいいるもんなんだろう。

それが私が長い間、持っていた疑問でした。

 

しかし、まるっと私が的を外してた勘違いだったんですよね。

「それは松本さん自身がどういう人になるか
 それで出会える割合も変わってくるはずですよ」


あいたっ(>_<)☆中ミ

そう。
まったくその通りです。ハンマーで頭を殴られた気がしました(笑)
私が未熟でした…。

自分が自分の惚れ込んじゃう人になる(ように心がける)のが良いようです^^



心の癒しのメルマガ【あなたにありがとう。】
登録してみてね。
http://kokoronoiyashi.net/mm/mag.cgi

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 13:08Comments(2)

2009年06月29日

心の癒し【あなたにありがとう】第 2号

まずは、この画像をご覧ください。
スマイルな野菜
私がお世話になっている、笑顔の先生、諏訪ゆう子先生が料理をしていたときのピーマンなんですが、こういう喜びをちょくちょく連絡してくれる、そんな方なんですよね^^


そんな諏訪先生から、人が人を好きになる3要素というお話を教えてもらいました。
このお話を教えてもらったのが今から4年ほど前ですが、大変効果的だったので、それ以来大切にしてきたお話です。





人が人を好きになる要素は3つ。


1つが、その人のことを、どんなことでもいいけど「すごいな!」と思えるものを持っていること

たしかに。。。言われてみると私が好きな人たちのこと、尊敬する
ところが多々ありますね。



1つが、その人が明るいこと
明るい言葉であったり、笑顔であったり、行動であったり。

うん、好きな人たちといると楽しい話になります。




そして最も大切な1つが

その人が自分のことを大切にしてくれること
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
または、その人が自分のことを大切に想ってくれていること
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これはまったくその通り!
どちらが先かってことはもう問題ではなくて
大切なんだ、という想いは共鳴しあっていますからね。

大切だと思っている人からは大切にされる
大切にしてくれる人のことを大切に想う




自分が好きになれる人から好きになる。
それはつまり、自分が好きを意識するってこと。
自分の好きが増えたら、自分からも相手からも、好きは利子が付くように増えていきます^^

おかげさまで、好きな人がどんどんと増えていきました。


好きとっても伝わるのが「笑顔」です。
笑顔の先生、諏訪ゆう子さんのブログもぜひどうぞ^^
笑いと脱力で癒されるはずです。

笑顔が学べるセミナーもありますのでご興味がおありのかたはお勧めです。  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 09:47Comments(2)

2009年05月25日

心の癒し【あなたにありがとう】第 1号


心の癒しの松本竜弥です、こんにちは。

心の癒しのメルマガは、いろんなことを書くと思いますが、やはり癒される話を中心にご紹介していこう、と思っています。



今回は「『日本人のこころ』に癒されるお話」です。

毎月、私が連載させていただいる月刊貯徳時代

「僕たち日本人ってどんな人達なんだろうか?」

というコラムを書きましたら、大変ご好評をいただきましたので、心の癒しのメルマガでもご紹介させていただこうと思いました。




■ 「さようなら」の意味

私たち世界に貢献していくために大切な、歴史も含めた日本人が心のお話を書きたいと思います。

「日本人とは何だろうか?」です。

みなさんは「さようなら」の意味をご存知でしょうか?
「さようなら」はお別れするときの言葉ですが例えば英語であれば別れの言葉は「グッバイ」です。グッバイは「別れてもあなたが神と共にありますように」という意味の言葉「God by」から変化した言葉です。
では、日本人である私たちが使う「さようなら」の意味は何なのでしょう。

できればサラサラっと読み流さずに、ちょっと考えてみていただきたいので他の話をしますね。

■ 日本という精神に癒される時代

先日、東洋思想の研究家である境野勝悟先生にお会いして、教えを受けてきました。

「世の中に社会というものも、会社というものもないんです。
 街に出かけて、社会!と呼んでも誰も返事をしません。
 同じように、会社!と呼びかけても誰も返事をしません。
 いるのは人間だけなんです。
 じゃあ人間とはなんでしょうか。人間とは男と女のことなんです。
 人間が発展してきたのは数字によるものではありません。人間が発展してきたのは男女であり、私たちに根ざしている心です。」

多岐に渡るお話の中で、私たちの心を癒すためにも特に知ってもらいたい、自分たちの国や民族のことを、このコラムを読んでくださっているみなさんに、紹介しようと思いました。

私自身にとっては、私が生まれてからの世界観しか知りませんでしたが、歴史を学んでみると日本人の多くは、どうやら戦後からなかなか根強い劣等感を持ってきたようです。

それゆえに海外の文化、特に西洋の流行を一生懸命に取り入れてきましたが、世界の人々が地球レベルで活動するこれからの時代には、自分たちが何者なのかを理解していなければ、相手の人達に与えるものもないはずです。
自分の国というものに自尊心がなければ、相手の国への尊重や調和も難しいと言えるでしょう。自分たちの歴史を知らなければ、相手の国の歴史を学ぶことも難しいと言えます。

私たちが、私たちの土台である、日本という精神に癒される必要や流れはこれからどんどんできてくるように思います。


■ 太陽とともに生きてきた日本人

「さようなら」は元々、いま使っているように長い時間会っていて分かれるときの言葉ではなく、日本人がすれ違いざまに誰とでも、親しく挨拶を交わしていた時代の言葉でした。


「今日(こんにち)は。元気ですか。」
「ええ、とても元気です。」
「左様ならば、ごきげんよう。」


という一連の挨拶文句の中の一部が「さようなら」だったのでした。
今日とは、太陽のことです。
元気とは、元の気、これもまた太陽から受けるエネルギーや恵みのことです。


「あなたがいま、お天と様の気と共にあるのでしたら、それは心も穏やかで良いことでしょう。」


元々「こんにちは」も「さようなら」も一連の挨拶だったんですね。
あなたは太陽と共にありますか?という確認の言葉でした。

なんて心が晴れやかになり、気持ちの明るくなる挨拶でしょうか!

そしてそれがすべての日本人のごく日常の会話だったわけです。
このことは、私も知らなかったように、普段使う言葉でも、その本来の意味を戦後世代の私たちはあまり知らないようです。

昔から日本では、日の出と共に手を合わせ、太陽に感謝を捧げるという習慣がありました。これは世界でも珍しいほうの習慣だそうです。

この挨拶からも分かるように、日本人は昔から「自分たちは太陽と共に生きているのだ」というのを意識的にも無意識的にも理解している人たちでした。


例えばイギリス人の方に「イギリス人とはなんだ」と聞くと「ジェントルマンシップを持っていることです」と答えます。

フランス人の方は
「ボンサンス(良識)を持ち、フランス文化や伝統に深い理解を持っていることです」と答えます。

ドイツ人の方は
「ジャーマンスピリットを持っていることです」と答えます。
ジャーマンスピリットとは何ですか?と聞けば
「社会の善いことには喜んで賛同し、悪いことは力を合わせ改革していけることです」と答えます。


境野勝悟先生に
「日本人とは何ですか?と聞かれたときははっきりと答えてください」
と次のように教えていただきました。


「日本人とは、自分たちの命の原因が太陽であることを知って、その太陽に感謝して、太陽のように丸く、明るく、豊かに、元気に生きる。これが日本人です」


こうした精神文化を残してくれた日本の先人たちに感謝をしています。
ありがとうございます。



こんなコラムでした。

アインシュタイン博士やダライラマ法王が「21世紀は日本の時代」ということを言ったわけですが、今「徳」や「足るを知る」などの東洋思想や文化がとても熱いんですよ。
私もすごく勉強をさせていただいています。

人とお金に好かれる「貯徳」体質になる!その月刊貯徳時代が、書籍になりました。分かりやすくお勧めです。
発売から一週間で重版が決まったほどよく売れています。


『人とお金に好かれる「貯徳」体質になる!』
5/30には竹田和平さんの講演会が東京で開催されます。特典あり。


道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる (知的生きかた文庫)境野勝悟先生の本が、今年公開された道元禅師を描いた映画「禅」の関連本となっていて、重版八版とこちらもよく売れています。


『道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる』
映画「禅」


メルマガの登録をご希望の方はこちらからどうぞ^^
http://kokoronoiyashi.net/mm/mag.cgi

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 14:38Comments(3)

2009年01月17日

ショートケーキと「大丈夫。みんな一緒にいるよ」

昨日、私の友人たちと小さな新年会をさせてもらいました。

その中の一人、ヒプノセラピストの山本良子さんがみんなに手作りのケーキを披露してくださいました。

「竜弥さんの本を想って作りました。
 本の表紙にある赤い●を表現しようと、苺を一番大きな円になるところで切ってみたら、苺の真ん中にハートが出てきたんです!!!
サイトや本に、ハートが詰まっているんだなーってびっくりしました!」

と教えてくれました。
とってもありがたいお話でした。

その写真です。ハートの苺
これからも心を込めて、このサイトやサイトを通じて知り合うお一人お一人とお付き合いをさせていただきたいと、改めて思いました。

いつもいつも、ありがとうございます。

 

(松本竜弥)

大丈夫。みんな一緒にいるよ
大丈夫。みんな一緒にいるよ
クチコミを見る

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 04:34Comments(0)

2008年02月16日

大富豪が教えてくれた「ありがとう」の話

「昔の日本人は『それ』を感謝に置き換えたんだよ。
 日本人は元々そういう素晴らしい感性を持ってるがね」

先日、竹田和平さんからこのようなお話をお伺いしました。
『それ』とは、ありがとうの語源「有り難い」のことです
うわ〜。言われてみればそのとおりです。私の感覚だったら、単に可能性を意味する言葉のままだったでしょう。そんな可能性を表す言葉に、昔の日本の人は感謝の意味を結び付けました。すごいですよね。

和平&未紗&竜弥

「人がありがとうに触れるのは、小さいときからのほうがいいがね」という竹田和平さんの呼びかけでありがとうを伝えるサイトを作りました
作画はMisa.Kさん。とても心の豊かな方で、かわいらしい絵を描かれる方なんです!


 
http://ari-gato.jp

あ〜りとが〜とあ〜りが〜との奇跡の旅」という世界にあるたくさんのありがとうを探しに行く二人の兄妹の物語です。
子供たちが携帯でありがとうに触れることができるよう、4コママンガになっています。

おもしろいことにこのマンガにはセリフがありません。
子供たちが絵本を読むように、子供たちに自由に物語を作ってもらおう!というコンセプトです。
そしてその子供たちの夢の世界を大人が聞いてあげることで子供たちに愛を感じてもらいたいと願っています。

利用には費用はかかりません。
あ〜りとが〜とQRパソコンからでも、携帯からでもアクセスすることができます。
よかったら、お子さんをお持ちのお知り合いの方々に教えてあげてください。
紹介された方も喜ばれることでしょう。


松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:06Comments(5)

2006年01月01日

新年あけまして、おめでとうございます

新年あけまして、おめでとうございます。

2006年を迎えました。

今年1年、みなさんはどんな年を望まれていらっしゃるでしょうか?

仕事、家庭、恋愛、結婚、いろいろな出来事が待ち受けているのでしょうね^^

さて、今日、管理ヘルパーの伊奈平さんと少しお話しする機会がありました。

そこで、こんな話をお聞きしました。

毎年、暮れに日本漢字能力検定協会が一年の世相をあらわす字を募集するそうですが、昨年一年の世相をあらわす字は「愛」だったそうです。

天変地異や、人災で多くの方がなくなったり、不運あったためでしょうか?

また、時代の変化として、益々、人と人との関係がクローズアップされてきているということでしょうか?

「愛」これはとても重要なテーマです。

そして、2006年も、やっぱりこの「愛」が重要なテーマとなるキーワードになるんじゃないかとお話をしていました。

よく、愛を、愛を・・・って言われますが、どうでしょうか?

求めすぎていませんかね?

まずは、自分から愛する行為、それは相手を理解してあげたり、自己を犠牲にして、相手を育む行為、そのような行為をして、はじめて愛というのは、理解できたり、分かってくるのではないかと思います。

みなさんは、どうでしょうか?

与える実践からはじめていますか?

私は、愛という言葉を聞くと最初にすぐ思いだすのが、マザーテレサです。

マザーテレサ





ご存知だと思いますが、彼女は、一生涯を貧しい人々のためにささげました。

しかし、それは貧しい人のためだけというより、私たちすべての人に捧げられていたとも感じます。

彼女の言葉、そして行為は、そのまま
愛というのを物語っていたように思います。

彼女の言葉にこのような言葉があります。

「目の不自由な人がそばにいれば、自分が読んでいる新聞を声を出して
 読みあげるだけでいい。それも自分が読みたい時間にで充分。
 いや、何もしなくても、そこに何かで苦しんでいる人がいるということを
 知っているだけでいいのです。」

また、マザーテレサは昭和56年4月22日に来日し、1週間ほど日本に滞在しました。

その時、このようなメッセージも残しています。

「豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。
 だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。
 物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。

 心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。

 日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください。」

多くの人が彼女の行動を通じて、この言葉の意味をかみしめることができると思います。

愛は、行動してはじめて、感じるもの、感じさせれるもの。

2006年は愛の実践、行動する年にしたいものです。

(四つ葉)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 22:47Comments(2)

2005年12月29日

今年1年ほんとうに有難うございました。

今年も残すところあと、数日になりました。

寒さが少しずつ増していますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今年1年、みなさんはどんな年を送られたでしょうか?

今年は、昨年にもまして、天災や人災の多い年でしたね。

1年を通じて、いろんなハプニングが多くありました。

その一方で、素敵なことも数多くありました。

心の癒しも、本当に、素晴らしい1年になりました。

念願の書籍が出版され、その収益は、「社会法人 自由人権協会」
と「チベットの里親基金」として寄付することができました。チベット寄付
寄付







また、携帯の「心の癒しmini」も誕生し、

qr
 携帯「心の癒し」
 http://www.kokoro-i.com

手軽に悩み相談や癒し情報を携帯でやり取りすることもできるようになりました。

少しずつですが、サイトはどんどん大きくなっていっています。

本当にみなさんのおかげです。

今年1年、本当に有難うございました。

来年も益々、癒しの輪を広げていけるよう頑張りたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。

(四つ葉)  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 03:30Comments(0)

2005年09月13日

最高の出来事

ご無沙汰しています。みんなさんお元気ですか?

選挙も終わり、日本もこれから大きく変わっていく時代を迎えようとして
いるのでしょうか?

最近は、大きな天災も続けてあり、まだまだ不安が続く世の中ですね。

ちょっとびっくりしたのは、コンビニで地震対策のマニュアル本が売れて
いるのを見かけたことです。

本当に、他人事とは思えません。

どうか、天災、人災が少なくなりますように。

fujisann
さて、先日知人の男性が富士山に登ったという
ことでその時の話をしてくれました。


もうすぐ雪山になってしまうので、そろそろ一般登山としては季節終わり
になるようですが、この知人は、夜中に朝日を見ようと上ったそうです。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 14:13Comments(2)

2005年04月10日

先憂後楽

ac846233.jpg

4月は新しい始まりの月です。


新学期、新入社、どれも新しいスタートです。


新しいことにチャレンジして、努力する姿は素敵ですね。


マースさんも今新しいことをスタートされて、大変なもようですが、
本人は結構楽しんでいらっしゃるような感じです。


ひとついいことを聞きました。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 21:51Comments(5)TrackBack(2)

2005年04月06日

心のケア大切に

f83ef01c.jpg

さて、興味深いニュース記事を拝見したので、お知らせします。


    ***            ***


「仲間はずれの痛みと体の痛み、脳では同じ反応 米で研究



 仲間はずれにされて心理的な疎外感を感じるのも、体が物理的な痛みを
感じるのも、脳内の反応は同じ――。米カリフォルニア大などのグループが実験でこんなことを確かめ、米科学誌サイエンスの最新号に発表した。


 13人の被験者にそれぞれテレビゲームをしてもらった。ゲームは、被験者が画面に出てくる2人とキャッチボールをする内容。最初は3人が仲良くボールを投げ合うが、突然、被験者が仲間はずれにされ、ボールを投げても2人からは返球がないよう設定した。


 脳の反応を機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)装置で調べたところ、仲間はずれにされると、痛みによる苦しみに関係するとされる前部帯状回皮質という部位が反応していた。苦痛のコントロールにかかわる右前頭葉前部腹側部も、仲間はずれにされた時に活発に反応していた。


 脳の痛みの認識に詳しい岡崎国立共同研究機構生理学研究所の柿木隆介教授(神経生理学)によると、二つの部位の周辺は、痛みがなくても「痛い」と思うだけで反応することが知られている。「今回の研究は、疎外された時の心の痛みも同じ部位で反応することを示しており、興味深い結果だ」と話している。」


    ***            ***


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 19:16Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月05日

幸福な人生のために

4c0cda8b.jpg
 今日はみなさんと人生について一緒に考えてみましょう。


 年齢関係なく誰もが幸せになりたい、幸福な人生を送りたい、そう願っているはずです。そして人生を成功させるための秘訣は今に集中すること。そして自分がやらなければならないことを淡々とやり続けることです。簡単なようで実は多くの人が見落としている点でもあります。
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 14:37Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月02日

桜の樹のひみつ

688274fe.jpg

4月が始まりました。みなさんいかがお過ごしですか?


もうすぐ桜が満開ですね!
桜の並木どおりを通るととっても新鮮な気持ちになります。
なぜなんでしょうかね?
不思議です。


桜の淡いピンク色がよいのでしょうか?
花びらが舞っている、その景色がよいのでしょうか?
何がよいのでしょうかね?


実は、こんな話を聞きました。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 21:27Comments(4)TrackBack(0)

2005年03月31日

失敗や悩みを元にジャンプする(後編)

116f077a.jpg

私の大好きなお話があります。


あるアメリカの男性は、お店を経営していたけれども、それがつぶれてしまいました。
そこで、測量技師になりましたが、それにも失敗しました。残ったのは借金でした。それを返済し、次に彼が選んだ道は、兵隊でした。
インディアンと戦う軍隊に入隊しました。
そこで、彼は隊長の地位をもらいました。ところが、軍人としての成績があまりにひどかったので、たちまち兵卒に降格させられ、除名させられてしまいました。
また、ある遺伝疾患にもかかっていて、異様な顔立ちになってしまいました。
その後、彼は熱烈な恋をし、婚約をしました。けれども、相手の女性はまもなく死んでしまいました。
またもや、彼は、精神的打撃の中でのた打ち回らなければならなくなりました。
次に、彼は弁護士になりました。しかし、弁護士としての活躍もたいしたものではありませんでした。
そこで彼は、政治の方へ進むことにしました。けれども、立候補しては落選し、それを何度も繰り返しました。しかし、何度目かの挑戦で、やっと当選することが出来ました。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:11Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月30日

失敗や悩みを元にジャンプする(前編)

5779cb76.jpg

最近の悩みごと掲示板で、いくつか同じ悩みを持っていらっしゃる方が多いなって少し感じました。


そういった意味でも、他人の悩みを一緒に聞き、考え、優しいアドバイスをしてあげるということは他人のためだけでなく、自分自身をも豊かにしてくれるものですね。


今回は、過去や今の悩みを引きずって、私はこの先どうなるのでしょうか?大丈夫でしょうか?というの悩みを見ていて、思うことを少し書きたいと思います。


私が今の仕事につく前、大変辛い事がありました。
たぶん、もう復活できだろうなって、そんな意気消沈が続きました。
誰でもそうですけど、そんな時って、もう何も手がつかなくなったり、もうどうでもいいやって気分になりますよね。


肯定的に生きていこうと思っている私もそんな感じになりました。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 13:09Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月26日

心の解放への第一歩

5e26db1c.jpg

 常に連続した緊張が襲い、自殺衝動にまで追い込まれてしまったという相談は何度か聞きました。悩みの解決は人によって様々で固定されたものでありませんが今日はこの「心の緊張」というワードにスポットを当ててみたいと思います。


 この連続した緊張はなぜ起こるのでしょうか。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:45Comments(7)TrackBack(1)

2005年03月24日

成功の秘訣 想いが現実を作る

6ab7e1ea.jpg

 成功を収める人のほとんどは、過去のことについて後悔したり、クヨクヨと悩んだりはしません。そして自分の目標に前向きに突き進んでいきます。こういう話はみなさんも何度か本で読んだり、人から聞いたりしたことがあるかもしれません。


 しかし、これだけではなぜ成功するのか、人生をうまく生きれるのかいまひとつ理解できませんね。
 どうして、過去にこだわらずに、前向きになることが成功の秘訣なのでしょうか?
 その答えは簡単です。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:58Comments(10)TrackBack(2)

2005年03月22日

天災、いざというときに

17de4206.jpg

福岡で大きな地震がありました。


これまで地震の空白地域ということで、とても地震なんて・・・といわれていたところで突然マグネチュード6以上の大きな地震でした。


被害に遭われた方はみなさん口々に、今まで一度もこんな目にあったことはなかったのに・・・びっくりしましたと仰っていました。


昨年から今年にかけて、地震、天災が相次いで起きています。


何が原因かと聞かれても、とても説明がつくようでつかないような現象ですね。


マースさんに占星術的にみていただいたら、土星が蟹座にはいった時期がちょうど昨年の夏おわりからだそうで、このような時期は地震がおきやすい傾向があるようです。


いつまで続くのですか?とお聞きしました。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 18:37Comments(5)TrackBack(0)

2005年03月20日

喜びと感謝と心の広がり

b284da2e.jpg

 私達は日ごろいろいろな喜びを経験します。
 この喜びが多ければ多いほど、その人は幸福と言えます。


 特に人とのふれあいで得られる喜びは大変大きな喜びです。そして普段、私達が経験している喜びの多くは、自分だけではなく、他の人達もなんらかの関わりがあることを忘れないようにしたいものです。



 私達が得ている喜びが、他の人から与えられたものと考えるなら、人に対する感謝の念がごくごく自然に出てくるようになります。
 もし感謝の念を忘れてしまうなら、どうでしょうか。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:01Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月18日

後悔先立たず

8bcc8a7c.jpg

 ある方の投稿を拝見していて、私自身も昔、このような話を聞いたことがあるのを思い出しました。
 その女性には、ご病気で入院されているお母さんがいらっしゃいました。彼女は母親の介護のために、仕事も忙しいけども合間をぬって、毎日病院に面会に行っていたそうです。ご経験のある方は分かると思いますが、毎日面会にいくのは、仕事をされている方にとってはなかなか大変なことかもしれません。ただ彼女自身は、母親が自分に会えるのを楽しみにしているので通いました。ある意味、そんな義務的に面会に行ってしまっている自分の気持ちにも気づいていました。それでも、周りの方からすれば献身的に母の介護に尽くしていたように見えたでしょう。


 しかしある日、会議が重なり、わずらわしさが重なってしまい、結局、その日は面会に行けませんでした。その後しばらくして、彼女のお母さんは、ご病気のためお亡くなりになります。それにより、彼女は再び日常の忙しい生活に戻ることになりました。


 そんな過ぎた日のこと。
 会議の席で、ふと手渡された書類に目に通した瞬間のことでした。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:57Comments(3)TrackBack(1)

2005年03月17日

他人を生かす

1b2a6e46.jpg

 さて、今日は他人を生かすことを一緒に考えてみたいと思います。
 これは他人を生かす発想を行おうとした時点で、自分自身がよりのびのびと出来るようになる因を作ることになります。ですから、この気持ちはとても大切なことです。


 私たちは人と接するときに、その良い悪いを判断する際に、基準を自分自身が過去に作り上げてきた、かなり偏ったデータに基づいて判断します。これは次の例からも証明できると言えます。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:47Comments(6)TrackBack(1)

2005年03月15日

言葉の力と癒し

74519fd3.jpg


 言葉の力は偉大です。
 そして、たった一言で、人生は変わります。


 先日、ある出版社の方とお話した管理人さんからお聞きした内容です。

 その方は、長らく出版業界に携わって、それなりのお仕事をこなされてきたようでしたが、外向きの成果とは逆に、心はすさみ、もう、のたれ死んでしまいたいという精神状態に来ていらっしゃったそうです。

   どんなに仕事で成果を出していても、いや、どんな環境にあっても人はそれぞれに苦しみ、悩みを抱えるものなのです。

  そして、もう限界ギリギリのところまで来たときに、ある友人から1冊の本を渡されたそうです。


 それが、ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」という本でした。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 16:27Comments(6)TrackBack(0)

2005年03月14日

癒しはにじみ出るところから

7a33b5f9.jpg

 癒しの掲示板ということで、投稿内容に四苦八苦するときがあります。


 最近、ジャズピアニストさんの管理人板への書き込みがありましたが仰っていることもよく分かるように思います。厳しい意見をかいているつもりはないけど、厳しく取られてしまったり、すごく丁寧にレスをつけたつもりが、全く変な展開になって論争になってしまったり・・・。悩み相談、そしてコミュニケーションとは難しいことですね。


 実は、先日、あるカウンセリングの先生からこのようなアドバイスを頂きました。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 19:24Comments(5)TrackBack(1)
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.