2009年12月23日

頼ることって。

「依存と頼ることの違いってなんでしょう?」
という質問をいただいたので、こんな話になりました。


依存することは、支配や相手をコントロールしたい、という想いがあるよね。
頼ることは、尊重があるよね。と。

どちらも相手に手助けしてほしい、と思っている。
相手が手助けしてくれるときは依存も頼ることも、どちらも順調で問題はないでしょう、と。

相手が手助けしてくれないときに、どうやらその違いは出てきそうですね、と。

相手の人が手助けできないときに、
不機嫌になったり、相手に不満や文句を言ったり、泣いてプレッシャーを与えたり、
相手を変えようとしたり、恐れや支配があるとき、そういうときは相手の反応に依存してると言えそうです。

相手が助けられない事情のときもあるでしょう。
そんな事情のときにも、相手の人を尊重できているとしたらそれは頼りにできているのではないでしょうか。
言い換えると、相手の善意だけを受け取れる人は、人に頼ることができてるんだなと思います。


でも、別に依存がだめだ、ということでもないんですよね。

松本竜弥

  

サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 09:59Comments(0)

2009年12月12日

心の癒し【あなたにありがとう】第10号

みなさん、こんにちは。
心の癒しのメールマガジン【あなたにありがとう】松本竜弥です。


今日は悔やんだときに読んでほしいお話です。


,☆゚'・:*:・。,,。・:*:・゚'☆,。・:*:・。,,。・:*:。,☆゚'・:*:・

 

人って何か目標を持ってがんばったりすると思うんです。


あるいは前にできなかったことができるようになったりする。


許せなかったことが許せるようになったりする。


世の中とか神さまに、私たちの成長を見守られているのだとしたら。


それって、
失敗しても良いんだよ、ということを最初から認められている
ってことなんですよ。


成功から学ぶこともあるし、失敗からのみ学ぶこともあるので。


だから、本当に失敗していいんだよ、って認められてる。


だから、失敗を悔いてる人、失敗を責めてる人がいたら、それは勘違いですよ、と。
しんどく思わなくて大丈夫。


「ああ失敗したなぁ、良かった♪」でいいんです。


そもそも失敗と呼ばなくてもいいんですけどね、それ。


ということで、
人には失敗していい権利ってもんがあるんです。

もし周りで、失敗に悔やんでいる人、責めている人がいたら、
この話を教えてあげてくださいね。

良い週末をお過ごしください^^

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 14:37Comments(3)

2009年12月09日

心の癒し【あなたにありがとう】第 9号

みなさん、こんにちは。
心の癒しメールマガジン【あなたにありがとう】松本竜弥です。

私の体験でつい最近、身近にこういうことがあったのでご紹介しようと思いました。


ビジネスシーンや、奥様や旦那様や恋人との喧嘩のときにも使える

「話してる相手の人と意見が合わないとき、そこから抜け出すコツ」

をシェアさせてくださいね。
心の稼動領域が広がるし、人間関係も良くなります。


 相手と意見が合わなくなってるときって、シンプルに言うと、「相手の意見を採用したら、困ると錯覚してる」ときなんですよね。
この錯覚は意識できてないときもあるので、気付きのチャンスです!
なんにしてもどこかで困るゾって思っています。

意見が合ってないときは、まずは深呼吸して落ち着きましょう。

そして、相手の意見を採用している未来にもバッチリ喜びはあって、その喜びを手にしてお互いハッピーでいられるんだ!と確認したり、安心や安全を今から先に味わっておく。

これだけ。

自分が「これだ!」と思っている以外の場所にハッピーがない、ということはないんですよね。
こっちが「無い」と錯覚しちゃってるだけで、相手の意見の中には、お互いがばっちりハッピーでいられる世界って案外とあるんですよ。
いやむしろ。実は、たくさんある。
慣れてくるといっぱい見つかります。
そこを感じられると、相異がすぅ〜っと消えていくんですよね。

そうするとね、
自分がどんな選択をしても大丈夫になるから、お互いがより居心地のよい選択をしていけるようになるんですよね。

 地味な取り組みですけど、意識してやってみると効果ありますのでよかったら試してみてくださいね〜。


……あら??

ううう。。。すみません、私事なのですが今日の話を書きながら私が以前、意見が合わなかった人との会話をリアルに思い出しています(今まさに… ^^;)。

あのとき。あなたの意見を採用しててもお互いハッピーでいられたはずなのに、あのときそれができなくてゴメンナサイ;;ほんとにごめん!!
今頃になって、あのときの解放を感じています。
ありがとう;;

と、こういう過去を癒すことにも使えます^^;

今日も読んでくださってありがとうございました!

 

もし相手の意見を採用する想像に葛藤があるようなときは、こんなお話もどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/matsumotoryuya/archives/1390865.html


メルマガご購読はブログの右上のフォームからどうぞ!
松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 08:21Comments(0)

2009年12月07日

大丈夫。みんな一緒にいるよ

このサイトのみなさんの悩みやアドバイスを綴った本「大丈夫。みんな一緒にいるよ」がありますが、読んでいただいた方はいらっしゃいますか。

先日、このサイトに、この本を読んでくださった、夢を継ぐ者さんの彼女の方からコメントをいただきました。
ご紹介したいと思います。

  • 2009/12/01 06:00
  • 投稿者:夢を継ぐ者

初めまして。
『大丈夫。みんな一緒にいるよ』を読ませて頂きました。


この本が発売される少し前、私の彼が貴サイトにお世話になっていたと、縁あって知り合った当時のユーザーの方から教えて頂きました。
彼は既に病の為に亡くなっており、私は現実から立ち直る事が出来ずに心にシコリを抱いたまま生活しておりました。
そんな時にそのユーザーの方と知り合い、そしてこの本を見せて頂き、皆様のリアルな心に触れ、彼の最期に残した言葉を受け、涙が溢れて止まりませんでした。
泣いてばかりではいけないと押し殺していた心が漸く溶け、自然に涙を流す事が出来たのです。
この本のお陰で、心のシコリがゆっくりと小さく小さくなっていくのを感じました。


現在、私自身もこの本を購入し大切に保管しております。
仕事、人間関係、生活に疲れて泣きたくなった時。
寂しくてどうしようもなくなった時。
そっとこの本のページを捲り、最初から最後まで読んで気持ちを新たにして。
私の御守りの様な存在です。


『大丈夫。みんな一緒にいるよ』を作って頂いて、本当に感謝しております。
ありがとうございました。


夢を継ぐ者さんはこの本の最後に掲載させていただいた相談でした。投稿していただいたときすでに彼は余命数ヶ月でした。
命のことをまっすぐな言葉で語ってくださり、私も読み返し何度も涙を流しました。
もうこの本の市場在庫はないそうですが、もし読むことができるならば読んでみてください。
発売から4年が経ち、色あせずに大切なことを教えてくれます。

松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 00:00Comments(0)

2009年12月06日

人を美しいと思う瞬間

人を美しいなぁ、とすごく思う瞬間があります。


それは、その人が「あああ…、自分はなんて傲慢だったんだろう;;」と気付いて打ちのめされているとき。
そのときは、大泣きしているかもしれません。

「またゼロからやり直しかぁ。。。」

「今まで傲慢で本当にごめんなさい」

なんて本気で思ったりします。


傲慢って、人に「傲慢だよ」と言われて気付いたり納得することはまずなくて、自分で「傲慢だった」と気付くことがあって、やっと受け入れられる。

そして、なんとも言えないみじめさや情けなさのようなものをど〜んと感じつつ、ちょっぴり新芽のような感謝もあって。
「心を入れ替えて、出直そう」とか思ってて。

そんな経験ありませんか?^^
自分も何度か経験したことがあるし、人が経験しているのを見たこともあります。
本人はそれどころではないでしょうけど、美しい瞬間だなぁ、と思って感動します。


そして、覚悟をする人のことをかっこいいな、と思います。
覚悟は他人に対してすることは絶対できなくて、自分にしかできない本気の想いだから。

みじめだったり、情けなかったり。
こんな素晴らしい瞬間ってないのかも。

松本竜弥

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 00:46Comments(0)

2009年12月03日

夢は今の自分にはできないこと

先日、ある方の講演を聴かせていただく機会がありました。
良いお話だと後からしみじみ思い出されるお話なので、こちらでもご紹介したいと思いました。

どういうお話かというと、


自分の達成したいこと、目標とか夢とかは、今の自分に出来ないことでいいんですよ、と。
実力も財力も時間も、ぜんぜん足りなくていい。
むしろ今の自分にできないことが夢なんです。
だって、できることが分かっていたら、単に計画や予定でしょ?と。

でね、夢が実現されるその瞬間に、後付けでいいので、そのときに、達成するのに必要なだけの実力がともなっていたらいいわけですよね、って。

坂本竜馬という人がいました。
彼は仲間二人で脱藩します。
自分は日本を変えられると思った。
彼にはその強い想いがあっただけで、財力や人脈や資源なんて全然なかった。
合理的に考えれば、周りに相談したら「絶対無理!」って言われたでしょう。
だって、脱藩は当時の決まりでは犯罪者、捕まれば投獄、そんな身分です。
そこで彼が見た夢は、そのときの彼の実力に関係なく、形になりましたよね。

今の自分にできないことだから、できたとき、人は感動するんです。


というお話。
福島正伸さんという方の講演です。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 22:16Comments(0)

2009年11月11日

見た夢で聞いたお話

みなさんこんにちは。松本竜弥です。

今日見た夢に自分で感動したので、書き残しておこうと思います^^

ちょっと変わった、こんな夢でした*^^*

 

,。・:*:・゚'☆,。・:*:・。,,。・:*:。,☆゚'・:*:・

 

宇宙のあちこちから、
いろんな星の命が集まってきて、神様の下で、会議をしてる夢なんだ。

存在の次元が互いにずれているので、どんな姿をした人たち、とは どうにも説明がしづらいんだけど、そんなことより、何にしても話し合いのテーマは「愛について」だったように思う。

でもちょっと、なんというか、それほど強い想いじゃないんだけど周りにいる彼らの存在がすごくて、逆に自分には何もないような、そんな微妙な居心地の悪さも感じてた。

というのも、よその星の人たちはそれぞれ、すごい特殊な能力を持っていたんだよね。

空を浮揚して飛べたり、形状変化ができたり、空間移動ができたり。
ほかにも目にするたび「うわっ」ってひるんじゃうような。


んー。。。という想いがあって、

「ああいうの、うらやましいですよね。
 なんで僕たち人間にはああいうのがないんでしょう?」

と心の中で神様に尋ねたら、即答されました。


「ははは。それはね、君が自分を基準にして見ているだけだよ。
 無いように見えているだけだ。
 その証拠に、君たち地球人には、自分の過去の悲しみを癒して
 愛に変えていけるという力があるんだよ。
 それは本当に素晴らしい力なんだ。」

あ!それって確かにすごい力だよ!
そうそう、本当にすごいんだよね。


というびっくりしたショックで目が覚めてしまった。
最近、こんな夢ばかり見るので、眠るのが楽しかったり。

自分の人間関係にも似てるなぁ、と思いながらも とにかく、すごい力がみんなにあるんだな、と思ったら やさしい勇気が湧いてきたんだよね。


というお話。

 

,。・:*:・゚'☆,。・:*:・。,,。・:*:。,☆゚'・:*:・


近頃、自分の周りの人間関係って本当にありがたく素晴らしいなぁ、と思っていまして、心の豊かさを互いに分け合っているような、「こういうのが天国だな」という、毎日そんな感動すらあります。

平和って、何かが変わって平和になるんじゃなくて、こういう天国が「あなたもご一緒にどうぞ^^」という感じで じわじわ広がって、平和になるんだろうなぁ、と感じています。

そんな仲間内で、平和や愛のお祭りをしよう、とお祭りイベントを進めています。
今月の、11/23勤労感謝の日です。
みなさんもご一緒にいかがですか^^
こんな友人たちと一緒にやっています。
http://da-na.jp/2000/

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 09:34Comments(0)

2009年08月06日

心の癒し【あなたにありがとう】第 7号

みなさん、こんにちは。


最近、とても確信的で、しっくりと来ていることがありまして、今日はその話をぜひ、シェアさせていただきたいと思っています^^


何かというと、私自身、この1年くらい
「瞬間にして、イライラやトラブルがすぐに消えてなくなる」
という体験を、何回もしているんです。

そしてそれは、回を重ねるごとに力強く起きるようになってきてて、だんだんイライラやトラブル自体が起きなくなってきた。
そしてついには、起きてもすぐ消えていくようになりました。
だんだん、すぐ消せるように、慣れてきたように思います。


ほんとシンプルなんですけど、あることを心がけるだけで、
成功率100%なんです!!!

(↑なんか、変なセールスや勧誘の文章みたいだなって、書いてて自分で笑ってます 笑)

前置きはこれくらいにして(笑)


なにかというと、
例えば人間関係でイライラするようなとき。

「こうしたい、こうあってほしい、という想い」と「目の前の人」

この2つを比較して、
「こうしたい、こうあってほしい、という想い」よりも「目の前の人」のことのほうを、自分の中で優先順位を高くしたり、大切に想う。大切だなって確認しなおす。これだけ。
だってホントはそうしたいんだもん。

これができると、一瞬で消えます。内側のイライラは。
外側のトラブルも、連動して霧が晴れるように消えていきます。
そして繰り返していると慣れてきます。上手になっていく感じです。

自分の大切な人よりも、大切なことなんてないんですよね。
逆に言えば、イライラするとしたら、その人より何かを優先してるということです(それが悪い、ということではありません)。


これが意識できたら本当に素敵なことですが
でも、このことが毎回できなくても大丈夫です。
無理!と思ってしまうようなときも、やっぱりあります。それでOKなんです。そういうときはどうするか。

「今はまだ、自分がこうしたいって想ってることよりも、あなたのこと優先したり、大事にできなくて、ごめんね」と、そこだけ確認しておきます。これだけ。

この「今は大事にできなくてごめんね」を確認しておくと、互いがぶつからずに済む、ちょうど良い距離感が生まれてきます。
自分か相手、どっちかが距離を保ってくれるようになります。


自分の「ああしたい、こうしたい」という想いが、周りの人のことよりも、大事だ優先だ、邪魔しないでよ、となったままでいると、ちょっと苦しい気がしますね。

イライラやトラブルが消えると、間違いなくその分だけ、エネルギーや時間を別のこと、自分や周りに注ぐことができます。

みんな本当にしあわせでいいんだと思うんだよね。
あなたの幸せを心から願っています。

 

,☆゚'・:*:・。,,。・:*:・゚'☆,。・:*:・。,,。・:*:。,☆゚'・:*:・


☆ 8/8(土)の私の講座もどうぞ^^
周りに言ってるんですが、私の最高のとっておきなんで身内にこそ
時間、なんとかして来なさいよ、と言ってるものです。
http://blog.livedoor.jp/matsumotoryuya/archives/1303122.html

☆メルマガご購読はブログの右上のフォームから!
http://blog.livedoor.jp/kokoronoiyashi

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 12:21Comments(0)

2009年06月09日

小さいときに心に傷を負った若い象の話

こんにちは。松本竜弥です。

http://blog.livedoor.jp/peaceofcake/archives/51314176.html

こんなブログを紹介してもらい読ませていただきました。

保護区に住む若い象たちが、人や家畜を襲うようになった話です。

一人の研究員が、統計からその原因を見つけました。

そして、その若い象たちは精神的な回復をしていくことになります。


ぜひ尊敬する人と接する時間をたくさん持つようにしてください。
そしてみなさん自身が良いお兄さんやお姉さんでいてあげてほしいと思います。

どんなお話かは、ブログのリンク先を読んでみてくださいね。

追記
後から教えていただいたんですが、元はNHKのドキュメンタリーみたいですね。http://www.nhk.or.jp/dramatic/backnumber/133.html

------

心の癒しのメルマガ【あなたにありがとう。】もお勧めです。
http://kokoronoiyashi.net/mm/mag.cgi

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by matsumotoryuya at 08:30Comments(2)

2008年02月06日

生まれてくる子供が祝福されている国

119bb054.jpg

自分の心がもっと豊かになるにはどうしたらいいんだろう?
なんか謙虚じゃないなぁ、全然未熟なんだよなぁ。
とそんな焦りを感じていたりしたんですが、最近、「その答えを得られたかも!」と実感できたことがあったのでブログに書いてみようと思いました。

それは、自分が「未熟なんだもん」ということをもう認めちゃって(劣等感を感じる必要は全然なく)、その道の達人に聞くということ。
できたら直に触れてみるということでした。

そしてすごいな!とか、素晴らしいな!と感じたことがあったらそれは自分が認めたいいものなんだから、自分もそのまま真似てみたらいいなと思うんです。


前にご紹介した花咲爺の竹田和平さん。

今、和平さんの周りには私がドキドキしてしまうような人がたくさんいて、彼らとの交流の中で、もうホントにその現場で、自分では持っていない豊かな考え方というのを体験させてもらっています。

出張に重ねてお邪魔させていただいているんですが、毎回、自分が体験した「あり得ないこと」を吸収し切れなくて(観念が崩壊するというか)知恵熱を出す状態を繰り返してます。(今日も熱出してしまっています ^^;)

身近な話ではこれ。
和平さんは自分と同じ誕生日2/4に生まれる赤ちゃんに毎年、純金で出来た恵比寿様のメダルをプレゼントされています。

和平さんに「和平さん、なんでまた金メダルをプレゼントされたりしてるんですか?」とお話をお伺いするとこんな感じです。

産まれた時に金をもらったら、産まれた時からツイとると思うがね。
 ツイてると思いながら成人したら、ツイてる大人になるよ〜。
 その子の家族も、この子はツイとる、ウチの家族もツイとると思うがね。
 投資家として、こんな楽しい投資は無いがね〜わはは〜。

 本当は日本で生まれてきた子全員にプレゼントしたいんだ。
 でもさすがにそこまでは出来ないから、自分の誕生日と同じ子供にプレゼントするがね。わしのような人が364人現れて、自分と同じ誕生日に金をプレゼントしようって文化が育ったら、いつ産まれても祝福されて金がもらえて、日本は黄金の国ジパングになるがね。
 もう9年続けてるけど、他の364人はまだ名乗り出てくれんがね

わけがわかりませんが、なんていうか、仲間内では、和平さんのようなおじいちゃんになりたいとみんなで口を揃えていうんです。
今日書きたかったのは、自分の荷物を降ろせたんことだったんですけど、自分一人で無理をせずに、尊敬できる人に積極的に教えを乞うようにしたらいいなということ
自分でも受け入れられたので楽になったな、ということでした。

そのご家庭が明るくなる情報なので、もし今年の2/4(月)が誕生日の赤ちゃんを知っていたら教えてあげてください。お金がいるとかはもちろんありません。

あと、和平さんから徳について学ぶ機会があるので興味のある方はどうでしょうか。正直、私自身世の中の見え方が変わったくらいです。締切りも近いです。こっちも無料です。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 21:00Comments(0)

2007年05月03日

問題の大きさと原因の関係

d84172a5.jpg

私の本業でもありまして、仕事でよくプログラムの開発をしているのですが、ぜひそのときのお話をさせてください。

プログラムが一通り完成すると、テストをする前に、作ったプログラムに記述ミスがないかどうか、検査用プログラムを使ってチェックをします。

そのチェックをしたときに、プログラムに記述ミスが1個あると、レポートに表示される警告メッセージも1個だけだったりします。

でも記述ミスが2個以上あると、表示される警告メッセージの数って、記述ミス同士の相互作用で一気に増えてしまうので、ダダダーっと何個も何個も表示されてしまうんですね。


私たちの意識も、これと似てるのかな?と思うんです。

私たちは、意識にストレスや、もやが掛かるようなことがあると、背景にある問題や原因も、とてもたくさんあるように見ているんですが、実はこの記述ミスのチェックをしたときと同じだと思うんです。

後から1個1個、適切にそのミスを修正してみると、実は原因の数って
「なぁんだ!全然少なかった!大変なんだと思い込んでた!」
って気づいたり、肩透かしを感じるんじゃないかと思います。


自分が大変に思っているよりも、きっと全然簡単だったりするから、慌てず、1個1個じっくりと進めていきませんか?
逆に1個片付けるだけで、一気に現象は楽になりますから。

きっと、よくなる!

(たくさんのお祝いのメッセージありがとうございました 松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:22Comments(1)

2007年04月02日

『自分』が癒される話

朝日素敵な本と出会いました。

『自分』っていったい何だろう?と考えたとき、わたしはこれまで、これほど心を楽にしてくれる解釈を聞いたことがありません。

そのお話は、きっと心の癒しの皆さんにもメリットがあると思いますので、そのお話とその本を紹介させていただこうと思います。


 
みなさん、『自分』って何だと思いますか?
意味としては、一人称のことですが、わたしは、自我やエゴといったようなイメージがどうしても離れませんでした。しかし、こう説明されていました。

「自分」とは字を読むと「自」と「分」。

「自」は、自然のことです。
辞書を調べてみるとこうあります

山や川、草、木など、人間と人間の手の加わったものを除いた、この世のあらゆるもの。
人間を含めての天地間の万物。宇宙。
人間の手の加わらない、そのもの本来のありのままの状態。天然。
そのものに本来備わっている性質。天性。本性。

天、宇宙、万物、この世のあらゆるもの。

つまり「自分」って、
天や宇宙を分けたもの、
天や宇宙の分身って意味で『自分』という意味なんだそうです。

自分なんて…、という人がいます。
あなたがそう感じたり、もし周りでそう言っている人を見かけたら、このお話を思い出して、私たちは愛されてもいいんだなあ、っていうことを実感したり、共有してみてほしいのです。
きっとみんなが癒されていくはずです。

いま伝えたい生きることの真実いま伝えたい生きることの真実』という本ですが、本の最初からこんな心が軽くなるお話が紹介されています。そういう心が豊かになるお話がたくさん紹介されていますので、とてもお勧めです。

(この本はひさびさにかなりキマシタ 松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 20:36Comments(1)

2006年09月21日

毎年9/21は世界平和デー

0e9934b2.jpg

皆さんは国連で定めた「世界平和デー」という日があるのをご存知ですか?

それが今日9/21です。

世界それぞれの地域にいる人たちも正午ちょうどに1分間、世界の平和のために祈りをささげます。
すると、今日1日中、必ず地球のどこかで、世界の平和について願っている人がいることになります。


1分間だけ。
世界の平和のために祈りをささげてみてください。

地球が喜ぶ一日になります。


世界くらいの広いものや、世界中の人々のこと、平和、利他、祈り、そういったものに心を向けたりすると、心は穏やかになれるような、そんな気がします。

きっと、よくなる!

(携帯のアラームをセットしておくと忘れなくていいですよ。 松本竜弥)

いよいよ9/23(土)大阪オフ、9/24(日)名古屋オフです。
9/19(火)発売の雑誌、SPA!(49ページ)に心の癒しが紹介されています。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 02:24Comments(0)

2006年08月01日

運命を変えてしまう方法(2)

d5d7fa86.jpg

昨日の続きです。

私たちには意見を聞いてみたい、客観的な評価を聞いてみたい、という思いがありますから、人の言葉に価値観を左右されたりしています。

それだけじゃなくて、自分の言葉の繰り返しにも影響を受けています。

「Aさん、ごきげん良さそうですね。今日も笑顔が素敵です!」
という言葉が次々とAさんに浴びせられたら、Aさんの運命は果たしてどうなっていくでしょうか。
きっと否定的な言葉を受けたときよりもはるかに、自信が持てて、肯定的な選択ができるようになって、幸せな出来事を次々と呼び込む結果となることでしょう。


私たちは、日々、自分自身と周りの大切な方々に、どんな魔法をかけているでしょうか。
周りの方々を幸せにしたら、必ず私たちもまた幸せになることができます。

「大好きですよ!」
「素敵ですね!」
「完璧だね!」
「魅力的です!」
「さすが!」
「うれしいよ!」
「かわいい!かっこいい!」
「素晴らしい!」


あなたに幸せになって欲しい。
きっと、よくなる!

(いよいよ8月ですね。元気に参りましょう! 松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:13Comments(2)

2006年07月31日

運命を変えてしまう方法(1)

e5237cc9.jpg

人の運命を変えてしまう大変強力な魔法があります。
魔法という名前の通り、条件を満たし、想いを込めて言葉を唱えます。

なかなか気づかないですけれども、実は私たちも普段から、この運命を変える魔法に掛かっています。それだけじゃなくて、自分も周りの人にこの魔法をかけていたりします。

Aさんが、朝起きて会社に行くまでに、家族に
「おはよう。おや?今日は顔色悪いんじゃないの?」
と言われたとします。Aさんは至って普段どおりです。

そして近所の売店で飲み物を買います。店員さんに
「おはようございます。どうしたんですか?今日はお顔の色が優れないですねえ。」
Aさんは二人目から、あれ?今日は顔色悪いのかな?と思い始めます。

会社でミネラルウォーターを飲んでいると
「Aさん、おはよう。顔色悪いんじゃないの?飲みすぎ?」
と会社の人に言われたとします。
無関係の人に立て続けに同じ評価をされると、人は段々とそうなんだ、と思い込むようになります。
自分の心なのに、自信が持ちにくくなります。

あなたもそんな魔法にかかってしまっていませんか?
違和感を感じたままのこと。
自分の気持ちは自分で決めて大丈夫なのです。

この魔法を解くには「自分はどう感じているかな?」と問い掛けてみてください。
そうすることで心を軽くできるはずです。

明日はこのお話の続きを。


あなたに幸せになって欲しい。
きっと、よくなる!

(感動しました「ALWAYS三丁目の夕日」。 松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:43Comments(4)

2006年07月10日

夢じゃなくてあなたが大切。

65ee9d12.jpeg

6/18(土)は、ありがとうのお話会でした。

ありがとうのお話会は、これまでアンケートを書く時間をとっていなかったため、厚みのある感想があまり集まっていませんでした。

どろさんに「感想を書くのをテーマにワークしたいですね〜」なんてお願いしたら、彼は私たちにこーんな素敵な気づきを与えてくれたのです。

ワークの内容はこうです。

名刺大の紙に、一人一人「私は〇〇になりたい」と書きます。
「〇〇になりたい」理由も添えて。
もう好きに、どう書いてもかまいません。

私は遠慮なく、ガンジーなどと書いてみました。
ちょいと最近、人に対して平等ってのを気にしてたからだと思います。
そんな感じで、いろいろとみんなのなりたいものが書かれていきます。

で、この書いた名刺、シャッフルして、全然バラバラに配り直します。
つまり、この時点で他の人のなりたいものが回ってくるわけです。
あははは、みんなおもしろいねえ!

で、新しく与えられたお題に対し、各自、次のことを書き出してみます。
作文です。
・〇〇になりたい理由
・〇〇になったときの気持ち
・〇〇になってやってみたいこと、夢

そして、書き出してみたあと、みんなでその書いたことを発表した後にみんなで「あれ?」って気がつきました。

他の人がなりたいものに自分がなったとしても、
自分がなりたいものになったとしても、
そこからどういう想いを持ち、どういう行動をするかって、
何になろうが同じになっちゃうんだね、ってこと。

「旅人」になりたい人は「つばめ」になろうが「ネコ」になろうが、旅をするし、
「人とを育てる人」になりたい人は「大きな樹」になろうが、人を育てることをする作文ができたわけです。
ことごとくみんながそうでした。おもしろい!


つまり「私が〇〇になった暁には」とか「こうなれたらこうしよう」とか、そんなことは関係なくて、私たちは私たちが今どうであろうと、何であろうと、いつでも自分の夢を現実にできるんだ、ってことです。


これについてどろさんが素敵なことを言いました。

「夢が大切なんじゃなくて、夢を実現するあなたが大切なんですよ。」

ええ話や…(>_<。)お見事!


今回、ありがとうのお話会の素敵な感想文が集まったことは言うまでもありません (〃>ω<)b

きっと、よくなる!


(あなたが大切です。 松本竜弥)

7/22(土)は新宿で 第9回ありがとうのお話会です。
8/19(土)はみんなでバーベキュー大会を予定しています。

9/23(土)は大阪で第11回ありがとうのお話会です。
9/24(日)は名古屋でオフ会があります。お待ちしてます!

ありがとうのお話会の「ありがとう」って?

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 20:33Comments(0)

2006年07月06日

ありがとうのお話会の「ありがとう」って?

6d1e2399.jpg

私たちは、生きている限り、過去を癒しているんじゃないかな、と思うことがあります。
以前、「未来を信じ、過去を変える方法」というお話を書かせていただきました。

私たちは生きていく過程で多くの苦しみを、いつの間にか感謝に変え、自分の成長とともに乗り越えていきます。
苦しみを乗り越えられない人は一人もいません。

苦しみを乗り越えた経験は、他の人の話であってもとても自分の励みや勇気になります。テレビドラマの主人公だけでなく私たちにもあります。


その乗り越えるときに、生まれてくる感謝の気持ちがありますが、そのときの感謝の気持ちをとって「ありがとうのお話会」と命名させていただくことにしました。

悩みを乗り越えたときに生まれる「ありがとう」という全肯定してしまいたくなる気持ちは、周りの人にも
「勇気を出して踏み出していいんだよー、わたしだってできたんだから!」
という安全で、力強い、無言のメッセージを伝えてるんですね。
素敵だなと思います。

サイトでもそんな体験を聞いたときの声がよくあると思います。
「悩んでいるのは自分だけじゃなかったんだ。」とか、
「心の癒しに来て、他の人の相談を読んで救われた」という声です。

参加される方には、その体験を掲示板だけでなく、リアルに受け取ってみて
もらいたいなと。そういう集まりです。

そんな方々の素敵な体験を聞いても、資格も何も得られません。
心が軽くなった、楽しかった、癒された、と思っていただけるだけです。
帰宅後、ご家族に「どうだった?」と聞かれて、その興奮を話しても、ますます怪しまれるだけです(笑)

ありがとうって、不思議ですね。
きっと、よくなる!

(ありがとうございます。 松本竜弥)

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 23:20Comments(6)

2006年02月08日

過去を癒し心を軽くする本

726bf232.jpeg

私が読書をさせていただく中で、年に数冊「これは!」という本に出会います。
読む本は、自分の成長に役立つ本であったり、仕事に関する本だったり、心の癒しの相談や運営に役立ちそうな本だったりします。

そんな中で、この本と出合いました。
この本は、いま心の荷物をお持ちの方の負担を軽くしてくれると思います。
前回のありがとうのお話会でもご紹介させていただいた本です。

幸せの扉を開く 許すための81のレッスン
マリ・ボレル著

私たちの心を悩ませるものの1つが、他人の行為に対する許せないという気持ちだったりします。
この本は、恨みを持つことのデメリット、許すことのメリットをやさしくやさしく、語ってくれ、解放を促してくれます。

対人でつらい想いをされていらっしゃる方、立ち読みでもいいのでこの本を読んでみませんか。


あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(今日、少し暖かくなりましたね 春ももうすぐ! 松本竜弥)

2/18(土)第四回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 23:05Comments(0)

2006年01月30日

未来を信じ、過去を変える方法

40869d3e.jpg

第三回のありがとうのお話会でも、こんなお話をさせていただきました。

よく「未来は変えられるが過去は変えられない」という言葉を耳にしますが、それも真実だけれど、私は「過去は変えられるが未来は変えられない」というのも真実だと思うんです、と。

過去を振り返った場合、たしかに起きてしまった出来事は変えることはできませんが、そのとき経験した出来事に対する見え方や、自分の想いを変えることはできます。
つらい出来事だったけれども、実は自分を成長させてくれた出来事だったんだと思える日はいつか必ずやってきます。
このように過去の経験は変化していきます。

ありがとうのお話会は、まさにそんな自分の過去を癒すことができた経験を皆さんがお話してくださいます。
そして、その経験を語るとき、皆さんの表情はとても明るいなと感じます。
その悲しみや経験と打ち解けることができて、解き放たれてるんでしょうね。
そんな体験を聞かせていただくのですが、私自身にも、とても励みになります。

このサイトに訪れる方は、今つらい想いをお持ちの方も多いかもしれません。
でも、その雨が止んで、今の環境を振り返ったとき、その見え方は少しずつ変わっていくはずです。

そして未来ですが、誰一人として未来を経験してきて、やりなおせた人は居ません。未来が変わらないのは、私たちが、幸せになるという未来を一人一人が間違いなく持っているからです。

不思議なことですが、未来をありありとイメージし、確信していると、今見えている障害も、軽いことのように感じられたり、果ては自分自身を成長させてくれる栄養分のようにすら感じられるようになったりします。

次回、私のそんな体験をご紹介させてください。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(ありがとうのお話会 大成功でした☆ 皆さんとも共有したいです 松本竜弥)

2/18(土)第四回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 13:05Comments(0)

2006年01月15日

価値を自分で決めて豊かになる方法

7fd18354.jpg

本に書いてあった話だそうですが、先日、友人にこんな話を聞かせてもらいました。いいお話でしたのでぜひご紹介させていただきたいと思います。

とあるご家庭のご両親は、娘がきちんと本質を見抜けるようにと、幼い頃から彼女の買い物の時にこんなルールを徹底したそうです。
それは買い物の際、娘さんが「この品物を買う」と自分の感覚で決めるまでは、決して値札を見ない、というルールでした。

私たちは、習慣的についつい「高い=価値がある」「安い=価値に乏しい」「割引=お得」と思えて、自分自身にとっての価値を見失ったりしますが、実際はそうではないことも多々ありそうです。
無意識のうちに、外的な情報で判断してしまい、自分の価値観や感性などの心の声に耳を傾けることを忘れたりします。

バーゲンで安かったから…。
ブランドものだったから…。
みんなが持ってるから…。

周りの価値観に任せることは、何ともいえない甘美さを含んでいます。
しかし、価値が外側の条件に左右されると、同時に私たちは自分自身の幸せもその条件に左右されてしまうことになります。つまり、その条件が変わることによって、心に不足や虚しさを感じてしまうのです。これは私たちが望む本質から断絶された状態です。

他にも欠乏感を感じるものは、例えば、買い物などの依存だけでなく、ワーカーホリック、家族やパートナーへの不満、いろいろあります。

今日のお話にある買い物方法は、あくまで自分にとって良いものは良い、自分にとって価値があるものは価値がある、という自主性を鍛える訓練の例です。自主性を鍛えられるなら他の方法でかまいません。

自分が行動するとき、本当に自分が望んでいるものかどうか、値札や名札を伏せて、自分自身の心の声を聞いてみませんか?
その声は私たちに素晴らしい恩恵を与えてくれると思います。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(寒い日が続きますが皆さんが幸せな日になりますように 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 01:52Comments(6)

2006年01月13日

比較によって出会った人を大切に思える方法

afafd3a4.jpg

先日、友人と人のご縁ってすごくありがたいことだねえ、と話をしていたら、人間原理の話になりました。

ここで少し解説をさせてください。

人間原理というのは何かというと、宇宙ができてから、人間のような知的生命が誕生する確率というのは、10のマイナス1230乗になるという試算から出た理論のことです。

ビッグバン初期の膨張速度が、実際よりほんの少しでも速かったり遅かったりしただけで、宇宙や銀河自体が成立しなかったり、他にも、プランク定数や、光の速度、電子と陽子の質量比などが、現在の値と異なっていても生命は存在できません。
また、こうした基本的な条件がそろっていても、太陽系の適正な惑星数、太陽と地球の間の適当な距離、地球の程よい重力、大気の温暖効果、太陽風や紫外線のカットなど様々な偶然のうち一つでも欠いていたら、地球上に生命、ひいては人間は存在できなかったことは科学的にも間違いありません。他にも条件は、まだまだたくさんあります。

つまり、初めから人間を存在させるという、何らかの目的がなければ、この偶然は起こりえないほど、その確率は限りなく0に等しく、逆に言えば、人類はこのとてつもない確率の上に存在している、というのが人間原理の考え方です。

賛否はあるのですが理論の追求が目的ではないので、とりあえずここでは人間原理とはそういうものだ、と定義させてください。
それで、なぜ話の中で、この人間原理の話が出たかというと、こんな確率の上に出会ってる私たちのご縁ってなんて意味深いものなんでしょうね!ということなんです。


こういう比較で貴重さを知れば、改めてご縁を大切に思えます。
一期一会、一会全力、出会ったご縁を大切にしていきたいです。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(いつも心の癒しを大切に思ってくださってありがとうございます 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:12Comments(4)

2006年01月12日

あなたが本当に癒されたいと願う核心を知り癒す方法

56c2dc20.jpg

街を歩いていると、子どもに対して感情をそのままぶつけているお父さんお母さんを見かけることがあります。
そんな光景を見かけるたび、私もとても悲しい気持ちになります。本当につらいものがあります。
ここまで書いただけでも、子どもたちが幼心に傷ついている姿を思い出して胸が痛くなります。子どもたちが満たされて育つ社会にならないのかと憤りも感じます。


でも。
このことは子どもにまで感情をぶつけてしまう親だけが悪いわけではありません。その親たちもまた、本当は理解してほしかった、という同じ傷を隠された胸の内に持っているのです。
その理解し、受け入れてもらえた経験に満たされていないから、無意識のうちに−、気づかないうちに−、子どものわがままに出会ったとき、上手く受け入れられず、感情をぶつけてしまうのです。

これはトラウマであり、いわゆる連鎖です。
一人一人が断ち切っていかなければ、自分も家族もみんなが悲しい想いをしたままです。精神的な自立が大切です。

最近は、多くの方がそんな育児や心の問題に注目し、その改善に取り組んでいらっしゃいます。すばらしいことだと思います。
先日ご紹介させていただいた『鏡の法則』のお話でもそうです。
そして私は、今日ご紹介する本と出会いました。
その本の題名は『あなたの“子育て力”アップ―子どもに浴びせてはいけないこんなコトバ』と言います。この本はアタリです。

私もその取り組みを学ばせていただくたび、この負の感情を癒せる時代が、そう遠くない将来やってくるように思えてなりません。

いままさに、豊かにお子さんを育てたい方、育児でお疲れの方、育児でお悩みをお持ちの方、また、親との関係でつらい想いをされた方、読んでみていただきたいです。

なぜ理解してほしかったのか。
どう理解してほしかったのか。
自分はこれからどうしてあげたらいいのか。

具体例を示し、癒しながら優しく道しるべになってくれると思いますから。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(この紹介で一人でも多くの親子が癒されますように 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:37Comments(10)

2006年01月11日

思いやりのある言葉で幸せになる方法

f053aff4.jpg

野澤重雄さんってご存知でしょうか。私も本で知ってるだけです。

植物学者として、長年、植物の栽培方法を研究されていた先生です。
一般的にトマトは、1本の苗から約30個の実が収穫できるんですね。
だけど、野澤重雄さんの研究した方法だと、1万数千個の収穫が可能になるそうです。すごすぎです。

その驚異的な育成方法のポイントは、たった2つでした。。。

1つは、それは生命にとって、もっとも育ちやすい環境を作ってあげる。
トマトの場合だと、太陽、水、空気、適当な温度、これらを十分理解して、その最も育ちやすい量・環境を作ってあげる。

そしてもう1つは、想いや言葉をかけることだそうです。
「君にとって、
 ここは好きなだけ大きくなれるし、大きくなっていい場所なんだ。
 だから好きなだけ、自由に、大きくなりたいだけ、なっていいんだよ。」

植物に心があるのかは証明されていませんが、トマトは力いっぱい、その命を輝かせるように育つそうです。

野沢重雄さんの講演をこちらで読むことができます。
野澤重雄さんは、もう既にお亡くなりになっていますが、先生のこの言葉は今でも胸を打ちます。

自然界に起こる現象を見ると、
そこにはすべてのものが、
正しい形で制御されながら生存していて、
幸福になる道をたどらせるようになっているのです。

野澤重雄さんのおっしゃるように、まず大事にしたいのは、相手の方の心へ届く思いやりなのですね。
ありがとうございます。

(言葉と思いやり、大切にしたいです 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:51Comments(3)

2006年01月10日

過去の感情を癒して心の重荷を降ろす方法

2f1c8950.jpg

私たちの過去の感情を癒すにはどうしたらいいのでしょうか。
それは何があったかを整理して、一度把握しなおすことです。
許せない!と怒りを抱えたままのこと、
感謝しているけれど伝えていないこと、
さまざまな後悔していること、忘れてしまったこと。

そのときの感情がどうだったか。
つらい想いをいったん安らがせてあげて、心していたフタを開け、感情を自由にしてあげることです。
本当は泣いたって、怒ったっていいんです。
本当は私たちは、愛する人に理解してほしかった。

自分の過去や、過去の感情は、このまま何もせず、ほっておいても誰も肯定したり、受け入れてくれたりすることはありません。
受け入れてあげられるのは自分だけです。


野口嘉則さんのサイトで、素晴らしいお話を聞かせていただきました。

私も自分の心への良いアプローチの方法だと思います。

『鏡の法則』(ダウンロードできます)

よかったらみなさんも読んでみてください。心が軽くなるはずです。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(出会った一人一人の方に心を明るくしてほしいです 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:55Comments(0)

2006年01月09日

心のベクトルを確認して奇跡を起こす方法

55913677.jpg

今日は、前回のブログでも予告しましたが、奇跡を起こす魔法をご紹介したいと思います。

私たちの脳が活動すると、微弱な電位変動が起きます。例えば関心が高くない場合とかだと、その強さは1μV(マイクロボルト)ほどらしいんですね。1μVっていうのは1ボルトの100万分の1で、脳波計で測定できる最小単位だそうです。

しかし、私たちの心が確信しているような場合、電位変動の強さは100μV〜1mV(ミリボルト)くらいになります。つまり100〜1000倍の強さです。

電位変動が強いほど、それだけ脳は強い刺激を受けるようになり、確信的な判断や思考をしたり、あるいは行動を起こしたりします。決心させてくれたり、勇気を奮い起こさせてくれます。
この電位変動を強くすることで、私たちは一歩踏み出すことができるのだということになります。
確信や想いを強くすることができたら幸せになりやすい、あるいは自由になりやすい、ということになります。


ではどうしたら、その電位変動を大きくできるのでしょうか。

 

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:17Comments(1)

2006年01月08日

知識と智慧を得て幸せになる方法(3)

d8d3433a.jpg

前回、私たちがエゴを増やす知識は苦悩が増えるということを書かせていただきました。

具体的には次のような結果になります。
エゴを増やす場合、その欲求を満たすことができないと、不満が出るようになってきて、怒りが強くなります。そして、不満や怒りが強くなると、徐々にその心が満たされない原因は、自分の価値観ではなく、他人や環境のせいだと感じてしまうようになります。

本来、エゴが私たちを錯覚させていることが、私たちが苦悩するのは原因なのですが、他人や環境のせいだ、と思ってしまうと、なかなかその本当の原因は見えずに隠されてしまいます。

他人の振る舞いや環境に不満が出てしまうとしたら。
他の誰かが間違ってる感じるとしたら。
誰かが何かをしてくれて当然と感じてしまうとしたら。

ここは勇気が要るところですが、自分の心の中で、どういう知識や価値観が、今の状況に不満を感じさせているのだろうか。私が周りのせいにしても当然と思わせるだけの、私の偏った知識や価値観とはなんだろうか?
注意深く探してみると、やはりその原因となるエゴを増やしている知識や価値観が、自分の中にあることが分かります。私もそうでした。

ちょっと努力が要りますが、私たちは、得る知識、つまり無意識的にどんな見方をしたいかということも、実は自由に選択することができるのです!

エゴも苦悩も、自分から積極的に減らすことができます。
次回は、苦悩を消してしまう特別な魔法をご紹介したいと思います。

あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(ヒントは「ありがとうございます」と「ごめんなさい」です 松本竜弥)

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:33Comments(0)

2006年01月07日

知識と智慧を得て幸せになる方法(2)

c61bf79b.jpg

前回、私たちが本を読んだり、人から教えを受けたりして得た知識を使って実践し、学んだ経験が、智慧となって私たちを幸せにしてくれるのだなということを書かせていただきました。

もしその知識になるものが、曇っていたとしたらどうなるでしょうか。

例えばですけれど、ある子どもが「ほんとにお前はダメな子ね」という情報をたくさん与えられていたとします。そうすると、その子どもは、何かをして失敗すれば、自分はダメな子だと確信するようになります。何かをして上手くやれたとしてもあまり自信を持てず、どちらかというと不安を覚えるようです。

別の例を挙げると、他人は自分を不幸にするものだ、という情報をたくさん得ていたらどうでしょうか。人の善意は疑い、警戒して接していくことを覚えるでしょうし、人の悪意を知るならば、ますます他人は自分を不幸にするものだと経験すると思います。

もし、知識を得ずに、経験だけをするとしたらどうでしょうか。
その人はその人がこれまで得てきた過去の経験だけで、新たな経験を判断しなければなりませんから、新たな智慧は学びにくいことになります。


このように、私たちが苦悩するとしたら、単に私たちが得た知識が、私たちを不幸だと錯覚させているだけであって、私たちの心や、私たちそのものが不幸ではないことに気づきます(←ここ重要です)。
私たちは得る知識の次第で、幸せにも不幸にも、どちらにもなれます。

では、幸せになる知識とはなんでしょうか。
私が思うのは、エゴを減らす情報です。
不幸になる知識とはなんでしょうか。
私が思うのは、エゴを増やす情報です。

世の中には、幸せになる知識も、不幸になる知識も、どちらもたくさん溢れています。みなさんはどちらの知識を選んでいきますか。
私も心の癒しでは、たくさんの幸せになる知識や智慧を学ばせていただきました。そして私自身が得た知識も、みなさんと共有していきたいです。


あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!

(また次回も続きを書かせていただきたいと思います 松本竜弥)

エゴ:(大辞泉より)
自分の利益を中心に考えて、他人の利益は考えない思考や行動の様式。利己主義。

1/28(土)第三回ありがとうのお話会です。皆さんのご参加をお待ちしています!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 01:50Comments(0)

2006年01月05日

知識と智慧を得て幸せになる方法(1)

64f68ee0.jpg

みなさん、明けましておめでとうございます。
この年末年始は、松本竜弥も不眠の番人のお休みをいただきまして(我ながら変な表現だ 笑)のんびりと過ごさせていただいておりました。

ぼーっと過ごしながら、昨年私が、本を読んだり、人から聞いたり、あるいは学習して得た知識について考えていました。

知識そのものは私を幸せにしてくれたんだろうか?
答えはイエスでもあり、ノーでもありました。


私たちが読み、聞き、得ることができた情報を一般的に知識と呼びます。
考えてみたのですが、知識が私を幸せにしているわけではありませんでした。

この得られた知識を私が使って、日々実践し経験して、そして得られた学び、これが私を幸せにしてくれていたんだ、ということに気がつきました。私の成長そのものだったんだ、ということに気がつきました。
経験によって得ることができた学びは、周りの環境にほとんど影響されずに、内側から豊かさを感じさせてくれるものでした。

これはもう知識、、、とはちょっと異なるものです。
私が経験し乗り越え得た学びこそ、私自身の智慧だったんだな、私を少しずつではあるけれども確実に幸せにしてくれる宝モノだったんだな、と実感することができました。
そして、人生でこの智慧を多く得ていくことこそが、私たちが幸せになる道のりなんだなと思えたんです。

そうだとするならば。
私はあることに気がついたんです。

心の癒しに訪問してくださっている方は、今はつらい環境かもしれません。
でも、もしよかったら少しだけ勇気を持ってみてほしいし、今つらい想いをされている方こそ、幸せになる最前列にいるんじゃないかな、と思えたのです。
私たちがこれから、移り変わってしまう条件的な幸せではなく、本質的な幸せを得ていくのだとしたら、間違いなく、さまざまな楽しい経験も、つらい経験もして、たくさんの、本当にたくさんの智慧を得ていくと思います。
つらいときこそ、より力強い智慧を得て、確実に本質的な幸せに成長とともに近づいているんだと私自身も経験から分かりました。

だから大丈夫。
私たちは一歩一歩、本質的な幸せに近づいていっています。


あなたに幸せになってほしい。
きっとよくなる!

(また次回もこの続き書いてみたいと思います 松本竜弥)

 

言葉を辞書で調べてみました。
知識:ある事柄などについて、知っている内容。
智慧:物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 05:36Comments(4)

2005年12月15日

人の意見を聞きたくなって豊かになる方法

57d93bf2.gif

この絵、ご存知でしょうか。
見たことある方も多いかもしれません。

見方によって、向こう側を向いてる若い女性にも、横向きの老婆にも、どちらにも見えるという絵です。これって、単なる遊び絵なのだと思っていたんですが、心理実験に使われた絵だったんですね。「7つの習慣」という本を読むまで知りませんでした。


実験では、学生達をAとB、2つのグループに分け、最初に、
グループAの学生には、この絵よりももっとはっきりした、後ろ向きの女性の絵を見せました。
グループBの学生には、この絵よりももっとはっきりした、横向きの老婆の絵を見せました。
その後、AとB2つのグループに、掲載した絵が何に見えるか?という意見交換をさせたのです。

その授業では、もうその期待通りの展開になりまして、
「どう見ても若い女性じゃないか!」
「目がおかしいんじゃないか?老婆だろう?」
といった激しい議論になりました。どちらのグループも、もう一つの見え方にはまだ気づいていないので、相手に自分の見え方を解らせてあげようと必死です。その後「彼女はこんな鼻をしていて…」という説明をしたとき、お互いに疑問が生まれました。

「相手は何を説明したいのだろうか?」と。

そして更にその後、双方のグループはお互いの見え方を共有することができた、というお話なのですが、私はこの話でとてもためになる学びを得ました。

私たちは、先入観や過去の経験に、判断を左右されがちなんだということと、
見え方や真実というのは、1つの出来事に対しいくつも存在するんだ、ということ、
自分の価値観だけを主張しているうちは、他の価値観を知るチャンスを逃しているのだ、ということです。
また、相手の主張を先に聞いてしまったほうが、総合的結論にたどり着くのが早い、というこです。

この学びはその後、私がコミュニケーションを取る上で、多くの気づきや視点を与えてくれ、確かにその通りで、大いに役立つものでした。
まずは、相手の方の言葉に耳を傾けてみませんか?すばらしい恩恵があると思います。


あなたに幸せになってほしい。
きっと、よくなる!
(九州に旅行し、素晴らしい経験をしてきました 松本竜弥)



ちなみに「7つの習慣」は私の座右の書です。ちょっとむずかしめの本ですが、お勧めしたいです。

12/17(土)第二回 ありがとうのお話会 ご参加お待ちしています。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 19:40Comments(8)

2005年11月18日

悩みやトラブルがあるときでも幸せに向かう方法

7a5e8cdb.jpg

悩みやトラブルに出会ったとき、私たちは「なんとかしなければ!」とか「どうしたらいいんだろう!」と向かい合ったり、立ち止まったりします。
取り組んで解決できるならば、それは素敵なことです。
…でも、いつもいつも、悩みやトラブルが解決できて、適切な答えが出るわけではありません。
そういうときに役立つ、お勧めの方法があります。

何かというと「(今は)解決できないようだ」を答えにしてしまうことです。

私たちは、日常に追われていると、今すぐなんとかしなければならない、と考えがちで、人によっては、答えを見つけない自分や他人を責めてしまうこともあります。
でも、1つ1つのトラブルを観察してみると、案外、解決は常に必要ではなかったりするんですよね。

不思議なことですが、自分の目的とする最終的な結果をイメージして、それを達成することを優先し、行動していると、実は、いま目の前にあるトラブルを解決することや、または解決しないこと、というのは、目的を達成することとは直接は関係ないことに気が付きます。
目標を達成してから、振り返って見てみると、途中途中の問題というのは、全体からすればすごく些細なことだった…、ということはよくあります。でも、その些細な問題でも、ある時点では、すぐには解決できないことだったりするのです。
(私はこのことを、こちらのフードコンサルティングの先生に実体験的に学ばせていただきました。彼のことはまた近々ご紹介させていただきたいと思います)

私たちの生活に、嵐はやってきますが、嵐が永遠に留まることはありません。
悩みやトラブルも同じようなもの。
放っておいて、解決してしまうこともあります。
普段より少し、心身の健康に気を遣いながら、嵐が過ぎるのを待ってみるのも良い方法です。
解決できない自分自身も許してしまう、ということですね。
あるいは「(今は)解決できないようだ」という答えを見つけたことも、素晴らしい成果だと思うのです。

「(今は)解決できないようだ」をあなたの選択肢の1つに加えてみませんか。
たとえ選択しなかったとしても、選択肢に加えておくと、悩みやトラブルに出会ったとき、気持ちにかなり余裕が持てると思います。


あなたは幸せになっています。
きっと、よくなる!
(明日の講演 よろしくお願いします。 松本竜弥)

明日11/19(金)はいよいよ「第一回 ありがとうのお話会」です!皆さんのご参加お待ちしています☆

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 10:14Comments(15)

2005年11月06日

欠点が消えて素敵な人間関係に恵まれる方法

fb39d695.jpg

生きていると、自分の欠点や、コンプレックスで苦しむことがあります。
それを解消するのに、こんな方法はいかがでしょうか。

自分自身の欠点と思われる特徴について、思いつくだけ箇条書きにして、紙に書き出してみます。そのとき気づかないことは特に気にしていただかなくても大丈夫です。後回しにしましょう。いま思いつくことだけ。

それをよく観察しながら、その特徴を豊かな表現で言い換えることができないか、あわてずゆったりした気持ちで検討してみてください。

例えば私は血液型がB型なので「好きなことしかしたがらない」と評価されたりします。
それを「自分勝手」「わがまま」…と評価してしまえば、それではその特徴は欠点として確定してしまいます。「自分勝手=自分」になってしまって、その特徴の良さは消えてしまうでしょう。
でも私の性格としては、人のことが好きです。「人を喜ばせることが好きでそれをしたがる」と評価するなら、同じ特徴なのに、たったそれだけでその特徴が本当に欠点と言い切ることは難しくなってしまいます。

(他に簡単な例です)
決断するのが遅い→思慮深く、マイペース
いつも慌しい→行動力があり、人から物事を頼まれる信頼性がある

どんな特徴も、評価の仕方次第で全然違ったものになってしまいます。
その評価をしているのは誰か?と考えると私たち自身です。他人の意見の影響を受けているかもしれませんが、そうだとしても納得したのは、やはり私たち自身です。

なので、改めて豊かな視点で評価しなおして、改めて納得しなおしてみたら、欠点ってほとんど消えてしまうんですね。
最近、とても個性が評価されています。つまり解釈はそれぞれ自由だし、それぞれは幸せで全然良いのです。

そして、この練習をしておくと、いま気づかなくて、後々自分の欠点が見えたとしても、豊かさを見つけるゲームのような感覚で、欠点は気づくたびに消え去ってしまいます。
そしてここがさらに素敵なことなのですが、同じように他人に欠点を見たとしても、それは相手に欠点そのものがあるのではなく、単に自分の着眼点が欠点を見ていただけなんだな、ということに気づいて消していくことができます。

自分にも相手にもどんどん欠点が消えてしまう。
そうしたら幸せな人間関係が待っていると思いませんか?

あなたに幸せになってほしい。
きっとよくなる!

(最近ますます幸せです 松本竜弥)

11/19(土)は「第一回 ありがとうのお話会」です^^ くわしくはクリック!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:02Comments(7)

2005年10月29日

心の状態を知って幸せになる方法

4727e99f.jpg

前回「出会った人のおかげで癒される方法」の中で、自分と同じ価値観がない人とは縁はできない、ということを書かせていただきました。

私たちは接する周りの人全員に同じ感情を向けることはありません。
ある人には豊かな感情を持ち、ある人には不快感を持ったりします。
前回述べたとおり、その感情を相手に感じてしまう価値観は自分自身の中に持っています。

このことを踏まえて考えてみると、実は自分の心の状態を客観的に知ることができます。


ここに自分の周りに100人の縁ある人がいたとします。
自分が、その内10人にイライラしてしまうとしたら、10/100の割合でイライラした縁を作っていることになります。
イライラしているから、同じ価値観を持つ対象と共感して縁を深めていきます。

もしここで、自分の心にイライラがなくなってしまったらどうでしょうか。
この10人との縁が続くかというと、同じテーマでイライラして共感することができないですから、おそらくこの関係を続けることは難しいでしょう。

同じように、自分が、100人の内20人に称賛できるとしたら、20/100の割合で称賛できる縁を作っていることになります。


するとどうでしょうか。
自分の心の状態が、外側の人間関係を作っていることにならないでしょうか。
逆に言えば、自分の周りの人間関係で、どういうご縁が多いだろうか、と観察してみると自分の心に占める感情の割合が分かってきます。

図形で、同じ形をしていて大きさの違うものを、相似と呼びますが、私は外側の人間関係と、内側の心の状態は、相似の関係になっていると考えています。

自分の心の状態を知りたいときは、今の人間関係を見ると大変参考になります。
自分の人間関係を良くしたいときは、自分の心にアプローチして改善していくことで人間関係はどんどん良くなっていきます。
不思議なことですが、私自身も何度も実感していることです。

もし、自分の心に、周りの人の幸せを願える素敵な感情をいっぱいにできたら、そこからできてくるご縁は、とても素晴らしいものになると思いませんか!
人の幸せを願えば、周りに人の幸せを願ってくれるご縁がどんどん増えていきます。

人が喜ぶことを大切にしてみてください。必ず幸せを実感する人間関係ができてきます。
あなたに幸せになってほしい。

きっと、よくなる!
(先日は、講演ありがとうございました  松本竜弥)

11/19(土)「第一回 ありがとうのお話会」開催 くわしくはクリック!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 07:01Comments(11)

2005年10月25日

出会った人のおかげで癒される方法

f299744a.jpg

私たちが誰かに関心を示したとします。

好感かもしれませんし、不快感かもしれません。

でも、ある人には関心を示しても、別の人には関心を示さないことがあります。これって何が違うのでしょうか。その関心を示す違いは、いったい何?と考えると、私たち自身の中にある、価値観だと言うことができます。

その関心の強さは、ふと気になるくらいかもしれませんし、声をかけるくらいかもしれませんし、すごく気になってしょうがないくらいかもしれません。

ここで興味深いことが分かります。
自分自身がまったく気にならないもの、興味を示さない相手とは、実は縁を作ることできなかったりします。深い縁ほど相手への強い関心があります。いま私たちが作っている目の前にある縁は、自分の価値観から、心が望んで作り出しているものなのです。そしてその価値観は、その人がこれまでの経験で作り上げてきたもの、と言うことができます。


そうするとどうでしょうか。
私たちが気になる相手の人って、自分と共通点がある存在だと思いませんか?
いま、自分と、縁がある人とは、実は自分ととても近い人、近い価値観を持ってる人、つまり同じような経験をして巡り会った人たちなんですね。


誰かのことを、素晴らしいと思えたとしたら、その素晴らしい傾向や価値観は自分の中にもあります。
その素晴らしいことを嫉妬してしまうとしたら、それは素晴らしいと思えなくなってしまうかもしれません。
その素晴らしいことを称賛できたとしたら、それはもっと素晴らしいと思えるようになるでしょう。

誰かのことを、許せないと思えたとしたら、その許せない傾向や価値観は自分の中にもあります。
その許せないことを責めたり批難してしまうとしたら、それはもっと許せないと思えるようになるでしょう。
その許せないことをあたたかく見守ったり応援したりできたとしたら、それは許せないとは思わなくなれるかもしれません。

そして、これがお伝えしたいことなのですが、縁がある人に対して、私たちがとった態度は、実は自分が同じシチュエーションになったとき、自分自身にとる態度と同じものなのです。

素晴らしいと感じたらその素晴らしいと感じた、相手も自分も称賛してみてください。
許せないと感じたら、相手も自分も心から許して応援してあげてみてください。

どういうときでも、責めたらあなた自身もいつか自分自身を責めてしまいつらい想いをします。だからどうか、自分も人も責めずにいてあげてください。

これを続けるなら、必ず心は幸せで豊かになっていくことができます。
あなたに幸せになってほしい。

きっと、よくなる!
(先日は、講演ありがとうございました 松本竜弥)

11/19(土)「第一回 ありがとうのお話会」開催 くわしくはクリック!

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 15:56Comments(15)

2005年09月02日

それだけで 生きていける。

7e08582e.jpg

皆さんは、もう次の広告をご存知でしょうか。

 


 
命は大切だ。
命を大切に。
そんなこと、
何千何万回
言われるより、
「あなたが大切だ」
誰かが
そう言ってくれたら、
それだけで
生きていける。


今、テレビCMや新聞広告で流れている公共広告機構の広告です。
あちらこちらのブログでもこの広告の記事を見かけるようになりました。
この広告に関する情報はこちら。

このことは真実だと思います。
私自身も、たった一言だけで、心の苦しみが取り払われた経験をしたことがあります。
当サイトの書籍「大丈夫。みんな一緒にいるよ」の中でも、そんな経験をご紹介させていただいています。


「竜弥くんは大丈夫かな?」
ある人が言ってくださった、そのたった一言でした。

きっとその方は心から心配してくださったんだと思うんです。
このときの、私をいたわり、思いやってくれる人の存在がこんなにも奇跡なんだって気付けたときの感謝と感動は、今でも言葉にはできないですね。
(本文より)


心の癒しでも、多くのケース、同じことが言えると思います。
私たちはともすれば、良い・悪い、正しい・正しくない、といったアドバイスをしてしまいがちですが、相手に対してレスを書いてみる前に「あなたが大切だ」と思ってみてください。

少しのことですが、自分の気持ち一つで、相手の方に伝わるものが、ぜんぜん違いますから。


(大阪オフでは、みなさんどうぞよろしく! 松本竜弥)

大阪オフのご案内はこちら。

  
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 22:44Comments(10)

2005年07月07日

罪悪感と決別する

29570c26.jpg

 私の知り合いに、当時、貧乏してるけど人のいい大学生のO君がいます。あるとき、彼が非常に思い悩んでいる様子でしたので話を聞くことにしました。


「どうしてそんなに苦しそうにしてるのかな?」


よほど言いにくそうにしていましたが、ようやく意を決して口を開いてくれました。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 08:42Comments(9)

2005年05月12日

心のブロークンウィンドウ理論

d2824c9b.jpg
 皆さんは「ブロークンウィンドウ理論」というある心理学実験をご存知でしょうか?
 有名になっている話なので、ご存知の方も多いかもしれません。


 実験はフロントガラスの割れた車Aと普通の車Bを住宅街に放置しその変化の違いを調べるというものでした。1週間後、普通の車Bは変化がなかったのですが、窓の割れた車Aはさらに次々とガラスを割られ、金目の部品は盗まれ、落書きされ、壊されたという結果になったのです。
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 02:05Comments(12)TrackBack(2)

2005年04月28日

心の許容量を広げる方法

bb53481a.jpg
 大きいお鍋と、小さいお鍋を使ってお湯を沸かした場合、必ず小さいお鍋のほうが先に沸騰します。
 私たちの心はこれと似たような働きをします。

 つまり、心の許容量が小さかったり、すでに他のことでいっぱいになっていたりすると、心の許容量に余裕があるときよりも怒りやすくなるわけです。


 では心の許容量とはどういうことでしょうか?
 曖昧な表現で、感覚的なもののように考えがちですが、こんな風にも言い換えることができます。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:58Comments(17)TrackBack(0)

2005年04月13日

困難を乗り越えやすくする方法

a6738ae1.jpg

 自分にとって、なかなか大変な困難を乗り越えるときは心に加速が必要です。
 心を加速させるには、次ような方法が効果があります。


・始める前に期待をして喜ぶ
・努力できる現状を喜ぶ
・努力しながら得られている成果について喜ぶ
・必ずどれだけかずつでも得られた自分の進歩について喜ぶ


 この方法は他人と比較する必要がありません。
 そのため、自分の努力した分、余すことなく喜びにすることができるので、確実に目標に向かって心を加速させていくことができます。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 03:44Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月09日

運がいい人になって悩みを克服する方法

ab00a1c4.jpg

 これはかなり確実な方法です。


 運を良くするにはどうしたらいいか。
 私達も常々、運を良くしたいと思っていたりします。


 ロンドン近郊にあるハートフォードシャー大学の心理学教授グループの行った科学実験にも基づいているので、説得力があります。
 教授らのおこなった実験は次のようなものでした。


 「どちらかというと自分は運が良い」と思っている人と、「どちらかというと自分は運が悪い」と思っている人、それぞれ50人ずつ集まってもらい、それぞれの被験者に、コイントスを見せ、表か裏かに答えるゲームをやってもらいました。


 この実験を繰り返すことで、「運がよい」と思っている人たちのほうが正答率が高いかを調査したのです。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 09:43Comments(15)TrackBack(1)

2005年04月03日

困難に立ち向かいやすくなる方法

7e90385d.jpg

 人生は、山あり谷あり。
 いろんな場面があって、壁にぶつかり立ち止まるときもあるし、ときには挫折するときもあります。私達の人生は、私達を成長させるためにあります。

 私達が目の前の課題を乗り越えようとしたら、それに応じた努力を求められます。
 なにも取り組まずに目の前の問題が解決できてしまったとしたら、それは私達を成長させるものではないし、そういうのは課題とはちょっと違います。
 そうすると、私達に成長をもたらしてくれる課題というのは、必ずどれだけかの困難を伴っているものだと言えます。


 今回は、私達が課題を乗り越えようとするときのちょっといい話をさせてください。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 14:20Comments(11)TrackBack(0)

2005年04月01日

続けることに勇気が持てる方法

eda7ef0d.jpg

 習慣は、ある日を境に花が咲きます。


 何をやっても続かない、根気が良くない、集中が続かない…。こういった声は、私達の周りでもよく聞くことがあります。
 それは多くの場合は、目標が自分にとって必要と思えなかったり、不確かだったりすることと、どこまでも続けなければならないと感じる不安が大きな理由だったりします。


 これを山登りにたとえてみると、最初の登り始めは傾斜も緩やかで楽なものです。最後の山頂近くになれば傾斜は急でも目的地も近くなので気力も湧いてきます。
 でも、中盤、山の中腹を登るときは、傾斜も急になってくるし、目的地もまだ少し先だし、一番大変です。挫折しやすいときです。


 諦めてしまいそうなときは、ぜひこう信じてください。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:41Comments(4)TrackBack(1)

2005年03月27日

どんな人にも優しい視点を持てる方法

041016_1245~01.jpg 「点じゃなくて線で感じてみる」
 これを心がけると人は心の許容量が増えます。こんなお話をご紹介させてください。


 人付き合いが苦手で…、ネガティブで…、という方のお話をお伺いすると、割合多くの方にこんな風に考えている傾向があるかなと感じます。
 それは何かというと「あの人はこういう人」とか「これはもうだめだ」とか、結論を導くのがとても早いんですね。頭の回転の速い方が多いと思います。


 たしかに割り切る判断は、一見、今ある悩みのタネを減らして私達を楽にしてくれるように見えます。しかし心はいつも正直なので、次また、諦めてしまうことも、すでに知っています。
 私達は自分にプラスになるように、自分が苦しくならないように努力しているつもりなのに、心はいつまで経っても満たされないことに矛盾を感じてしまいます。


 そんなとき「点じゃなくて線で感じてみる」のです。

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 13:04Comments(10)TrackBack(2)

2005年03月25日

普段から幸せな心を作る方法

512d363d.jpg
 私達の意識は、付き合い方次第で誰もが幸せになれるようにできています。

 それは、私達の意識が大変素直にできているためです。

 

 望月俊孝さんの書かれたご著書「幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる」の中で、とても分かりやすい説明がありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。それはこんなお話です。ちょっと実験をしましょう。


ビールのことは想像しないでください。
あの喉越しの良さは考えてはいけませんよ?

 
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 17:08Comments(4)TrackBack(2)

2005年03月23日

いつも幸せな心になれる方法

65745049.jpg私達には、一人一人、誰もが幸せになれる自由とその能力が備わっています。
今回は、こんな話をご紹介したいと思っています。


 


ここに、2つのリンゴがありました。1つは大きいリンゴで、もう1つは小さいリンゴです。
そして、あなたと、あなたのお友達のAさんがいました。
Aさんが「あなたと私で、1個ずつリンゴを食べましょう」と提案しました。
あなたも「そうしましょう」と答えました。
そして、Aさんは「こっちをいただきますね」と、大きいリンゴのほうを取って食べ始めました。


そこで、あなたは「Aさんは、欲張りな人だな!」と思ったとします。


でもちょっと考えてみてください。
本当に欲張りだったのはお友達のAさんだったのでしょうか?

  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 16:14Comments(11)TrackBack(1)

2005年03月21日

和やかにまとまる会話の方法

228485e8.jpg
 私はこれまでしてきた経験から、とても和やかに結果にたどり着くなあと思う方々の会話の仕方に共通点を発見しました。発見したというより、彼らにその極意を気づかせていただいたのかもしれません。

 悩み相談をしていると、お互いによく「それは違う」という会話の流れになるのを見かけます。和やかなコミュニケーションと、「それは違う」となってしまう会話の違い、その原因はどこにあるのでしょうか?
 私なりの経験を踏まえて、ご紹介させていただきたいと思います。
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:18Comments(4)TrackBack(1)

2005年03月19日

嫌いな人をなくす方法

276ef3e2.jpg

 1つ例を挙げるので、よかったらイメージしてみてください。
 雑誌をよくお読みになる方は、雑誌のコーナーなどで、質問があってイエス・ノーで答えていくと、診断結果がでるゲームをされたことがあるんじゃないかと思います。(あれは名前なんていう名前なんでしょう?ご存知の方教えてください…!)
 あれって面白いというか、当然のことなんですが、同じ答えを選んだ人は、同じ診断結果になるんですよね。これってとても興味深いことだと思うんです。つまり、同じ診断結果になった人同士は、考え方や行動パターンが似てるわけです。もちろん、その質問の範囲に限られるわけですけれど。


 ここでちょっと考えてみてほしいことがあります。


 私達の生活の中で、同じ会社だったり、同じサークルだったり、いままで出会ってきた周りにいる人達って、このイエスノーよりも、はるかに複雑な選択肢の中から出会うことができた、とても共通点が多くご縁のある方達なんですね。


 例えばこのサイトでもそうかなって。
 世の中で、それこそ星の数ほどたくさんのサイトがある中から「心の癒しがいい!」って選んでくださったわけです。センスだったり、感覚だったり、あったかさだったり、いろんな感覚が近い方です。



 普段、私達はよくしてしまいがちですが、人と自分とを比べて、
「この人と私は違う。」
「この人のここが嫌い、私はそんなこと絶対しない。」
「あの人はできて、私はできないけど、あの人は特別だから。」
というようなことを考えたりします。



 でも、さっきの例を考えてみると…。本当にそうなの???と疑問が湧いてきます。


  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 12:03Comments(7)TrackBack(0)

2005年03月16日

生きる期限があったら。

1a67ca3f.jpg
 人生には心地よい風の吹くときや、ときには強い逆風が吹くときや、様々な時期があります。
 みなさんは、今は素敵な未来を夢見ながら毎日を過ごされているでしょうか。それとも今は辛い時期でしょうか。それともなんとなく過ぎてしまう毎日でしょうか。

 

 私達は一生懸命生きていますが、この毎日の違いはどこからやってくるのでしょう?


 私達は誰しも、想いによって未来を決めることができる素晴らしい力を持っています。これは本当に素晴らしいことです。そしてその昨日までの想いが、今の毎日になっていきます。

 

 

 今回は私達の未来を輝いたものにするために、みなさんに「生きる期限」を設定して、そして、みなさんの心と対話してもらえたらな、って思っています。
 準備が必要です。4枚の紙とペンを用意して、それぞれに次の質問と、その答えを思いつくまま書き出してみてください。時間は自由です。もういいなと思えるまで書いてみましょう。

 

 

・もし、私が明日まで生きられるとしたら?
・もし、私があと一週間生きられるとしたら?
・もし、私があと一ヶ月生きられるとしたら?
・もし、私があと一年生きられるとしたら?


書き出すことができた方から、続きを読んでみてくださいね。
  続きを読む
サイトの応援をお願いします
ブログランキング
Posted by kokoronoiyashi at 11:42Comments(18)TrackBack(2)
copyright© 2000-2009 悩み相談サイト心の癒し allright reserved.