2006年12月15日

いじめ Part2いじめは本当に辛いんです

みなさんこんにちは!今日は12月15日。もうあと16日で2006年も終わるのですね。来週はクリスマスですね!何か予定がある人も、何もない!という人も元気でクリスマスの雰囲気を楽しめる!って幸せなことなのかな?と感じる私です。さて今日は「いじめ」の続きのお話しをします。今日初めてここを訪れてくださった方、良かったら前回のお話しにも目を通して下さるとお話がよくわかると思います。


さて「いじめ」で自殺をしてはいけない!と前回お話しました。みなさんは死んだらどうなるか?と考えたことがありますか?死んだら楽になる!ということはない!という事が世界的に知られるようになってきました。(沢山の本が出ています)私が尊敬するスピリチュアルカウンセラーの江原先生によると、死んで生まれ変わっても「また同じ苦しみが巡ってくる」そうです。なのでどんなに苦しくても生きて人生をまっとうした方が良い!とおっしゃっています。同じお話しを世界各国の霊能者の方がお話しされています。

そういってもいじめは辛い!そうですよね。。まずいじめを受けてる人、辛かったらその場をまず離なれなければダメです。学校なら学校に行くのを一旦辞めましょう!私の経験からすると、「いじめられてる!」ことをしっかりアピールしなければ絶対に誰も気がついてくれない!という事です。「いじめ」られるのは自分が悪いからと一方的に考えるのは危険です。もし苛められてる原因が自分にある!と思った時は
自分を変える努力も必要でしょうが、いじめを受けることは恥ずかしいことではありません!なのでまず凄く辛くて死にたくなるようだったら学校や会社はお休みしましょう!そして両親や先生、信頼できる人に「いじめられて辛いです」とはっきり言わなければダメです。私は誰にも言えなかった為に長い間一人で苦しまなければなりませんでした。何歳であっても人間社会には「いじめ」が存在します
いじめに勝つ!為にはまず自分が「いじめを受けてます。嫌です!辛いです!」としっかりを周りの人に伝えましょう!そしてしばらくその場から離れましょう!
死ぬよりましです。

そして、本当のことを信頼できる人に打ち明けましょう!いじめられてる=ダメな人間ではないんですよ!もし信頼できる人なんかいない!という人、私のようなカウンセラーとか市や県で行ってる「心の健康相談」、児童相談所などにまず自分のことを話してみてほしいのです。一人で苦しんでいても何にも良いことは起こらない。
これは私の経験からそう思います。自分ではどうしてよいかわからなかったことも
人に話すことで気持ちを整理したり、何かのヒントになったりすると思います。
特に男性の方は周りには言えない!という人が多いです。でも言える人を捜してください!

まず、自分が「いじめを受けてます!」って勇気を持って声に出して訴えましょう!
その上で「じゃどうしていけばよいのか?」対策を立ててゆきましょう!
戦闘ゲームをしたことがありますか?敵の人数を知り、弱点を知り、作戦をしっかり経てなければ勝てません!

自分に負けてはダメです!まず声に出して「いじめには負けない!」と宣言しましょう!声に出して何回も言うと勇気と力が沸いてくるはずです!
言霊を知っていますか?簡単に言うと言葉に出したことはそのとおりになる!ということです。だから是非「いじめには負けない」宣言を自分にしてください!
人生は自分の為にあります。人に苦しめられる為じゃないのです。

次回はどのような対策があるのか?どのように自分とむきあっていくか?ということをもう少しお話ししたいと思います

今日も最後まで読んで下さって有難うございました!
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
人気blogランキングへ
kokorononayami at 17:30│Comments(0) いじめ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
Links