ブログネタ
健康ナビ に参加中!
子どもの歯並びの悪さが気になっても、矯正治療を始める時期や費用など、わからないことがいろいろあります。今回は、12歳ごろまでの矯正治療について紹介します。  

■子どもの不正咬合の原因

 歯並びやかみ合わせが悪いことを「不正咬合」と言います。不正咬合の主な原因は、「遺伝的要因」と「環境的要因」の2つです。
 遺伝的な要因で、上下のあごの成長バランスに問題が生じると、「反対咬合」や「上顎前突」になります。
 環境的要因としては、「指しゃぶり」などの「癖」と、「乳歯から永久歯に生え変わるときの問題」の2つがあります。癖が原因で起こりやすいのが、上下の前歯の間に透き間が開く「開咬」です。また、乳歯が虫歯になって抜歯されていると、永久歯が正しい位置に生えてこなくなり、歯列がでこぼこになります。
 歯並びが悪いと、かみ合わせが悪くなり、さまざまな影響が出てくるので、矯正治療を行うことが勧められます。 



■矯正治療の進め方

 乳歯列から永久歯列が完成する12歳頃までの時期に、不正咬合の悪化を予防するために行う治療を「予防矯正」と言います。予防矯正では、「ヘッドギア」などの装置を装着して、あごの成長をコントロールします。この予防矯正だけで歯並びやかみ合わせの問題がなくなり、治療が終了することもあります。
 症状が重く、予防矯正だけで治りきらない場合は、永久歯列が完成したあとに、「本格矯正」を行います。本格矯正では、一般的に、約2年間で「歯を移動させる」治療を行い、その後1〜2年かけて「保定」を行います。
 あごの成長に問題がある場合や、癖によって開咬などが起きている場合は、長期間放置すると治療が困難になるので、早期に予防矯正を開始することが大切です。一方、歯の生え変わりのときに、多少、歯が曲がったり、ねじれたりして生えてきた場合は、しばらく様子をみることもあります。矯正治療が必要な場合は、男子は14歳くらい、女子は12歳くらいまでに本格矯正を開始します。 



■矯正治療を受けるに当たって

 矯正治療は、治療期間が長く、また、費用も高額ですので、最初に医師とよく話し合い、納得してから治療を始めてください。