2006年05月

2006年05月27日

『F・S・S』20年かよ〜1

あいかわらず仕事忙しくて、ストレス溜っています…また愚痴る気か…;;
いやいや…先日、癒しを求めてふらっと本屋に入ったところ「F・S・S」(ファイブスターストーリー)の新刊が出ているじゃありませんか。何年ぶりでしょうか?もうびっくり。
「まだでるんだ〜」
と、思っちまったぜ。しかも20年記念だ〜?あ〜?いつまで連載続ける気だ…;;
一応読んでいるのでしぶしぶ購入。なんか義務みたいになってますな;;帰って読んでみましたが、分かっちゃいましたが、またしてもな展開…;;もういい加減登場人物増やすのやめろよな、ごらあ…(怒)
このお話が好きで批判なんか聞きたくないわ、という方はこの先の文章を読まない事をおすすめします;;
誤解されないようにお断りしておきたいのですが、私はこのお話は好きです。
だがしかし、だがしか〜し…
「もう、そろそろいい加減にしろ…」
と、思っちゃう事も事実なんだな〜;;
本当に登場人物書き過ぎだと思います…;;なんでもかんでもアイデアぶちこんでるって感じがする…
いや、気のせいじゃなくてしているでしょう…;;
なんだよ〜この話以外編集部が描かせてくれないのか〜?だから
「この話のなかで描きたい事全部描いちゃえv」
とか思ってんのか〜?;;
もう、いっこうにすすまない、すすまない…作者絶対終わらせようと思ってない…;;そういう意味では『ブロンズ』と張るかも?;;
にしても、これ程主人公とヒロインがおざなりな話も珍しい…;;確かに他のキャラの方が魅力的ですがな…;;
ストーリーに魅力があるんでついつい読んでしまうんですが、どうしても納得できない事があります。
それは『ファティマ』の描き方。
作者が男性なんでしょうがないんだろうけど、めっちゃ男にとって都合よく描かれている気がする。
まず、子供産めない、とか外見変わらないとか、
「やりたいけど子供できたりして責任とりたくない」
「女は若い方がいい」
という男性の本音が見えやがる…;;
話のなかで『ファティマは騎士に仕えるのであって、力のない者のところに行く事はない』
などと、ぶっこいてますが、実際はマスターが死んでも次のマスターに行かず死んだマスター思っていたり、前のマスター思い出してほろほろ泣いたりしてます。
言ってる事全然違うじゃんかよ!
『マスターにだけ忠実で奉仕する』
と言うのなら、マスターでなくなった途端に冷酷になれよ。そういうとこ全然描かれていません。そこが気にいらね〜(怒)一番嫌なところだす〜
本音を言うとDr.バランシェが好きだったんで、彼が亡くなってから結構どうでもいいです。あ、でも今回ひさびさに出て来たスパコーンさんは好きなんで嬉しかったv
とにかく、この話は終わる事期待して読んじゃいけないね。
「気が向いたら読むか〜」
ぐらいのゆるい気持ちで待つのが一番。でないとストレス溜まっちゃいます;;
「もういいや〜」
と思ったら購入やめて忘れるのが一番さ〜;;
前にもこのブログで書いたと思いますが、私は
「話は終わらせてなんぼ」
だと思っているので、一章、二章、と話をとりあえず終わらせるならまだしも、いつまでも終わらない話書いているのは一流ではない、と思っています。(言葉がきつくて申し訳ありません。今、気持ちに余裕ないので;;)
とかなんとか、言ってますが多分次もでたら買うんだろうな〜;;まあ、何年後だろうかと思うから、その時になってみないと分かりませんが…;;
もし、20年後に物語が完結して、超くだらない終わり方されたら、全巻燃やして灰を海にばらまいてやろうと思います…(本当か;;)
ああ、映画『ダヴィンチ・コード』が観たい〜

kokouroko0923 at 17:13|Permalink 日常 

2006年05月20日

飢えてます…;1

何に飢えてるっていろいろです;;仕事忙しくてHPの更新もできないし、こうしてブログ書くのも久し振りだし、サイト巡りもできないし、いい映画とかみたいけど時間なくて観れないし、食事は不規則になって太り気味だし;ストレス溜まるし、体調くずして風邪ぎみだし〜(愚痴かよ…;;)
そんな中、一番飢えてるのは…
森川智之さんボイス…特にディフェンス…(おい…;;)
聞きて〜よ〜、飢え飢えなんだよ〜ん;;
ディフェンス作品が少ないだけに、時々こういう現象に陥ります…;;おそらく同じ森川さんディフェンスファンの方はご同様な症状に見舞われていると思いますが…;
辛いよね〜;;私マイナー好きなんで、多分好みのBLCD事体が少ない感じがする…;;
森川さんディフェンスでも相手の方は同年代、もしくは大人の男声であって欲しい…あ、でも、男気溢れてて森川さんの役に対するヘタレ愛情満載なら若くてもよくってよ!(何様…;;)
貧乏だから、結構高いパーセンテージで満足のできるCDだと分かってないと買う気がおきないんだよな〜;;(せこくてすみません…;)だから試し買いはできるだけ避けるようにしてます…(我慢できずに買っちゃう時もありますが…;;)
今、飢えすぎてその衝動買いしそう…;だって苦しいんだもん〜;;
このテンションだと次には書くSSは鬼畜話になるかもしれん…(本当か?)でも鬼畜話って自分の中のどっかの回路がふりきれてないと書けない事ありませんか?ネジが1本はずれていると言いますか…(私の場合1本だけか?え…?;;)
なんにしても、書きたい、聞きたい、(オヤジ受)読みたいです〜;;
結局愚痴じゃないか…;;失礼しました;;

kokouroko0923 at 15:03|Permalink BL話 

2006年05月12日

連休も終わり〜2

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎてしまいました…休み開けは仕事が忙しくて、更新もなかなか出来ず…;;ああ〜ストレスが溜まる…;;
休みは実家に帰省してました〜v姉と甥っ子も帰ってきてまして甥が「「アイスエイジ2」観たい〜」と言うので観に行ってきました〜外国映画の吹き替え版観たの初めてじゃなかろうか?
しかし、やっぱり俳優さん使ってました;;もう〜;声優さん使ってくれって何度言ったら分かってくれるのだ〜;;(聞こえてないって;)
主役のマンモスが山寺さんだったのは、良かったけど。やっぱりさすがですよね!完璧に声だけで感情を表現している…プロは違いますな〜
俳優さんも悪くはないと思うんだけど、良くもないよね〜;;
この映画観るにあたって他の映画の予告も流れてたんですが、ジブリの次回作である「ゲド戦記」もやってました。声はやっぱり俳優さんオンパレードでしたけどね;;(題名忘れたけど他の映画の主役の男の子の声が「松たかこ」なのには正直ビビッた…;;一体誰がキャスティング?;;)
にしても監督『宮崎吾郎』って誰?まさか宮崎監督の御子息ですか?アニメの世界も世襲制導入かよ〜;;もしそうだったら勘弁してくれ〜;;まあ、どんな映画になるのか分からないけど;;原作はあるみたいですね。「ハウル」みたいな感じになるのでしょうか?変な方向にいかないで欲しい、と思っているのですが、一抹の不安は拭えない…;;
私個人が思った事ですが、昔のような劇場版アニメ映画ってなくなっているような気がします。
それこそ「ラピュタ」や「銀河鉄道999」とか「ルパン3世」等。小説を映画にしたようなドキドキ感がありテーマ性のある物語が少ないのでは?
芸術性重視かRPGのような冒険戦いものに二分されている気がする…(そんな中、「クレヨンしんちゃん」は結構頑張ってるな〜と思いました;;)
それが最近の流行りですか?;;あんまり観てないけどよく分からん…;;
まあ、劇場でやるだけでなく、ネットやケーブルテレビ、OVAとかにスタイルが拡大したっていうのもあると思いますが。
博打性の大きい劇場版映画に手をだすよりは、手堅い方法でいこうって感じなのかな?
だけど、映画好きとしては、もうちょいジャパニメーションには頑張って欲しいな〜とちょっぴり思ったりします;;もうちょいスケール感のあるやつみたいです;;質といい、量といい外国アニメに押されてるよん;;

kokouroko0923 at 11:16|Permalink 映画