2006年07月

2006年07月29日

HP「春抱き」更新…何ヶ月振り…;;3

約四ヶ月振りの更新です;;長かった…;;スランプ後という事でリハビリをかねて、ゆる〜いお話;原作有りだし〜;;
実は二年程前、「春抱き同盟」の夏企画の方に参加させていただこうかな、と書いていた話なのですが、間に合わず…;;
未完だったものを引っ張りだして、完結させてみました;;
スランプ脱出のきっかけは原作の「春抱き」を読んだ事でしょうか〜vいつもながら単純な女…;;
「冬の蝉」も「〜舞踏会」のサイトもパソコンMacでは見れないので、飢えに飢えていたようです;;考えてみたら、スランプの四ヶ月って「春抱き」が読めなかった期間なんじゃ…;;なんて単純な…;;
でも、持宗監督いいね〜あの映画マニアっぷりがたまらんよ〜
「〜俺はなんでもする…」
って言ってた事だし、さあこれからも何をするのか見せてもらおうじゃないのさ〜vでも、また四ヶ月先…またスランプになるかもしれんな…;;
んでもって、連載読んでまた復活;;本当に単純…いや単細胞か……

kokouroko0923 at 00:03|Permalink BL話 

2006年07月25日

「ハウル〜」観ました〜2

前評判聞いていたので、あまり期待せずに観たのが良かったのか、そんなにひどくは感じなかった。キムタ○の声もさほど気にならず、それなりに良かった。でも、宮崎監督の色が一番でてなかった話かと…;;別に他の監督でも良かったんでわ?なんつーのか…何かの二番煎じ感が否めず…;;
この話の最大のポイントはハウルに惚れるか惚れないか、ではないでしょうか?だって少女漫画のラブストーリーだったもん〜。男性には超つまらん話でしょうな;;「耳をすませば」と同じ部類かと…;;
でも本当に俳優さんを声優さんに使うのは本当に止めてほしい〜;;感情移入できん!;;
「タイタニック」がテレビで放送された時、主役の二人が俳優さんでしかも下手だったので、ブーイング殺到したらしいですが、当たり前だっつーの;;
「プリティーウーマン」の時もリチャード・ギアの声があおい輝彦だったので、「彼の声を聞いたら顔も思い浮かぶので映画の話に没頭できなかった」という苦情がでたらしいです;;普通の一般の視聴者もそう感じるんだから止めろよ〜;;と思うんですけどね〜;;アイドル使うのは客集めなんでしょうか?;;話題作りとか?スポンサーとか関係してくるのかな〜?う〜ん;;それでなくとも、今の日本のアニメの質は落ちていると思うのに、これ以上落すなよ〜;;
あ、でもCMで聞いた「松たかこ」の声にはびっくりこきましたわ!上手い!「松たかこ」の声ではなく完全に少年声であった!すごい!感心いたしました!
これぐらいのレベルの人起用するんなら納得なんだけどな〜;;
そう、声優さんも元は俳優さんだったんですよね。それがいつしか「声」専門の俳優、ていう職業ができて…
と、いう事はちゃんと演技できてない俳優が増えた、って事じゃないの〜?;;演技の勉強とかしっかりやってない人がでばりすぎなんでわ?きちっと勉強してから出てこいや〜;;プロなんだろ〜金もらってるんだろ〜;;(いかん、またやさぐれてきた;;)

kokouroko0923 at 16:59|Permalink 映画 

2006年07月21日

忘れた…;;2

小説の書き方忘れた…;;このところず〜と推敲→修正→推敲→修正→繰り返していたので、一番始めにどうやって書いていたのか思い出せなくなってきた…マジやべ…本気でスランプのよ〜です;やっぱり継続する事って大切ですね;;
スランプには過去に何回かなっているので、焦ったってなるようにしかならないと分かっているのですが、こんなに長い間HP更新して無いのは始めてかも…;;
多分ブログのせいですかね〜;;つい書いた気になっちゃうんだよね〜;;そう考えると私の駄文がいかにレベル低いかあらためて分かるわ〜;;
サイトも少し整理したいな〜と思っているのですが、なんせ不精な性格で先送りばかり〜;;いかんわ…;;
季節がらホラーとか怪談とか観たいし、読みたくなっております。
今上映されている「サイレント・ヒル」観にいこうかどうか迷うところ。ゲームとかしないんで、話は全然知りません。レディースデイだったらはずれでも腹たたないかな?;;
以前、「バイオハザード」の映画をテレビでやってるの観ましたが、本当にゲームっぽい進行だな〜と思いました。謎が最初にあって解く為に進んでいくって感じで。
でもゲームにある「自分で選択する」って事ができないから、その分楽しみは減っているように感じました。サプライズも見せてしまっていたし。
う〜ん「サイレント・ヒル」はどうなんでしょう?
某番組でやっている映画の感想で稲垣ゴローちゃんが
「リアル感がなくて恐く無い」
と言っていましたが、回りの人は「え〜」とブーイング;;やっぱり恐いのかな?女性が主人公だから女の人の方が感情移入できるのかもしれませんね。
でも、ゴローちゃんの言っている事も分かるかも。
ホラーと言ってもいろいろで、話事体が恐い、とかシュチュエーションが恐い、とか演出が恐い(最近ありがち)とかいろいろありますが、やっぱ
「自分の身にも起こり得る」
っていうのが一番恐いかも…;;
そういう意味では「リング」とか恐かったかな〜;;
「ビデオを見る」っていう日常から恐怖が始まっているから…
でも、この話は「どうなるのか」「どうして」「間に合うのか」っていうのが物語の重要ポイントだったから、二回目はさほど恐くなかったかな「シックスセンス」と同じですな、「オチが重要」(それでも貞子は恐いが…;;)
だから、シリーズ化が進むにつれ失速していったんだと思う(謎がだいたい分かっているので、謎解きに恐怖を感じない)
その道で超有名な「悪霊のいけにえ」「死霊のはらわた」とかは観た事ないですが、多分すっごい恐いんだと思う;;いや、絶対恐いぞ…;;70年代に創られたホラー映画で評判高いのはハズレないだろう;;「エクソシスト」がどれだけ恐かったか;;あんなに特撮ちゃちいのに…;;この時代はホラーにとって黄金期だったように感じます。
その後「怖がらせる」ではなく「おどかす」っていう傾向になった気がしますね。
「サイレント・ヒル」もその傾向なんだろうか?オチはどうなっているのかな?

kokouroko0923 at 16:26|Permalink 映画 

2006年07月20日

医者は嫌いだ2

実は私は十五年前からずっと足の病を煩っております。
手術もしましたが結局完治せず、痛みも症状も楽になったり、ひどくなったりと波のような波形を描きながら低空飛行しております。(落下しない事を祈りつつ…;;)
つい最近ネットで同じような症状の方に効果がある、と書いていた診療所のサイトを見つけまして、その病院は広島県でしたが
「関西、関東地方の病院も紹介いたします」
と書いてあったので、試しに問い合わせしてみました。んが〜
「あなたの症状は重症のようですので、治療できる治療医を紹介できません。他あたって下さい」
と返信してきやがった。
しばし呆気にとられた後、怒りがフツフツと沸いてきました。
実際治療してみて、この方法は合わない、とか利き目がないようなので〜、と判断するならともかく、
「〜ようですので、他を当たれ」とはどういう意味だ?
しかも、説明も一切なし。(こちらの症状は詳しく説明しておいた)
どういうところでそういう判断をしたのかも書いていない。邪魔くさいから関わり合いになりたくないと言わんばかりの態度である。
つまり、てめーもてめーの知ってる医者も軽い患者しか治せないって事かよ!
ふざけんな!ムカツク!(松鶴○ていう所ですよ奥さん!)
この足の病のせいで何件の病院に行き、何人の医者に会った事か…
しかし、普通の医者はほんの一握りであった…
「良い医者」に会った事は一度もない…
いきなり喧嘩腰の医者、怒鳴る医者、カルテを放る医者、(どれもこちらは何も言ってないのに)セクハラ医者、質問にまったく答えない医者、説明を一切せずにこちらの言う事を無視する医者…
何故こうも最低の医者に合う確率が高いのだろうか…
以来、私は
「医者と坊主と公務員は信用しない」
ことにしている。
政治家なんて皆腐乱死体並に腐った奴ばかりだし、もう何を信用したらいいのか分からない世の中になってきましたな〜
いかん、暗いわ…;;
気分を変えて先月復活しました「GOLD」に掲載されていたお話の感想を書いてみたいと思います。今さら…;;
しか〜し、例によって私はマイナーなので萌えのあった作品はほとんどなしです…
何故心にひっかからないのか、自分なりに分析してみました。
なので、かなり辛口なコメントになりますから
「今月の作品は素敵なものばかりだった」という方は読まないで下さいませ;;(私の今の精神状態もやさぐれているので…;;)
BLのお話のポイントとして
「話事体がおもしろいか」「CPに萌えがあるか」「キャラクターに魅力があるか」
だと思います。これらのポイントから私の独断と偏見で点数つけさせて頂きます。(10点満点)
では、低い点数からいってみよう〜
1点
「下記以外の作品;;」
好きな方は申し訳ないですが、はっきり言ってどこがいいのか分かりません;;登場人物が何考えているか分からん〜;;何が大切で何を求めているのか何を言いたいのか?そういうのが…わ、分からん…;;私の理解力がないせい?;;どの話もいつも同じような感じで、ちょっとワンパターンすぎないかな〜って気も…;;
(この作家さんたちの作品をたくさん読んでいる訳ではないので、私が見たやつがたまたま重なっているだけかもしれませんが…;)
3点
「それではみなさん」
期待していただけにショックがでかいです〜;;なんで、なんでこういう展開にいってしまうんだ〜;;一番いって欲しく無い方向だったのに…;;なんか普通の恋愛BL話になってしまった;;もっと恋愛とは違う展開してくれるかと思っていたのにな〜;;がっかり;;まあ一番驚いたのは北斗君がオフェンスだった事ですかね…;;う〜ん;;他の兄弟に期待したい…;;
5点
「昼も夜も恋で満ちる」
可愛い話だな〜と思いました。萌がある訳ではないのですが、登場人物の性格が可愛かった。
「ご主人様と俺?」
話も良くて、登場人物の気持ちとかすごく良かったんですが、言葉にしすぎかな…;って気がしました;;後半だけだからかな?
6点
「恋するメイド少年」
「くちびるの行方」
カップル的に萌えではないのですが、話がおもしろかった。時間の流れと登場人物の心理がすごく良く分かりました。
「ハーレムデイズ」
親父好きの私にとってはこの年令差は萌えですが、残念ながら今回のカップルには萌えませんでした;;可愛いエンマンもいい性格してる軽穂の親父もタイプなのですが、悲しいかな…
私はどちらかが余裕のよっちゃんのカップリングには萌えないのです;;
親父がもっと余裕を無くしてくれれば萌え萌えだったのに〜;;っていうか親父は受だろ!(結局それかよ…;;)残念;;登場人物達のスタイルが抜群ですな〜v
「ネイキッド・トゥルース」
すごく長いシリーズの話みたいですが、まったく読んで無い私にどれだけ語れる資格があるのか;;ただ、やっぱり上記でも書いたようにどちらかが余裕のカップルはどうも…;;
7点
「親父回廊へようこそ」
相変わらず私のマイナー心のつぼをついてくれる展開が嬉しい限りv復活第一段という事ではじけっぷりを少々押さえておりましたね。もっと素直になって下さっていいのに〜v
8点
「Punch」
「僕の声」
どちらも好きな作家さんだし、大御所さんだから安定感ありますね〜さすがの貫禄。
「Punch」はカップルに萌えませんが話がおもしろい〜登場人物達には全員魅力感じましたvのろけを聞かされていつも大変なマネージャーさんもv
「僕の〜」は、やったアダルトカップル!しかも進展あり!はあ〜、話といい、キャラといい萌え萌えでござったvいいところで終わる焦らしプレーに悲鳴をあげましたわ;;これがヤングカップルだと多分私の中の点数は一気に下降していたでしょう〜;;(多分3点ぐらい;)それぐらい萌えの差があります;;
何故こんなに差があるのかな〜と考えてみましたが、それはキャラの性格に共感できるかできないか、かな〜と。どうもヤングカップルの心理が私にはいまいち分からなくて…;;
お互いいつ好きになったんだ?;;上智君は女の子と付き合っていたのに、なんでいきなり男の風間とそういう事に?抵抗はないの?ちょっとぐらい葛藤するとか、濡れ場でやり方分からなくて失敗するとか(おい…;)して欲しい〜;;仕事の事であれだけ悩んでたのに、こっちの方で悩んでないように見えるのはちょっと…;;風間君も本当に好きなのかな〜;;神経細かいのに、なんで肉体関係もつ事に心が揺らがないのか?そこらへんのとまどいがないのが…;どうも良く分からない〜;;
新田先生は大好きな作家さんですが、たまにこういう私が感情移入できないキャラがでてきたりするので、そのキャラの出ている作品は駄目ですね;;
ただ、作品によっては、場外ホームラン20点ぶっちぎり!という事も多々ありますので私の中では浮き沈みの激しい作家さんです。
一方、鹿乃先生はカップル的に萌えないのに、話がとても面白くて好きですね。話もおもしろいし、キャラが魅力的なんだろうな、と思います。いつも7〜9点キープって感じです。ただカップル萌えがないので9点以上いく事がないんですよね〜;;うが〜;;
やっぱりマイナー好みの作品はちょっと少ないですかね…;;

kokouroko0923 at 13:36|Permalink BL話 

2006年07月11日

Wカップは終わりを告げた…3

4年に一度の祭典がとうとう終わってしまいました…なんか寂しいの〜
今回の大会は前回よりも個々の試合がおもしろかった気がする。それなりのサプライズもあったし、強剛国が勝ちぬいてきたし。日本はいい結果残せなかったけど、それはまだWカップの歴史が浅いからね〜;;仕方なし;
戌年にはいい結果を残すというジンクスのあるイタリアが優勝しましたが、にしても、波瀾の決勝戦でしたね〜まさかジダンがああいった形で終わるとは…まさに、ジダンがジダンダ、ですか?(殴;;)誰も予想していなかったでしょうな〜;
今大会で引退を表明していたジダン選手。決勝進出が決った時
「ああ、もう勝っても負けても英雄としての花道はできてるな〜」
と思いました。
勝ったら本物の英雄として去るだろうし、負けても偉大なる英雄だった、としてピッチを去るジダン選手に皆は惜しみ無い拍手と賛辞を送るだろうから。
それが、ああなるとは〜;;
優勝トロフィーの横を通って去っていくジダン選手の背中を見て思いました。
「惚れたぜ…」
もう、たまらん…哀愁の背中がたまらん〜!不謹慎だという事は分かっているのです〜でも、たまらん〜(ハアハア…落ち着け;;)
それまで普通にヒーローで
「ああ、かっこいいね」
ぐらいにしか思ってなかったのに、あの悲劇で惚れましたわよ!
本当に彼にとっては、人生最悪の汚点以外の何ものでもないんだろうけど、その汚れたいい男に私はくらくらです〜v
私って昔から大道ヒーローには興味なくて、アンチヒーローが好きなのですv
おまけにサドよりなんで、いい男がボロボロになったりしてるのがたまらんです〜
(変態ですみません;;しかし変質者ではない!←いつもの合言葉で自己救済;;)
やっぱり完璧ではおもしろくないのよ〜欠けてないと。
ドイツのGKカーン選手もおバカなところが可愛いと思うv
いつの試合だったか(トリビアに出ていた)パンチングでゴール決めて退場なんて、笑かしてくれるぜ!(悪魔…;;)

私の好きなバンドのかっこいいと評判のボーカル(I氏)も普通にいい男だったら、普通に「ああ、かっこいいね」
で終わっていたでしょう。
しか〜し、彼はあんなに顔良し、スタイル良し、頭良し、才能あって努力家、といういい男にも関わらず
気がきかなくて、喋り下手で、悲観主義で、根暗だ…(私的見解;;)
相方のギタリスト(M氏)になんだかんだ言いつつ頭あがらんところがいいv(ベッカムも嫁さんに頭あがらんところがいいと思うv)
彼(I氏)のソロアルバムが出た時、ある解説者が
「(B`zの時)M氏がI氏にどれだけ希望を与えているかが分かる」
と言っておりました〜
I氏も自分でも言っておりましたね〜
「自分達の性格は全然違う。陰と陽」
もちろん自分が『陰』だよねvさすが分かってらっしゃる〜
私も根暗だからI氏がM氏を大好きな理由がよ〜く分かる。私も大好きだも〜んv
きっと、この二人の関係って凹凸なんだろうな〜。でもくっきり分かれているんじゃなくて、溶け合っている部分もある。
「春抱き」の岩城さんのセリフみたいに
「ぴったりと一つになるように削り合った」
のかな〜。あ、肉体関係はないですよ(当たり前だ!;;)信頼関係って事ですよ;;
こういう自分の半身に巡り会うのって稀なんでしょうね。巡り合わない人の方が多いんだろうな〜。それこそ、結婚相手見つけるより難しいと思う…
絶対男同士の方が確率高いだろうな。こんなWカップなどの男くさい舞台みてたら余計に感じてしまう。
話はWカップに戻って、決勝より準決勝のフランス×ポルトガル戦が私は良かったです。
フィーゴ選手好きでした〜(若林豪に似てませんか?)
ジダンとの友情物語もたまらんかった〜ああ、いいな〜
あれ?Wカップの話していた筈なのに、いつのまにかBLよりな話になっているぞ;;
なんにしても、また四年後の祭典を楽しみにしたいと思いますv
う〜ん、ジダンつぼだわ〜(しつこい;;)

kokouroko0923 at 16:53|Permalink BL話 

2006年07月06日

気分はブルー1

下記で会社で嫌な事があったと書いておりますが、今だにひきづっております…精神分析からみると私は
「ストレスを溜やすく、引きずるタイプ」
の人間らしいので、今も気分はブルーです…(まあ、少しは浮上気味ですが…;;)
昨日は某国のミサイルがニュースで流れて、ピリピリムード。
某国の声明聞くたんびにムカツキ度は増す一方…
なんて勝手な分けわからん国なんだ!と怒り心頭でございます。
一番可哀想なのはこの国の国民だ。人間の根本である自由のまったくない国で生きなければならないなんて…苦痛だろうな〜いや、かえって楽なんだろうか?迷う必要ないから…?う〜ん分からない…
しかし、日本の対応はぬるいんでないかい?ていうか、今の日本の政治家でこの危機を乗り切れるのか?;;それが一番不安だよ…;;
近い将来アジアで戦争が起きるかもしれないな…そうなると日本もなんらかの形で巻き込まれるのでしょう。
戦争放棄を唱えている国ですが、イラクの自衛隊派遣のように、何かうまい言い訳するのかも。なにより、向こうが仕掛けてきたら
「戦争放棄しましたから〜」
なんて言っても無駄じゃんか;;
嫌だ…
私には子供はいないけど、それこそ目の中に入れても痛くないぐらい愛しい甥っ子が二人おります。
その子達が戦争に行くはめになったら…
駄目〜!絶対ダメ!その子達をどういう境遇にするのか、全部今の大人達に責任なんだから、私達がしっかりしなくては!と思いますわ!
だから、みなさん、選挙にはいきましょう!そして本当に国の事、将来の事を考えて投票しましょう〜!(って何か話とんでない?;;)
子供の時は戦争なんてもう起きないだろう、と思ってた。だって皆、悪い事、してはいけない事だって分かっているんだから。今おきている戦争が終われば、戦争なんて無くなるんだと思ってた…
なぜ、無くならないのだろうか…
なんにしても、世間も私もブルーだ…という感じですね;;
会社であった事件のせいで、まったく何も手につきません;;
投稿の為に書き直していた原稿も、そのまんまだし、新しい話のアイデアも思い付かないし、これってスランプですかね;;すっごい気分の悪いスランプだす〜;;あああ〜早く脱出したい!
やっぱり人間って精神に支配されている生き物なんですね。どんなに体力があっても気力が伴わないと…;;
Wカップの方はとうとう決勝チーム決りましたね!ブラジルは負けてせいせいしたっす!ざまみろ〜(オイ…;)
どの対決も死力を尽くしての戦いで感激もんです!は〜かっこいい〜
しかし、どのコメンテイターも予想していなかった決勝の対決ですね。楽しみです!

kokouroko0923 at 17:14|Permalink 日常