2007年04月

2007年04月25日

森川さんで萌える2

「お葉書を御紹介しましょう○○萌ちゃん。『あは〜ん』これは『萌え』ですね」
裏パスコレのこんな賢雄さんのオヤジギャグ(暴言;)にも大笑いしてしまう自分が悲しい…いつから私の笑いレベルはこんなに下がってしまったのでしょう。賢雄さんのせいかと思っていたけど、よくよく考えてみるとそうでもないようだ。
昔、ジム・キャリー主演の映画『マスク』を初めて観た時は、まあまあ笑った程度だったのに、二回目観た時には爆笑してしまったので「歳とったのかな〜;;」と思ったのを思い出した。もしかして、その辺りから?;;
以前勤めていた会社でも、オヤジギャグとばして後輩から無視されてたなあ〜;;
事務所の流し場で洗い物をしていると、後輩達の話が聞こえてきて「ふんふん」と聞いていた。洗い物が終わって「それってさ〜」と話かけると、私がそこにいたのを気づかなかったらしく(洗い場は奥まったところにある)
後輩「○○さん(私の名前)いたんですか?」
私 「(刑事ドラマのゴリさん風に)話は聞いたよ…」
後輩「………それでさ〜(他の子に向かって)」
無視かい〜!
後輩からもぞんざいな扱いを受けていたな〜オヤジギャグってしょせんそんな扱いなのかしら…はあ〜…そんな、いろいろと落ち込む事の多い今日この頃…
つい先日レンタルショップが「半額キャンペーン」なるものをやっていたので、洋画やらアニメやら全部森川さんが吹き替えやってるやつばかり借りてしまったv
ついでに、自分の持っているBLCDなぞも聞きかえしてみたりした。
本当に演技の幅ひろいんだな〜と実感したわん。
洋画で借りたやつは「イルマーレ」と「悪いことしましょ!」
「イルマーレ」はキアヌ・リーブスの吹き替えだった。私の中でキアヌ・リーブスは森川さんだな〜と確信いたしましたわ〜
キアヌのどうにもほわ〜んとした表情に、森川さんの憂いを帯びた低音ボイスがハマリまくり。
「あれ程人を真近に感じた事はない…だけど、終わった…もう会えないんだ…」
とか、色っぽすぎて、よろよろきてしまった。後、泣く時の嗚咽とかぴったりあってんですよね〜(当り前かもしれんけど;;)くしゃみも上手かった。
ストーリーはファンタジーなんで全体的にふわふわした感じ。でも優しい話で観賞後の後味は良かった。
「悪いことしましょ!」はコメディーでコスプレショーなんで、たくさんの役をこなす森川さんの七色演技が楽しめたv
主人公が悪魔と契約して七つの願い事を叶えてもらう。次から次へと違う自分になるのだけど、それが繊細な詩人だったり、カリスマバスケ選手だったり、イケメン作家だったり、と本当に違う演技が堪能できるvそしてどれもおもしろい〜v早口言葉もばっちりさ〜v
これを観たせいで、コメディー演じる森川さんが、もっと観てみたくなりましたv
他の役の吹き替えも皆プロの声優さんなんで、安心してその世界にドップリ浸かれたvここで、相手の吹き替えが話題作りの為にキャスティングされた女優とかになっちゃうと、一気にテンションが下がる;;
(「カルメン」だったかな?ホセ役が森川さんなのに、カルメン役が杉本彩さんだったってのは?;;知った瞬間やめてくれ〜って思った;;イメージだけで選ぶなよ…;;いや、彩さん好きなんだけどさ〜;;声優には無理だろ〜;;)
アニメでは「冷静でクールな知的メガネ男で冷徹なマッドサイエンティスト風(どんなん?;)」なキャラを演じる森川さんを初めて聞いた。たまに、こういうキャラにキャスト決まったって話聞くけど(数学か生物教師やら、医者やら…)実際聞いたのは初めてだった。
私は森川さんの声って暖かい感じがするので、『クールなキャラ』を演じてるのは想像がつかなかった。でも実際見てみたら、クールな感じだけど、実は心は熱いってキャラだった。もしかして、他の「冷静でクールな知的メガネ男で冷徹なマッドサイエンティスト風(もういい…)」なキャラもそういう感じなのかな?
さてさて、BLCDも聞き比べてみました。
「春抱き」の岩城はディフェンスながら(リバ有りだけど)男っぽいくせに色っぽくて最強ですが、同じディフェンスなのに「幸せにできる」の本田はかなり違う。
本田の方が若いからなのか、リバがないからなのか、無理矢理(久遠寺…;;)だからなのか、鬼畜心をそそるかも(おい…;;)
声が高めで、声が出るのを押さえようとしてたり、意地っぱりなところが可愛い。あっちからもこっちからも、モテモテだし(でもラブシーンのモノローグはちょっと邪魔だな〜と思う)
「春抱き」の方はね〜三木さんとの息のシンクロ度ふくめて神業だと思う…
なんで、あんなに男っぽいのにエロティックなのか。これは聞いてとろけるしかない…もう、愛の世界にいっきにダイブできる。溺れるのが正しい観賞法。ヘッドホンで聞けばさらにトロトロフニャフニャモエモエ。つーかヘッドホンでしか聞いた事ないよ。
そして、また同じディフェンスが他の二つの役とはまったく違う演技の「BAD BOY」
檜山さんとのカップリングで、コメディーなんで軽〜いのり。ラブシーンもムードよりはギャグ先攻だった(笑)
この作品が檜山さんを初めて聞いたCDだから、こういう人かと思ってしまったけど、全然違った;;男前声やると、めちゃめちゃかっこいいんだな〜CM聞いてびっくりした;;(←遅いよ;)
森川さんオフェンスで、ただ一枚持っている「PBB」
野球やってたホストの熱血男。かっこよ過ぎだすな…
スポーツ選手だったからなのか荒々しい一面があり、でもホストだから女性を虜にできるテクもありの色男にばっちりだった。洋画の吹き替えのキアヌ・リーブスとかトム・クルーズとかの男前声ともちょっと違う。いい意味での雑さがある(計算された雑さ)ザラリとした感触というか、ちょっと狂気めいた感じも…洋画の男前声はやっぱりどこか洗礼された感じがあるような気がする。
これって続きでてないのかな?話も好きだったんだけどな〜;;時間がなかったからなのか、このCDのトークは少なかったな〜;;
「どうして涙がでるのかな」も聞いた事ありますが、あれは可愛すぎ…;;少年時代から青年時代まで演じているせいか、キャラが天然のせいからなのか「お前ディフェンスじゃないの?」ってぐらい可愛かった。原作のカラーのせいか、独特のテンポがあったな〜。あ、あれも檜山さんと、だよね;;もしかして、「おまえらコンビ」ってあんな感じなんでしょうか?(笑)
5/25には「公使閣下の秘密外交」が発売となりますな。
今まで聞いた事のない(私が)キャラなので、どんな風に演じてくれるのか非常に楽しみざますv
きっとまた萌えさせてくれる筈…ふっふっふ…


kokouroko0923 at 17:23|Permalink BL話 

2007年04月23日

ルソーの言葉

『教育とは自然の性、すなわち天性に従うことでなければならない。国家あるいは社会のための目標とし、国民とか公民になす教育は、人の本性を傷つけるものである。』
ルソーの言葉らしい…
いい言葉だ…当たり前の言葉だよな…でも、この当たり前の事が忘れ去られている…悲しい現実だの〜…
沖縄選…野党に勝ってほしかったぞな〜
「今、日本があぶない方向に向かっているのはなんとなく分かるけど、自分が何をしたらいいのか分からない」
と、おっしゃる方は下記のブログを拝見される事をお薦めします。何かのヒントにはなると思うんですよ。もちろん、どう思うか、どう感じるか、どう動くのかは読んだ方の自由ですよ。そこはお忘れなく…自分で考え、自分で決めて、自分で行動する事が大事だと思いますので。

ttp://kurumachan.seesaa.net/article/39698386.html

行動を起こすのは大事。その為にはやはり「知る」事が必要だと思う。片寄った知識でなく、表と裏を双方兼ね備えたバランスのとれた知識が大切。物事には絶対裏がある。この情報社会において、情報をうのみにするのではなく、まずは疑う事から初め、調べ、自分の決断を出すべきだと思う。
迷ったっていい。むしろ迷うべき。迷いがあるからこそ、平等に物事を見る事ができると思う。迷いのない「盲信」は恐ろしい…
自ら「愛国者」と名乗る方々の意見、発言を聞いていてそら恐ろしくなってきた…「愛国心」という大旗を大袈裟に振る奴程「自分愛」しかもってない事が多いと思う…本当にそういう奴が多くなってきたな〜と感じて不気味です…

kokouroko0923 at 17:30|Permalink 社会 

2007年04月21日

「公使閣下の秘密外交」を読む(ネタバレあり)2

やっと拝見いたしました。噂どうりの公使のフェロモン。
なんなんですかあれは〜!上から物言うくせに誘いディフェンス。智宏君、掌で転がされて、さあ大変〜♪(どんぐりころころの曲調で)
超強力破壊的アンド、オリエンタルファンタジーダークネスな魅力でからめとられれば、もう逃げだせません。喜んで「愛の奴隷」と化しましょう。っていうか拒めないわ!リターン不可!
(未来の)義理の兄弟という禁断の関係は見ていてゾクゾクさせられます。
過去のトラウマから時期的におかしくなってしまう公使様。そして、それを知った智宏君がその時は守る為にどこからでも駆け付ける。なんか「残酷な神が支配する」を彷佛とさせる展開ですが、この先それがどうなっていくのか、知りたいところです(「残酷な〜」はそれが結末だったので)
公使様は最後、トラウマを撃ち破るのでしょうか?(ベベンベン♪)
さて、5/25にはCDが発売される事は決定済み。超楽しみざます!
なんといっても、あの公使様のお声が森川智之さん〜v
私の中では最強ディフェンスなので(しかし賛同者は少ない…T_T)嬉しい限りv貴重だし〜;;
いや、森川さんオフェンスもばっちりですよ。超上手いよ!オフェンスなのに色っぽいしvでも、ヘタレもいいな〜と(公使様はヘタレじゃないけど;;)
あんなセリフやこんなセリフをどう聞かせて下さるのか、想像しただけでブホブホですv
私的に一番楽しみなのは
「そういうことだ」
これ結構難しいと思うんですよ。当たり前ですが、CDは音声だけだし。あと
「演技でないと言いきれるのか?」
「悪くない、興奮する」
「ラストチャンスだ」
などなどv
あ、音楽もどんな感じでもってきてくれるのか楽しみです。やっぱオリエンタルな曲調になるのかな?シタールとか鳴ったり?世界観に合ってるといいんだけどな〜v
智宏君役は浜田賢二さん。
すみません、知らない…;;勉強不足だな〜;;BLではあんまり出てない人なのでしょうか?ラブシーンは大丈夫?;;
自分で言うのもなんですが「春抱き」とか聞いているので、私のハードルは高くてよ!(←何様;;)
私、今のところラブシーンがいまいちっていう作品聞いてないんですよね;たまにBLCDのレビューなど見ていて「二人の呼吸がいまいちだった」などあるんですが、どんな感じが「いまいち」になるのかよく分かっていません。聞いたら「う〜ん、いまいち」って思うんだろうな〜;
森川さんが問題ナッシングなのは分かっているので、全ては浜田さんにかかっているのね〜
「浜田君、君には期待しているよ!(重役口調)」←何様;;
CDが本当に楽しみです(^_^)v

さて、ここからは気になった事を書いています。批判的な意見を読みたくない方はご覧にならないで下さい。本当に見ないで下さいね;;結構、きついです;;
続きを読む

kokouroko0923 at 11:16|Permalink BL話 

2007年04月19日

長崎市長銃撃事件に怒り心頭

このニュースを聞いた時、すぐに理解できませんでした。あまりの出来事なので、驚いてしまい、頭が真っ白になってしまったのです。
長崎市といえば被爆地。もしかして、その方面での活動をされていた方ではないかと思い、調べてみたところやはりそうでした。
伊藤市長は核廃絶の活動をアグレッシブに続けていた方でした。
米軍核軍縮、世界平和、核廃絶を強く訴えていた方で、米軍のまったく軍縮に向かわない姿勢を名指しで批判した事もあるそうで、今の日本のアメリカにべったりの政治において、アメリカに「NO!」と言える貴重な方だったようです。
回復される事を心から望んでおりましたが残念ながら、お亡くなりになられてしまいました。とても悲しいです…と、同時に怒りも感じています。
どんな理由があるにせよこんな暴力行為は許されるものではありません。自分の意にそまない事を力で黙らせるなど、卑劣な行為です。
襲撃の理由を犯人はいろいろと述べているようですが、すべてを信用するのは危険です。
(伊藤市長は市における不正入札や発注改善を薦めようとしていたらしく、建設業界から疎ましく思われていたという情報もある)
政治家の方々も各方面から怒りと暴力行為を批判するコメントが出されていました。が、肝心の阿部総理はといえば
「〜真相が解明される事を望む」
と、これだけ…今朝ようやく批判するコメントをだしたようですが…呆れるばかり…
昨年8月、自民党の加藤氏の自宅が、右翼幹部の手によって放火されるという事件があった。小泉前首相の靖国参拝を批判した事が原因だったが、この事件に対して小泉前首相は二週間近くもコメントをださなかった事を思い出した。
「こんな態度ではまるで「私を批判するからそんな目に合うんだよ〜ん」と言っているみたいではないか。首相自らが暴力を肯定するような態度をとってどうする!」
と怒りを覚えたものだ。
こんな風に国の中枢を司る政治家が暴力に対し、真っ向から批判する態度をとらなくてどーする!右翼がらみが最近暴挙に出ているのも、日本が戦争方向に向かっている事と無関係ではないかもしれない…
先週、中国の温首相が来日していたが、それに対し中川昭一氏は、ナンバー3(中国の首脳の中で)の温首相が来日する事を批判するコメントをだしたらしい。そしてこうも言った
「〜アフリカ各国は武器を欲しがっているのに、日本はピストル1丁売る事ができない。武器輸出三原則は真面目すぎて国益になるか疑問」
…貴様はウヨクか…
もう、武器商人、兵器産業から金もらってるんじゃねーか、と疑いたくなるようなコメント…
日本に「死の商人」になれ、と言いたいのか?人を殺す道具を作って金儲けする事を推奨するのか?血が流されるのは他国だから構わない、と言うのだろうか?金の為にならないんだから、平和を謳うなんて行為は愚かな事だ、と言いたいのか?
貴様にはプライドと常識がないのか…もう怒り心頭です…
許されない暴力行為が現実に起きているというのに、その行為を増長する道具を作り、売る事を推奨しているのだ。しかも金に為だと言って…
国益などとぬかしやがって…己の利益の為だろーが!
こんな暴力、戦争を肯定するような、恥もしらない発言をするから、右翼どもが増長するのではないだろうか?
アジア域において加害国ともいえる日本が、戦後平和への信頼をなんとか保ってこれたのは、戦争放棄、武器輸出禁止、非核、軍隊不備、を貫いてきたからではないだろうか?
今、それを強く胸にとどめなければ、と強く思う…

この話は私のブログより下記のブログが分かりやすく話しているので、ぜひ一読、お願いいたしますm(__)m(宣伝活動ではありませんよ;このブログの方と面識はありません)

ttp://mewrun7.exblog.jp/


kokouroko0923 at 11:53|Permalink 社会 

2007年04月14日

戦場に行かない奴が戦争をする

昨夜、某番組を見ていてめちゃくちゃ腹立った。
私は常日頃「自分が戦場に行かないと分かっている奴が戦争をしようと決める」と思っている。だから、戦争が無くならないのだと思っている。
番組と討論では、まさにそれが現れていた。
討論の内容は「日米同盟を白紙に戻すべきか」というのがテーマだったが、元防衛庁の役人は「白紙にするべきでない」と言い、北朝鮮の脅威がある限り戦争をする可能性が高いから、と訴えていた。(戦争肯定派って絶対北朝鮮出してくるけど、戦争したい理由はそれじゃない筈…戦争によって利益を得られるからだ…武器商人とか石油会社からね…)
しかし、司会者である某人が「あなたは戦場に行くのか?」と問うたら「私は行く人間でない」とぬかした。
「では、誰が戦場に行くのか?」という質問には「自衛隊」だと他の奴が答え、「自衛隊は志願制で国の為に命を投げ出す覚悟が元々ある」とか屁理屈ぬかしてやがった…もう呆れ果てるばかり…
自衛隊は国民を守るのが目的で、戦場に派遣するのは許されていない。(今のばか総理はこれを変えたいみたいだが)だから今自衛隊になっている人達は、いろんな事故や災害で助けを待っている人を救う為に自衛隊になった人達なのだ。つまり「命を助ける」事を目的としているからこそ自衛隊に志願したのだ。他国へ行き、人を殺す為ではない。
アメリカで兵士に志願する人のほとんどは、貧しくてろくに教育も受けられないからまともな就職ができず、少しでもまともな生活を手に入れる為に軍隊に入る、と聞いた。軍隊に入れば国が生活保障してくれるから。
司会者の「国民すべてが責任を負うべき」との言葉には大いに賛成だ。もし、戦争が起こったら自分が戦場に行かなくてはならないとしたら、絶対戦争をしないようにしようとするだろう。今の日本の国民は心のどこかで「戦場に行くのは自分ではなく自衛隊」と思っているから危機感が薄いのではないだろうか。そして、戦争肯定派のもっともらしい意見についつい耳を傾けてしまう…
一番ショックだったのが、番組の最後に視聴者からのFAXを読んでいて、その中に「○○さん(元防衛庁の役人)素敵」というものがあった事だ。
ばかやろ〜!あの番組見ていて、あいつが矛盾だらけだって事に何故気付かんのだ〜!9.11事件、イラク戦争の話にしてもめちゃめちゃ穴あきまくり論争だったじゃね〜か!良く内容聞けよ!堂々とした態度とって、もっともらしい事言ってる見かけに騙されるなよ〜!
番組の内容にしても、意見が随分片寄っていたように思う。もっと賛成派の意見を流すべきだ。意見したのだろうが編集段階でカットしたのかもしれない。
司会者の奴は個人的にはあまり好きではないが、某都知事を「あのバカ」と言ったり、こういう時に意見をばしばし言ってくれるのは嬉しいので、頑張ってくれ、と応援している。
戦争っていうのはね、こういう図式ではないかと思っている。
学校で銃の打ち方などを教わるようになって、ある日役人が学校にやってきて、生徒達に銃を握らせる。そして、ある場所に連れて行く。そこには反対側に自分と同じように銃を握らされた生徒がいる。生徒は皆訳が分からない…
そして自分達の後ろに隠れている役人がこう言うのだ。
「向こう側にいる奴らは君たちを殺すつもりだから、先に殺さないと殺されるよ」と…
向こう側に立っている生徒も、後ろにいる役人が同じように「殺される前に殺しなさい」と言っているのだ。
そして、お互い殺すつもりもなかったのに、憎しみもなかったのに、操作されて殺し合いが始りそこは戦場になってしまうのだ。
後ろにいた役人は決して戦場に立つ事はない。全員死んだとしても「また、新しい奴ら連れてくればいいか」と思い、武器を税金で買い、武器商人からワイロをもらい私腹をこやす。
国民は「自分は学生じゃないからいいか」と思う。
もう、何もかもがおかしい。人間的な事、根本的な事が狂っている。狂っているからこそ戦争が始るのだ。
映画「バトルロワイヤル」って戦争の縮図だったのかもしれないな。
近く公開される「ブラッド・ダイヤモンド」という映画はダイヤモンドをめぐる裏社会を描いたものらしいが、これはそのまんま石油会社や武器商人の話に入れ代われるそうだ。
何故、戦争が無くならないか、という問題が浮き彫りになるらしい…
原発も同じような構図らしい。安全性が薄い原子力発電を何故建設するのを止めないのか…クリーンな発電方法はいくらでもあるのに、なぜそれを推奨しないのか…ウラン採掘関係社が裏でからんでいるからだ。
こいつらの頭には現地の人達が、作業員が被爆する、という概念はまったくない。被爆するのは自分ではない、自分は金儲けができる。これは自分は戦場に行かないから、とまったく同じであると思う。
いつの間にこんな社会になってしまったのか…
こういった裏社会を知れば知る程、苦しくなる。でも、まだあきらめたくはない、と思っている。しかし…
昨夜、国民投票法案の強行採決のあとの報道で「実際に使用されるのは3年後。だから大丈夫」みたいな報道がされて、またしても怒り爆発…その3年の間に審議はいっさい出来ないんだぞ!だから大丈夫って何が大丈夫なんじゃ!与党の法案なんか「最低投票率」も定めてないんだぞ!ふざけんな!3年後の「米軍再編成」に自衛隊を組みこませたい為にろくに審議しないまま採決したんだろうが〜!
「最低投票率」がない、という事は国民に拒否権を与えない、という事だ。まったく納得できない法案が出されても(例えば「老人は不必要だから死んでもらいましょう。60才がいいか61才がいいですか?」という法案がだされたとしよう)その法案自体を国民が破棄させる事ができないのである。「60才」か「61才」が決められるだけで、何もできない…これで「国民主権」と言えるだろうか…
もう、疲れてきたわい…この怒りをどこにぶつけたらいいのでしょう…


kokouroko0923 at 14:35|Permalink 社会 

2007年04月13日

「国民投票法案」強行採決

信じられん…もう与党のやろう共に向けてバズーカぶっぱなしたい気分だ…国民の重大な憲法であるにも関わらずろくな審議も行わないまま強行採決しやがって…しかも「国民主権」の言葉を吐くとは…あきれて物も言えん…というか怒りの為に言葉が出て来ません…
阿部政権になって半年足らずだが、政治がここまでひどい状態(国民の意見をまったく無視する政治)になった事はここ数十年初めてじゃないだろうか…独裁といっても過言ではないと思う…
国民の7割程は憲法の改正には賛成している。ただ、審議が不十分であるから、今の国会で成立するのを反対しているのだ。国民にとって重大な問題であるにも関わらず、その内容のほとんどが国民に知らされていない、というのも問題だ。
国民の声をまったく聞いていないくせに「国民主権」とかほざくな!よく口が腐らないもんだ!
本当に今、日本は危ない。皆はそれを分かっているのか?
マスコミもほとんど取り上げないし、問題点についても避けているような、ただ結果報告だけの垂れ流し報道ばかり…裏に手が回ってんの?と疑ってしうようないい加減な報道だ。報道マンもプライドがなくなったのか、それとも上からの指示でどうしようも出来ないのか…マスコミも牛耳されるようになっちゃマジでおしまいだぞ…
先日の知事選でも東京都知事にあのばか男が圧勝したと聞いて、がっかりした。
皆、何故あのばかに入れるんだ?あの発言聞いてたら、人間的にみて最低ランクに位置する奴だと分かる筈だが…当選が決まった途端に態度がコロリと変わり、暴言吐きまくり。阪神大震災についてのコメントなど、知人に被災者いる私にとっては非常に不愉快な発言であった…人の命を数字としてしかみていない。それに対する某知事の発言も五十歩百歩だったが。
まあ、政治ブログを読んでみると、戦後、現職知事が負けた事はないそうだし、その中で浅野さんは大健闘だったらしい。しかし、信じられんけどね…
オリンピック開催させる為に、また膨大な予算垂れ流すぞ…建設関係者から金もらってるんだろうね…(ロゴマークのデザイン、とか言ってまた息子引っ張ってくんじゃないの?)
国民はちゃんと先をみて、きちんと自分で考えてどの政治家を指示するか決めなければならないか、ここ数年強く実感している。皆、マスコミの報道やイメージに流され過ぎ…
なんかね〜強い口調で喋ってたら、良いように思えて指示しちゃう、なんて事もざらみたいだし…
ちゃんと話の内容聞いて考えて欲しいと思う…そしてそれが真実かどうか、正しいのかどうかちゃんと自分で調べなければ…
今回の「国民投票法案」強行採決の裏に米軍再編成が深く関わっているらしい。前から聞いた話ではあったが、どう絡んでいるのか良く知らなかったのだが、つい先日知って「ぞ〜」とした…戦争に突入する下準備だ。
詳しくは、このアドレスのブログに載っておりますので、ぜひ一度お読み下さい。

ttp://mewrun7.exblog.jp/

上記のブログでも書かれておりますが、医療や福祉、年金の予算は削りに削って予算を回さないくせに、米軍には3兆ものお金を出そうとしている…世界的に見て、国が他国の軍隊の移動に予算を出すなんて例がないそうだ。本当に信じられん…
その前に日本は70兆もの借金がある国なんだぞ!(他国の約4〜5倍)先にその財政立て直しにとりかからんかい!
多分、新たに国民から絞り取る税金作るつもりだと思う。それか、一斉に徴収するつもりかもしれん…
「日本を救う為に国民一人頭10万円徴収しま〜す」とか言い出すかも…この場合絶対固定金額だよ。年収の何パーセントとかじゃないぞ、絶対。金持ちには負担の掛からないようにしている筈。何故かなんて理由は言わずもがな…
国民の声も聞かず、自分達の都合のいい事ばかり強行する腐れ政治家共め〜自分達がどれだけ汚い人間か一度思い知らせてやりて〜
本当にマジで日本危ないよ…どんどん恐ろしい方向に流れていっている…
今のところ、夏の参院選挙で与党を過半数割れにするしか、流れを変える手段はないのだが、果たして国民の何人がそれに気付いているか…それが一番恐ろしい…
はあ〜魂が乾くぜ…マジですよ!(T_T)

kokouroko0923 at 11:15|Permalink 社会 

2007年04月11日

飢えてます…2

最近飢え飢えです…何に飢えているかっていえば、決まっているじゃ〜あ〜りませんか「萌え」ですよ!普通のじゃなくて「私が萌えられる萌え」にですよ!メジャーに萌えられないから定期的にこういう状態に陥りますが、今回はウェーブがでかい…;;
原因は分かっているんですよ…「冬の蝉」だす!観たいくせに観ないもんだから余計ストレス溜まってるんだなこれが…;;だったら買えばいいか、と思うんですが高いし怖いし…
この際値段はどうでもいいみたいです;;自分で気付きましたがこんだけ飢えても買う決心がつかないのは、やっぱり怖いからみたいです;;それに良かったとしても、それはそれで怖いかも…;心臓破れるかもしれん…とか考えると…;;自分がどういう状態に陥るのか予想がつかない…
昔大好きな芸能人に会う為に芸能界に入りました〜ってある芸能人が話してて、私も
「好きな芸能人に会ったらどうなるんだろ〜」と想像してみた事ありましたが
「友達の飼ってる犬で嬉ションする子がいたけど…私もしたらどうしよ〜;;」と思い、「永遠に会わんでいい…」と思いましたよん…;;
「冬の蝉」観たら絶対心揺さぶられる事は分かっているから、それをどう発散するかが問題かも;;身近にBLの話できる人がいないから、喋って消化する事ができないので、たびたび苦しい思いをするんですが「冬の蝉」ともなると、その衝撃たるやすさまじいと思うので、絶対通常の倍の苦しみを味わうだろうし、冷静でいられるとは思えん…;;ゴロゴロ床転がって、バタバタ天井駆け上がって、ゲハゲハ奇声発するんじゃないだろうか…;;
あああああ〜私は一体どうすれば〜;;(←ここんとこずっとこんな調子…;;)
少しでも気をまぎらわそうと他の萌を探してみますが、私のマイナー萌えを満足させてくれる作品にはとんとめぐり会えず(T_T)なんか文句ばっかりほざいてます;;
「どうして、こうなるの〜」とか「お前はディフェンスだろ〜」とか「何故、こいつに惚れるんじゃ〜」とか;;メジャーには食指がのびない事を再確認;;つーかなんで親父受けがないのかね?(またか;;)
少し前に「笑っていい○も増刊号」で「お茶ソムリエ」なる親父がおいしいお茶の煎れ方を皆に教えておりましたがその親父を見て「受だな」と思ってしまった私はかなり本気でやばいです…;;
映画「海○」とかもラスト近くの教官と昔、教官の友人だったお偉いさんが意味ありげに見つめ合ってるシーンみてビシバシ萌えちゃったし…;;別に変な意味じゃないですよっ!恋愛感情じゃなく、深〜い心の葛藤というか含みというか…;;やはり一度脳洗浄が必要かも…;;
それにしても、最近のBL界同じような設定多くないですか?CDをみても、どうも支配的関係が多いような気がするのですが気のせいかな〜?初めは無理矢理そういう関係を強いられていたのに、そのうちに〜みたいな…私的にはあんまり好きな設定じゃないんですが、これはメジャーに入るんだろうな〜;;
やっぱりBLって甘甘が主流なんですかね?しかし、硬派なBLってのも見てみたいのだすよ。お互いこいつしかいない、と認め合っているが、恋愛感情のような甘いものでなく、肉体関係はないが魂が呼び合ってる、というか、そういうギリギリのきわどい駆け引きみたいな話が読みて〜
例えるなら戦国時代、弱っちくてどうでもいい敵なら、ほっとくが「敵ながらあっぱれ」な奴だからこそ打ちにいく、みたいな男同士にしか成立しないような関係が今読みて〜(でも、それってBLじゃないかも;あれ?;)
そうだ、ラジオ聞けなくなったっていうのもストレスが溜まっている原因かも;;
今年に入って引っ越ししてから、表パスコレがネットで聞けなくなってしまって、ラジオで聞いていたんですが途端にラジオ放送終了〜;;何故じゃ〜;;私が聞き始めた途端に終了とは〜;;呪いか〜誕生日に魔女を呼ばなかった呪いか〜(←意味不明;;)
でも、本当によくあるんですよ、こういう事;;
ず〜と続いてた番組も私が見始めた途端に終わる、という;;海外ドラマでは「エイリアス」「トゥルーコーリング」他タイトル忘れたけど2本程が私が見始めてから2、3回で終わったし、パンもよくあるな〜;私が「おいしい」と思って買い始めると製造終了になる…人気ないからか?ここでもマイナー魂炸裂なのか?そうなの?どうなの?こうなの?
今一番近い楽しみはBLCD『公使閣下の〜』の発売ですかね〜コミック読んでないので、このまま読まずに先入観なしにCD聞きたいと思っておりますvこれは数少ない「帝王」ディフェンスなので楽しみだす〜vでも5月か…遠いの…それまでもつかな…(何が?;;)


kokouroko0923 at 11:56|Permalink BL話 

2007年04月03日

BLCD「幸せはこんなカタチでやってくる」(ネタバレ有り)3

BL界がOVA「冬の蝉」の第二巻で盛り上がっている時に、私はこの懐かしいBLCDを手に入れて聞いていました;しかも中古ですよん、情けね〜;;
この作品は十年ぐらい前に出たCDで「BL」という言葉もなかった時代ですかね。中身も超ライト。カップリングとしての進み具合もキスどまり。しかも今みたいに吐息とか声優さんの技(?)もありません。言葉がとぎれるだけ。なんか初々しいな〜v
主人公の本間役は森川さん、相手の堤役はなんと山寺さん!BL作品に出たのってこれぐらいかも?そういう意味では超貴重ですな(多分、もう出てくんないよね〜;;)ライバル役は井上さん。いかにもひとくせありそうな役ではまっているのが怖いです〜;;今から見ると豪華な声優陣ですね。今程声優人工が多くなかったからかな?BL裏話Vol.5でも言ってましたが
「十年たてば(声優界の)層もあつくなるしね〜」
「下からの突き上げが…;;」
「あのつくプロデューサーに『うかうかしてらんないよ』って言われちゃった」
などなど…本当にいろんな声優さんでてきてるんだろうな〜。
森川さんのお声が当たり前ですが若いです。押せ押せの堤に振り回されてわたわたしてるのが、聞いてて可愛い〜vこのお話のライト具合とばっちしマッチv
山寺さんはやっばいくらい男前声!「愛してます」とか「好きなんです」とか言葉だけで心拍数上がります;;かっこえ〜 歌も2曲入っているんですが、上手い!本当に上手いです!どっかのヴォーカリストみたいでびっくりしちゃった;;
本当に全体的に初々しさに溢れたCDでした。BL界の黎明期に出た作品ですから、カップリングにしても設定的にしても、お話の展開具合も基本がつまってるって感じがします。
原作もこういう業界が同人誌から出版関係に出始めた頃の作品なのでやはり軽い感じです。巻を追うごとに進んでいった感はありますが、最後までライトの枠はでませんでしたね。
この原作って私が初めて買ったBL本かもしれません。初めがこういうほのぼの作品だったから良かったかも。初心者向けですね。もし友人をBLに洗脳したかったら、手始めにこれから読ませてみましょう。もし、完全否定されたら、その友人の血にBLに染まるエキスはまったくないと判断してあきらめましょう。が、可愛くて良かったvと言ってきたなら脈ありです。次にライトかコメディーなBLCDを聞かせます(やはりビジュアルは与えるインパクトが大きいので、音声のみからの方がはまりやすいのです)面白かったと言ってきたら今度はコミックです。ハッピーエンドで切ない系の物から読ませて、じょじょにランクアップしていき、とどめに「冬の蝉」CDなどを聞かせれあげれば、きっとBLに洗脳できるでしょう。って洗脳講座じゃないっつーの;;
谷●泉さんの「幸せにできる」ってこのお話に触発されて書いたのかな〜って以前思った事あるんですがどうなんでしょう?
まずタイトルが似ている。主人公の名前も「本田」「本間」だし、どちらも森川さんが声担当だし、リーマンもので仕事が超ハードというところもかぶっている。
「幸せはこんなカタチでやってくる」を聞いて「幸せにできる」も聞き返してみたんですが、時代の流れはすごいな〜と思いました;;「幸せにできる」はキスどまりどころじゃありませんがな;;ラブシーンが二回もあるし長いし、どちらも無理矢理…お〜い;;
森川さんのお声はかなり男っぽくなってましたv私としてはこちらの方がタイプです〜ちゃんと『男』でありながら色っぽいってのに、たまらんもんがある〜でへでへ〜涎(←変態…しかし変質者ではない!)
かなり私個人の感想になるんですが、リーマンものでよく仕事がハードって設定あると思うんですが、あんまり無意味に忙しくさせないでくれよってったまに思う;;
「幸せにできる」も久遠寺の強引な仕事の進ませ方は、聞いてて「おい、コラ」と思う;;こんな奴営業にいたら絶対嫌だよ〜;;私は制作サイドの人間なんで営業の人とよく対立するもんで、聞いてるとマジでムカついてきたりして…;;
「この忙しさに意味あんのか?」って考えちゃう;;納期もたせられるんなら、もたせて渡せよ!建築なんて初めがしっかりしてなきゃ後で何かあったら大変だろうが〜!とかいろいろ思ってしまう;;
「仕事が忙しい=イコール仕事が出来る」って図式になってるところが嫌だ。仕事が忙しいんなら、自分が妥協したくないから忙しいって風にして欲しいな〜細かい事なんだけど;;


kokouroko0923 at 15:20|Permalink BL話