2009年04月22日

疑わしきは殺しておけ

某事件における「死刑」が確定したようです。
状況証拠しかないようですが、それは「死刑」確定の問題にはならなかったようです。
「動機の解明」は追求しないそうです。
動機の解明を重視しない事から、今の日本の司法は「犯罪の減少」に力をいれる気がまったくないのが分かります。
原因の解明をしない限り、また同じような事件が繰り返されるからです。
「被害者の減少」にも目を向けていないという事です。
それなのに
「被害者の遺族の気持ちを考慮して〜なんたら、かんたら〜」
「社会に与えた悪影響を考慮して〜なんたら、かんたら〜」
で、死刑を確定ですか?
矛盾してるんじゃないの?と言いたい気分なんですけど…
命を大切にしてるとは、とても思えない。
今の日本の司法は暴走しているとしか思えません。
恐怖政治ならぬ、恐怖司法でしょうか?
「疑わしきは罰せず」
ではなく
「疑わしきは殺しておけ」
ってことですか?
私が「死刑廃止」もしくは「冤罪が確実に無くなるまで完全な死刑執行の停止を望む」になるきっかけは「光市母子殺人事件」での「死刑にしろ!」と叫ぶ集団ヒステリー状態のグロテスクな人達に「ぞっ」としたから。
「まるで、フランス革命時にギロチン刑を楽しんで見ていたグロテスクな人達と変わりない」
と思った訳ですが、そのフランス革命の時のギロチン処刑で、興味深いことを聞きました。(数値などの確実性は保証できませんが、大体のところは事実だと思われます)
フランス革命時の「恐怖政治時代」にパリで行われたギロチン処刑。
1793年3月から1794年1月の間に行われた処刑数は
死刑判決…381名
約11ヶ月で381名ですから、一日に処刑された人は1、2人です。が
1794年6月8日から7月31日の間に行われた処刑数は
死刑判決…1370名
この約2ヶ月の間、一日に22人〜23人の人が処刑されたのです。
パリが狂っていた、としか思えない数字です。
この異常な数の原因は多々ありますが、裁判の判決が迅速さを優先し、
「死刑か無罪」
のような判断になった事が大きいらしいのです。
「無実でなければ有罪」「無実と証明出来なければ死刑」
まさに
「疑わしきは殺しておけ」
だった訳です。
告訴されるのは、主に密告から。
無神論者、不道徳者、売春婦、単なる無関心者、にまで及びました。
日頃の恨みを晴らそうと密告する者もいたとか。(つまり復讐)
告訴されるという事は、それ事体「死刑」を意味していました。
今の日本と似てますね。
日本の有罪率は99%。
「逮捕」されるという事、それ事体が「有罪」を意味するのです。
こんな「恐怖司法」の元、「裁判員制度」が行われる事を、とても恐ろしく感じています。
明日、私は無実の罪で逮捕されるかもしれません。
私は無実の罪で「死刑」になるかもしれません。
あるいは、私の家族が、友人が、または、見知らぬ誰かが…
死刑制度のある日本では誰にでも
「無実の罪で死刑になる可能性がある」(もちろん外国の方も含むでしょう)
のですから。

※フランス革命の恐怖政治時代の裁判と処刑者の数
…裁判所の検察官は、官や市民の告発によって、あらゆる容疑者を逮捕、捜索、裁判にかける権限を与えられいた。判決は絶対的、かつ最終的なものであって、異議申立ては一切できない。24時間以内に刑を執行する効力があった。
ロベスピエールが「恐怖政治」の原因を作ったと考えられる事が多いが、彼自身、ギロチン刑で処刑されている。
「恐怖政治」を望んだのは、市民以外の何者でもなかった。
…公式記録に載った処刑者は19,723人(パリで処刑された人も地方で処刑された人も含む)
地方で裁判なしで処刑された人や牢獄で死んだ人が4万人いると言われている。
また、ヴァンデの反乱で殺された人が20万人いると言われている。
実際の数字は少なくみても26万人。
処刑者の罪状の約8割は反逆罪。
つまり(その時の)政府に反抗したという理由で処刑されたのである。

トラックバックが一部、通りにくくなっているようです。申し訳ありません。(後日承認制なので分かりにくくてすみません)

●ttp://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-532.html
死刑FAQ「村野瀬玲奈〜」様のブログ

http://palestine-heiwa.org/choice/list.html
イスラエル支援企業の一覧

http://www.aseed.org/ecocho/
エコ貯金ナビ

http://mscience.jp/index2.htm
フェアトレード情報室

http://no-saiban-in.org/
裁判員制度はいらない!大運動

http://www.news-pj.net/index.html
「NPJ News for the People in Japan」

http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/
『「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク』

http://stop-du.jp/
ストップ!劣化ウラン弾キャンペーン

http://www.magazine9.jp/
マガジン9

http://www.hanchian.org/
共謀罪を廃案に!

http://www.horae.dti.ne.jp/~snzk/index.html
消費税反対

http://www.geocities.jp/y_20_06/index.html
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ

kokouroko0923 at 18:24│TrackBack(2)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 判決  [ 鳥居正宏のときどきLOGOS ]   2009年04月22日 18:40
一貫して無実を主張し続けている人に対して、直接的な物的証拠はただの1つもなく、犯行の動機も一切解明されておらず、単なる状況証拠だけ...
2. 和歌山カレー事件の「中立報道」は、二度おいしい飯のタネなのか?  [ die-in(ダイイン) ]   2009年04月27日 00:58
草?事件を書いてて遅くなりましたが、当ブログで真っ先に扱うべきは、言うまでもなく和歌山カレー事件の最高裁判決についてでした。 本件の??..