2008年03月11日

近況報告です……!

記事の更新がままならず、卒業生からも「センセ、がんばってつづけてくださいよ!」などと激励されております。

この2月から塾でビデオ授業という新しいシステムが始まり、私も2本のビデオを撮影するために、毎週吉祥寺まで出かけています。私が担当しているのは、一般生のお子さんを対象にしたコースですが、少しでもわかりやすい説明をするにはどうすればよいか、悩みながら教材とにらめっこをしています。

平日クラスは、6年女子の選抜クラスに加え、久しぶりに5年生も担当することになりました。

5年生は昨年度担当したお子さんばかりですが、6年生はほとんどが初対面です。

お子さんひとりひとりの力量を知るには、答案を回収して赤入れをするのが一番ですから、初日の授業からいろんなチェックをしています。
1ヶ月あまり経過し、それぞれの得意なこと、不得意なこと、クセがだいたいつかめてきたかなというところです。

漢字テストも宿題も、読解の答案もすべて見て、手を入れるようにしているので、時間がかかってしまうのですが、お子さんが一生懸命やっているのだから私も手をかけてそのがんばりに応えたいという思いもあります。

一方、今後実施する6年生の模試の出典探しも並行して行っています。

昨年度、私の最も尊敬する国語の大先輩講師が本を貸して下さり、「使えそうなところがあればどうぞ」と声をかけてくれました。

ご自身でも心当たりの箇所があったはずですが、後進を育成するというご配慮があったのでしょう。私にチャンスをくださったわけです。

本を一読したあと、「この部分で作れると思います」と申し上げたところ、「やっぱりここだよね」と賛同してくださり、出版スタッフや他の講師にも相談しながら使用箇所を絞り込み、作題をさせてもらいました。

そうして作った問題が、なんと男子の超難関校A中学で的中したのです。この本を見つけ出した先生の眼力といい、情報収集力といい、ほんとうにまだまだ全然かないません。

自分の力で、いい出典探しができるように、本を買っては読みしています。

さて、こんなことをしているとついつい記事のことが後回しになってしまうのですが、今年の入試結果はどうだったのかというご質問もいただいているので、少しこのあたりにふれたいと思います。

個人情報に関わる部分もあるので、大体の印象ということで述べますが、今年、特に感じたのが1月の埼玉入試の狂乱ぶりです。

最難関校を受けるお子さん方がこぞって受ける浦和明の星は、昨年度よりも合格者を増やしたにもかかわらず、歩留まりが予想より少なかったようで、2回めの入試のあとに、繰り上げ合格の連絡を入れていたということでした。

明の星1回目の殺到ぶりはがとにかくすごいので、番狂わせも起こりえます。データを見ると、非常に成績のいいお子さんでもまさかの失敗をしているケースが見受けられました。単なる試し受験であるなら、明の星は避けた方がいいかもしれません。

市川や東邦大東邦については、例年通り安定した結果がでています。明の星に合格した時点で、千葉の学校を棄権する受験生もいるせいか、埼玉のときほどの入れ食い状態は見受けられないように思います。ただし、渋谷幕張の難度は上がり続けており、軽い気持ちで受けるのはやめたほうがいいでしょう。

さて、2月の入試ですが、うちのクラスでは、超上位生の選択の幅が広がっており、偏差値70以上のお子さんでもこぞって桜蔭を志望するという雰囲気ではありませんでした。

お子さんの性格によりぴったりくる学校を選択しようと、よく研究されているご家庭が多く、その結果、桜蔭一辺倒という流れにはなりませんでした。

今年はJGや雙葉の志望者が例年よりも多く、そのほか、校風や教育内容を気に入って、筑波大附属や吉祥・渋谷渋谷などを第一志望にするご家庭もありました。

他校舎では、桜蔭を辞退して豊島岡に進学する生徒さんもいて、ひところのような「桜蔭でなければ」という風潮は和らいできているような気がします。

ただし、桜蔭に熱い思いを抱きながらがんばってきた方もまた大勢いるのも事実です。桜蔭の入試が厳しいことに変わりはありません。

今年の国語の入試問題は昨年に引き続いてかなり易しいものでしたが、それでも、一昨年に比べて易しくなったということで、国語が大の苦手というお子さんには記述づくしの問題はつらいものがあるでしょう。基本的な記述問題が普通にできなければ、他の受験生ができてしまう分、合格は難しくなります。言語要素や漢字は弱くても、あまり影響はありません。

また、例年通り、理科と社会のミス、失点が合否にひびくような気がしました。理科と社会の配点は低いので、合否を左右するようには見えないのですが、実際は社会と理科が完璧に仕上がっていないと(本番で8割以上取れないと)、結果がでないのです。

反対に算数や国語が普通の成績でも、社会と理科がきっちりできていれば、桜蔭合格の可能性はでてきます。ただし、こうしたタイプのお子さんは、豊島岡では不利となります。

さて、今年の豊島岡1回目は、昨年、一昨年に比べてかなり緩くなったように思います。

結果偏差値(仮判定)を見ても、66となっています。渋谷渋谷が68と上がっているところを見ると、上位生が渋渋へと分散したことも豊島岡のボーダーが緩和したことの一因になっているのかもしれません。

ただし、豊島岡の2回目、3回目は非常に厳しく、特に、3日は、入試を実施している学校が少ないため、上位生は国立か豊島岡を受けるしかなく、熾烈な勝負になったのではないかと思います。

全体的な傾向として、早めに合格をとって受験を終了させた堅実なご家庭が多いようですが、私のクラスでも同様でした。

来年度はサンデーショック。

上位生にとっては御三家を併願できるという夢の受験パターンが組める、大チャンスの年ですが、中上位生にとっては、上位生に合格を根こそぎもっていかれるという試練の年です。

御三家に上位生が集中すれば、豊島岡、渋谷渋谷、吉祥、学習院女子などが受けやすくなる可能性もあります。

今年の受験生がどう動いていくのか、その動向をみながら、本当にお子さんに合った学校探しと受験計画を立てていくことが大事だと思います。

そして、要は、基礎がものをいうことを忘れずに、9月までは、徹底した基礎力固めをすることです。当たり前のことが当たり前にできることを目標に、目の前のことを淡々と、愚直にこなしていくこと。基礎ができれば9月以降にいくらでも積み上げができるのですから、あれこれ気を散らさずにベースづくりをしてくれればと思います。

 



この記事へのコメント
久しぶりの更新を嬉しく拝読させていただきました。
御三家を目指すクラスに在籍しながら御三家以外を志望校としたことを責めることなく、我が家の選択をサポートして下さり、きめ細やかなご指導をしてくださったこと、本当に感謝しております。娘の合格は本人の努力もありますが、先生のあたたかなそして強力なご指導の賜物だと感じています。
先週末に届いた真新しい制服に嬉々として腕を通し「部活を目いっぱいやるんだ〜。生徒会の活動もやりたいし」等と言っている娘の姿を見ていると、大変な思いをした数年間ではありましたが、中学受験をさせてよかった、この学校を選んでよかったと強く思えます。
今年も厳しい状況が続くようですが、クラスのお嬢さん方がそれぞれの志望校に合格できますよう、心からお祈りしています。先生もお忙しい日々が続くとは思いますが、くれぐれもお体ご自愛の上、ますますご活躍くださいませ。
Posted by りんりん at 2008年03月11日 22:00
先生がお元気なご様子で本当に良かったです!!
毎日こちらをチェックしていた三児の母です。
二月に「お疲れ様でした!」と言う間もなく・・新学年に突入されてしまうのですね

ビデオ授業もカメラに向かい慣れない事でお疲れでしょう・・
どうぞご無理なさらずに
ゆっくりと(たっぷりと)??続けてくださいね。
楽しみに読ませていただいております。

母としていつもファンでおります。



Posted by 三児の母 at 2008年03月12日 22:36
はじめまして。先生がいらっしゃる某塾のBBSでこちらのHPのことを知り今までのブログを順番に読んでいたところ、更新されていたので嬉しくなり書き込みさせていただきます。
昨年出版された先生の本も拝読させていただきました。中学受験の本というと男性が書かれたものが圧倒的に多いのですが、やはり女性のしかも実際にご自分のお子さんの受験にも関わった方の文章は、とても参考になるばかりではなく共感できる部分も多かったです。今でも「受験勉強はこれでいいのかしら……」と思う時は読み返しています。
このブログを読んでいるだけでも先生のお忙しさが十分伝わってきますが、私以外にも大勢の方がこのHPが更新されることを心待ちにしているのではないかと思います。時にはまた、更新してくださいね。楽しみにしています。(^^♪
Posted by みかん at 2008年03月14日 17:16
昨年暮れ、先生のご著書を読んで感動し、近くの校舎にこの2月から娘が通っています。それまでは他塾に通っていましたが、こちらに通塾するようになって、終わって出てきた時の顔が全く違うのです。目が輝いています。授業終わると「ちょっと質問に行ってくる。」と言いますし、親もそれまでと違う娘に驚いております。新4年生で週3回の通塾、多くの宿題に親子共々なかなか慣れませんが、温かい塾の先生方に教えて頂けることを嬉しく思っております。
先生のご著書に出会えたことを本当に感謝しています。娘は地頭の良い子ではないですが、今充実して通塾しております。この塾の環境の中で少しずつ成長していってくれたらと思っております。
Posted by ココアの母 at 2008年03月18日 08:49
今年無事に受験を終えました。
娘にピッタリな学校にめぐり合い、
呼ばれるようにその学校への合格が決まりました。

先生にはこのコメント欄でどのような本を読むと良いかのアドバイスを頂き、本屋へ走りました。
先生のご本もとても参考にさせていただきました。
ありがとうございました。


これからも先生のご活躍をお祈りしております。
Posted by 吠える at 2008年03月23日 22:53