製造業のお客様でベトナム進出から数年が経過し設備投資のため、追加投
資を検討、実行されるお客様が増加しております。通常、製造業であれば会
社設立時に2年免税、4年減税の税制優遇(地域によって優遇内容は異なり
ます。)が適用可能ですが、追加投資に関しても同様の優遇を受けることが
可能です。

今回は追加投資に伴う優遇税制の適用に関してご説明いたします。

この優遇税制ですが前提として、
(1)生産規模の拡大
(2)生産能力の拡大
(3)生産技術の向上
のいずれかに伴う追加投資である必要があります。

また、追加投資の具体的な条件として
(1)200億VND(1億円相当)以上の固定資産の追加購入
(2)追加の固定資産が追加投資前の20%以上となること
(3)増資前より20%以上生産能力が向上していること
のいずれかを満たす必要があります。

税制優遇として追加投資により増加した所得に関して
(1)現状の優遇税制を適用
(2)追加投資分のみの収益に対して新たに免税・減税期間を適用
を選択することが可能です。

 なお、(2)を選択する場合、追加投資により増えた所得を他と分けて記帳
する必要がございます。場合よっては大幅な節税が可能ですので、追加投資
をご検討される際は、専門家にご相談されることをお勧めいたします。