来年、2019年の最低賃金がベトナム労働総同盟と商工会議所等との経営者サ
イドとの協議により結論に達した。労働側が7-8%を、経営側が2%程度を主張
し、最終的には上昇率は5.3%と過去最も低い水準での妥結となった。過去3年
間の推移は下記の通りである。

        2017年   2018年   2019年 (前年比%)(単位:ドン)
第一地域   3.750,000   3,980,000 (6.1%)  4,180,000 (5.0%)
第二地域     3,320,000   3,530,000 (6.3%)  3,710,000 (5.1%)
第三地域     2,900,000   3,090,000 (6.5%)  3,250,000 (5.2%)
第四地域     2,580,000   2,760,000 (6.9%)  2,920,000 (5.8%)

 各地域の経済状況に応じて第一から第四の地域に分類され、ハノイ、ホーチ
ミンなどは第一地域に指定され最低賃金は高くなっている。第一地域で日本円
にして2万円強程度である。

 では、実状はどうかと言うと、ホーチミンのある労務コンサル会社のデータ
によれば大卒初任給が350ドル前後、ワーカーが250ドル弱ということである。
一方で、シンガポールの転職情報会社によると、ホワイトカラーの中間管理職
の昇給が20%~24%というデータもある。

「毎年、最低賃金の上昇率程度の昇給を行う」との話はよく聞くが、技術者や
中間管理職など特定の職種・人物の確保には思い切った人事も片隅に置いてお
く必要はあるかもしれない。