人口減少による労働力の低下が年々進行する中、海外から日本への留学生は
増加傾向にあります。そういった状況から、以前よりも留学生の採用を考える
企業が増加しているのではないでしょうか。
 実際、留学生の中でも日本での就職を希望しそのまま日本へ滞在を続けたい
という方、日本での数年の就業後母国へ帰国したいという希望を持つ方等多様
化しており、企業にとっても意向にマッチした人材の採用が叶えば相当のメリッ
トがあるように感じます。

 留学生の採用による企業側のメリットとしては、以下のようなものが考えら
れます。

《1》海外子会社のバックアップ
 将来的な海外子会社への勤務を見越して採用するケースが考えられます。
企業としては、海外子会社へ勤務となる人間が、日本への留学、就業経験のあ
る人間であることは、日本の文化等に馴染んだ上での勤務となるため共通意識
をもっての仕事が可能となります。

《2》語学力への期待
 海外子会社と、より強固な意思疎通を図るために採用するケースもあるでしょ
う。母国語及び日本語での意思疎通が可能であれば、海外子会社への指示指導
や、現地勤務従業員の不平不満等の把握など、日本本社の業務に従事している
間であっても、海外子会社との橋渡し的な役割を任せられそうです。

《3》優秀な人材の確保
 本社の希望する、知識や経験を有する人材が偶々留学生であったというケー
スも考えられます。その上で語学力等の付加価値があれば、よりその留学生が
採用に際し魅力的に感じます。

 上記のように業務について魅力的な部分も多い反面、文化の違い等により企
業になじめない、といったケースについても考えられます。メリット及びデメ
リットを総合的に判断の上、採用をお考えいただく必要がございます。