最近すっかり冬らしくなってきたはずなのに、
先週末、我が家は自宅近くの公営プールに行ってきました。

というのも、子供がスイミング教室に通っているのですが、
今のクラスから昇格するには特訓した方がよさそうとの
家内からの提案があり、子供もノリノリだったので、
行ってきたのです。

きっと何回か練習すればできるようになるでしょ、
位の軽い気持ちで行ってきました。

ところが、考えが相当甘かったのです。

今、子供がやろうとしていることが、「背浮き」(背泳ぎのイメージ)なのですが、
どうやったらできるのか、ということがうまく説明できないのです。。

自分はできるものの、それができない子供にどう伝えて
改善させることができるのか。

結局、何度もトライさせて、その都度、気になった所を修正させては
みたものの、目覚ましい進歩を遂げることはできませんでした。

その後、月曜にテストがあったのですが、結果は不合格でした。

ただ、その際に先生から「お腹を出す」というアドバイスをもらい、
かなり改善されたようです。

その話を聞いて思ったのが、専門家と素人の違いは
たった一言で、現状を改善できるかどうかという点にあるのだなと
思いました。

もちろん、そのたった一言の前には、的確な現状分析があっての
ことではあるのですが、困っているお客様に対して、本当に必要な
アドバイスができる専門家でありたいと思いました。