今回は現地視察についてお話しさせていただきます。

 昨今では海外進出が大企業・中堅企業に限らず中小企業まで広がりみせ、進
出の目的・方法も多様化されています。現地での視察も目的・方法にあった形
をとる必要がでてきます。


 そこで重要なことは、国内事前調査時に作成する“企画書”です。企画書を
基に概略で結構ですので道筋を立てましょう。

現地調査で行うべきは以下の通りになります。

1.国内事前調査内容が現地で合致しているかのチェック
2.国内で調べられなかった細かな事項の調査
3.現地事情を体験・確認
4.取引先・同業者・パートナーとの面談・打合せ


 国内で調べた内容がいざ現地へ行ったら、全く違っていたということも珍し
くありません。国内調査でこういうことだったから、現地でもこういう結果が
出るだろうと推測すると危険です。比較考慮を行うことが重要です。


 そして概略しか調べることのできなかった内容については、現地で細かい情
報を得ましょう。現地だからこそ細かな情報が得られることも多くあります。
そして、それらの内容に合わせて現地事情を自らの五感を使って確認します。
他人から聞いているより、実際に体験することは新たな気づきを与えてくれま
す。


 次は、実際一緒に事業を行う取引先・パートナーとの打合せです。現地では
どういったニーズがあるのか等々、実際に自ら事業を行うことをイメージしま
す。初めての現地調査は内容が盛りだくさんになることが多くあります。優先
順位を決めて予定をたてましょう。また、現地へ行ってから調べるべき内容が
出てくることがあります。予備日を作っておくことをお勧めします。