海外進出前に視察等を行いながら事業の採算などを検討し、計画書の作成を
行います。この事業が、順調に進んでいくかの重要なポイントとして、現地責
任者の選任があります。

選任時のポイントは以下の通りです。


・語学能力よりもビジネス能力を優先しているか。

・スピーディな意思決定が必要なため、本社が信頼できる人材を送り込んでいるか。

・心身共にタフさが求められるため、ストレス耐性があるか。


 最近の傾向として、日本本社で採用した現地出身者を教育し、現地で代表を
任せるケースや、現地在住の日本人を雇って代表を任せるケースが増えていま
す。こういったケースは現地で即戦力になり得るため有効な手段ではあります
が、中には日本人だから、日本語が話せるからといった理由だけで上記ポイン
トをないがしろにして、選任しているケースが見られます。そういったケース
では、現地の経営管理が非常に難しくなり、事業がうまく進まないことになり
かねません。


 加えて、不正等が発生する危険性が高くなります。特に中小企業の場合は現
地を任せる人材が不足しているケースが多く、現地代表者の選任でうまくいっ
ていないケースが見られます。十分に検討したうえで代表者を決定することを
お勧めします。