3月もまもなく終わりを迎えようとしています。この時期、多いのは「送別会」
です。年度替りに人事異動が実施・発表されるケースが多いためです。

 私もいくつかの送別会に参加してきました。が、今年はいつもと違うなと感
じたことがあります。

 後任者がいないケースが散見されたのです。


 実感として駐在員の数は減っています。

 いろいろな理由はあるのでしょうが、業績が厳しくなり人事コストを削減す
る意味合いが大きいと考えています。

 但し、コストが下がって現地法人の運営がよくなると断言できるのでしょう
か?


 駐在員の役割は多岐にわたります。自分の専門分野に限定されることなく、
営業、人事管理、財務状況のチェック、本社とのやり取り等、広範な範囲の業
務を行っています。

 この部分の引継ぎを上手く出来ていなければ、また、上手く引継ぎ出来てい
ても、知らない間にルールを変えられてしまっていたりすれば、業績を引き上
げるどころか、さらに落ち込む可能性があります。


 駐在員の帰任とは、本社からすれば、現地法人の管理を強化する必要性の高
い出来事と考えていただく必要があります。

 現地法人の運営状況については、駐在員に一任されていたり、特定の人員だ
けが関わるプロジェクトというような形で本社管理部門のガバナンスが及んで
いないケースは、大手企業を除けば比較的多いと感じております。