海外現地法人における日本人と現地の人とのやり取りで、「ここまではしな
いだろう」と、日本人が常識と考えている基準を超えて現地の人が行動してし
まうケースをよくみます。これは日本人が特別に行動規範を文書化して宣言
することもなく、個々の違いはあっても行動の判断基準を持っており、それを
もとに行動していることが影響しています。

 ここ数年で、この問題について日系企業内で議論が行われており、言葉にし
よう、文書化しようと対策を打とうとしますが、日本人は潜在的に言葉や文書
にすること自体に抵抗があり、最終的には「業務は人と人とが行うのであって、
文書化するのは機械を動かすようなマニュアル業務である」という考え方になっ
てしまいます。こうした日本人と現地の人との間の根本的な意識の相違が、海
外事業展開においてさまざまな形で表れてくるのです。

 また、文書化しないことによって、日本人にしかわからない業務が発生する
ことがあります。この業務の不透明さを理由に海外拠点で働く現地の人はマネ
ジメントから疎外されていると感じてしまうケースがあり、場合によってはこれを
理由に優秀な方が日系企業から去っていくことになりかねません。

 善悪ではなく、お互いの根本が相違していると認識し、判断基準の共有化を
してはいかがでしょうか。