今回は居住者、非居住者それぞれの税務上の取り扱いについて記載していきます。

 ベトナム居住者の場合、全世界所得に対して超過累進税率により総合課税さ
れます。
全世界所得のため、ベトナムと日本の双方の給与所得を合算して申告する必要
があります。また、超過累進税率のため、日本と同様、高額所得者ほど税負担が
大きくなります。
月次または四半期の申告および納税、さらに、年1回の確定申告が必要となります。

 ベトナム非居住者の場合、ベトナム国内所得のみに対して源泉分離課税されます。
給与所得については一律20%の税率が、その他の所得については所得の種類に
応じ税率が適用されます。非課税所得、所得控除および税額控除は認められません。
個人所得税の確定申告は不要となります。