納税管理人とは、確定申告書の提出や税金の納付等を、非居住者に代わって
行う人のことをいいます。

 海外子会社へ1年以上の予定で出向する方などは、日本国内に住所を有しな
いと推察され、その時点から所得税法上の非居住者となります。非居住者の所
得のうち、日本国内で発生した一定の所得については、引き続き、日本の所得
税が課税されます。

 例えば、不動産所得のある従業員が海外転勤したり、所有する自宅を賃貸に
出すケースでは、不動産所得が一定金額以上あれば、毎年、確定申告書を提出
しなくてはなりません。このような場合には、出国する日までに納税管理人を定め
ることになります。納税管理人を定めたときには、その非居住者の納税地を管轄
する税務署に”所得税の納税管理人の届出書”を出国前に提出する必要があります。

 納税管理人は誰でもなることが可能で、個人、法人を問いません。

 納税管理人を定めない場合は、出国前に、出国するまでの間に生じた所得につ
いて、確定申告書を提出するなど注意が必要となります。また、出国後の所得に
ついてもご自身で確定申告をすることになりますので、出国予定のある方は納税
管理人の選定をご検討ください。