日本企業の事業展開における海外市場の位置付けが高まる中、新興国の
活力を自社の成長戦略に生かしている企業が増えています。このように企
業戦略として重要な要素となっているからこそ、リスクマネジメントにつ
いての検討が必要になります。

今回は検討すべきリスクについてみていきます。

 リスクを体系的に整理すると「カントリーリスク」、「オペレーショナ
ルリスク」、「セキュリティーリスク」の三つに分類することができます。


 「カントリーリスク」とはその国自体の信用度であり、政治的・経済的・
社会的因から生じる変化が自社の事業に及ぼすリスクになります。例えば
各国の政権交代があります。

 「オペレーショナルリスク」は実際の事業運営において生じるリスクです。
貿易・投資制度・知的財産権・法務問題、雇用・労働、財務・金融・為替、
生産、営業・販売などの面においてさまざまな問題があります。このよう
な問題が、事業運営に支障をきたすリスクになります。

 最後に「セキュリティーリスク」とは対日抗議行動、新興感染症(SARS,
MERS等)、従業員の健康管理、情報セキュリティー、企業の社会的責任に
なります。十分留意することが求められます。

 このように海外進出におけるリスクは多様にあります。まずは自社にどん
なリスクがあるのか、現状把握をしていただければと思います。